生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

【スノーボード初心者】板の選び方、長さは?持ち物は?

      2016/05/05



スノボを始めるなら、

まずは板選び!!
スノーボードの板には柔らかい板と硬い板があります。

硬さのチェック方法は、
テールを足で踏み、
ノーズを片手で抑えて
もう片方の手で板の中心を押します。

初心者の方には、柔らかい板がお勧めです。

柔らかい板の方が、
コントロールがしやすいからです。

ただ、ターンや着地で板に係る負担の大きい人(脚力の強い人)は、
柔らかい板ではすぐに形状が変わってしまうかもしれません。

そのような方は、硬い板をお勧めします。

Sponsored Links

身長に合わせて選ぶスノーボードの板・身長でチェック!

一般的にスノーボードの板を選ぶ基準は「身長-20㎝」です。

長い板と短い板、
どちらが扱いやすいか・・・
短い方が扱いやすいですよね!
「身長-20㎝」はあくまで目安です。
短ければ良いわけではありません。

チェックポイントがあと2つあります。

足のサイズ
つま先やかかとがボードからはみ出してはいけません。
のりしろが1~2㎝以上は無いと危険です。

スタンス幅
スタンス幅は板に乗った時の股の開きです。
実際にゲレンデで滑ってみて確認してみましょう。

自分にピッタリの板が見つかると良いですね。

【画像をクリックすると商品ページが開きます】

スノボを始めるのに必要な持ち物は?

初心者がスノボを始めるなら、板とシューズの他に、何が必要なのでしょう?

《スノーボードを始めるための
準備品リスト1~8》
1.スノーボードウェア
「スキーウェアを持っているんだけど、ダメかしら?」
スキー用とスノボ用では、別物と思った方が良いみたい。
スノボの動きに合わせてウェアを作っているので、
スノボ用のウェアを用意しましょう。

※スノーボードウェアの機能
転んでも水がしみにくい
・・・耐水性に優れたもの。
耐水性10000mm。
汗をかいても、効率よく外に逃がす
・・・透湿性の高いもの。
透水性5000g。

厚着をしても大丈夫なように、
サイズは大きめを選びましょう。

スノーボードウェアは派手なものが多く、抵抗があるかも知れません。
しかし、危険回避のためには
目立つ」ことも大切です。
初心者なら派手な物を選んだほうが良いでしょう。

2.グローブ
競技によってグローブの機能が変わります。
初心者は、防水性に優れたものを選ぶのが良いでしょう。

3.ゴーグル
快晴だからゴーグルは不要・・・なんてことはありません。
晴れていても、雪面の日光の照り返しや、
UVから目を守らなければいけません。

〔オレンジ・ピンク・イエロー〕
晴れ・曇り・雪、どの気候にも対応するオールランドです。
初心者は、見た目のカッコよさよりも
機能を重視して選びましょう。

〔ミラー・黒・グレー〕
快晴専用
見た目は良いですが、初心者にはあまりお勧めではありません。

〔レインボーミラー〕
オレンジのオールランドとミラーの機能を兼ね備えたもの。
初心者だけど、見た目も重視する人にお勧めです。

雪景色での日光は、目にとても強いです。
ゴーグルで目を守りましょう。

せっかくゴーグルをつけていても、
くもってしまっては意味がありません。
くもり止めをしっかりしましょう。

ベンチレーション(通気口)のついているものもあります。

Sponsored Links