生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

高齢者の医療費問題について考えてみる

   



新聞等の報道では65歳以上の高齢者は既に25%を超えたとのことです。
今後さらに増え続け戦後のベビーブーマー(昭和22年~24年生まれ)が今年高齢者となり、10年後の平成35年頃は高齢者が29%、75歳以上の後期高齢者が17%と推計されています。

高齢化社会
【出典:統計から見た我が国の高齢者(65歳以上)-総務省統計局(http://www.stat.go.jp/data/topics/pdf/topics97.pdf)】

一方高齢者を支える働き盛りの人は減り続け、よく言われる騎馬戦形から肩車形(一人の働き手が一人の高齢者を支える)に変化していきます。
“肩車型”では現役世代が直接高齢者に仕送りするようなもので、年金・医療費・介護費用も全額負担するようになるのです。


高齢者の年金・医療・介護の社会保障費は膨大になり、現役世代は自分たちの生活が立ち行かなくなるでしょう。
特にこのままいけば医療・介護の社会保障システムが崩壊すると言われています。
これをどう防ぐか国は明快な回答を準備していません。
国民にああしろ、こうしなさいとは自由主義国家では言えません。

若者を含め国民一人一人が考え、国民としてのコンセンサスを形成することが重要と思います。

Sponsored Links