生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

洗濯機にゴキブリが!今すぐ排水口を確認して徹底的に対策しよう!

   



ある日、義母からメールで「洗濯機からゴキブリが出てきたんだけど、そんなことある!?」というSOSが届きました。

主人の実家は築50年は経っている古い建物です。基本的に掃除が行き届いていて綺麗に見えますが、やっぱり抜け穴とかできてしまっているのでしょうか。

台所シンクの排水口などは、長期間使用しないとゴキブリが侵入してしまうなどということは聞いたことがあります。

でも毎日使用する洗濯機の排水溝からゴキブリが侵入してくることなんて可能なの?


こうなってくると、自分の家の洗濯機も気になって気が気じゃありません。

綺麗にするために使う洗濯機なのに、ゴキブリの通り道にされているなんて絶対に嫌です! これは徹底的に調べて対策しなければ!

洗濯機の排水口からゴキブリは侵入してくる?対策はどうしたらいいの?
ゴキブリが洗濯機の中に!どうやって駆除したらいいの?
予防が大切!洗濯機にゴキブルが出現しないようにする対策法とは?
意外と盲点!ゴキブリが繁殖しやすいやってはいけない生活習慣とは?
 

さっそく、この4つのポイントに沿って調べてみます。

どこから現れても嫌なものは嫌ですが、侵入できる経路があるのは一番問題ですよね。順番に確認していきましょう。

洗濯機の排水口からゴキブリは侵入してくる?対策はどうしたらいいの?

そもそも洗濯機に限らず、家の中の排水口は外に繋がっているのでゴキブリが侵入できてしまうのでは?と思ってことはありませんか?

じつは、通常のシンクや洗面台、お風呂などの排水口には、排水トラップという構造が採用されていて、ゴキブリなどの害虫は侵入できないようになっているのです。


排水トラップってなに?

排水トラップとは、排水設備の配管の途中に設けられ、悪臭やガス、ゴキブリやネズミなどの害虫が室内に侵入できないようにする構造のことです

排水経路の途中をS字などにして水を溜めることによって、それが壁代わりとなるので常に遮断しておけることになります。

毎回の排水によって溜まっている水も入れ替わるので、衛生的にも問題なく安心です。

しかし、長期間水を使わないでいると排水トラップ内の水が蒸発し、ゴキブリが通れるようになってしまうので注意が必要です。

また、髪の毛などのごみによって毛管現象が起きて水が抜けてしまうこともありますので、定期的な掃除が大切です。


それでもゴキブリが侵入してくる時は?

毎日使っている排水口からゴキブリが出てくる場合には、排水トラップが機能していないことが考えられます。

何らかの理由で排水トラップに水が溜まらなくなってしまうと、排水口から異臭がしてきます。

排水溝が臭いと思ったら、ゴキブリなどの害虫が侵入してしまう前に早めに対処しましょう。

古い物件や賃貸などの場合、はじめから排水トラップがついていないこともあるので、大家さんなど分かる人に確認することをおすすめします。

排水トラップをすぐに直せない、もともとついていなかったなどが分かったら、排水溝専用のネット(網)を被せるだけでもゴキブリ対策には有効です。

では、洗濯機の排水口はどうなの? 次の項で詳しく見ていきましょう。

ゴキブリが洗濯機の中に!どうやって駆除したらいいの?

排水口には排水トラップなる設備があって、私たちが知らない内に臭いや害虫を追い払ってくれていることは分かりました。

では、義母が言うように洗濯機からゴキブリが侵入することも本当ならばできないのでしょうか?


洗濯機の排水トラップ

洗濯機の場合、排水口がどこにあるか見えにくいため排水トラップがついているか分からないという方もいるかと思います。

たいてい、防水パン(洗濯機を置く場所に設置されている四角い水受け)がある場合は、排水トラップとセットになっているので心配はないでしょう。

最近では防水パンがなく直接床に設置するタイプが多いですが、L字型のパイプが付いた筒型の金属が排水トラップです。

新しいものを購入して設置する場合、排水トラップがついていないことはほぼないと思っていいでしょう。


それでもゴキブリが出たら?

