生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

お小遣いの平均を教えます!小学 中学 高校 大学生は?

      2018/07/16



子どものお小遣いって、どのくらいが適当なのでしょうか?

小さなうちからお金を持たせすぎるのは良くないって聞くし…。

かといって、周りよりも少なすぎたら可哀相な気もするし…。

そもそも子どもたちって、あげたお金の使い道はどうしているのでしょう?

気になったので、ネットで検索、検索~。

で、どうだったかというと…

えっ!?大学生にもお小遣いをあげるケースってあるのですか?
それは仕送りっていう意味なのかな?それとも好きに使うお金!?

という、私にとって驚きの事実が出てまいりました。

他にも、学年ごとにどのぐらいの金額をあげているのか?気になったので、この際お小遣いについて色々と調べてみることにしました。

世間の皆さんは、お小遣いをあげるとき、どのような工夫をしているのでしょうか。
また子どもの年代別に、お小遣いの平均や使い道も違ってきますよね。

今後どのようなペースでお小遣いをあげていったらいいのか、あなたも一緒に考えてみませんか?

Sponsored Links


小学生のお小遣いの平均と使い道は?

小学生になったらお小遣いをあげ始めようかなぁ…とぼんやり考えてはいても、何年生からスタートしよう?金額は?と具体的なところは迷ってしまいますよね。

みんな、どれぐらいの金額であげているの?

ということで、平均額の他に、みんなが一番チョイスしている金額を「一般的な金額」として見てみましょう。

一般的な金額としては、
・小学校1~2年生:500円
・小学校3~4年生:500円
・小学校5~6年生:1,000円
が目安のようです。

 

お小遣いの平均額は、
・小学校1~2年生:901円
・小学校3~4年生:812円
・小学校5~6年生:1,122円
でした。

お小遣いの平均値が一般的な金額より多めになるのは、極端に多い子がいるからでしょうか。

使い道は、漫画の本や雑誌、ファッション誌(女の子)、お菓子などの嗜好品みたいです。

他にもトレーディングカード(トレカ)を集めている子、ファンシー雑貨や文具を集める女の子など、好きな物を集めるのに使う子もいるようでした。

お年玉から手元に残す金額があると、お小遣いと合わせてゲームを買うこともできるようですね。


中学生、高校生のお小遣いの平均と使い道は?

中学生になると、

 

一般的な金額は2,000円

平均額は2,305円

テストの成績によって増額したり、ご褒美としてお小遣いをあげるケースが多いようです。

 

高校生は金額がぐっと上がります。

一般的な金額が5,000円

平均額は5,300円

あげている金額は5,000~10,000円と幅広い金額ですが、高額のお小遣いには携帯電話代を含んでいる場合が多かったです。

子どもの携帯電話料金は、親にとって頭の痛い問題です

上記のように、お小遣いに含んでしまうのは良いアイデアですね。基本料金を超過したらお小遣いが減る。となれば当然、金額には気をつけて使うことでしょう。

自分で管理させれば、金銭感覚を養うことも出来て一石二鳥
私も見習おうかなと思いました。

高校生になると自分でアルバイトしてお金を稼げるようにもなりますが、勉強に専念して欲しいと願う親も多く、思ったよりもお小遣いの額が多かったと思います。
Sponsored Links