生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

降水量2mmってどれくらいなの?釣り, ゴルフ, 登山等はできる?

   



せっかく休みの日に遠出をしようとレジャーの計画を立てていたのに、天気予報は。あなたならどうしますか?


「雨だから中止だね」とすぐに判断してしまい、当日になって「このくらいの雨だったら行けたかもしれないなぁ」と後悔することってありますよね。私自身、どしゃ降りの雨よりも、小雨程度で終わったり昼から晴れたりする方が悔しくて諦めがつかないです。

入園日を指定してチケットを購入してしまったテーマパークや、釣りやゴルフ、登山など大人だけで行くからレインウェアがあれば何とかなりそうな時などは、雨でも諦めずに行こうと決断することもあるでしょう。

降水量1mmくらいだったら雨の量は少なそうな感じがしますが、降水量2mmの予想だと「1mmの時よいは多いよね。それってどのくらい濡れる?レジャーは無理な量なの?」と少し不安になってきますよね。

そこで今回は「降水量2mmってどれくらいなの?釣り,ゴルフ,登山等はできる?」というテーマで、

  • 降水量2mmは、実際にどれくらい降っている?
  • 大きなイベントやアトラクションは中止になる?
  • 自然に囲まれたレジャーで気をつけることは?
  • 予報が外れると困ります!よく当たる天気予報サイトは?
 

という疑問を1つずつ解決していきます。「この日しか都合がつかないから、少々の雨には負けずに計画を最後まで楽しみたい!」というあなたが、雨の日のレジャーに向けて準備しておきたい便利なレイングッズも紹介していますので、ぜひ最後までご覧くださいね。
Sponsored Links

降水量2mmってどれくらいなの?


降水量というのは、基本的には全国各地に点在する”雨量計”で測定しています。雨量計は漏斗型のもので、直径20センチ程度のもの。その中に1時間で何ミリ雨が入るのかを測定しています。

つまり「降水量2mm/h」とは、直径20センチの範囲に1時間で溜まる水の量が、水深2mm程度であることを示しているんです。測定した数字だけでは分かりづらいですが、これは実際にはそれほど強い雨ではありません。パラパラとかシトシトといった表現になるくらいの量の雨ですので、普通に「雨降り」と言われた時にこれくらいの降り方をイメージする人も多いかと思います。

弱い~普通くらいの雨という感じですが、傘がないとしっかり濡れてしまうので、大抵の人が傘を差します。例えば自転車で15分も走ったら、下着までびしょ濡れになるでしょうね。

 

降水量2mmだと大きなイベントは雨天中止になる?ならない?

2mmという数字だけ見れば「大したことないなぁ」と思いますが、実際に屋外に出てみると結構しっかりした雨なので、傘が無ければ当然濡れてしまいます。
例えば「大会の開始直後の雨」という状況だと雨天決行もできるでしょうけれど、天気は時間の経過とともに悪くなることも多いので、天候悪化を見越して中止になる可能性もあります。降水量だけでなく、天気予報の時間予測はしっかり確認しておくと参考になりますよ。

幼稚園や小学校の運動会だと、2mmの予報で、なおかつ朝の時点で雨が降り出していれば中止の判断になるかと思います。「午後から2mmの雨」という予報であれば、開催して雨が降り出すまで出来る分だけやってしまう場合、そもそも午前中だけの予定なので開催する場合、中心にする場合と判断が分かれるでしょう。

2mmというと割と普通に雨が降っている状態ですので、花火大会は中止という判断も多くなってきます。会場が河川敷などの場合、雨続きで地面がぬかるんでいると、弱い雨でも中止の判断は十分にありえますしね。

ただし花火大会の場合、少々の雨ならば決行してしまうこともあります。雨天の場合は予備日に延期となることが多いですが、その予備日も雨だった場合、観客が耐えられるような少々の雨ならば中止よりも雨天決行になるでしょうね。


ちなみに私は自分も実家の両親もサッカー観戦によく行くのですが、雨の日の観戦の時はポンチョを愛用しています。座った状態で膝の上にカバンを置き、ポンチョで覆ってしまえるのがラクなんですよ。自分が座るベンチを最初に噴いてしまえば、あとはポンチョで雨をガードできるので指定席での観戦にはピッタリです。ポンチョを持っていない場合はタオルマフラーやフェイスタオルは多めに持って行き、ベンチの上に敷く用のタオルを1本決めておくだけで過ごしやすくなりますよ。

花火大会や運動会、野球やサッカーなど、外で行う野外イベントやスポーツの試合では、観戦・観覧のマナーとして傘を差すのはNGです。天気予報を確認し、イベントの途中で降りそうならば、コンパクトに折り畳めるレインコートや帽子・サンバイザーといった雨避けになる物を持参すると良いでしょう。

 

遊園地での雨!アトラクションやパレードは中止になる!?

