生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

【ひな祭りの食べ物由来】ひなあられ,はまぐりの意味とは?

      2016/05/05



ひな祭りの正確な由来は
はっきりしていないようです。


平安時代の貴族の子女の雅な遊びが
始まりという説や、

遣唐使によって古代中国から
もたらされた
「上巳の祓い(じょうしのはらい)」が発展し、

「流し雛(ながしびな)」になった
という説があります。


平安貴族の子女の「遊び事」の記録は
現存しています。

現代の女の子がお人形遊びをするように、
小さな御所風の御殿「屋形」をしつらえて飾ったものが始まり
とされています。


また、儀式的な要素はなく、
子供の「遊び事」
だったので、
「雛遊び」と言われているようです。

Sponsored Links

ひな祭りの食べ物には全て意味がある!!

《菱餅(ひしもち)》

菱餅の色にはそれぞれ意味があります。
「桃色」魔除け
「白」清浄・純潔
「緑」健康・新緑の生命力です。

他に、の下に新緑の新芽が芽生え、
桃の花
が咲いている
春の風景を
あらわしているとも言われています。

【画像をクリックすると商品ページが開きます】

《ひなあられ》

菱餅をくだいて作ったので、
桃色や白、緑色がひなあられにも
入っているそうです。

好きな色を使って作っているわけではないのですね。

尚、関東と関西では、ひなあられに
違いがあるようです。


関東のひなあられは、お米を爆ぜて作ったポン菓子に
砂糖で味付け
したもの。

関西のひなあられは、お餅で出来たおかきで、
味付けも醤油や塩
など、しょっぱいです。


菱餅(ひしもち)をあられにしたのは、
関西
のひなあられなのですね。


【画像をクリックすると商品ページが開きます】

《白酒・甘酒》

ひな祭りの3月3日は「桃の節句」とも
言われています。

桃は百歳を表す「百瀬(ももせ)」に
通じているので、

3月3日には、桃の花を清酒に浸した「桃花酒(とうかしゅ)」
が飲まれていたそうです。

また、桃の花には「邪を裂く力」がある
とも言われているようです。


江戸時代からは、穀物からつくられる中国の蒸留酒である
「白酒」が定着してきました。

「白酒」にも伝説があって、
昔、大蛇の子どもを宿してしまった女性が、

3月3日に白酒を飲んだところ、
大蛇の子を流産したそうです。

このことから3月3日に白酒を飲むと「胎内に悪い子を宿さない」
言われています。


【画像をクリックすると商品ページが開きます】

《はまぐりのお吸い物》

はまぐりは2枚の貝がぴったりと合い、他の貝とは合わないことから
「貞操」を象徴しています。


また、相性の良い結婚相手に巡り合えて、
仲睦まじく過ごせるようにと、

「夫婦和合」の願いもかけられています。

私たちは、春の旬の海の幸を、
女の子の幸せと合わせて
いただいていたのですね。

Sponsored Links