生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

梅干しの賞味期限が切れてた!食べられるの?食べられないの?

      2018/08/26



冷蔵庫を開けると、奥のほうに何かが…。よく見ると、一番上の棚の奥に梅干しがちょこんといるではありませんか!

こんなふうに、つい奥に追いやってしまって、「忘れてた!」ってなることはありませんか?実は、わたしはよくやっています…。

とくに賞味期限の長い食品は、また今度と思ったまま、つい忘れてしまうんですよね。いかんいかん。

日付を見ると、賞味期限からなんと6ヵ月も過ぎていました!


どうする?わたし…。「もったいない」が口癖の私に捨てるという判断は、できません。

でも食べられるの?保存食の梅干しだもの、大丈夫。でもでも…。

いっそ、ぐずぐず悩んでいないで調べてしまえってことで、

・梅干しの賞味期限が切れてた!食べても大丈夫なの?
・梅干しはスーパーで市販されているものと自家製のもので賞味期限は違うの?
・昔の人の知恵がいっぱい!自家製梅干しに賞味期限がない理由
・簡単手作り!賞味期限のない自家製梅干しの作り方
・賞味期限切れの梅干しを食べてみた!その結果は?
 

などなど、梅干しの賞味期限について、くわしく調査してお話します!

賞味期限切れや、何年前のものかわからない梅干しは、もったいないけど食べても大丈夫なのか不安なものですよね。ここで、ハッキリさせましょう!
Sponsored Links

梅干しの賞味期限が切れてた!食べても大丈夫なの?

賞味期限が半年も過ぎてしまった我家の梅干し。はたして食べても大丈夫なんでしょうか?

調べてみると、梅干しに表示されているのは、賞味期限なんですね。ですから、期限が過ぎていたからと言って食べられないわけではありません。

もちろんこれは、適切な保存をしている未開封の場合です。


そういえば、食品に書かれている期限には、賞味期限と消費期限があります。そもそも、なぜ二種類あるのでしょうか。

それは一言でいえば、「日持ちするか、しないか」によって分けられているからです。では、それぞれの定義をみてみましょう。

・消費期限(年月日で表示)

この期限を過ぎたら食べない方が安全という年月日
→製造・加工されてから、およそ5日以内に食べなければならない痛みやすい食品に表示される

・賞味期限(年月日もしくは年月で表示)

この期限までは美味しく食べることができる年月日(あるいは年月)
→消費期限に比べ、痛みにくい食品に表示される。この期限を過ぎても、色・臭い・味などに異常がなければ、食べることができる

 

開封したか未開封かでも賞味期限は変わる

■未開封で冷蔵庫に入っていれば、賞味期限後3カ月は大丈夫!

開封せずに冷蔵庫に入れてあった梅干しなら、賞味期限後でも3カ月は食べても大丈夫です。

「3カ月も!?」と驚いてしまいますよね。でも、梅干しはもともと保存食なので、梅干しにカビなどが発生していないかをよく確認すれば、まず大丈夫です。

 

■開封して冷蔵保存していたものは、賞味期限後1~2週間程度なら大丈夫

開封したものは、いくら冷蔵保存をしても、乾燥したり雑菌が繁殖してしまう可能性があります。なので、食べても問題がないのは、長くても2週間程度です。それを過ぎた場合は、残念ながら処分したほうが無難だと思います。

そして、さらに気をつけなけらばならないことがあります!


 

■賞味期限が切れたら食べないほうがよい梅干しもある

最近は、健康志向から減塩タイプや、食べやすいことからはちみつ漬けの梅干しが多く販売されていますよね。

我が家も夫の血圧を考えて、梅干しから醤油まで減塩タイプですが、それらの梅干しは、塩分が10%以下になっています

塩分が10%以下のものは保存食とはいえず、「要冷蔵」と書かれているはずです。こうした減塩タイプの梅干しは、表示されている賞味期限内には食べきるようにしてくださいね。

 

梅干しはスーパーで市販されているものと自家製のもので賞味期限は違うの?

昔は、梅干しといえば自家製でしたが、今では、スーパーにも多くの種類の梅干しが並んでいます。

では、自家製のものと市販されているものでは、賞味期限に違いはあるのでしょうか?


 

自家製の梅干しには、賞味期限がない!

