生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

20代の転職!3回目を成功させた先輩たちの経験談

      2018/07/16



3回目の転職を考えている方は、とても不安になるのではないでしょうか?

2回目の転職は上手くいっても、3回目となると、面接時の人事担当者には良く思われないような気がしますよね。

20代のうちの転職は、「キャリアアップのための転職」と捉えられるとが多いのですが、20代での転職が3回目となると「耐性がない」「打たれ弱い」という印象に変わってしまう恐れがあるのです。


実際の企業の人事担当者の話によると、2回以上の転職は定着性がないと見る、耐性がないのではないか?とネガティブな印象を受けるようです。

そこで、

本記事では、3回目の転職でも企業の人事担当者に「前向きな検討」、あるいは「欲しい!」と思ってもらえるような実践的なテクニックを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もおすすめ!

50歳無職の実情|どうするべきか?貯金なしでもなんとかなるか?

受付嬢になるには?大手企業の受付嬢なら学歴や資格は必要なの?

24歳無職からの脱出!男女や学歴関係なく就職するためにやるべきこと

仕事中のスマホいじりでクビになるって本当?アリかナシか徹底検証!

50代で無職になった独身男性の末路を調査!やり方次第でここまで変わる

ハローワーク書類選考の連絡なしの理由と、私が通過率を3倍上げた方法

英語は聞くだけで効果があるって本当?おすすめの英語上達法は?

参事って役職の順位はどのくらい?仕事内容や給料はどうなってるの?

郵便局のコールセンターの仕事内容は?苦情が多いって本当なの?

老後の年金が少なくて生活できない場合、どうしたらいいのか?

「参与」という役職の意味は?どの役職と比べて偉いのでしょうか?

NGOに就職したら給料の平均は?就職への最短ルートはコレだ!

ハローワークを利用して県外に就職したい!求人情報検索のポイント

契約社員の副業は可能ですか?会社にバレる例・バレない例

転職エージェントは、何社登録すると確実に転職できるの?

転職成功者が語る、転職エージェントを絶対使うべき10の理由

就活が不安で眠れない学生に、元就活生が伝えたい5つの解消法

知ってた?転職エージェントって料金無料が基本なのです!

就活の不安や焦りで眠れない学生に伝えたい4つのこと

保育士はピアノが弾けない人でもなれるの?資格や採用試験は?

産休・育休中で生活費が足りない時、みんなどうしてる?

ミラエールで不採用になったのはなぜ?面接から内定まで進める方法

契約社員の面接時の服装!女性が職種別に注意すべきポイント

コンビニバイト面接の服装を男女別に解説!採用される服装は?

25歳男女の平均年収と額面は?あなたがやるべきこと3つ

保育士資格や幼稚園教諭免許の正式名称は?履歴書の書き方入門

履歴書の希望職種の書き方一覧!面接官に好印象な例文は?

保育園用の就労証明書の書き方!自営業の人や事情がある人は?

人付き合いが苦手な人の仕事選び‥低ストレスの仕事5選

採用証明書とは?ハローワークに提出する際の注意点!

20代で3回目の転職をなんとか成功させたい!! その鉄則とは?

まず、3回目の転職を成功させたい あなたにとって大切ななことは、

 
・今まで何を経験してきたのか?
・今後どのようにスキルアップをしたいか?
・今までの経験を今後どのように活かせるか?
 

などをしっかりとアピールできるように練習することです。


特に、中途採用の場合は即戦力を求めるので、前職を通して

自分がどのような結果を残したか?
どんなスキルや経験を身に付けてきたか?

それがとても重要になってきます。

同じ職種じゃないと、スキルアップを謳うことは難しいのでは?と考える方もいますが、自分の職歴と仕事内容を見つめ直すことで、その仕事で得られたスキルなどを見出すことができます

自分の隠れたアピールポイントを見出すためには「マインドマップの作成」などがおすすめ。
筆者もそのようにして、隠れたスキルや経験を見つけ出しました。

要は、上記に関連するものを「実際に紙に書いてみる」ことで脳が整理されるのです。


しかし、注意しなくてはいけないことがあります。

それは、
・3回分の転職(つまり4つの職種)に関連性がないこと
 

という場合は採用される確率が著しく低くなってしまいます。

ではどうするか?

