生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

洗濯機の風乾燥の使い方!実際の評判はどうなの?

      2017/10/14



先日、ショックなことがありました。
ずっと調子の悪かった我が家の洗濯機が、とうとう回らなくなってしまったのです……
 
 
いよいよ買い替えの時が来たか‥‥ハァ……↓
まだ10年も使ってなかったんだけどな~‥‥と思ったのですが、何でも一般的な洗濯機の寿命はおよそ8年と言われているのだそうで。
しかも、子どもたちの汚れものを毎日ガンガン洗いまくっていたんだから、まぁ仕方がないわよね……
 
ということで、新しい洗濯機を買い替えるにあたり、気になってる機能があるんです。
それは、「風乾燥!!
 
 
(イメージです‥↑)
なんでも、脱水の回転力を利用して洗濯物を乾燥させる機能なのだそうで‥‥(←実はよく分かってません)
 
乾燥機のように、洗濯物を完全に乾かすことができる訳ではないそうなのですが、乾く時間が短縮できるようになるそうなので、ちょっと気になってるんです。
 
‥‥でも、不安なことも色々で‥‥
例えば‥‥
 

  • 中途半端に乾かしたら臭いとかは大丈夫なの?
  • うちはよく部屋干しするのに、生乾きの臭いとかしたりしないの?
  • 乾燥中の動作音は、うるさくないのかしら?
  • 風乾燥して、しわになったり縮んだりすることはないかしら‥‥??
  • 風乾燥の効果も気になるし、電気代とかも高くはないの?
 
……等々、挙げればきりがありません……
 
ということで本記事では、「洗濯機の風乾燥の使い方!実際の評判はどうなの?」というテーマで、風乾燥の機能についての良い所も悪い所も含めて、色々と調べていきたいと思います!
 
Sponsored Links

洗濯機の風乾燥の使い方!本当にデキる機能なの?

 
 
まず、風乾燥っていうのは具体的にどのような機能なのでしょうか?
 
  • 風乾燥とは、洗濯槽の高速回転で湿った空気を槽内に排気し、洗濯物から風の力で洗濯物の水分を蒸発させるという機能です。
     
  • 通常の乾燥機のように温風で乾かすのと違い、ただの風を送るだけなので、衣類の傷みが少なくなっています。
 
と、通常の乾燥機とは少し異なるのですが、実際使える機能なのでしょうか?
また、どのように使うと便利なのでしょうか?
そんな気になる風乾燥について、様々な視点から調べていきたいと思います。
 
まず初めに気になるのは、「どんな衣類に使えるのか」ということについて。
通常の乾燥機能も、ウールや絹などのおしゃれ着などは使えませんが、風乾燥はどうなのでしょうか。
次項で詳しく調べていきたいと思います。
 

洗濯機の風乾燥コース!それができない衣類もある

さて、前項でお話した「洗濯機の風乾燥コースが使えない衣類」には、どんなものがあるのでしょうか。
 
 
  • 色落ちしやすい衣類
  • 取り扱いに「弱く」という表示がある衣類
  • シワが気になる衣類(綿100%のブラウス、シャツなど)
  • 防水性の衣類
  • ドライコースで洗う衣類
 
基本的に、このような衣類は風乾燥することができません。
 
他にも、クッションなどの綿やウレタン素材を使ったものや純毛や毛足の長い毛布、絹や絹の混紡製品、レーヨン、キュプラ、ベルベットなどの製品も使用できません。
また、スーツ、ジャケット、コート、ネクタイなど芯地が使われているものも型崩れしてしまうためNGです。
 
……って、じゃあどんな衣類だったら風乾燥できるのかというと、タオルや靴下、あとはシワになっても気にならない下着類くらいが無難なところでしょうか……←
 
さて、そんな風乾燥ですが(汗)、どういう時に使うと良いのか、気になりますよね?‥‥え??ならない??
そ、そんなことはおっしゃらず……風乾燥の機能的な使用方法やお役立ち方法をご紹介しますので、是非次項以降もご覧くださいね!
 

どういう時に使えるの?風乾燥コース

 
 
結論から申し上げますと、風乾燥機能だけで洗濯物をフル乾燥するのは無理です。
家電量販店でも、純粋な乾燥を希望するお客様には、風乾燥機能はあまりお勧めしないことが多いようです。
 
ですが、風乾燥には衣類を傷めにくいというメリットがあるので、それを生かすには前もって乾きやすい状態を作るといったことになるでしょう。
 
  1. 脱水後し、そのまま1~2時間程度、風乾燥する
  2. 風乾燥後、(この時点ではまだ半乾き状態です)、形を整え干す
 
という方法で使用するのが良いと思います。
 
乾燥機のようにしっかりとは乾かないのですが、その後乾く時間がかなり短縮されますし、部屋干しする場合も、あのジメジメする感じもかなり解消されると思います。
 
このように、風乾燥というのは「部屋干しなどの時間を短縮するもの」という位置付けで、乾燥器とはまた異なる機能であると理解しておくと良いかもしれませんね。
 
Sponsored Links