生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

20代の転職!3回目を成功させた先輩たちの経験談

      2018/07/16



3回目の転職を考えている方は、とても不安になるのではないでしょうか?

2回目の転職は上手くいっても、3回目となると、面接時の人事担当者には良く思われないような気がしますよね。

20代のうちの転職は、「キャリアアップのための転職」と捉えられるとが多いのですが、20代での転職が3回目となると「耐性がない」「打たれ弱い」という印象に変わってしまう恐れがあるのです。


実際の企業の人事担当者の話によると、2回以上の転職は定着性がないと見る、耐性がないのではないか?とネガティブな印象を受けるようです。

そこで、

本記事では、3回目の転職でも企業の人事担当者に「前向きな検討」、あるいは「欲しい!」と思ってもらえるような実践的なテクニックを紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

20代で3回目の転職をなんとか成功させたい!! その鉄則とは?

まず、3回目の転職を成功させたい あなたにとって大切ななことは、

 
・今まで何を経験してきたのか?
・今後どのようにスキルアップをしたいか?
・今までの経験を今後どのように活かせるか?
 

などをしっかりとアピールできるように練習することです。


特に、中途採用の場合は即戦力を求めるので、前職を通して

自分がどのような結果を残したか?
どんなスキルや経験を身に付けてきたか?

それがとても重要になってきます。

同じ職種じゃないと、スキルアップを謳うことは難しいのでは?と考える方もいますが、自分の職歴と仕事内容を見つめ直すことで、その仕事で得られたスキルなどを見出すことができます

自分の隠れたアピールポイントを見出すためには「マインドマップの作成」などがおすすめ。
筆者もそのようにして、隠れたスキルや経験を見つけ出しました。

要は、上記に関連するものを「実際に紙に書いてみる」ことで脳が整理されるのです。


しかし、注意しなくてはいけないことがあります。

それは、
・3回分の転職(つまり4つの職種)に関連性がないこと
 

という場合は採用される確率が著しく低くなってしまいます。

ではどうするか?

 
・3回分の転職に出来る限りの関連性をもたすこと
 

が非常に大切です。そして、

それを説明できるように事前の準備に時間をかけることが必要になってきます。

もしも、自己分析に不安があるときなどは、迷わずキャリアアドバイザーに相談してみましょう。良質なアドバイザーはあなたの転職の成功確率を数倍以上に高めてくれます。

筆者も5社のキャリアアドバイザーに相談し、キャリアアップを成功させてきました。20代に特化したマイナビジョブ20’Sのアドバイザーは的確なアドバイスくれましたのでおすすめです。

信頼できるキャリアアドバイザーは「転職経験者」そのものです。そして、経験者に相談することは、転職成功のためにほんとうに重要なポイントですので、徹底的に取り組んでくださいね。

詳しくはこちら↓
マイナビジョブ20’S


参考までにですが、筆者の父も、20代で3~4回ほど転職を繰り返していました。理由は会社の倒産などもあったので仕方がない理由がほとんどでしたが、転職したという事実は変わりません。

父がどのような転職の途をた辿ったかというと… 運転や関係する業務に関わる仕事が多いように思えました。必要な時に必要な免許を取ったりしていたので、わりとどこのドライバーの仕事でも採用されていたようです。

会社は違えど「職種に一貫性があれば、転職はできる」ということを父から学んだものです。

 

20代のうちに知っておきたい!3回目の転職がプラスになる業界とは!

実は、同じ3回目の転職でもポジティブに考えてくれたり、転職の回数を気にしない企業もあるのです

専門性の高い職種は「転職の回数」を気にしないことが多いようです。その理由は、専門職の転職はスキルアップによるものと考えられることが多いからです。

専門性の高い職種とは


 
・メディカル系
(看護師、介護士、薬剤師、MRなど)
・クリエイティブ系
(デザイナー、職人、エンジニア、研究者など)
 

など

また、前職が異業種の場合は受け入れられる確率が下がるのが一般的ですが、異業種でも受け入れてくれる職種というのもあります。

例えば

 
・建設や不動産、サービス系
・小売りや外食(レストランなど)
商社や流通系など
 

しかし、異業種を受け入れる場合は、転職の回数が大きく関係してくることもありますので、いかに自分をアピールできるかが重要になってきます。
Sponsored Links