生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

グアムの電圧は?変圧器・変換プラグは必要?iPhone充電は..

      2018/07/16



常夏のリゾートアイランドと称される「グアム」

普段使っているiPhone等の電化製品を現地で使用するのに、「変圧器と変換プラグは必要なのか?」いろいろと迷いますよね。

本記事では、グアムの電圧やコンセント形状、日本の電化製品を使用する方法を、筆者の体験談を織り交ぜてまとめてみました。

Sponsored Links

まず正しい知識を!グアムの電圧・周波数と電源プラグのコンセント形状について

 
<ポイント>
場所      グアム
電源電圧    AC110V~120V
周波数     60Hz
コンセント形状 Aタイプ(USA 3 pin)
 

グアム島内の電源設備はアメリカ本土と同様にAC110V〜120V、60Hz、ホテル内の電源コンセント形状はAタイプにアース穴が付いた3極(USA 3pin)、日本のAタイププラグがそのまま利用できます

グアムホテル電源コンセント形状 Aタイプ: USA 3pin

グアムで日本の電化製品を使うとき、変圧器、変換プラグは必要か?

 
<ポイント>
場所     グアム
変換プラグ  不要
変圧器    必要
変圧器の仕様 ステップダウントランス(AC120V~110V→AC100V)
 

AC100V 50/60Hzの日本製電化製品も短時間であればそのまま使用できますが、長時間の使用は故障の原因となりますので、変圧器(電源トランス)は持参すべきアイテムです。

92581e760356cba42cd937194a27a7e4_s
ただし、海外仕様の日本製電化製品(AC100V-240V 50/60Hz)であれば変圧器なしで使用できます。
持参の電化製品付属のACアダプターのラベルを確認下さい。

iPhone専用充電器(ケーブル付)はアップル専用充電器となっています。
仕様はAC100-240V 50/60Hz

プラグもAタイプですのでそのままコンセントに差込充電できますが、USBケーブルを使用しての充電はアップル専用のUSBライトニング仕様ですので、専用のUSB変換プラグの持参が必要となります。
(通常、ホテルの部屋にはUSBケーブルを使っての充電設備はありません)

2【筆者撮影:Canon製のデジタルカメラの充電器 AC 100-240 V, 50/60Hz】

一方、日本製電化製品の電源プラグはそのまま電源コンセントへ差し込めますので、変換プラグの必要はありません。

ところが持参したデジタルカメラ、携帯電話、シェーバー、パソコン等の充電機がAC100V-240V対応でない場合には、変圧器(電源トランス)を持参する必要があります。

携帯する変圧器は出来るだけ軽量コンパクトな製品がベストです。

 

筆者おすすめの小型変圧器(全世界対応, 変換プラグ付)

 

小型変圧器におおいて、筆者が現在おススメできるのはこの製品です↓
 

 
 

この製品は、入力電圧が「AC110V~130V、AC220V~240V、AC250V(50/60Hz)」のようになっています。

これはつまり「全世界に対応」しているということ。筆者がこの製品をおすすめする一番の理由はそこです。

つまり、グアム旅行後も、世界中のどこでも日本製品を使うことができます。

「携帯電話、充電器、電気シェーバー、デジタルカメラ等」の幅広い小型家電に使用でき、とりあえず安心です。

旅行中の荷物はできるだけ少なくしたいものです。上記の製品は、USB充電ポートが付属しているので便利ですよ。USBのアダプターを余分に持参する必要がありません。

今なら「世界各国対応の変換プラグ」を5個プレゼントしてくれるようです。
Sponsored Links