生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

これは絶景!千鳥ヶ淵の桜 2019 春の開花状況は?

      2018/07/16



春といえば桜、その中でも東京の千鳥ヶ淵(ちどりがふち)桜の名所として有名です。

皇居の西側に位置するこのお堀は両脇に桜を携えており、
千鳥ヶ淵緑道では、まるでお堀に流れ込むかのよう桜が咲きます

桜のトンネルの中を歩いているような感覚…素敵ですよね!

以下、千鳥ヶ淵の動画で一番良いものを選びました。

まずは、千鳥ヶ淵の桜の絶景を堪能ください! 高画質動画 6分56秒



いかがでしたか?

動画3分34秒からありますように、千鳥ヶ淵では美しい夜桜のライトアップもあるのです。

お堀りの水面に反射する「」と「夜桜」のコントラストがとても素敵ですね!

こんなに美しい桜をせっかく見に行くのですから、是非とも満開時期に訪問したいところ…。

それでは、2017年 千鳥ヶ淵の桜の開花はいつ頃なのか?

予想と合わせて、周辺の見所、アクセス、その他色々な情報をお伝えしたいと思います。
Sponsored Links

千鳥ヶ淵の桜 2017年の開花状況、見頃は?

千鳥ヶ淵の桜の「見頃」(過去実績)
2015年 3月29日〜4月上旬 →満開
2014年 3月31日〜4月上旬 →満開
2013年 3月22日〜3月下旬 →満開
 

過去の開花状況を確認すると、2014年、2015年については「4月上旬まで見頃でした。一般的に桜の花は「一週間」単位で変化します。

つまり、

「開花から満開」までが、約1週間
「満開から散る」までも、約1週間

ということです。

冷たい雨が降れば長持ちすることもありますが、逆にあまりにも暖かい日が続くと少し早く満開になり、散ってしまいます。

 
千鳥ヶ淵の桜の開花状況(2016年実績)
3月21日  開花
3月25日  さくらまつり開催
3月29日  3分咲き
3月31日  7分咲き
4月 1日  満開
4月6日  さくらまつり終了 
 
2016年は暖冬で、開花こそ早かったものの見頃は平年並みとなりました。
さて、2017年は?というと…
まず東京都の桜の開花は3月26日
これは平年並みの予想で、そのまま平年並みのペースで見頃を迎えるとのことです。
つまり、
3月下旬に開花し、4月上旬には見頃を迎えて満開となると予想しておきます。
 

千代田区観光協会では、毎年桜の開花状況を知らせてくれます。

時期が近づいてきたら、ぜひ詳しい開花状況をチェックしてみてくださいね!

 

千代田区観光協会ホームページ
http://kanko-chiyoda.jp/tabid/1117/Default.aspx

桜の時期になると開花カレンダーで毎日開花状況が表示されるほか、

facebooktwitterでも開花状況を知らせてくれています。

 

さくらまつり特設電話

03-3556-0393

音声ガイダンスで毎日開花状況を案内してくれます。

3月中旬~4月中旬頃の桜の期間中になるかと思いますが、

詳しくは上記の公式サイトをご覧ください。

 

 

 

東京の桜は、千鳥ヶ淵からほど近い、靖国神社の境内にあるソメイヨシノの基準木が花をつけたタイミングで開花宣言がなされます。開花宣言から1週間後を目安に、お花見の予定を組むのが良いかと思います。

続いては、桜の開花時期に行われるお祭りの情報などをお届けします。
Sponsored Links