生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

転職が決まらない20代を徹底調査!失敗する理由の上位は?

      2017/01/16



転職を考えたこともない、という人は、ほとんどいないと思います。

新卒で入社して三年以内に辞める人は、3割ほどもいる、というデータもあるそうです。


入社して1、2年経つと、仕事を覚え始めて、同時に仕事に対する疑問などがでてくる時期でもあります。

これが 第二新卒” などと呼ばれる20代中盤世代です。

実は、第二新卒と呼ばれる年代は、前述の通り、

辞める人がいるため、補充が必要である
社会人経験がある若い人材である

という2つの理由から、ある一定の需要があります。

 

要するに、新卒と違い、一応の社会人経験があるので、育成期間が短縮できるが、柔軟性がある若い人材で もある、というところでしょう。

しかしながら、転職がスムーズに決まる人と、繰り返し落とされる人に分かれるのは、どこに理由があるのでしょうか?
Sponsored Links

転職が決まらない20代を徹底調査!

 

転職が決まらないとき、失敗する理由の上位は?

企業が求めることと逆を考えれば、答えがはっきりします。

結論からいうと、

社会経験があるにもかかわらず、基本的なマナーを知らない
こだわりやプライドの高い人材、社風に馴染まない人材

ということになります。

 

そして、転職が上手くいかない理由の大きな部分を占める心理的な事としては、『転職と言っても、何からどのように始めたら良いのか』ということを単純にわからない、という事があるのではないでしょうか?

面接でのポイントや、転職は何回までならOKなのかなど、転職をスムーズに行うための方法を一緒に考えてみましょう。

 

専門学校にいって資格をとってからの再就職は?

20代での転職、“第二新卒” に求められるものは、基本的なビジネスマナーと柔軟性や伸びしろであることを考えたとき、専門学校で資格を取ることの意味は何でしょうか?

それは、求められている資格かどうかが大切だ、という事です。

必要だったり、求められる資格であれば、積極的に取得することで、意欲や熱意を示すことができますし、会社により違いますが、手当てがつく資格、というのも色々あったりするものです。

具体的に考えてみますと、『会計事務所への再就職を希望しているが、営業経験しかない』このような場合は、簿記などの基本的な資格を取ることで、再就職への意志、意欲を示すことができます。

しかしながら、求められてもいない資格取得に固執することで、需要のある貴重な20代、という期間を無駄にしてしまうのは、時間もお金も勿体ないことです。

まさにタイムイズマネー(時は金なり)ですね!


 

資格は必要か?否か?

メリット
1)仕事に対する意欲や熱意を示すことができる。

2)持っている資格に「手当て」がつく場合がある。

デメリット
1)第二新卒と言われる需要のある20代を資格取得に費やしてしまう。

2)求職中に、勉強代と生活費が必要なため、金銭的負担が大きい。

 

ハローワークで決まらない人が成功した転職方法

自分一人で転職活動をするのは、何からどのようにしたらよいのかわからない人がほとんどだと思います。

ハローワークは、求人数が圧倒的に多いですが、それだけによい転職先を探すのは大変です。
探すのに時間がかかって、転職先が決まらなければ、収入も必要になってきます。

人材派遣に登録したり、契約社員として働くのは、ハードルも低いため、とりあえずの収入につながりますが、第二新卒と呼ばれるチャンスは、期間限定ですので、転職活動と平行するなど、計画的に利用しましょう。

さて、ハローワークなど、自己流の転職活動で決まらなかった人も転職を成功させる方法があります。

 


転職エージェントというのをご存知ですか?