自家製の梅干しは、梅の実・塩・紫蘇だけで作られています。ほかに余計なものは入っていませんし、塩分濃度は20%以上とかなり高いんです。

私も、母が作ってくれた梅干しは、「酸っぱい」というより「しょっぱい」と感じたことを覚えています。

自家製の梅干しにはそれだけの塩気があるので、とても優秀な保存食となり、賞味期限というものは存在しないのです。

実際、室町時代に漬けられた梅干しが現存するそうです。


もちろん、食べても問題ないのでしょうけど、どんな味なんでしょう。やっぱり梅干しの味…?ちょっと興味がわきますよね。

そういえば、母の梅干しは、しょっぱくてあまり食べられなかったんです。せっかく作ってくれたからと、始めはがんばって食べていたものの、そのうち…。それから5年くらいたったころに、食品棚を整理してると母の梅干しが!

恐る恐る開けてみると、少し白く乾いているように見えますが、虫がわくこともなく、においも変じゃないんです!


まずは毒見(!)で、夫に食べてもらいましたが、何の問題もありませんでした。室町時代とまではいかないものの、自家製梅干しの保存効果は、想像以上にすごかった!!

さてさて、超保存食としての自家製梅干しに対して、市販のものはどうなんでしょうか?

 

市販の梅干しは保存食とは言えないので、賞味期限は3~6カ月

市販の梅干しは、塩漬けにして干した梅を、水につけて塩分を抜いてから、ハチミツや酢、カツオ節などで味付けされた調味液に漬けこんで作ります。そのため、塩分濃度は10%程度になり、保存食にはなりません

また、市販する食品ですから、必ず賞味期限を表示しなければなりません。なので、一般的には、3~6カ月の期限表示がされています。

市販の梅干しは保存食とはいえませんが、比較的、保存のきく食品といえますね。

 

昔の人の知恵がいっぱい!自家製梅干しに賞味期限がない理由

自家製梅干しのすごさはおわかりいただけたかと思いますが、なぜ、それほど保存できるのでしょう?


それは…昔の人がとっても賢かったから!(そこ、笑っている場合じゃないですよ~!)

これは、冗談のようで冗談じゃないんです。なぜって、何にも検査方法がないのに、こうすれば長期保存ができるって思いついた人がいたんですから。

暮らしの知恵と言ってしまえばそれまでですが、やはり昔の人はすごいと思います!

では、具体的に説明します。

 

1.塩分濃度20%以上と高いため、塩による殺菌効果がある

おにぎりを握るときにも塩をまぶしますよね。これはなぜかというと、塩に殺菌効果があるからなのです。


なぜ塩に殺菌効果があるのか?については、う~ん、説明が難しいです。化学は苦手なので…。でも、本当に簡単に言うと、

「塩が入ることで、細菌やカビなどの水分が細胞の外に出てしまい、微生物が死んでしまうから」です。

人間も脱水症状になると、大変なことになりますよね。こんな感じですかね…。あ~これが限界です!私、文系なので_(._.)_

では、次いきまーす。

 

2.クエン酸・リンゴ酸・コハク酸などの有機酸による防菌効果がある

有機酸…、また化学ですね。でも、これ以上説明して脳がうんざりしてもいけないので、今回は止めておいて…。それぞれの効果を見てみましょう。

クエン酸
梅干しにはもちろん、レモンやオレンジなどの柑橘系の果物に多く含まれていて、疲労回復や美肌効果などの効能があります。

リンゴ酸
そのままリンゴや梨、赤ブドウなどに含まれていて、クエン酸と同じく疲労回復を促したり、自然治癒力を高める作用もあります。

コハク酸
アサリなどのうまみ成分として知られています。調味料・酸味料・㏗調整剤として、食品添加物に使用されていますが、摂りすぎなければ問題はなく、新陳代謝や血行促進などに効果があります。

どれも、悪性の細菌に対して強い防菌効果があります。

 

3.紫蘇に含まれるベリアアルデヒドという成分による防腐効果がある

実は、梅と一緒に漬けこむ、あの赤紫蘇にも意味があるんです!


紫蘇はあのさわやかな香りと、豊富な栄養成分から“日本のハーブ”と言われ、食欲促進・アレルギー対策・成人病予防などの効能があります。

また、刺身のツマに添えられることからもわかるように、ペリルアルデヒドによる強い殺菌作用・防腐効果があります。

 

以上の3つの働きによって、何年にも及ぶ梅干しの長期保存が可能になっているのですが、保存状態によっても保存期間が左右されます。

そこで、長期保存をするための条件を確認しておきましょう。

 

直射日光を避けた冷暗所で保存する

梅干しを長期保存するためには、直射日光を避けて冷暗所に保存することが大切です。梅干しだけではなく、どんな食品についても保存方法には、気を付けたいですね。

 
梅肉とあえてもおいしいキノコ。その保存方法についてはこちらで詳しく書いていますよ!
↓ ↓ ↓
きのこの日持ちはどのくらい?美味しく長持ちさせる方法を教えて!
Sponsored Links