洗濯機の排水トラップは、掃除せずに年数が経つとゴミや髪の毛がつまり壊れてしまうことがあります。

少しでも穴が空いていると洗濯機の排水口からゴキブリが侵入することは可能なのです。

また、随分昔に取り付けた洗濯機であれば、排水トラップ自体がないこともあり得ます。

万が一洗濯機の中にゴキブリが入っていったのを発見したら、洗濯機の中を空っぽの状態にして水で洗い流しましょう。もし卵を産み付けていたとしても水で洗い流すことで一掃するこができます。

目で見えるとろこにいるなら、掃除機で吸い出すのも手です。

ひとまずゴキブリを駆除できたら、すぐに排水トラップの確認をして、掃除や修理をしてください。

洗濯機の排水口の掃除

洗濯機の排水口はほかと違い、直接洗濯機と繋がっていますよね。

そのため、排水口にのみネットをかぶせたりすることはできませんので、月に一度程度掃除をすることが望ましいそうです!

分かりやすい動画を発見したので、参考にぜひ挑戦してみてくださいね。



月に一度は難しくても、せめて半年に一度はやるぞ!と心に誓いました。

予防が大切!洗濯機にゴキブルが出現しないようにする対策法とは?

排水トラップの修理で通り抜けられないようにできるとはいえ、とにかくゴキブリを見たくないですよね。

私は本当に苦手なので、冬でもコンバットを仕掛け定期的にバルサンを焚いています。

洗濯機からの侵入防止はもちろん、ゴキブリが出現しない空間を作るにはどうしたらいいのでしょうか?

ゴキブリが出ないための対策
・洗濯機は湿気やカビが発生しやすくゴキブリにとって居心地の良い環境になってしまうので、フタを開けて乾燥させる
・洗濯機の周りにホウ酸団子やゴキブリホイホイを置いておく
・外置きの洗濯機ならゴキブリに効果のある防虫スプレーを噴射しておく
 

ゴキブリは洗濯機のような水回りを好んで出現するため、ゴキブリが近づかないように洗濯機周りの予防はとても大切です。

石鹸なども食べてしまうゴキブリなので、洗剤のこぼした後などもしっかり拭き取っておきましょう。

 

ゴキブリ阻止!絶対に侵入させないためにやっておきたいこと2選

私のように絶対に家の中でゴキブリを見たくない!と思っている人は多いと思います。

そんな方がやっておくべき2つのことを紹介します。
1、侵入できそうな穴をすべて塞ぐこと
2、家の周りにスプレーしたり薬剤をまくこと
 

この2つのことを完璧に行っていれば、洗濯機はもちろん家のどこからもゴキブリは侵入することができません。


1、侵入できそうな穴をすべて塞ぐこと

ゴキブリ嫌いな人がやりがちなのが、バルサンを焚いたりコンバットを置いたり、殺虫スプレーを常備したりすること。

しかし、いくら薬剤を使っても、そもそもの侵入経路を塞がなければ次から次へとゴキブリは家の中へ入ってきてしまいます。
・上下水道に通じる穴
・上下水道のパイプを通す穴
・通風口や換気扇のような風を通すための穴
・人間が出入りする穴(玄関や窓)
・クーラーのダクトを通す穴など必要に応じて開けた穴
 

