生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

鏡開きっていつ?京都・関西は、九州・関東とは違うの? 

      2017/01/16



鏡開きは、

一般的には松の内が終わった1月11日とされていて、
土日・祝日によって異なることもあるようです。


これは、徳川三代将軍・徳川家光の命日が慶安4年4月20日で、
元々1月20日に鏡開きをしていたけれど、


「20」を忌日として嫌い

「11日」
になったようです。

これは地域によって異なり
関東、九州 では1月11日 そのままですね!
でも、関西 では1月15日 に行われることが多いようです。

(ちなみに 京都・その近隣1月4日とか… 早い!

でも、おもちがカビなくて良いかも…
そういえば七草粥1月7日が多いみたいだけど、
これって鏡開きとは関係ないようです…)

Sponsored Links

鏡開き前におもちを食べてはいけないその理由とは?

さて、鏡開きでお供えするのは、
「おもち」ではなく、


“鏡もち”
と呼びます。

鏡もちには 年神様が宿っている ので
お正月のうち食べてはいけないみたいです。


松の内は 年神様が鏡もちの中にいらっしゃる ので
(おもちが宿なのね!)、


松の内が終わって年神様をお送りしてから、
鏡開き をしているんです。


鏡開き2
年神様ってたくさんいらっしゃるのね。
地方ごとに呼び方が変わっていて、

 毎年、各家にやってくる来方神。
「千と千尋の神隠し」を思い出しちゃった)


そして、
神様が宿ったおもちを食べて
1年の 無病息災 を祈ります。

Sponsored Links