生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

20代で転職2回目‥もっとやりがいのある仕事に就きたい!

      2017/10/14



「転職」は人生の中でとても大きなイベントですよね。しかも、2回目の転職となると、本当にやりたい仕事かどうか見極めないと、いずれまた転職を考えることになってしまいます。
 
 
そうならないためにも、2回目の転職はじっくりと考えて取り組む必要があります。実は、私自身も転職を2回経験にしています。

大学4年の時に内定をいくつかいただいていたので、その中から就職先を選びました。しかし、今考えてみると給与が一番良いところという理由で選んでいたような…

案の定、全然続かずに転職を考えることになりました。1回目の転職は、自分がやりたいことというよりは得意なことを優先して選びました。

でも、やりたいことと得意なことは違いますよね。やはり、続かず…そこで、2回目の転職をしようと思いましたが、その時はさすがに「自分が何をやりたいのか」「自分に合った仕事は何か?」ということをしっかり考えて転職先を決めました。

2回目の転職で決めた仕事は、結局結婚するまで続けていましたので、一番自分に合っていた仕事だったようです。

現在、2回目の転職を考えている皆さんも、色々なことで悩んでいるはずです。そこで、どのようにしたら2回目の転職に成功するのかということをご紹介していきます!
 

スポンサーリンク

こんな記事もおすすめ!

50歳無職の実情|どうするべきか?貯金なしでもなんとかなるか?

受付嬢になるには?大手企業の受付嬢なら学歴や資格は必要なの?

24歳無職からの脱出!男女や学歴関係なく就職するためにやるべきこと

仕事中のスマホいじりでクビになるって本当?アリかナシか徹底検証!

50代で無職になった独身男性の末路を調査!やり方次第でここまで変わる

ハローワーク書類選考の連絡なしの理由と、私が通過率を3倍上げた方法

英語は聞くだけで効果があるって本当?おすすめの英語上達法は?

参事って役職の順位はどのくらい?仕事内容や給料はどうなってるの?

郵便局のコールセンターの仕事内容は?苦情が多いって本当なの?

老後の年金が少なくて生活できない場合、どうしたらいいのか?

「参与」という役職の意味は?どの役職と比べて偉いのでしょうか?

NGOに就職したら給料の平均は?就職への最短ルートはコレだ!

ハローワークから県外の求人に応募するときの7つのポイント

契約社員の副業は可能ですか?会社にバレる例・バレない例

転職エージェントは、何社登録すると確実に転職できるの?

転職成功者が語る、転職エージェントを絶対使うべき10の理由

就活が不安で眠れない学生に、元就活生が伝えたい5つの解消法

知ってた?転職エージェントって料金無料が基本なのです!

就活の不安や焦りで眠れない学生に伝えたい4つのこと

保育士はピアノが弾けない人でもなれるの?資格や採用試験は?

産休・育休中で生活費が足りない時、みんなどうしてる?

ミラエールで不採用!? 面接で落ちたときに考える4つのこと

契約社員の面接時の服装!女性が職種別に注意すべきポイント

コンビニバイト面接の服装を男女別に解説!採用される服装は?

25歳男女の平均年収と額面は?あなたがやるべきこと3つ

保育士資格や幼稚園教諭免許の正式名称は?履歴書の書き方入門

履歴書の希望職種の書き方一覧!面接官に好印象な例文は?

保育園用の就労証明書の書き方!自営業の人や事情がある人は?

人付き合いが苦手な人の仕事選び‥低ストレスの仕事5選

採用証明書とは?ハローワークに提出する際の注意点!

20代で2回目の転職…今度こそ、今よりもっとやりがいのある仕事に就きたい!

2回目の転職は1回目の転職よりも慎重に決めなければいけません。なぜかというと、転職というものは回を重ねるごとに不利になるからです。

短期間で何度も転職をしている人は雇い主側に、「すぐに辞めてしまうのではないか?」という印象を与えてしまいます。

なので、2回目の転職は最後の転職と考えてしっかりと考えて決める必要があります。

では始めに、2回目の転職を考えている人は、なぜ現在の仕事に就いたのでしょうか?何か理由がなければ転職はしませんよね。

それがやりたい仕事だったのか、それともい違う理由で選んだのか…現在の就業先を選んだ理由を明確にしておきましょう。

次に、なぜまた転職をしたいのかという理由をハッキリさせる必要があります。やりたい仕事ではない、職場環境が合わないなど理由は色々とあると思います。

転職理由をはっきりさせないと、次は自分がどういった仕事に就きたいか、どういった環境で働きたいかなどを明確にすることができません。

そうすると、どうなるか…たとえ2回目の転職に成功しても、また転職を考え始めるという悪循環になってしまうのです。
 
 
私も1回目の転職は、本当にやりたい仕事ではないという考えで決めましたが、実際は社内の人間関係が嫌で辞めたというのが本当の理由だった気がします。

転職は考え始めると、もうすぐにでも転職をしたいという一心から自分の本心を見失いがちです。そうなってしまうと、転職は上手くいかないんですよね。

しっかりと、自分の気持ちを整理してじっくり考えてみてください!
 
