生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

三輪そうめん山本の白髪とは?一度は食べるべき伝説の素麺!

   



日本人は、麺類が好きな人が結構多いですよね!

私も麺類好きで、中でも群を抜いて好きなのがそうめんです。

昔から、食べているお気に入りがあったのですが…。今一押しで気になっているのが、「三輪そうめん」です!

最近たまたま目にした記事で、三輪山本の『白髪』という、超極細のそうめんの存在を初めて知りました。

記事の写真をみて、とにかく衝撃を受けました!


まるで、芸術作品を見ているかのような美しさ。一瞬で、心を鷲掴みにされてしまいました!

気になったので、『白髪』の口コミを調べてみたら、まぁ評判高いこと高いこと!!

『一度は食べるべき逸品!』

『見た目も味も全てが芸術的!』

『伝説のそうめん!』

こんなキーワードを見たら、これはぜひ一度味わってみるしかない!!

というわけで、三輪山本のそうめん『白髪』について、下記テーマに沿って調べていきたいと思います!

 

  • 三輪山本の白髪とは一体どんなそうめんなのか?
  • 手延べそうめんの発祥の地の三輪地方。三輪素麺とは?
  • 市販のそうめんとの比較!
  • 白髪の美味しさの秘密について!
  • 白髪を美味しく食べるコツ
  • 白髪はどこに行けば食べることができるのか?
 

幼少期から、親戚が夏に贈ってくれるそうめんは、木箱の中で丁寧に並んでいました

子供でも感じるその特別な姿に、高級感とわくわく感が混ざり合って興奮したのを今でも覚えています。

その頃からずっと、そうめんは特別な存在です。

この記事を読み終える頃には、私もあなたも伝説のそうめんに、すっかり魅了されてしまっているかもしれませんね!

それでは早速、『白髪』についての情報をお届けしていきます!

 

モンドセレクション最高金賞受賞!三輪山本(旧・三輪そうめん山本)の白髪とは?

あの有名な、モンドセレクションの最高金賞を連続受賞している、三輪山本(三輪そうめん山本)の『白髪』とは、一体どんな商品なのでしょうか?


 

三輪山本「白髪」の特徴は?

『白髪(SHIRAGA)』という名前も、とても印象的ですよね。

その独特な名前から連想した人も多いかもしれませんが、細さの限界に挑戦して生み出されたものが、三輪山本の芸術品『白髪』です。

なんでも、腕の良いそうめん師でなければ作れない、希少価値の高いそうめんなんだとか。

 

衝撃的な細さの超極細麺!

大のそうめん好きな私も知らなかったのですが、そうめんは細ければ細いほど、高級品とされているそうなんです!

一般的には、直径1.3mm位がそうめんの平均的な細さになりますが、白髪はなんと直径0.3mmという『超極細品』!!

ちなみに、三輪山本にはもう一つ「白龍」という看板そうめんがありますが、こちらは直径0.6mmです。


 

『白髪』はモンドセレクション最高金賞を受賞!

白髪は2010年より、8年連続モンドセレクション最高金賞を受賞しています。

さらに、最高金賞または金賞を、3年連続受賞した商品に与えられる「国際優秀品質賞(インターナショル・ハイクオリティー・トロフィー)」という名誉ある賞まで、受賞経験があるようです。


「○○で金賞!」「○○で優勝!」というネームに弱い私としては…。

あの有名なモンドセレクションで、連続して最高金賞を受賞しているといことでさぞかし美味しいんだろう!」という期待値があがってしまいます。

白髪のすごさが…ものすごく気になって仕方ありません…!

 

【モンドセレクションとは?】

食品・飲料・化粧品・ダイエット・健康を中心とした、製品の技術的水準の審査を、専門家や評論家などが行って評価される。

各カテゴリごとに、優秀品質最高金賞、優秀品質金賞、優秀品質銀賞、優秀品質銅賞が授与される。

 

この三輪そうめん、過去にはなんと「偽物の事件」まで起こったそうです!