 
・3回分の転職に出来る限りの関連性をもたすこと
 

が非常に大切です。そして、

それを説明できるように事前の準備に時間をかけることが必要になってきます。

もしも、自己分析に不安があるときなどは、迷わずキャリアアドバイザーに相談してみましょう。良質なアドバイザーはあなたの転職の成功確率を数倍以上に高めてくれます。

筆者も5社のキャリアアドバイザーに相談し、キャリアアップを成功させてきました。20代に特化したマイナビジョブ20’Sのアドバイザーは的確なアドバイスくれましたのでおすすめです。

信頼できるキャリアアドバイザーは「転職経験者」そのものです。そして、経験者に相談することは、転職成功のためにほんとうに重要なポイントですので、徹底的に取り組んでくださいね。

詳しくはこちら↓
マイナビジョブ20’S


参考までにですが、筆者の父も、20代で3~4回ほど転職を繰り返していました。理由は会社の倒産などもあったので仕方がない理由がほとんどでしたが、転職したという事実は変わりません。

父がどのような転職の途をた辿ったかというと… 運転や関係する業務に関わる仕事が多いように思えました。必要な時に必要な免許を取ったりしていたので、わりとどこのドライバーの仕事でも採用されていたようです。

会社は違えど「職種に一貫性があれば、転職はできる」ということを父から学んだものです。

 

20代のうちに知っておきたい!3回目の転職がプラスになる業界とは!

実は、同じ3回目の転職でもポジティブに考えてくれたり、転職の回数を気にしない企業もあるのです

専門性の高い職種は「転職の回数」を気にしないことが多いようです。その理由は、専門職の転職はスキルアップによるものと考えられることが多いからです。

専門性の高い職種とは


 
・メディカル系
(看護師、介護士、薬剤師、MRなど)
・クリエイティブ系
(デザイナー、職人、エンジニア、研究者など)
 

など

また、前職が異業種の場合は受け入れられる確率が下がるのが一般的ですが、異業種でも受け入れてくれる職種というのもあります。

例えば

 
・建設や不動産、サービス系
・小売りや外食(レストランなど)
商社や流通系など
 

しかし、異業種を受け入れる場合は、転職の回数が大きく関係してくることもありますので、いかに自分をアピールできるかが重要になってきます。
スポンサーリンク

転職にもコツがある!3回目を成功させた先輩たちの経験談

実際に3回の転職を経験した方々の経験談というのは貴重なものですよね。

その体験談を参考にできれば、転職を考えている人たちの希望になるのではないでしょうか?

しかし、逆に3回目の転職が難航したという転職経験者もいるのが現実です。では、両者の転職に関する相違点は何なのでしょうか?

転職成功者の方々は、転職サイトや上述したキャリアアドバイザーを上手に活用しているようです。

そして、筆者もその一人と言えます。

キャリアアドバイザーを活用することで、自己分析を「第3者の視点」から実施できるようになりました。

その結果、「客観的に自分を判断することができる人」と採用担当者にプラスの印象を与えることができたと思います。

 
逆に、転職に失敗した方は「一人で転職活動を行った」ケースが多いようです。
 

 

キャリアアドバイザーは利用せずに、転職サイトなどから自由応募するパターンです。


転職サイトの利用は勿論有効であり、筆者も利用しましたが、使い方を知らなければ、単なる転職情報のデータベース

そのような下準備では、3回目の転職活動は難しいと筆者は考えます。

さて、

キャリアアドバイザーについては、以下の記事でも紹介されています。

特に「転職経験者が考えるキャリアアドバイザーの選定ポイント5つ」は、筆者がアドバイスしたことですが、かなり参考になるはずです。

詳細はこちら↓
妻子持ちの転職‥20代のあなたに経験者からのアドバイス

 

20代が転職の最後のチャンス?年齢というシビアなボーダーライン

転職において重要視されているのは「年齢」ですよね?よく、「30を過ぎてからの転職は難しい」と言われています。

筆者の主人も、一度転職をしましたが、今現在住んでいるところがとても田舎なので子どもの進学と共に街への引っ越しを考えています。しかし、その時に転職するにしてもすでに40代手前か、40過ぎになるので、大丈夫かな?という不安があります。

できれば、転職が難しくなると言われている30代に突入する前に、転職は終わらせておきたいものです。

 

 

 

面接では絶対にNG!!反面教師にしたい3つのフレーズ

転職活動をするにあたって、結局企業に赴くのはあなた自身です。いくら履歴書の書き方を上手にしたり、面接を練習したりしても、本番が上手くいかなければ意味がありません。

