生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

スノーボードブーツの選び方・初心者におすすめサイズは?

      2016/05/05



スノーボード用のブーツ、足に合わないと履いていてとてもつらいですよね!

スポーツとして楽しむなら、なおさらです。
お店に行く前に、試着のポイントを必ずチェックしておきましょう!

Sponsored Links


まず、スノーボード用のブーツを購入するなら、
お店には「くつした」を持っていきましょう!

普段はいている「くつした」ではないですよ。
スノーボード用に買った、
厚地のくつした」です。

スノーボードをする時の状態にして、
ブーツを試着しましょう。

【画像をクリックすると商品ページが開きます】

スノボブーツの3タイプ。初心者におすすめは?

くつしたを用意したら、
ブーツを選びましょう!
ブーツは大きく分けて、以下の3タイプがあります。

①《BOAシステムブーツ

【画像をクリックすると商品ページが開きます】

メリット:
・着脱が早い

靴ひもがワイヤーになっていて、
ブーツに装着されているダイヤルを回すだけで、
全体がしめられます。

デメリット:
・靴ひもの締め具合の部分的な調整が出来ない
・BOAシステムが壊れると使えない。

 

②《クイックレースブーツ

【画像をクリックすると商品ページが開きます】

メリット:
・力を使わずに紐を締められる。


通常ブーツの紐を締めるのは結構力が必要ですが、このタイプは
初心者にとって着脱が早く便利です。

紐を左右に引くだけで、
あまり力を使わずに紐を締められます。
強い力がいらないので、女性に人気♡

デメリット:
・ブーツの脱着に少々時間がかかる

 

③《紐タイプブーツ

【画像をクリックすると商品ページが開きます】

メリット:
・ピンポイントで靴ひもの締め具合を調整出来る。


デメリット:
・靴ひもを締めるのに力がいるので、女性は大変かも・・・


装着もワンタッチというわけにはいかないので、
初心者は時間がかかってしまうかもしれません。

<その他の重要ポイント>
初心者のおすすめ選定ポイントは、「やわらかさ」です。

初心者にとっては、
やわらかいブーツの方がスノーボードを操作しやすく、
転んだ時なども負担が少ないようです。

BOAシステムブーツが気にいっても、
硬かったり、足に違和感を感じた時は、
形状よりも自分の足のフィット感を優先させましょう。

ブーツは体と板をつなぐ大事な物です。

ブーツ選びを失敗すると、
スノーボードが楽しめなくなってしまうかも・・・
Sponsored Links