"共立女子大名誉教授 薗田 勝先生"

料理・食材

鍋の残りの日持ちは何日?冷蔵庫で2日目はNG?保存方法も解説

【大学教授監修】鍋の残りは常温保存だと日持ちしないので、2日目以降も食べたい場合は正しく保存しておくことが大切です。冷蔵庫に保存すると何日くらい日持ちするのか、食べられない状態の見分け方、保存方法のコツを紹介します。
料理・食材

もつ鍋が臭いのはなぜ?匂いの原因とおすすめの臭い消し方法

【大学教授監修】もつ鍋が臭い時は下処理不足か傷んでいるために具材のホルモンが臭かった可能性があります。ホルモンの臭みを消す下処理の方法や使用する材料、もつ鍋が臭いときに食べやすくする方法を紹介します。
料理・食材

めんつゆのカビは大丈夫?白い浮遊物の原因と食べられるかの見分け方

【大学教授監修】めんつゆは開封すると空気に触れてカビや酵母などの微生物が侵入して傷みやすく、腐って食べると危険な状態になる場合もあるため見分け方を覚えておくと便利です。開封後のめんつゆは特に扱い方に気を付け、正しく保存して最後まで美味しく食べきりましょう。
料理・食材

砂肝・砂ずりの緑や黄色い部分は大丈夫?変色の原因や下処理のコツ

【大学教授監修】砂肝の緑の変色は胆汁の付着が原因で苦味がついていますが、取り除けば食べても大丈夫です。同じく黄色や黄緑の部分も下処理すれば食べられることが多いです。日持ちしない砂肝の消費に便利な焼く以外のレシピも紹介しています。
料理・食材

ピスタチオのカビに注意!紫色の変色の正体と食べられるかの見分け方

【大学教授監修】ピスタチオはピンクや紫色に変色しているだけの場合は問題なく食べられますが、カビが生えている場合は健康被害が出る恐れがあるため、食べないのが安全です。お手持ちのピスタチオが食べられるかの判断基準やカビを防ぐ正しい保存方法をご紹介します。
料理・食材

豚肉がピンク色のままだと生焼けで食べられない?大丈夫か判断する方法

【大学教授監修】加熱後の豚肉がピンク色でも、肉汁が透明であれば生焼けではないので食べられます。生焼けの豚肉を食べると食中毒の危険があるので中までよく加熱しましょう。豚肉が生焼けにならない調理方法などもぜひ参考にしてみてください。
料理・食材

しらすが腐ると臭いはどうなる?消費期限切れ5日は危険!保存のコツ

【大学教授監修】しらすが腐ると強烈に生臭い、簡単に身が崩れるなどの特徴で見分けられますが、新鮮でも磯臭い・酸っぱい臭いがする場合もあります。腐るとどうなるのか、加工方法別の消費期限や賞味期限の目安、日持ちする保存方法を紹介します。
料理・食材

塩蔵わかめが腐るとどうなる?賞味期限切れの見分け方と保存期間の目安

【大学教授監修】塩蔵わかめが腐ると見た目や臭いに異変が生じる可能性はありますが、複数の状態を確認しなければ見分けられない場合があります。塩蔵わかめが腐るとどうなるのか、賞味期限切れの見分け方、保存期間について紹介します。
料理・食材

梅シロップの酸っぱい匂いや酸味は大丈夫?発酵と腐敗の違いは

【大学教授監修】梅シロップ(ジュース)から酸っぱい匂いや強い酸味を感じる場合、腐敗や発酵・材料が原因だと考えられ、腐っているものは食中毒を起こす恐れもあるため飲めません。当記事では、腐敗と発酵の見分け方と対処方法を紹介します。
料理・食材

さくらんぼのカビは大丈夫?茶色い変色など食べられるかの見分け方

【大学教授監修】さくらんぼは傷みやすいため、カビや腐敗には注意が必要です。白や黒に変色している場合はカビ、茶色に変色していている場合は腐敗の恐れがあります。食べられるさくらんぼの見分け方や正しい保存方法を紹介しますので参考にしてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました