生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

日本の少子化はいつから?止まらないと将来どうなるの?

      2019/01/06



少子化
という言葉をよく聞くようになって、
もうずいぶん経ちますね。


少子化とは、
全体の人口比のなかで、

子供の割合が低下している状態
のことです。


その原因には、
出生率の低下が一番大きな要素
として挙げられています。


日本の少子化は「いつから」そして、
どのように進んでいるのでしょうか?


少子化によって
起こってくる問題
どのようなものでしょうか?

スポンサーリンク

日本の少子化はいつからなの?

本格的な少子化が始まったのは、
今から20年程度前

1995年あたりからだと
言われています。


とはいえ、
「少子化」
という言葉を、

「子供の数の減少」
という点だけで考えるのなら、

戦後ずっと
少子化は続いてきたことになります。


少子化の現状_01
70年代
第二次ベビーブームの時期を除いて、

子供の出生率は、減少し続けています。

少子化は、
最近始まったことではないのです。


では、
なぜ少子化が
大きな問題と言われるのか。


それは、
「少子化」と同時に
「高齢化」が起こっているからです。


長寿化によって
高齢者の割合がどんどん増えているので、

人口比として、
少子化がさらに
際立って見えているのです。

少子化が止まらないと将来どうなるの?

少子化
とはつまり、
人口が減少していくこと
でもあります。


平均して1組の夫婦
2人以上の子供を育てていないと、

人口は自然に減少していく
ことになります。


人口が減るということは、
消費者が減るということでもあり、

経済の規模縮小していくことは
間違いありません。


しかし、
当然に労働者の人口
減少するわけですから、

商業などが形を変えて存続することで、
経済のバランスは、
自然にとれていく
と考える人もいます。


それより大きなのは、
日本においては年金問題でしょう。



労働可能な人口
減少するにも関わらず、

高齢者の人口
増え続ける
ということは、

生産年齢層が
今後もさらなる年金の負担
を強いられる可能性が高いのです。


ただし、
その他の社会保障について考えれば、

生産年齢層の全体的な負担は、
今後もあまり変化がない
と考える人もいます。


子だくさん時代は、
生産年齢層が
「幼年層」
を支えていました。


現在は、
支える対象が
「老年層」
に移り変わっただけで、

全体的には今も昔も
大きく変化していない
というわけです。

スポンサーリンク

日本の少子化の現状はどうなってるの?

日本では、
現在も少子化が続いています。


未婚化晩婚化などに伴って、
高齢出産も多くなり、

子供を持たないことを
選ぶ家庭も増えてきました。


先ほど述べたように、
男女一組につき
2人以上の子供が生まれない限り、

人口が減少していくのは
避けられません。


2011年には、
この出生率(※)が、
1.39となりました。

総人口の減少が、
今後も続いていくのは確実です。

(※一人の女性が
生涯で何人子供を産むのかという数字を
合計特殊出生率といいます)

⇒Part1/2 日本の少子化の本当の理由~家族形成格差の時代


少子化問題に良い対策はあるの?

女性
子供を産みやすい社会を作ることが
必要だと言われます。


経済的な負担を減らすために、
女性も働けることが必要であり、

仕事家庭両立できる体制
を作るべきである、
とも言われます。


少子化の現状_03
けれども、
高齢者の介護
医療にかかる経済的負担を負いながら、

さらに仕事家庭に手をかけ、
子供の教育負担にも対応しつつ、

2人以上の子供を育てる。

そんなことが、
実際に可能なのでしょうか。


女性が労働力として
社会に出ることが、
本当に少子化対策として、

必要なことなのでしょうか。

様々な疑問が残ります。

少子高齢化の問題は、
これからも私たちが自分のものとして、

考えていく必要のあることですね。

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事(広告含む)




本記事は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように頑張ります。
   ↓ ↓ ↓

 - 生活関連



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

A5サイズなら封筒に貼る切手代はいくら?お得な方法も紹介するよ!

ある日のお昼休みに、同僚の女性からこんな質問をされました。 「クロネコヤマトのメ …

湿度70%以上の部屋には要注意!夏や冬の理想的な湿度はコレ!

先日、ものすごく暑いと思って外気温を確認すると28℃…ということがあり、不思議に …

洗濯機の振動を防止する7つのポイント!ためしてビックリ!

洗濯機の振動音によるご近所さんへの迷惑って気になりませんか? 賃貸マンションにお …

テレビが勝手につく原因は?地震や盗聴器?まさか幽霊の仕業なの?

突然テレビが勝手について、驚いたことはありませんか? 実は先日、我が家でもテレビ …

通帳紛失時の悪用には要注意!怖い手口と緊急対処方法

あれ!?通帳が無い!ここにあるはずなんだけど…。 そんな時、あなたは焦らず対処す …

シュレッダーの紙詰まり!直し方を段階別に紹介するよ!

2005年に個人情報の保護に関する法律が全面施行されてから、個人が特定される情報 …

漏電なら火事の危険も!ブレーカーがトリップする原因と復旧方法

主人の転職に伴ってのどかな田舎町に引っ越しをした我が家ですが、もともと住んでいた …

黒い小さい虫が大量発生!正体と対策を知りたいならコレを見て!

ある日突然、黒い小さい虫が大量発生するのは何が原因かご存知でしょうか? 黒い小さ …

Googleに電話番号の確認を求められた!どうしたらいいの?

みなさん、Googleのサービスといえば何を思い浮かべますか? 検索エンジンのG …

封筒の着払い方法を徹底解説!コンビニや郵便局での送り方は?

以前はそんなに利用していなかったのに、最近はネットショッピングやフリマアプリを利 …