長崎県産の素麺を、三輪そうめんとして販売されたことがあったんです。2002年7月に、大手の販売業者3社が産地表示違反を行ったそうです。

他にも、2007年に中国産のそうめんを、三輪そうめんと偽装して販売し、逮捕されたという事件もありました。

『高級品』として人気が高いからこそ、このような事件が起きてしまうのかもしれませんね。

 

創業300年の老舗そうめん屋『三輪山本』とは?


三輪山本は1717年創業で、農民に広く素麺製造を奨励することからスタートしました。

製造業・問屋業を行う中で、五代目の1900年前後には高級素麺製造に力を入れ東京に進出。

東京『日本橋三越』の贈答用取り扱いで、食品第1号となり、その後、百貨店への本格進出も開始しました。

そして1928年には、『宮内省御用』の栄誉を賜っています。

戦前には、軍需用保存食としての麺製造専従時期があり、終戦後には農林省指定工場となりましたが、その後一般市販に復しています。

『三輪そうめん山本』は、創業300年を迎えたのを節目に、『株式会社三輪山本』に改名しました。

 

三輪素麺について

三輪素麺は、奈良県桜井市の三輪地方で作られている素麺のことです。

三輪地方は、手延べそうめんの発祥の地と言われ、素麺が特産品となっています。

なんと、三輪素麺の歴史は1200年以上前から始まります!

桜井市三輪にある『大神神社』の宮司の子息が、その土地と三輪山から流れる水が小麦栽培に適していると知り、小麦を育てることにしたそうです。


そして、飢えや病などで苦しむ人々のために、小麦粉を原料にそうめんを作り始めたことが、起源だといわれています。

ちなみに桜井市では、地元の特産品の三輪素麺を食べる習慣を広めて、伝統文化への理解を高め、地域活性化を目指すことを目的とした条例が施行されています。


ここまでで、三輪山本のこと、三輪素麺のこと、そして『白髪』のことについてお伝えしてきましたが、皆さんいかがでしょうか?

白髪に対する気になり度数が、より高まってきませんか?

私自身、調べながらもどんどんと白髪への興味が増してきてしまいました。


そんなところで、続いては白髪の美味しさの秘密について、深掘りしてみたいと思います。

市販のそうめんと比べてビックリ!三輪山本「白髪」の美味さの秘密とは?

三輪山本の「白髪」は、老舗そうめん屋の商品なので、美味しさは言うまでもありませんが…。

その細さが衝撃的すぎて、巷で評判になっているようなんです!

そうめん、ひやむぎ、うどんは、基本的に直径の太さで判別されています。

以下の表で、太さの違いを見てみましょう!

 
麺の種類 麺の太さ
白髪 直径0.3mm
そうめん 直径1.3mm以下
ひやむぎ 直径1.3mm以上、1.7mm以下
うどん 直径1.7mm以上
 

先ほど、そうめんは細ければ細いほど高級品だとお伝えしましたね!

『白髪』の直径は、0.3mmの超極細麺!断トツの細さです!!

その細さゆえの茹で時間は、なんとわずか30秒です。一瞬ですね!


 

白髪と市販のそうめんを比較してみた!

兵庫県の播州素麺『揖保の糸』、奈良県の『三輪素麺』、香川県の『小豆島そうめん』の日本3大そうめんの中から、有名な商品をチョイスして特徴や評判を書き出してみました!

 

【揖保乃糸】
  • 産地:兵庫
  • メーカー:兵庫県手延素麺協同組合
  • 湯で時間:1分半~2分
★ ツルツル光沢のある麺は、舌の上を滑りながら喉に落ちた!

★つるっとしたのど越しで、口当たりが滑らか。しっかりとしたコシもある。


 

【白髪】
  • 産地:奈良
  • メーカー:三輪山本
  • 茹で時間:30秒
★ゆでる前は本当に髪の毛ほどの太さで、ゆでた後もざるから逃げるほど。

★めちゃくちゃ美味しい!自分へのご褒美。この細さ、繊細さにもかかわらず、コシがありとても美味しいです。ぜいたくな味。高くても価値ある商品!


