生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

アルミ製とスチール製!サビにくいのはどっち?

      2017/10/14



この間、友人宅を訪問した時に家のメンテナンスの話をしました。
 
「メンテ不要とかお手入れ簡単とか…そういう材質は増えているけど、なんだかんだ家はキレイじゃなくなっていくよねー」と掃除の大変さを労い合ったんですが、その中で私が気になったのが
 
サビの存在。
 
 
友人の家の面格子には白い物が付いるのですが、聞けばそれ、サビだと言うんです。
そしてその面格子の材質はアルミ
 
えっ、アルミってサビるの?
 
アルミは絶対サビないと思っていたのでびっくりしました。
 
それにサビと聞くと鉄サビの茶色をイメージするのですが、白いサビもあるんですね!
 
我が家も結構アルミを使ってる気がするので、心配になってきました。
似たような素材のスチールとは、一体何が違うのでしょうか?
 
またアルミでサビるなら、今後は外に置くものはスチール製を購入していくべきなのかと迷います。
 
そこで!
 

  • アルミとスチールでサビにくいのはどっち?
  • サビの進行は早いの?
  • サビの落とし方は?
 
などなど、今回の記事では「アルミやスチール」と「サビ」との関係について調べてみます!
 
Sponsored Links

アルミ製とスチール製!サビにくいのはどっち?

まずはアルミとスチール、それぞれの特徴をまとめてみました!
 
 
サビに関するアルミの特徴
  • サビへの耐性がある
  • サビ始めると表面が白くなっていく
  • サビの原因は酸性雨、ホコリ、チリ、スス、排気ガス、砂など
サビに関するスチールの特徴
  • そのままではサビやすい
  • サビ防止に塗料やメッキで表面処理されている
 
アルミはサビが発生すると表面に白い層を形成します。その層は酸化膜といい、内部へのサビの進行を防ぎます。
サビにくいとはいえ、酸性雨に何度もさらされるとサビる事もありますよ。
 
そしてスチールは放っておくとサビます。
 
そのサビは放っておくとどんどん奥まで進行し、表面がボロボロになっちゃいます。
 
スチール製品にはサビ防止で塗装やメッキなどの表面処理をしていますが、表面が傷つくとそこからサビるので注意が必要です。
 
というわけで、サビやすいのはスチールだと解りました。
 
次に気になるのがサビの進み具合!ちょっと油断した隙に増えてた…なんて困りますよね。
 

アルミ製とスチール製!サビが進行しやすいのはどっち?

アルミ製とスチール製のサビの進行について調べてみました。
 
 
 
アルミ製品のサビ
  • 表面に形成した酸化膜が内部への進行を防ぐので「腐食」まではいかない
     
  • アルミはアルカリにも酸にも弱い
     
  • 電食も生じる
 
一般に「アルミはサビない」という印象があるのは、表面の酸化膜がそれ以上の進行を防いでくれているからなんですね。
 
ただし潮風に弱いため、海辺では思ったより早くサビが進行する可能性があるそうです。
 
そしてコンクリートに直接触れた水は次第にアルカリ性に変わっていくため、その水がアルミ製品に付着してサビを進行させてしまわないよう注意が必要です。工事の際に強アルカリ性の溶剤であるセメント液やモルタルが付着し、そこからサビが発生してしまうこともあるそうですよ。
 
最後に「電食」についてですが、これは本来の回路から漏れて流れる電流による、電気的な腐食のことです。少し難しい話ですよね。
 
これについて気をつけるべきことは、砂埃やススなどがアルミの表面に長く付着しないようにすることです。
 
アルミの大敵は砂埃やスス!
 
砂埃やススの中に含まれる異種の金属成分が電食の原因となってしまうので、アルミサッシの屋外側などは時々拭き掃除をするとサビ対策になります。特に工業地帯にお住まいの方は、こまめにお掃除するよう注意してくださいね。
 
 
私の実家のベランダに壊れた網戸(枠がアルミ製)が放置されているんですが、思いっきりサビてます…。酸化膜から一歩進んだ所にいる気がします。
 
実は実家があるのは海の近く。ずっと潮風があたってるんですよね…。妙に納得です!
 
Sponsored Links