生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

鉛筆の濃さ22通りの順番は?シーンごとに使い分けるのが大切だよ

      2018/07/02



鉛筆の濃さには、22通りもの種類があることを知っていますか?

鉛筆になじみがなければ、どの濃さを選んだらいいのかわからずに、パニックになってしまいそうですよね。

実は、4年生の姪っ子がいるのですが、先日姉に「HBの鉛筆って、いつ頃から使いはじめたっけ?」と聞かれたんです。

そんな昔のことは覚えていなくて、「どうだったかな…?」となってしまいました…。


そこで今回は、鉛筆の濃さやどう使い分けたらいいのかを調べてみることにしました。さらに、以下の内容もご紹介していきたいと思います!

鉛筆の濃さの順番とシーンごとに選ぶべき濃さは?
・あなたにとって使える鉛筆の濃さは?
用途別に鉛筆を使いこなすコツは?
・鉛筆を賢く選んで使い方をマスターしよう!
シャーペンより凄い鉛筆の秘密は?
 

私が子供の頃は、学校の授業で使うなら、とりあえずHBがあれば十分でしたが、今はその常識も変わってきているようです。

この記事をきっかけに、ぜひ一緒にそれぞれのシーンに合った鉛筆を探していきましょう!
Sponsored Links

鉛筆の濃さ22通りの順番を知りたい!シーンごとにどの濃さを選ぶべき?

鉛筆の濃さの種類はメーカーにもよりますが、一番多いもので22種類あります。鉛筆の持ち手部分に、数字とアルファベットの組み合わせの記号があり、この記号が芯の濃さや硬さを表しています。


アルファベットはB・H・Fの3種類あり、それぞれの意味は以下の通りです。
Black=黒い
Hard=硬い
Firm=しっかりとした
 

そして、それぞれに数字がつくことで、鉛筆の濃さが順番に並べられています。

下に鉛筆の記号の一覧を示したので見てみましょう。

<鉛筆の濃さの比較一覧表>
硬度記号 濃さ 主な用途
10B 一番濃い スケッチなど
こすってぼかすなどの用途がある
9B
8B
7B
6B スケッチ向き
濃淡を出すなどができる
5B
4B
3B
2B 一般の筆記向き
柔らかいので濃く書ける
B 上に行くほど濃くなる
HB 中間の濃さ 一般の筆記向き
F 下に行くほど薄くなる
H
2H 一般の製図用
3H
4H
5H
6H
7H 精密な製図用
非常に硬く金属や石などにも書ける
8H
9H
10H 一番薄い
 

一般の筆記では2B~Hが標準で、さらに濃い鉛筆はスケッチなどに、薄い鉛筆は設計図など精密な図面を書くときなどに使われます。

鉛筆の濃さの違いは、この記号の意味を知ることで理解できましたね。でも、記号だけではその使い心地まではわかりません。

次は、鉛筆の濃さの違いによる使い心地を見ていきましょう。

鉛筆の使い心地も「濃さ」で決まる!使える濃さはコレだ!

鉛筆の芯は、粘土と黒鉛を練って固めたもので、この黒鉛が紙にくっつくことで線が書けるのが鉛筆の仕組みです。

黒鉛が多いほど、芯が柔らかく線が濃くなり、粘土が多いほど、芯が硬く線が細くなります。濃い線を求めると使い心地は柔らかくなり、薄い線を求めると使い心地は硬くなります


鉛筆の使い心地やどれを選ぶのかは、どのくらいの濃さが必要なのかで決まってくるということですね。

 

一般的に使われている鉛筆の濃さは?

さきほど紹介した表にもありますが、一般の筆記に使われている鉛筆の濃さは、H~2Bです。これでも5種類あるので、意外に多いですよね。

筆圧が違えば、同じ濃さでも違う種類の鉛筆になるでしょうし、濃くしっかり書く人と、薄くささっと書く人でも選ぶ鉛筆は変わります。

これだけ濃さにバリエーションがあるということは、鉛筆を選ぶほうからすれば、より自分に合った鉛筆が探せるということになりますね。

 

筆圧が弱い人が書きやすい鉛筆は?

