生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

黒い小さい虫が大量発生!正体と対策を知りたいならコレを見て!

      2018/08/26



ある日突然、黒い小さい虫が大量発生するのは何が原因かご存知でしょうか?

黒い小さい虫の正体や、一刻も早く駆除したい場合に最適な方法、大量発生を防ぐ方法などを徹底調査した結果を紹介します。

この記事を最後まで読めば、あなたも黒い小さな虫の大量発生に悩まされることなく快適に過ごせますよ!


先週末、実家の母からの電話で起こされたのですが、いつも冷静で誰より穏やかな母の様子が、なんだかいつもと違いました。

『黒い小さい虫が大量発生したの!!
どうしたら良いのかしら??』

話を聞くと、どうやら正体不明の黒い小さい虫がどんどん増えてきて、網戸も通るみたいだし、どう駆除したら良いのかで困っているっといった内容。

母は、とにかく虫が大の苦手!!数年前までは父がいたので、退治は長年父の役割でしたが、二年前に他界したため現在は一人暮らしです。

実家まではすぐに駆けつけられる距離ではないので急いで調べて電話で母に教えてあげたのが、今回紹介する黒い小さい虫が大量発生した時の対策です。

  • 大量発生した黒い小さい虫の正体とは?
  • まずは黒い小さい虫が大量発生した原因を知ろう!
  • 大量発生している黒い小さい虫を駆除する方法とは
  • 今すぐ実践したい、黒い小さい虫が大量発生するのを防ぐ方法
  • いろいろな黒い小さい虫の種類
黒い小さい虫の大量発生にお困りのあなたにも役立つようにわかりやすくまとめたので、ぜひ参考にしてください!
Sponsored Links

黒い小さい虫が大量発生中!その不気味な正体とは?

小さい虫は、梅雨時期、夏、秋、と結構身近に存在していますよね。

特に古い住宅は、どうしても隙間などから入ってくるので、なかなか厄介です。

1〜2匹とかなら、そんなに気になりませんが、大量発生ともなると、話は別です。

気持ち悪いし、小さいから食べ物とかにも混ざりこみそうだし、、、。

さてさて、黒い虫の正体とは?何なのでしょう?

自宅の中で発生する可能性が高い虫とは??

色々調べてみた所、よく見かける黒い小さい虫といえば、一般的に
  • ゴキブリの幼虫
  • シバンムシ
  • ユスリカ
などが考えられるようです。

でも、今回のような家の中で大量発生している場合だと、
『チビクロバネキノコバエ』という虫の可能性が高いそうです!

 

チビクロバネキノコバエとは?

私はチビクロバネキノコバエという名前を初めて聞きましたが、みなさん知っていましたか?

なんだかちょっと可愛いユニークな名前ですよね。(実際は、厄介者なので・・・全く可愛げありませんが・・)
正式名称「チビクロバネキノコバエ」
略称「キノコバエ」「クロバネキノコバエ」
 

チビクロバネキノコバエの大きさ

大きさは0.5mm~2mm程度、黒胡麻くらいの大きさです。

羽があるので時々飛び交いますが、基本は這って動く習性があります。

指で潰したり、殺虫剤をサッと吹きかけるだけでも簡単に退治できるそうです。

 

チビクロバネキノコバエの特徴1・小さいので室内に侵入しやすい

体が0.5mm~2mmと小さいので、網戸をしていても入ってくるし、窓を閉めていても入ってくる可能性があります。

アリよりも巧妙に壁やドア、窓などの小さな穴やすきまから入り込んでくるほど小さいため、室内への侵入を防ぐのは至難の業です。

チビクロバネキノコバエの特徴2・寿命が短い

チビクロバネキノコバエは早朝に大量発生してその後すぐ死んでしまうようです。

チビクロバネキノコバエの寿命はとても短く、成虫になってから4日くらいしか生きられないようです。朝気付くと死骸が落ちているのはそのためなんだそうです。

 

チビクロバネキノコバエの特徴3・雨の翌日に発生しやすい

チビクロバネキノコバエは気温が上昇することで、大量発生することもあるそうです。

特に、雨が降った翌日に晴れたら多く発生します。

1日の中では、朝方(夜明けから午前10時位まで)に多く発生するようですね。

チビクロバネキノコバエが与える人体への被害

見た目は蚊に似ているけど、人を刺すことはなく、人体に害を及ぼすことはないようです。

気になる人体への被害は無いということで、まずはほっと一安心ですね。

 

チビクロバネキノコバエが発生する時期

4〜6月の梅雨時期から10月頃までに大量発生するそうです。

なぜなの?黒い小さい虫が大量発生する原因とは?

チビクロバネキノコバエは人体への被害が無いということは分かりました。
でも、被害が無くても不快なのには変わりないし、とにかく虫が大量発生するのは気持ち悪いものですよね。

そもそも何故、チビクロバネキノコバエは大量発生するのか?原因をみていきましょう!