エージェント、とは代理人です。
自分でするべき部分の多く(面接日程の調整など)を請け負ってもらうことができ、仕事を持ちながら転職活動をする場合には、必要不可欠ともいえます。

さらに、エージェントは、非公開案件を持っています。

会社側のニーズや細かいニュアンスを汲み取り、求職者に対しては、適性、条件などをフィルターにかけて提案してくれる というとてもよくできたシステムです。

就活とは、会社とのマッチングが採用の合否を分けるのですから、エージェントの客観的な意見と経験でフィルタリングされることは、平たく言えば、とても省エネです。

マッチングとは何でしょう?
条件” だけでなく、“人柄” もなのです。

エージェントはその道のプロ、客観視できる立場からマッチングをしてくれます。
転職がスムーズに決まって行く人、何社も落とされたり入社を見送る人、などをデータからも経験からも多数見てきているプロです。

ですから、要望や、希望はしっかり伝えることがお互いの為にとても大切です。
しかし、その上でもらったアドバイスには、謙虚に耳を傾けましょう。
エージェントはプロで、少なくとも、求職者である自分よりも、多くの事例を見て経験から知っています。

ある種のプライドは邪魔になりますから、是非捨ててしまいましょう!

ある種、というのは、自分を保つ為だけのプライドです。
プライドは、自分のする仕事に対して持つべきもので、自分のした仕事に対して持ちたいもの、ですから…ね!
転職エージェントは、資格、スキルをもとにフィルターにかけるので、経験を生かした転職に向く、という側面もあります。

しかし、それぞれ特色があるので、自分のニーズにあった転職エージェントを使うとよいのです。
具体的には、複数のエージェントに登録するのが良いでしょう。
得意分野に違いがありますし、相性もあるので、大手エージェント、中小エージェントなどを何社か組み合わせて、登録しましょう。
転職で成功した人の多くは、転職エージェントに複数登録しています。
20代の転職にオススメのところを一つご紹介しておきますね。

大手マイナビの20代に特化したサービス↓
20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ20’S

30代になると求人は減ってしまうの?

30代になってからの転職は厳しい、というよりも、全くニーズが変わってきます、、
第二新卒に求められるのはスキルではない、ということに反し、30代に求められるものは、スキルと、即戦力です。

ですから、20代の転職が、やる気と柔軟性、素直さを求められるのに対し、30代は、培ってきたことを即戦力として、この会社で役立ててくれるか?ということを問われるのです。

これは、すこし大変です。

きちんと培ってきたものを持ち、そのアピールポイントを知り、さらに、その会社で生かす…会社に有益なスキルを提供しますよ、というアピールをいかに相手に伝えるか、になります。

やる気があります、と言いつつ、業種に対する考察や知識、技術などが浅い、と判断されれば、思うようなステップアップにはつながりません。

また、会社に馴染まない、と判断されればマイナスです。

有益なスキルは欲しいが、自分のこだわりを押し通す人材は、組織にはいらない、という事ではないでしょうか?

経験を生かす転職、という事になるので、ハードルは上がりますが、資格や、スキルを持つ30代にとっては、そちらに強みのある転職エージェントの力を借りることで、ステップアップの可能性がずっと高くなるのも特徴です。

面接ではこう伝えよう!転職する好印象な理由とは?


 

面接のとき、転職の理由として好印象なのは、どういったものか?

ここで考えてみましょう。

まず、会社を退職する際の印象のよい理由、というのに、家庭の事情や、将来へのビジョンや目指すスキルアップのために、というものがあります。

具体的には、『家庭の事情で家族で相談した結果』だとか、『将来の目的の〜のために、○○のような仕事に転職し、経験を積む必要がある』などという事です。

 

そして、採用者が転職の理由を聞きたい理由は、社会経験のある、伸びしろのある若者を求めているが、仕事を教えても、また数年で辞められてしまったら…という点と、会社に適応できるか、という点への懸念があるからです。

そして、転職理由には、求職者の人柄が表れる、という理由からです。
ですから、転職理由を面接時に伝えるときに大切なことは、つぎのようになります。

転職の理由を前職への不満として話さないこと
転職理由を人間関係にしないこと話し方を工夫する、という事ですね!

