生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

ブロッコリーが苦い原因は?苦味を軽くする作り方!

      2018/06/08



昔に比べて、ピーマン、にんじん、ブロッコリー、ほうれん草、グリーンピースなど野菜全般が苦くなくなった気がしませんか?

品種改良が進んで、子どもや野菜嫌いの人でも食べやすくなっているそうです。

子どもの頃から野菜が好きで、むしろ苦みがおいしいと思っていた私にとってはちょっぴり残念ですが、3歳になる息子にとっては、とってもありがたいこと。おかげで、「おいしそうに」とまではいきませんが、野菜を残さない子に育っています。


そんな息子が先日、「今日の保育園のお野菜は、僕しか食べなかったの」と言いました。そんなにみんなが嫌いな野菜があるの!?と驚きつつ「なんていうお名前のお野菜か分かる?」と聞くと、「ブロッコリー」とのこと。

次の日の朝、半信半疑で先生に聞いてみると、「ブロッコリーは苦いから嫌いっていう子が多いんです。細かくしてあげれば食べる子もいるんですけど・・・」と困っておられました。

ブロッコリーは栄養価が高く、成長期の子どもにはとくに摂ってほしい野菜のひとつです。ブロッコリー好きな私としては、なんでそこまで嫌われてしまうのか気になって、以下のことを詳しく調べてみることにしました。

・ブロッコリーが苦い原因は?
・苦味を軽減するには、茹でてから切る!
・レンジでチンッ!のメリット、デメリット
・ブロッコリーの鮮度の見分け方と保存方法
・芯・茎・葉を全部残さずに食べる方法
これさえ知っておけば、息子も、他の子どもたちも、きっとブロッコリーをおいしそうな顔で食べてくれるに違いない!
Sponsored Links