チビクロバネキノコバエが発生する地域と発生する原因

チビクロバネキノコバエが発生する地域

チビクロバネキノコバエは、北海道を除く日本の様々な地域に生息しています。

 

チビクロバネキノコバエが発生する環境

チビクロバネキノコバエの幼虫は腐った木や腐葉土に潜んでいるそうです。

水分が適度に含まれた腐葉土等の場所(植木鉢、畑、山等)に産卵し、幼虫・蛹を経て、20日程度で成虫になるようです 。

成長がとてもはやいですね・・・。そして、身近なところから発生するようです。

チビクロバネキノコバエの発生原因は解明されていない

チビクロバネキノコバエの研究者は少ないため、生態はまだまだ未知数です。

チビクロバネキノコバエが発生しやすい時期や環境はわかっていますが、チビクロバネキノコバエが発生する明確な原因については残念ながらわかっていません

そのためチビクロバネキノコバエの駆除は難しいと言われています。

おっと、いきなり駆除が難しい!なんて言われちゃ、不安でいっぱいになっちゃいますよね。
でも、安心して下さい!

実際には、チビクロバネキノコバエの発生で困っている人たちは色々なアイテムを使ったり、予防策をたてて、駆除に成功しているようです!!

次の章では、いよいよチビクロバネキノコバエの駆除や予防策についてご紹介していきたいと思います!

黒い小さい虫を徹底的に駆除!大量発生を予防する対策とは?

チビクロバネキノコバエが発生する環境が分かった所で、続いて本題でもある駆除についてご紹介していきます!

また、今後のためにも、チビクロバネキノコバエの大量発生を防ぐ方法についてもみていきましょう。

チビクロバネキノコバエで悩んでいる人をネットでリサーチしていると、人体に被害が無いからといって放ったらかしにしてしまった人もいましたが、結果的に、砂場の山くらいの死骸の山になってしまったと言う人が結構多いみたい・・・。こ、こ、こわい。。

なので、早めに駆除することはとても大切だと思います!!

チビクロバネキノコバエを駆除する方法・室内での対策

殺虫剤で手っ取り早く退治

殺虫剤は様々なメーカーから市販されていますが、ハエに効くタイプならどれでもOK!

シューっと撒くだけですぐ死ぬので手軽に撃退できます!

また、留まるタイプの殺虫剤も最近割と主流のようです。

ワンプッシュで気になる場所に入ってくる虫を殺していけるので、窓付近や玄関等に撒いておけば入ってくる瞬間から死んでいくので、侵入を防ぐには効果が高そうですね!
 

ハエ取りリボンでがっちり捕獲

ハエ類の好きな臭いと粘着力で、あらゆる種類のハエも簡単に捕まえられる優秀なアイテムです。

 

電池型のノーマットや蚊取り線香で大量発生時も安心

大量発生の場合は、コンセント型ノーマットは置く場所が壁際に限られてしまうため、移動できる電池型ノーマットがオススメです!

また、臭いは気になりますが、蚊取り線香を焚いた部屋と焚かなかった部屋で比較すると、コバエの量が随分と少なくなったという声があるのでぜひお試しください。

ほかに気をつける工夫点

※大量発生する時間帯は窓やドアを閉め切るように徹底する!

※屋内換気扇等の稼動によって、屋内の気圧が低くなることで、虫がドアやサッシの隙間から吸い込まれることがあるため、大量発生する時間帯は屋内換気扇の使用を控える

アミ戸に殺虫スプレーを噴霧することも効果的です。

 

チビクロバネキノコバエを駆除する方法・室外での対策

扇風機を設置して室内に入れない

屋外に扇風機等を置いて、侵入経路となる窓、ドアに成虫が近寄らないように横から風を送るだけで室内への侵入を防ぐことができます。

 

網戸に殺虫剤を吹きかける

スプレータイプの殺虫剤を網戸にかけると防虫効果が2か月もつそうです!

設置型の殺虫剤を置いて室内への侵入を防ぐ

殺虫剤はスプレータイプの他にも玄関や窓などに設置しておけるタイプもあります。

6月くらいから、玄関、裏口ドアや、窓付近に引っ掛けておくと効果的のようです。

 

家の周囲に粉剤の殺虫剤を散布する

チビクロバネキノコバエが発生しやすい6月の梅雨前に撒くのがベストです!
※粉剤は無自覚に吸引してしまったり、子どもやペットが触ったりする可能性があるので、慎重に選びましょう!
 

チビクロバネキノコバエが大量発生する原因と対策を理解していても、繰り返し発生しては駆除する労力がかかって大変です。

そもそもチビクロバネキノコバエが発生しないように、『未然に対策を打っておけば良いんじゃないか?』ということで、根源を断つための秘策をご紹介します。
Sponsored Links