生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

エボラ出血熱とは?ウィルスと細菌の違いって何?

      2018/07/16



以前、西アフリカのリベリア共和国に長期滞在し、羽田空港から入国した外国人男性ジャーナリストが、37.8℃の発熱があったので、念のため国立国際医療研究センター 新感染棟に運ばれました。

新感染症棟はウイルスが外部に漏れない減圧された部屋になっており、防護服を着た医師が対応しました。
幸いにも血液中のエボラウイルス検査の結果、陰性であることが分かりました。
この報道には日本国民の殆どが肝を冷やしたと思います。

グローバル時代、人の往来では正に国境が無くなったと言えるでしょう。
全世界で感染者総数が1万人を超え、死者が約半数に達する中、いたずらに恐れるだけでなく、冷静になって正しい知識を身に着けることが大切です。

Sponsored Links

エボラ出血熱とは?

主な症状は発熱・頭痛・嘔吐(おうと)・下痢で、歯ぐきや目・消化管等の粘膜から出血し、重症になると多臓器不全で死亡します。
致死率はエボラウイルスの型で異なり、25~90%と言われています。

またこのウイルスは突然変異を繰り返し起こし、色々な遺伝子の形があります。
(冬のシーズンに話題になるインフルエンザウイルスも突然変異を起こし、近年鶏から人に感染する強力な突然変異を起こしたウイルスが出現しました。)

最初の感染はエイズウイルス同様、動物からと言われています。人への感染過程でウイルスが変異を起こし、感染が拡大するのです。

ebola-549471_640【出典:http://pixabay.com/】

どのようにして感染するの?

患者の血液や体液(だ液など)、吐いたもの、排泄(はいせつ)物に直接触れ、その手に傷があったり、触れた手で目鼻口の粘膜を触ったりすると感染します。インフルエンザウイルスと違って空気感染はしません。

有効な治療法は?

残念ながらまだ治療法が確立されていません。
今富士写真フィルムの子会社の富山化学のインフルエンザウイルスに効くとして開発された「アビガン錠」がエボラウイルスに効きそうだと臨床テストが行われています。

日本で開発された薬がエボラウイルスの特効薬になれば、世界で注目されますね。またインフルエンザのようにワクチンの開発が、エボラウイルスでも待たれます。
Sponsored Links