生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

島らっきょうの栄養素と効能を大特集!こんなに凄いんです!

      2018/07/14



暑くなってくると、私は無性に沖縄料理が食べたくなります。日本各地に美味しい物はたくさんありますが、沖縄料理は他の土地にはない独特の食材が多く、根強いファンも多いですよね。旅行をきっかけにハマってお取り寄せする方もいますが、最近では沖縄の食材や調味料を扱うスーパーも増えてきていて、ひと昔前よりも身近な存在になっている気がします。

中でも島らっきょうは、ローカロリーなのに栄養も豊富なので、最近徐々に人気が広まりつつあるんですよ。


らっきょうというと酢漬けで食べるイメージしかないですが、島らっきょうは色んな料理にアレンジしやすい食材です。私も沖縄で食べたことがありますが、お店ごとに色んな味付けで出してくれて飽きることなく食べられました。特に天ぷらは最高!ビールとの相性も良く、お代わりを注文したくらい。

美味しい上に栄養も豊富とあれば、普段の食事にもぜひ取り入れたいですよね。今回はそんな注目の食材:島らっきょうについて、一体何がそんなに凄いのかを調べ、

  • 栄養豊富な島らっきょうの効能は?
  • 食べ過ぎ注意!食べ過ぎたらどうなる?
  • 飽きずに食べ切れるような簡単レシピは?
 

といった内容でまとめてみました。ネットで注文する時は1kg以上になることも多いかと思いますので、たっぷり購入しても飽きずに食べ切れるよう、簡単レシピもご紹介しています。手順の少ない調理方法をピックアップしていますので、1人暮らしの方や料理初心者の方でも大丈夫!お酒のおつまみとしても丁度良いので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

毎年夏バテをしてしまう方やダイエット中の方は、島らっきょうは要チェックですよ!
Sponsored Links

島らっきょうは栄養が豊富?驚くべき効能は薬いらず!

島らっきょうとは沖縄独自のらっきょうの品種で、普通のらっきょうと比べると小さめで、香味が強いのが特徴です。ネギにも似た感じのピリッとした辛味と、シャキシャキの食感がクセになります。

旬は2月から5月の春。これから暑くなるという季節に旬の島らっきょうを食べていれば、しっかり夏バテ予防ができちゃいます。実際、健康長寿の県である沖縄には島らっきょうは欠かせない食材なんですよ。これを食べているから長寿が多いのかもしれないですね。

 

島らっきょうは長寿の街で愛されている島野菜!

島らっきょうには疲労回復滋養強壮などの効能があり、疲れている人や夏バテ予防に最適です。他にも育毛効果美肌効果も期待でき、体調を崩したり肌が荒れたりしやすいダイエット中にもオススメの食材なんです。島らっきょうの効能は他にもまだまだあるので、まずは簡単にご紹介しましょう。

 
  • 血液サラサラ効果/高血圧防止/抗ガン作用/心臓病予防
  • 整腸作用/利尿作用/便秘解消
  • 代謝上昇(脂肪燃焼)/発汗作用/冷え性解消
  • 風邪予防/疲労回復/夏バテ防止
  • 喘息抑制/花粉などのアレルギー抑制作用
 

他にもボケ防止や解毒作用も効能として挙げられています。らっきょうは乾燥させると辣韭(がいはく)と呼ばれる漢方になるので、それだけ体に良い物なんだとわかりますね。

丁寧に丁寧にお世話をされて育った島らっきょうには栄養がたっぷり詰まっていますし、簡単な調理で美味しく食べられるので、毎年取り寄せているという方も少なくないんですよ。

 
 

島らっきょうにはビタミンB1とその働きを助けるアリシンが含まれているので高い疲労回復効果があり、滋養強壮にも良いと言われています。ちなみにあの独特の風味は、このアリシンによるものなんですよ。

またアデノシンという心臓の機能の向上や育毛効果が期待できる成分も含まれているので、仕事で疲れたお父さんの晩酌に「ビール+島らっきょう」という組み合わせはいかがでしょうか。

女性に嬉しい効果と言えば美肌効果ですが、これはビタミンCとナイアシンによるもの。とにかく様々な成分がぎゅっと詰まっていますが、その効果を更に高めることができたら嬉しいですよね。

 

島らっきょうの効能を80倍にアップさせる方法とは!?


島らっきょうにはジスルフィドという成分が含まれており、これには解毒作用抗癌作用があると言われています。他にも抗菌・殺菌作用抗酸化作用があり、生のまま20~30分程空気にさらしておくことで発生します。

ジスルフィドはアリシンと同時に摂取すると効果が80倍になると言われており、アリシンは島らっきょうにも含まれてはいるのですが、玉ねぎやニンニクに豊富に含まれているので、うまく組み合わせて調理することで効果がアップしますよ。

ただアリシンは安定した化合物ではないから放置や調理で失われやすいので、効果アップを狙うのであれば加熱をしない料理が良いでしょう。

例えばスライスした新玉ねぎと千切りにした島らっきょうを10分程度水にさらし、鰹節をまぶして醤油や醤油系のドレッシングで食べると美味しいです。またらっきょうを加熱しないよう、玉ねぎを炒めて、火を止める直前に空気にさらしておいた島らっきょうを加えてめんつゆで味を調えても良いですね。
Sponsored Links