子供はまだ力がなく筆圧が弱いので、硬い鉛筆だと芯が紙の上を滑って、しっかりと文字が書けません。

字の練習をするには、柔らかくてしっかり書ける鉛筆が使われます。最近の学校では、Bや2Bの鉛筆を推奨するところが増えているようです。


私の姉も、子供にいつからHBを使わせるか迷っていましたが…。最近、姪と話していたら、「鉛筆はBか2Bで、HBは持っていない」と言っていました。

私の時代は、4年生ともなればHBが定番だったように思いますが、鉛筆の濃さにも時代の変化があるんだなぁと驚きました。

また、高齢者もだんだん力が弱っていくので、芯の柔らかい鉛筆が使いやすいようです。実際に、高齢者が多く訪れる病院や、公共施設の受付にある鉛筆は、B2Bがほとんどでした。

 

【筆圧の低下による売り上げの変化】


時代の変化といえば…。

鉛筆の売り上げは、かつてはHBが一番でしたが、ここ数年でB2Bの売上のほうが上がってきているそうです。

これは、昔に比べると、子供たちの筆圧が弱ってきていることが要因のようです。

昔は学校指定の鉛筆がHBだったのが、最近ではBや2Bが当たり前になってきていることからもわかります。

 

設計図など精密さが求められる場合は?

設計図などを書くときには、濃くて太い字だと精密さに欠けてしまいます。また、設計図を書くのは紙とは限らず、金属や石材などに線を引くときにも鉛筆を使います。


さらに、建築士などの専門職の人が下絵を描くために使う場合も、薄くて細かいラインが描ける鉛筆が最適といえます。

精密さが求められる専門分野では、7H~10Hなどの細い線が書ける鉛筆が必要なんですね。

 

絵画などのアートにはどんな鉛筆が最適?

設計図などと違って絵画などの場合は、鉛筆で濃淡のグラデーションをつけたり、太い線や細い線を交えて描きます。

一般に3B~4Bを使ってスケッチを始めますが、欲しい線によっては、2Hのような硬い鉛筆を使うこともあります。


アートの場合は、まさしく作品に応じた濃さの使い分けが必要になってくるのです。鉛筆はいろいろな用途で、濃さによって使い分けられているということですね。

では次は、その用途別に鉛筆を使いこなすコツを見ていきましょう。

大切なのは濃さだけではない!用途別に鉛筆を使いこなすコツ

人にはそれぞれ個性があり、筆圧や書き癖もひとりひとり違いますよね。そして、鉛筆は環境によっても書き心地が変わることがあるんです!

どんな場面でどのように鉛筆を使うかによって、鉛筆を使いこなすコツが違ってきますが、以下で確認していきましょう。

 

硬い鉛筆を選ぶ人はどんな人?

鉛筆には、Hのように硬くて薄いものもあれば、Bのように柔らかくて濃いものもあります。

芯が柔らかい鉛筆は、子供やお年寄りに向いていることは分かりましたが、硬い鉛筆はどんな人に向いているのでしょう?

例えば、ノートに細かく文字を書きたい人は、濃い鉛筆だと文字がつぶれてしまうので、硬い芯で書いたほうが使いやすいでしょう。

また、濃い鉛筆で手を汚したくないという理由で、硬い鉛筆を選ぶ人もいます。

■成長によって鉛筆の濃さも変えるべき?

年齢に合わせて鉛筆を選ぶということも大切です。幼いうちは筆圧が弱いので濃い鉛筆を使い、成長と共に硬い鉛筆に変えていきます。


子供の頃からずっと同じ濃さの鉛筆を使っているなら、一度変えてみると、字を書く感覚も変わるかもしれませんね。

 

環境によって選ぶ鉛筆の濃さは変わる?

鉛筆の芯は、粘土と黒鉛を練ったものなので、暑いと芯が柔らかく濃くなり、寒いと芯が硬く薄くなります。

なので、どんな環境下で使うかによって、鉛筆の種類を使い分けることも、上手に使うコツといえます。

また、埼玉県は硬筆での書写が盛んなので、昔から芯が柔らかい鉛筆が好まれる傾向にあるようです。こうして、地域性による違いもあるんですね。

ここまで、鉛筆の濃さや用途別による使い分けについてみてきました。次章では、今需要のある鉛筆はどのようなものなのかをご紹介します。
Sponsored Links