これらの穴を徹底的に確認し、少しでも隙間がないか確認しましょう。

隙間は防水テープなどで塞ぎ、換気扇などの穴には専用のフィルターが販売されているので設置しましょう。


2、家の周りにスプレーしたり薬剤をまくこと

家の中のあらゆる隙間をなくしたら、次に家の中に侵入できないように予防しておきます。

家の中にダンゴやコンバットを仕掛けるのは、侵入してしまったゴキブリをやっつけるためですが、逆を言えばそれ目当てに侵入してきてしまうということ。

家の中にきてほしくないのに、なんだか矛盾が生まれてしまいます。

それならば、最初から家の中には侵入しないよう、「バルサンの待ち伏せスプレー」など、待ち伏せて撃退するタイプの薬剤を撒いておきましょう。

ゴキブリが通りそうなところにあらかじめスプレーしておくと、通っただけで致命傷を負わせてくれるそうです。

効果は約2週間。こまめにスプレーしておけば、家の中でゴキブリを見なくて済みます!

さらに一戸建ての場合は、「園芸用のオルトラン粒剤殺虫剤」を散布しておくのもおすすめ。これは植物用の殺虫剤ですが、一戸建てに出現する黒くて大きなゴキブリに効果があります。

梅雨前と梅雨明けの二回ほど散布すれば効果覿面。ぜひ試してみてくださいね。

意外と盲点!ゴキブリが繁殖しやすいやってはいけない生活習慣とは?

私は最近都会からのどかな田舎に引っ越してきたので、じつはゴキブリをまったく見ていません。

都会では、どんなに気をつけてきても一夏に2〜3匹は茶色の小さなゴキブリが自宅に侵入してきましたが、こちらに来てからは全然いないんですね。

母親に聞くと、「田舎は黒くて大きなのがたまに出るよ」とのこと。たまにだとしても、大きな方とは絶対に会いたくない!!

全然見ないので油断していましたが、生活環境を見直して、ゴキブリが寄ってこない空間作りに力を入れたいと思います。


ゴキブリが寄ってくる悪習慣
・食べ物を出しっぱなしにしている
・キッチンの流し台に生ゴミを放置しっぱなしにしている
・水回りがいつもなんとなく汚れている
・家具をたくさん置いている
・部屋の中にダンボールを置きっぱなしにしている
 

ゴキブリは塩と柑橘類のフルーツ以外は何でも食べるそうです。紙類や石鹸のほかに人間の髪の毛まで! ぎえー!!

食べ物の扱いに気をつければと思っていましたが、私たちが食べ物と認識しないものまで喜んで食べるとは、とにかく掃除を徹底的に行うしかありません。

細かいものがたくさんあったり、整理されていないのもゴキブリが住み付きやすい環境になってしまいます。

前項で紹介した待ち伏せ対策をしつつ、家の中も清潔に保てばかなりゴキブリにとっては居心地の悪い空間になるはず。

部屋を切れにすることはたいへんでも気持ちのいいことなので、ぜひ続けていきたいと思います。

まとめ

洗濯機からゴキブリが出てくることがあるなんて、実際にその現場を見たら卒倒してしまいそうです。そんな私にできることはひらすら予防のみ!

考えられる部分を見直して、ゴキブリとは無縁の生活を送りたいと思います。

さて、最後に今回のまとめをみてみましょう。
・洗濯機は衣類を清潔に綺麗にするところなのでゴキブリをできれば近づけたくない
・そのためにも、洗濯機にゴキブリが近づかないように対策することが大切
・それでも侵入してくる場合は排水トラップを確認する
・他にも侵入できる場所はたくさんあるので、侵入対策グッズを上手に利用しよう
 

義母は足が悪く、重い洗濯機を動かすのは一人ではとても無理です。

私たちが行ける日まで待たせては被害が広がってしまいそうなので、今回はプロを呼んで排水トラップを付け替えてもらいました。

その後はまったく見かけなくなったそうです。毎日使うものこそ、日頃からきちんと掃除をしたりメンテナンスをしたりしなくてはいけないのですね。

 
エアコンからのゴキブリ対策ついては、こちらの記事に詳しく書いております。
↓↓↓
エアコンから出る黒い粉の正体は?動画でお掃除テクも紹介します!

Sponsored Links