 

【島の光】
  • 産地:香川
  • メーカー: 小豆島手延素麺協同組合
  • 茹で時間:2分
★麺の伸びが感じられず、弾力があり、麺質がツルッとしていないため、つゆの味を拾って麺つゆの味が感じられた。

★しっかりとしたコシがあるので、腹持ちがよく満足感が得られる。

 

日本3大そうめんというだけあり、それぞれの美味しさは言うまでもないと思いますが、一番みて欲しいポイントは、『茹で時間』です!


3つの商品を比較してみると、圧倒的に白髪の茹で時間が短いのがわかります。

先ほどもお伝えしましたが、『白髪』の直径は0.3mmの超極細麺です。

30秒というこの茹で時間が、細いという事実を確証しているのかもしれませんね!

 
こちらの記事もぜひチェックしてみてください!
↓ ↓ ↓
三輪そうめんと揖保乃糸の違いってなに?徹底比較してみた!
 

『白髪』の美味しさの秘密はここにあり!

細さの限界に挑戦して、完成した三輪山本の芸術品が『白髪』。

10gあたりの麺線(麺の本数)は、なんと約300本!!

限られたそうめん師だけが作ることができる、衝撃的な『超極細麺』です。

その細さゆえの、高級感を感じる独特な舌触りと、感動的な喉越しが特徴的です。


数あるそうめんとは別格である、この特徴的な部分に魅了される人が多いんだそうです。人気があるのにも納得しますね!

また、白髪は高級料亭などで『椀だねや小鉢の一品』としても提供されているそうですよ。

人気の証拠に、ツイッターでも結構ヒットします。こういう情報って一番リアルに感じませんか?

 

 

 

他にも色々な評判が溢れているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

36時間製法!そうめん師たちのこだわりの追求!

白髪は、寒期に約36時間かけて、熟練のそうめん師によって作られています

気温や湿度によって、小麦粉や水などの配合を変える徹底ぶりは、熟練の『そうめん師』だからこその高度な技術です。

又、寒期は気温が低いので、塩分が少ない製麺作りに適しているそうです。


塩分を少なくすることで、コシが強くなり、『質の高いそうめん』ができ上がるそう。

他にも、寒期は晴天の日も多い点も、そうめん作りには最適と言われています。

完成後のそうめんは、そうめん自体水分が含まれるため、高温多湿の梅雨を越すことで高温発酵をします。

これを厄というそうで、「厄」を越したそうめんは、ゆでても「コシ」が強く、茹でのびしにくい麺に進化するそうです!


小麦をこねる事から始まり、少しずつ手作業で延ばしていって乾燥させ、商品が完成するまでの期間には、同じ日という事はありませんよね。

その日その日の気象条件に合わせて、日々調整、進化させている。

『より美味しく、より細く美味しく、より美しく・・・・・。』

職人魂とは、本当に想像できないほどの熱意が溢れるものなんだと思います。

果てしないこだわりがあるからこそ、創業300年以上たつ今なお、多くの人に愛され続ける商品を作り続けていけるのでしょうね。
 

そうめん師とは?

『手延べ干しめん製めん技能士』という国家試験があり、合格者には「製めん技能士」としての資格が与えられるそうです。

手延べそうめんの製造は、かなり高度の熟練を必要とします。

師匠から弟子へ、世代を超えて伝えられてきた技術、伝統、職人の勘が、見ためも美しく、極上ののど越しの手延べそうめんを生み出していきます。


 

白髪の美味しさの秘密や、そうめん師のこだわりの追求について知ると、これはもう興味があるだけで終わらせるわけにはいきません。

実際に食べてみたい!もう頭の中はその想いでいっぱいになってしまいました…。

なので次の章では、食べる時の具体的ポイント、つまり美味しく食べるコツについて調べていきます。

白髪を更に美味しくする正しいそうめんの茹で方や食べ方とは?

