生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

長形3号封筒の切手代はいくら?重さの目安や速達のケース

      2017/12/30



2017年6月1日から郵便はがき・定形外郵便物・ゆうメールの料金が変更されました。私は新しい料金にまだ慣れていないので、先日久しぶりに封筒で郵送しようとして、ちょっと慌ててしまいました。
 
私は主婦なので、書類を郵送する機会なんて滅多にありません。年賀状のやりとりなどでハガキは見慣れていますが、
 
封筒の切手代については記憶が曖昧…。
 
常識がないって笑われてしまいそうだし、この機会に切手代について調べなおして、きちんと覚えておかなくては!
 
 
実は封筒で郵送する時の切手代について迷う声は、ネット上にも意外と多くあるんです。例えば就職活動で履歴書を郵送しようとして戸惑った方や、書類を郵送した経験がなくて会社で手間取ってしまった方。私だけじゃなかったんですね(笑)
 
そういう方が悩むのは、封筒のサイズが違うと料金が変わるのかという事。さらに重さによって料金が変わることから、不慣れな人にとっては「今、自分が送りたい物の料金がいくらなのか?」という判断が難しいようです。
 
そこで今回のテーマを「長形3号封筒の切手代はいくら?重さの目安や速達のケース」にしました。
 
この長形3号封筒というのはコンビニなどでも見かける一般的なサイズの封筒のことで、就職活動中に履歴書を郵送する時など、書類を送る際に多く使われている物です。
 

  • 長形3号封筒の切手代はいくら?
  • 重さで料金が変わるって、どういうこと?
  • 封筒や用紙の重さの目安を知っておきたい!
 
といった郵送についての基本を丁寧に解説していきますので、初めて書類を郵送するという人でも大丈夫!
 
「一般常識だから、今さら恥ずかしくて人には聞けない…」という疑問こそ、ネットで解決しておきたいですよね。
 
加えて
 
  • 速達や簡易書留だと料金はどうなる?
  • 郵便物の重さって自分で量れるの?
 
といった情報もお届けしますので、ぜひ最後までご覧下さいね。
Sponsored Links