ディズニーランドでは混雑情報とともに天気予報も表示されていますが、実は去年の天気を表示しているだけなのでアテにならないんです。ただパレードもアトラクションも、基本的には雨よりも風に弱い傾向です。天気予報では風力についても漏らさず聞いておきましょう。

例えばパレードは、なら多少のプログラム変更をしつつも開催してくれることは多いです。反対にのパレードの場合は濡れた地面がライトを反射するため足元が見づらく、濡れて滑りやすいこともあって転倒しやすいという理由で中止になることが多いです。

屋外ライド(ジェットコースター)は小雨よりも風速の度合いにより中止になることがあり、目安は10~15m/secを越えるくらいです。
降水量1mmはレジャー中止や決行の境界線!便利グッズはこちらの記事へ
↓↓↓
降水量1mmってどのくらい?傘は必要?自転車やバイクは大丈夫?

自然に囲まれた場所のレジャーは、雨よりも風に注意!


ゴルフ・キャンプ・釣り・登山など、自然豊かな場所でのレジャーは天気予報通りにいかないことも多いです。良い天気だと思っていたら突然雲行きが怪しくなることも多いので、雨具は必ず備えておくようにしましょう。これらレジャーに共通するのは、

厄介なのは雨より風という点です。天気予報では風速も必ずチェックしておきましょう。

またこういった類のレジャーはグループで行く機会も多いため、予定を合わせて集合できる日がないなどの理由から小雨程度なら雨天決行になることが多いですよね。雨の中で楽しむ場合には、次のような準備をしておくと良いですよ。

 

ゴルフの場合

ゴルフ場がクローズしなければ、キャンセルフィーがかかるため雨天決行にする場合が多いです。強風や霧で待たされることがあるので、天気予報は詳しい情報までしっかりチェックしておくと良いですよ。

<持って行くと便利な持ち物>
  • レインウエア…上下セットのタイプがオススメ!きちんとした物を買うと、通気性・防水(撥水)機能も良い
  • タオル…スポーツタオルとハンドタオル1枚ずつ(必要そうなら追加でフェイスタオルを)
  • 着替え…帰宅用にトップスの替えと靴下を1セットは余分に持っておくと良い
  • グローブ…雨仕様のタイプも良いが、ラウンド中にタオルを握るだけでもだいぶ水分はとれるので1~2枚は余分を持っておけば充分快適に
 

レインウェアは洗濯する度に撥水機能が低下してしまうので、何度も使用している場合は市販の撥水スプレーで機能を維持しておくと快適です。そしてタオルはフェイスタオルやマフラータオルでもいいんですが、スポーツタオルの大きさがあると首にかけたまま動いた時にずり落ちにくいですよ。

雨が顔にかかるのが気になるという方は、レインキャップを用意しておくのも良いでしょう。
 

またラウンド中はクラブが濡れているままバッグに入れたりもしますし、どうしてもゴルフバッグの中が濡れてしまいます。帰宅後はゴルフバッグの中身を全部出し、日陰で乾燥させておきましょう。

 

キャンプ・釣り・登山の場合

自然の中で楽しむレジャーは、いずれも無理は禁物だと思っておきましょう。天気予報をこまめにチェックし、当初の予定よりも少し早めに切り上げるなど無理のない予定の組み方を心掛けて下さいね。

キャンプの場合は2mm程度の雨なら問題なく楽しむことができるでしょうけれど、テントやタープ、下に敷くシートなどに穴が開いていたら大惨事です。破損がないか事前にチェックし、破れた箇所やほつれを見つけたら防水テープを貼って対策しておくと良いです。

またキャンプの場合も、テントやタープが倒れてしまう危険があることから雨よりも風に弱いです。雨の予報よりも、風の強さで中止にするかを判断した方が賢明ですよ。
釣りの場合、雨が降ってる間は弱かった風が、雨上がり後に強くなる傾向があります。雨だけでなく風の強さにも気をつけておいてくださいね。

登山をする時は、雨が降れば体温が低下しないようリスクをコントロールする必要もありますし、レインウェアは必須です。気をつけたいのが、レインウェアの仕様。かなり運動量があるので、発汗による蒸れへの対処が必要なんです。アウトドア用などの丈夫な仕上がりのウェアで、なおかつ透湿性素材を使っているものを用意しておくと良いでしょう。

このように雨だけでなく風にも注意しておきたいレジャー先はたくさんありますし、小まめに天気予報をチェックできるよう、最後は天気予報サイトをご紹介しますね。
Sponsored Links