面接にあたる人事担当も、紙面ではわからない本人と向き合うことでしっかりと人材を見極めようとしています。

ですから、あなたが面接で発する言葉の1つ1つは非常に重要になってくるのです。

ここでは、面接官に使うときに要注意となる3つのフレーズを紹介したいと思います。


転職で必ず聞かれることは転職理由です。伝え方一つでかなり印象が変わりますが、いいことを言おうと嘘をつくことはNGです。

もちろんネガティブな理由の方もいると思いますので、それをポジティブな理由に言い換える秘策をお伝えしますね!

 

人間関係による転職の場合

人間関係が良くなかった(上司との折り合いが悪かった)から転職したい

→このままではNGフレーズに感じますよね。

ポジティブな理由に言い換える秘策:
でも、一人でガツガツ仕事をするのではなく、周りとのコミュニケーションも大切にして仕事をしていきたい
周りと良い関係を築くことで、自分一人では成しえなかったこともできるという説明を追加すると良いです。

給与が理由による転職の場合

給与が低かったから転職したい

ポジティブな理由に言い換える秘策:
自身の頑張りを正当に評価してくれるという御社の企業理念に惹かれたという説明を追加すると良いです。

仕事内容による転職の場合

したい仕事ができないから転職したい

ポジティブな理由に言い換える秘策:
御社のように一人一人しっかり見てくれる環境であれば、スキルアップを目指せる。そして、
様々な仕事を経験することでスキルのみならず自分自身の成長にも繋がるという説明を追加すると良いです。

 


このように、言葉を言い換えるだけでもかなり印象が違います。プラスに転ずる説明のないマイナス発言は、人事の評価が下げるだけですので注意してください。筆者は、このあたりのことが面接の肝と感じています。

3回目の転職で絶対したくない あなたへ

さて、

今回の記事では、何度も「キャリアアドバイザー」という言葉が登場していますが、とても重要なことなので最後に繰り返しておきましょう。

20代で、3回目の転職は、客観的な自己分析などの「事前の準備」が必要不可欠です。

転職成功の確率がグッと上がられるのは、経験のある第3者に相談すること。

それにより、焦りや不安によるメンタル面の乱れを防ぐことも大切。

転職は自分の人生や家族の生活を左右する重要なことなので、今一度、慎重に考えて下さいね。

今よりも自分が納得できる職場を探せるように頑張ってみるか、もう少し今の会社で頑張ってみるかはあなた次第です。

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事(広告含む)




本記事は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように頑張ります。
   ↓ ↓ ↓

 - 就職・転職の話(New)



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

20代で転職3回目に挑戦するのは無謀?いや大丈夫!

“初めて就職した会社を短期間で辞める” ということは、実は珍しいこと …

人付き合いが苦手な人の仕事選び‥低ストレスの仕事5選

人付き合いが苦手、といっても、種類や程度に差がありますね。   &nb …

25歳の転職で『女性』が成功するのに必要な4つ

『この仕事、結婚しても続けられるかな?』 『その場合、産休後の復職は可能かな?』 …

参事って役職の順位はどのくらい?仕事内容や給料はどうなってるの?

社会人として最低限知っておくべき知識として、会社や組織の役職名と役割があります。 …

就活の不安や焦りで眠れない学生に伝えたい4つのこと

就職活動で一生懸命になっているそこの学生さん! ひとりで悩みを抱えていたりしませ …

妻子持ちの転職!あなたが20代ならまだ間に合う!?

今の仕事に満足している人は、果たしてどのくらいいるのでしょうか? …ほとんどいな …

職場のストレスが‥もう限界!と感じたときにやるべき5つ

一向に減らない「ブラック企業」。 「上司のパワハラで社員が自殺に追い込まれた」 …

履歴書に修正テープはダメ?就活でどうしても修正したいときは?

あ!しまった、間違えた!! 初めて書く履歴書。 緊張して書き損じてしまうことって …

転職が決まらない20代を徹底調査!失敗する理由の上位は?

「今の仕事が大好き!転職なんて考えたこともない!」という人は、実は少数派なんだろ …

就活が不安で眠れない学生に、元就活生が伝えたい5つの解消法

就活の辛さは、先の見えない受験生のようだと感じるのは私だけでしょうか? 第一志望 …