どんなに美味しい商品だったとしても、作り方や食べ方が間違っていたりしたら、美味しさは半減します。

そうめんの場合は、とくにその細い形状からしてとってもデリケートなものなので、ちょっと油断したら失敗してしまいます。

「より美味しく白髪を食べたい!」「100点満点の状態で食べたい!」ですよね!


というわけで、この章では正しいそうめんの茹で方と食べ方について、解説していきたいと思います。

 

正しい茹で方

1.大きな鍋に3L以上の水を入れて沸騰させる
※少ないお湯で茹でると固まってしまい風味が悪くなる


2.強火のまま、箸で素早くかきまぜる
ふきこぼれないように、強火のまま30秒茹でる


3.30秒経ったらざるにあげて流水で冷ます

4.冷めたら、流水で両手でもみ洗いして、水気を切る
※こうすることで時間が経ってものびにくくなる


 

美味しく食べるコツ

上記でお伝えした、正しい茹で方が美味しく食べるうえで、一番大切なことには間違いありません。

さらに、ここでは美味しく食べる工夫について少しお伝えしますね!

白髪は、『そうめん専用のめんつゆ』でも、十分美味しくいただけると思います。

その理由は、麺そのものがとても美味しい素材でできている商品だから!


 

でも、より美味しく食べるには、さらに色々な工夫ができます!

たとえば、ごまつゆ味噌つゆを自分で作ったり、ツナマヨネーズ生姜をミックスさせて、つゆに入れて麺と絡めながら食べたりしても、美味しいと思います。

他にも、潰した梅大根おろしを和えて麺にのせて、つゆに絡めながら食べるのもおすすめ!

今お伝えした食べ方は、そうめん好きの私が色々試した中でも、おいしさ上位の食べ方なので自信があります!ぜひ、試してみてください。


そうめんは色々な食材と合うので、可能性は無限大です。

ぜひ、あなたのオリジナルを発見して欲しいですね!

又、三輪山本では、最高の材料と素材の持ち味を生かす製法で作った、そうめん専用のめんつゆも販売されているようです。

このめんつゆは間違いなく、白髪とぴったりの相性なんでしょうね!


ここまでで、そうめん師のこだわりについてや白髪の美味しく食べるコツなどが理解できましたね。

これで白髪を食べるための事前準備はだいぶ完了しました!

というわけで、いよいよ続いては白髪は、どこへ行けば実際に食べられるのか?

そして、通販で購入できるのか?について調べていきたいと思います。

三輪山本の白髪はどこで食べることができるの?通販で購入できる?

細さの限界に挑戦した山本の芸術品、『白髪』。

麺の芸術品と言われるその現物には、どうやったら出会えるのでしょうか?

色々調べて行くうちに、私はやはり直接会いたくなってしまいました。

「必ず仕事の休みを取って、直接現地まで足を運ぶぞ〜」と決意!!

同じくたった今、同じことを思ったあなたも、かなりのそうめん好きに違いありませんね。


ということでこの章では、三輪山本の白髪を食べるための場所を調べていきたいと思います!では、早速みていきましょう!

 

三輪山本の本店に行ってみよう!

やはり、どうせ現地に行くなら本店にいきたい!そう思う人は、結構多いと思います。

私はかなりの食いしん坊なので、食べたいものや気になるものを目指して、少し遠くても足を運んでしまうタイプです…。

皆さんはいかがですか??

本店がある奈良桜井市は、日本最古の神社と言われる三輪の大神神社が有名ですが、他にもたくさんの由緒ある社寺が点在している地域です。

どの季節に行っても、散策が楽しいでしょうね!


現地に行けるなら、ぜひ直接自分の手で白髪を手に入れたいですよね!