この会社(業種)に対する熱意や、やる気をアピールする方が、プラスになります。

ポジティブな人とは、一緒に働きたい、と思いますからね!

それから、転職回数は、何回までならOKなのか?
シンプルにこのような疑問をお持ちの方もいると思います。

20代後半ならば、『うちの会社で3社目』という程度までは許容範囲という感じのようですが、回数より、短期間での職替えや、一貫性のない職選びのほうに『?』がつくようです。

その場合は、面接での質問も、掘り下げて聞かれるかもしれませんので、留意しておきましょう。

面接のときのポイントとして大切なことをお伝えいたします。

相手の目を見て話すということです。

面接のときには、相手の喉仏のあたりを見ましょう。“というセオリーを時々耳にしますが、やはり話をするときには、相手の目を見た方が、気持ちが伝わるものです。

これは、練習してでも実行する価値があります。

実際に、“目を見て話さない人は、その時点で外す” という採用担当者は多くいるのです。

理由を聞くと、『コミュニケーション能力が低い人が多い、という経験からです。』とのことで、対人関係が苦手などの問題がある場合があるそうです。

確かに、自分に置き換えて考えてみると、話していても目を合わせてくれない人は、つかみどころがないな、と感じますね?
もちろん、凝視する必要はありません(こわいです!)
伝えたいことを話すときに、しっかりと目を見れば良いのです。
 

以下、参考動画をご紹介します。※転職質問の1問1答を解説してくれています。


まとめ

次の転職こそは成功させるために…

1)会社が20代の転職者に求めることは?
  • 熱意、やる気があり、前向きである。
    求められる資格を取得することで意欲や熱意をアピール。
    ただし、求められてもいない資格取得に固執するのは時間とお金の無駄。
  • 素直さ、柔軟性があり、社風に馴染める。
    企業は社会人経験があるため、育成期間が短縮が見込め、柔軟性がある若い人材求めている。
    基本的なマナーを知らない、こだわりやプライドの高い人材はNG。
  • 基本的なビジネスマナーを身につけている。
    企業が“第二新卒” に求められるものは、基本的なビジネスマナーと柔軟性や伸びしろである。
2)転職エージェントを利用しましょう!

求人シートなどにはない企業のニーズのニュアンスを把握していることもあるので、客観的な意見を取り入れ、しっかりと面接対策をしておきましょう!

転職を実現させる、という強い意志と、素直に耳を傾ける、という謙虚さを忘れずに、納得できる転職を勝ち取って下さいね!


あなたの成功をお祈りしています。

Sponsored Links


本記事は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように頑張ります。
   ↓ ↓ ↓

 - 貯蓄・就職



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

25歳男女の平均年収と額面は?あなたがやるべきこと3つ

生活するにも、将来の計画を立てるにも結局は「お金」が必要ですよね。 私自身結婚前 …

コンビニバイトの仕事内容!面接前に知りたい5つのこと

コンビニって、ホントあちこちにありますよね? 多くの人たちが毎日のように利用する …

妻子持ちの転職‥20代のあなたに経験者からのアドバイス

大学を卒業して、新卒社員として働きだして数年経った頃、ふと考えるのは「このままこ …

20代で転職2回目‥もっとやりがいのある仕事に就きたい!

「転職」は人生の中でとても大きなイベントですよね。しかも、2回目の転職となると、 …

履歴書に修正テープは大丈夫?就活, アルバイトの場合は?

あ!しまった、間違えた!! 初めて書く履歴書。 緊張して書き損じてしまうことって …

20代の転職!3回目を成功させた先輩たちの経験談

3回目の転職を考えている方は、とても不安になるのではないでしょうか? 2回目の転 …

履歴書の売ってる場所はココです!就活,転職,バイト用

さぁ、いよいよ面接を受けるぞ~!履歴書を用意しなくっちゃな。 そういえば、履歴書 …