 

2回目の転職を成功させるためには、転職活動を在籍中に行うべし!

転職を考える人の悩みの一つとして、どのタイミングで転職活動を行うかということが挙げられます。現在の仕事を辞めてから活動をするか、それとも在職中に転職活動をするか…

多くの人は、在職中の転職活動は難しいと考えて、退職後に転職活動を行いたいと思うのではないでしょうか?ですが、出来れば在職中に転職活動をすることをオススメしたいです。

退職をしてから次の仕事を探そうとすると、正直気持ちに焦りが生じます。気持ちが焦ってしまうと、冷静な判断ができなくなりますし、どこかで妥協してしまうことになりかねません。

そうすると、転職はできても本当の意味で転職に成功したとは言えませんよね?自分に合った仕事に就けて初めて「転職成功!」と言えるのです。

なので、転職を考えている人は、心にゆとりがある在職中に転職活動をしてください!
 
 

確かに、仕事をしながらの転職活動は難しいかもしれません。ですが、計画的に動けばきっと転職活動に成功するはずです。

私の転職活動は2回とも在職中に行うことができました。最初の仕事は午後からの仕事だったので平日でも転職活動をしやすかったです。

しかし、2回目の仕事は午前から夕方までの仕事だったので、転職活動自体は少し難しかったです。ですが、在職中ということもあり、確かに冷静に考えて活動することができました。

その結果、長く続けることができる仕事に就くことができたのです!
 
スポンサーリンク

最初の一歩は、20代に親切な転職サイトで性格診断をおすすめします!

みなさんは、仕事を選ぶ際にどんな選び方をしていますか?よく、「自分のやりたい仕事」を選ぶ人が多いのですが、実は「やりたい仕事」と「自分に合った仕事」は異なる場合が多いんです!

どういうことかというと…人には得意不得意がありますよね?しかし、本当の自分の得意分野を理解していないという人はたくさんいます。

その結果、「やりたい仕事に就いたはずなのに、なんだか違う…」と悩む人も少なくありません。そういった人に足りないものは何だと思いますか?

それは「自己分析」です。自分のことを良く知るために、自分で自分を分析してみるのが「自己分析」と言います。

しかし、自分で分析をするには限界があります。そこで取り入れて欲しいのが、転職サイトなどでよく見かける「性格診断」です!
 
適職と性格を診断することであなたの隠れた性格を引き出して適職を探す手がかりを見出してみませんか?
3分間!適職診断/リクナビNEXT[転職サイト]
 
これが意外と、今まで知らなかった自分を見出してくれます。そうすることで、転職においても視野が広がりますし、何より自分に合った職場を見つけられる確率が高くなります。

主観的になりやすい転職活動を、転職サイトの性格診断を利用することで冷静な職選びへと導いてくれるでしょう。
 
 
 

仕事選びに迷ったら…20代で転職経験のある先輩に相談しよう!

転職の際に陥りがちなのが、一人で悩んでしまうことです。一人で考えて行動をして上手くいけば良いのですが、埒が明かなくなって転職自体をあきらめたり、焦って転職をしたがために、また転職を考えることになったり…

そういった負のスパイラルに陥らないためにも、20代で転職経験のある先輩に話を聞いてみることをオススメします。
 
 
転職に成功した人の転職活動などを聞くことはとても参考になりますし、転職活動に行き詰まっている人は自分がどう行動していけばよいのかという解決の糸口が見えてくるはずです。

私自身は、転職の際に周りに相談することなく突っ走っていましたが、幸いにも最後には自分に合った仕事に辿り着くことができました。

しかし、もっと周りの転職経験者に話を聞いていれば、もっと早く自分に合った仕事に辿り着くことができたのではないかと思います。
 
 

「正社員」にこだわるなら、長く働けるかどうかがポイント!