それでは、本店情報をまとめておきます。

 
  • 場所:奈良県桜井市箸中880
  • 営業時間:10:00~17:00
  • TEL:0744-44-2001(売店・お食事処専用ダイヤル)
  • FAX:0744-43-6666
  • アクセス:下記参照
<車で行く場合>
西名阪自動車道 天理IC〜20分 (国道169号線沿い)
南阪奈道路 葛城IC〜大和高田バイパス経由で約30分

<電車で行く場合>
近鉄・JR桜井駅〜天理方面行き
JR巻向駅下車し南へ徒歩10分

<バスで行く場合>
バス利用。箸中バス停下車し北へ徒歩2分

 

本店では、白髪以外にも、白龍、白龍&白髪のセット、土蔵囲いなど、三輪山本の取り扱い各種商品を、直接購入できます。

もちろん、自宅用やご贈答用として、全国への配送も可能です。

そして、一番私が知りたかった情報『その場で食べることできるのか?』については…。

ご安心を!

三輪山本の本店には『三輪茶屋』というお食事処があります。


冷やしそうめんや、温かいにゅうめんなどを食べることができるようですよ。

 

お食事処『三輪茶屋』について

・営業時間
11:00〜15:30(ラストオーダー)

・気になるメニュー
冷やしそうめんは、細さ約0.6ミリの極細手延べそうめん『白龍』
温かいにゅうめんは、北海道産小麦『ゆめちから』を100%使用した『夢飛龍』


そうめんと笹寿司やにゅうめんと笹寿司、一口デザートなど、メニュー内容とボリュームのバランス的には、ランチにおすすめみたいです!

団体客向けのメニューもあるそうなので、団体で行く予定の時には、事前に問い合わせてみましょう!

10名以上で予約も行えるので、あからじめ行く予定が決まっている人は、事前に予約しておくのも良いかもしれません。(*予約は、1週間前まで)

最後にちょっと残念なお知らせ…。とっても残念なんですが、お食事処では、『白髪』は食べることができません!

というわけで、白髪を食べるには、『商品を本店で購入する』か、『通販で購入する』かのいずれかの手段になります。

私はまずはお食事処で、にゅうめんと笹寿司をいただき、帰りに本店の売店で白髪を購入することにします!

 

通販でお手軽にゲットしよう!!

行けるなら現地に行きたいものですが…。なかなか距離的に厳しい人、忙しいので時間が取れない人、そんな方々も多くいらっしゃると思います。

でも、ご安心ください!白髪は、通販で購入することができます

三輪山本のオンラインショップや、楽天などのwebショップで購入ができます!

自分用に、大切な人へのプレゼントに、ご贈答用に…。あらゆるシーンで活用できそうです。

 
 
 

まずは、Webサイトをチェックしておきましょう。ただし、現地で直接買いたいと思っている人は、ポチッとしないよう気をつけてくださいね(笑)。

この章では、白髪を手に入れる手段についてお伝えしてきました。

現地に足を運ぶのもよし!通販で買うのもよし!

ご自身の都合に一番合う手段で、白髪を手に入れてくださいね。


白髪を手に入れる手段もわかったところで、ちょっと面白そうな情報をお伝えしたいと思います。

そうめんの『食べる』以外の、おすすめな楽しみ方を見ていきましょう!

食べるだけじゃもったいない!三輪山本は工場見学や手延べ体験はできるの?

『美味しいそうめんを堪能する』なんて、幸せなことなのでしょうか。

さらに、食べる以外にも、そうめんの魅力に触れることができるらしいんですよ!

それは、『工場見学』『手延べ体験』です。

三輪そうめんの工場見学や、手延べ体験などができるところもあるようなんです!

手延べそうめんの製法は、切って麺にするうどんやそばとは違い、ひっぱりながら細くしていくのが大きな特徴です。


 

三輪そうめんの見学や体験でより魅力を味わおう!

体験では、実際にその技法を体験できるので、そうめんの魅力に触れたい人にはぜひおすすめです! 

 

【見学や手延べ体験の魅力とは?】
  • 自分で延ばした生そうめんを持ち帰って、じっくり自宅で味わえる!
  • 自分で作るそうめんだから、格別の味がするはず!
  • そうめんの歴史や珍しい製造方法を知ることで、そうめんを格段に楽しむことができる!
 

三輪山本では体験できない!?

