生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

20代で転職2回目‥もっとやりがいのある仕事に就きたい!

      2017/10/14



「転職」は人生の中でとても大きなイベントですよね。しかも、2回目の転職となると、本当にやりたい仕事かどうか見極めないと、いずれまた転職を考えることになってしまいます。
 
 
そうならないためにも、2回目の転職はじっくりと考えて取り組む必要があります。実は、私自身も転職を2回経験にしています。

大学4年の時に内定をいくつかいただいていたので、その中から就職先を選びました。しかし、今考えてみると給与が一番良いところという理由で選んでいたような…

案の定、全然続かずに転職を考えることになりました。1回目の転職は、自分がやりたいことというよりは得意なことを優先して選びました。

でも、やりたいことと得意なことは違いますよね。やはり、続かず…そこで、2回目の転職をしようと思いましたが、その時はさすがに「自分が何をやりたいのか」「自分に合った仕事は何か?」ということをしっかり考えて転職先を決めました。

2回目の転職で決めた仕事は、結局結婚するまで続けていましたので、一番自分に合っていた仕事だったようです。

現在、2回目の転職を考えている皆さんも、色々なことで悩んでいるはずです。そこで、どのようにしたら2回目の転職に成功するのかということをご紹介していきます!
 

Sponsored Links

20代で2回目の転職…今度こそ、今よりもっとやりがいのある仕事に就きたい!

2回目の転職は1回目の転職よりも慎重に決めなければいけません。なぜかというと、転職というものは回を重ねるごとに不利になるからです。

短期間で何度も転職をしている人は雇い主側に、「すぐに辞めてしまうのではないか?」という印象を与えてしまいます。

なので、2回目の転職は最後の転職と考えてしっかりと考えて決める必要があります。

では始めに、2回目の転職を考えている人は、なぜ現在の仕事に就いたのでしょうか?何か理由がなければ転職はしませんよね。

それがやりたい仕事だったのか、それともい違う理由で選んだのか…現在の就業先を選んだ理由を明確にしておきましょう。

次に、なぜまた転職をしたいのかという理由をハッキリさせる必要があります。やりたい仕事ではない、職場環境が合わないなど理由は色々とあると思います。

転職理由をはっきりさせないと、次は自分がどういった仕事に就きたいか、どういった環境で働きたいかなどを明確にすることができません。

そうすると、どうなるか…たとえ2回目の転職に成功しても、また転職を考え始めるという悪循環になってしまうのです。
 
 
私も1回目の転職は、本当にやりたい仕事ではないという考えで決めましたが、実際は社内の人間関係が嫌で辞めたというのが本当の理由だった気がします。

転職は考え始めると、もうすぐにでも転職をしたいという一心から自分の本心を見失いがちです。そうなってしまうと、転職は上手くいかないんですよね。

しっかりと、自分の気持ちを整理してじっくり考えてみてください!
 
 

2回目の転職を成功させるためには、転職活動を在籍中に行うべし!

転職を考える人の悩みの一つとして、どのタイミングで転職活動を行うかということが挙げられます。現在の仕事を辞めてから活動をするか、それとも在職中に転職活動をするか…

多くの人は、在職中の転職活動は難しいと考えて、退職後に転職活動を行いたいと思うのではないでしょうか?ですが、出来れば在職中に転職活動をすることをオススメしたいです。

退職をしてから次の仕事を探そうとすると、正直気持ちに焦りが生じます。気持ちが焦ってしまうと、冷静な判断ができなくなりますし、どこかで妥協してしまうことになりかねません。

そうすると、転職はできても本当の意味で転職に成功したとは言えませんよね?自分に合った仕事に就けて初めて「転職成功!」と言えるのです。

なので、転職を考えている人は、心にゆとりがある在職中に転職活動をしてください!
 
 

確かに、仕事をしながらの転職活動は難しいかもしれません。ですが、計画的に動けばきっと転職活動に成功するはずです。

私の転職活動は2回とも在職中に行うことができました。最初の仕事は午後からの仕事だったので平日でも転職活動をしやすかったです。

しかし、2回目の仕事は午前から夕方までの仕事だったので、転職活動自体は少し難しかったです。ですが、在職中ということもあり、確かに冷静に考えて活動することができました。

その結果、長く続けることができる仕事に就くことができたのです!
 
Sponsored Links