20代で転職を考えている人の多くは、「正社員雇用」という条件を外せない方が多いですよね?正社員であれば様々な待遇を受けられますし、給与も安定しています。

「正社員」という条件を外せないのであれば、さらに「長く働ける安定した会社」を選ぶことをオススメします。では、どのようにしたら長く安定した会社かどうか見極めることができるのでしょうか?

まずは、会社の創立から現在に至るまでの歴史やこれからの将来性についてなどの企業体質をしっかりと調べましょう。

業務内容までしっかりと確認することで、長く働けそうな業務なのかどうかを判断することができるはずです。また、転職を考えている企業の離職率などを調べることができれば、しっかりと確認してくださいね。

離職率が低いということは辞める人が少なく、長く安定して働ける会社であると言えます。

転職を考えている企業についてはしっかりと調べてから、応募をしてください!
 
転職の見つけ方-後悔しないための天職と出会う7つのコツ
 

 

まとめ

いかがでしたか?転職を考えている人は、少しでもヒントになりましたでしょうか?一人で考えていると、なかなか転職活動は進まないものですよね。

なので、ここで紹介したことを少しでも参考にしてみてください!

では、最後におさらいをしておきましょう!
 
20代2回目の転職を成功させるためのヒント
 
 
  • 2回目の転職活動は慎重に進めよう
    転職は回を重ねる毎に不利になる傾向にあります。なので、2回目の転職は最後の転職になると思って、慎重に進めましょう。
     
  • 転職活動は在職中にしよう
    難しいかもしれませんが、気持ちにゆとりのある在職中に転職活動を行うことをオススメします。退職してからの転職活動は、どうしても気持ちに焦りが出てしまい良い結果を生むことができない場合が多いのです。
     
  • 性格診断をしてみよう
    転職の際に、転職サイトを利用する方も多いと思います。実は、その転職サイトの中に「性格診断」というものがあります。それを利用して自分の性格や本質を見出し、転職の視野を広げましょう。
     
  • 困ったときは先輩に相談しよう
    20代で転職に成功した先輩がいたら、話を聞いたり相談をしたりしましょう。実際に転職に成功した人の話を聞くだけでも、参考になりますし何より一人で悩むことが少なくなるので、心にもゆとりが生まれます。
     
  • 「正社員」で働きたい場合は企業分析をしっかりと!
    「正社員」という条件を外せないのであれば、同時に長く働ける会社かどうか見極めることも大切です。正社員で働くことができても長く続けることができなければ、また転職をするはめになります。
 
要は、正社員で長く働ける安定した会社を選ぶ必要があるということです。

2度目の転職は、1度目の転職よりも慎重に取り組んでくださいね!そのためには、在職中にゆとりをもって活動することが重要です!

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事(広告含む)




本記事は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように頑張ります。
   ↓ ↓ ↓

 - 就職・転職の話(New)



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

24歳無職からの脱出!男女や学歴関係なく就職するためにやるべきこと

友人の子供が就職浪人して、気がつけば職歴なしの24歳になってしまったそう。 無職 …

20代の転職!3回目を成功させた先輩たちの経験談

3回目の転職を考えている方は、とても不安になるのではないでしょうか? 2回目の転 …

履歴書の「御中」と「様」ってどう使い分ける?郵送封筒は?

アルバイトや就職活動では、面接の前に履歴書を提出することが多いですよね。 履歴書 …

25歳の転職で『女性』が成功するのに必要な4つ

『この仕事、結婚しても続けられるかな?』 『その場合、産休後の復職は可能かな?』 …

職場のストレスが‥もう限界!と感じたときにやるべき5つ

一向に減らない「ブラック企業」。 「上司のパワハラで社員が自殺に追い込まれた」 …

一度辞めた会社に戻る方法‥「出戻り」は許されるの?

終身雇用や年功序列が、死語となってしまった現代、将来に不安を抱えているのは私も皆 …

NGOに就職したら給料の平均は?就職への最短ルートはコレだ!

海外で人の役に立てる仕事をしたい場合はNGOへの就職が選択肢に入ると思いますが、 …

知ってた?転職エージェントって料金無料が基本なのです!

世の中では、働き方改革が叫ばれていますが、そんな中で「ブラック企業」というのが問 …

仕事に慣れるまでの期間が辛い!新卒や転職者がすべき3つのこと

新しい職場で仕事に慣れるまでの期間は、通常の何倍もエネルギーを使って辛いものです …

老後の年金が少なくて生活できない場合、どうしたらいいのか?

年金が少ないから老後は生活できないのではないか?と不安を感じているのは私だけでは …