以前までは、三輪そうめん山本施設内の『麺ゆう館』でも、工場見学や手延べ体験ができたそうです。

しかし、残念ながら麺ゆう館は2018年3月で閉鎖になったようで、現在は見学や体験はできなくなりました。

以前は、そうめんの長い歴史や昔に使用していた道具、調理法やそうめん料理の提案などの展示室、製造工程を楽しめるビデオ鑑賞などが行われていました。


また、そうめん延ばし体験では、一晩熟成させた麺を引き延ばすという工程を、体験することができました。

作ったそうめんを、おみやげとして持ち帰れてとても人気があったみたいなので、閉鎖の情報は残念ですね!

でもご安心ください!

桜井市には、たくさんの老舗そうめん屋さんがあります!

見学・体験を行なっているところを、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

まとめ

それでは、最後に今回のまとめです。

 
  • 白髪は2010年より8年連続モンドセレクション最高金賞を受賞!
  • 一般的に1.3mm位の平均的細さに比べ、白髪はなんと0.3mmの『超極細品』
  • 細さの限界に挑戦した芸術品『白髪』は、熟練したそうめん師でなければ作れない!
  • 奈良の三輪そうめんは、日本3大そうめんの一つ
  • 公式オンラインショップや楽天などで通販できる
  • そうめんの魅力に触れたい人には、工場見学や手延べ体験もおすすめ! 
 

今回、三輪山本のそうめん『白髪』の魅力について、十分に触れていただけたのではないでしょうか?

早速、「どのあたりの休暇で奈良県桜井市に行こうか?」と、妻と緊急ミーティングを行いたいと思います!!

皆さんも、ぜひ『白髪』と出会えると良いですね。

また、三輪山本は白髪以外にも『白龍』も有名なので、食べ比べてみるのも楽しいかもしれませんよ!

 
こちらの関連記事もぜひチェックしてみてください!
↓ ↓ ↓
三輪そうめん山本の白龍とは?白髪との違いや実際の評判は?
 

スポンサードリンクス

あわせて読みたい記事(広告含む)




本記事は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように頑張ります。
   ↓ ↓ ↓

 - お出かけ・季節イベント



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【雛人形の飾り方】意味と由来、正しい並べ方

「ひな祭り」は、 女の子のすこやかな成長を願う節句の行事です。 もとは「ひいな遊 …

病気平癒のお守りで有名な神社7選!ご利益がすごいお守りはコレ!

私は以前、自分の病気が見つかった時、近くの神社で病気平癒(びょうきへいゆ)のお守 …

韓国の電圧は?変圧器・変換プラグは必要?iPhone充電は..

日本からは飛行機で2時間ほどの「韓国」。 現代的な街と昔ながらのレトロ調街並みが …

まるで浄土?京都仁和寺の御室桜2019 見頃はいつ?

御室桜って、ご存知ですか? こう書いて「おむろざくら」と読みます。 それは遅咲き …

PL花火大会2019‥打ち上げ数, 最寄り駅, 見える場所など

PL花火大会 その名前を聞くと、なんだか他の花火大会とは色が違うように感じますよ …

吉野家の牛丼の並・大・特盛りの量は?昔より量が減ったって本当?

先日、吉野家で牛丼を注文したのですが、いつもよりもお肉の量が少ないように感じまし …

エイプリルフールのルール!午前中?由来?企業が嘘をつく?

1年に1度、嘘をつくことが許されるのが 4月1日のエイプリルフール。 かつて、エ …

子供といっしょに潮干狩り!服装や持ち物はコレだ!

5月の爽やかな風が吹いてくると 「潮干狩り」の話題が聞こえてきます。 今年は子ど …

茶臼山 芝桜まつり2019の日程は?見頃や渋滞情報は?

標高1358mという高さから、「天空の花回廊」と言われる茶臼山高原の芝桜。 茶臼 …

原谷苑の桜の開花情報!無料シャトルバスによる行き方は?

知る人ぞ知る桜の秘境、原谷苑(はらだにえん)。  前記事ではタクシーや公共交通機 …