料理・食材

料理・食材

麦茶が酸っぱいけど大丈夫?酸味の原因と腐ったときの見分け方

麦茶が酸っぱい味・臭いなのは、茶葉の酸化が原因の場合と腐敗している場合がありますが、鮮度に問題がなければ飲めることが多いです。麦茶を酸化させない保存方法や酸化した麦茶の活用法をまとめています。
料理・食材

ピスタチオのカビに注意!紫色の変色の正体と食べられるかの見分け方

ピスタチオはピンクや紫色に変色しているだけの場合は問題なく食べられますが、カビが生えている場合は健康被害が出る恐れがあるため、食べないのが安全です。お手持ちのピスタチオが食べられるかの判断基準やカビを防ぐ正しい保存方法をご紹介します。
料理・食材

豚肉がピンク色のままだと生焼けで食べられない?大丈夫か判断する方法

加熱後の豚肉がピンク色でも、肉汁が透明であれば生焼けではないので食べられます。生焼けの豚肉を食べると食中毒の危険があるので中までよく加熱しましょう。豚肉が生焼けにならない調理方法などもぜひ参考にしてみてください。
料理・食材

玉ねぎの緑色の部分は大丈夫?中や芽など食べられるかの見分け方

【野菜ソムリエプロ監修】緑色になった玉ねぎはよく日に当たったことが原因なので、皮が固くなっていますが食べても問題はありません。食感が気になる方は、細かく刻むなどして活用しましょう。この記事では、緑変による栄養の変化や活用法を紹介しています。
料理・食材

レモン汁が腐るとこうなる!賞味期限切れのポッカレモンは大丈夫?

レモン汁が劣化すると、腐るよりもカビが生えたり、発酵したりして食べられなくなる場合があります。この記事では食べられないレモン汁や市販のポッカレモンの見分け方、保存方法、賞味期限切れの活用法などを紹介します。
料理・食材

ブルーベリーにカビが生えた?白い粉や綿状のものの正体と見分け方

ブルーベリーの表面が白いのは多くの場合植物自体が分泌するブルームで、新鮮で美味しく食べられる証です。しかしカビが生えたり腐ったりして食べられないこともあるので、見分けの目安になるそれぞれの特徴や、長持ちさせるための保存方法のコツを解説します。
料理・食材

紅茶のカビは危険!腐るとどうなる?飲めるかどうかの見分け方

紅茶にカビが生えるとふわふわしたものが現れたり、かび臭くなったりします。腐ることもありますが、どちらの場合も下痢や吐き気などを引き起こす可能性があり飲むと危険です。この記事ではカビではないゴールデンチップや茶葉の劣化についても紹介します。
料理・食材

ビーフシチューが酸っぱい時の原因|酸味・えぐみを消す対処法は

作りたてのビーフシチューが酸っぱいのはトマト缶や赤ワインが原因のため、食べられることが多いです。ただし時間が経ったものは腐っている可能性があり食べられません。酸っぱい味を調整する方法や、上手な調理方法、保存方法などもご紹介していきます。
料理・食材

しらすが腐ると臭いはどうなる?消費期限切れ5日は危険!保存のコツ

しらすが腐ると強烈に生臭い、簡単に身が崩れるなどの特徴で見分けられますが、新鮮でも磯臭い・酸っぱい臭いがする場合もあります。腐るとどうなるのか、加工方法別の消費期限や賞味期限の目安、日持ちする保存方法を紹介します。
料理・食材

醤油のカビは大丈夫?白い塊の原因と食べられるかの見分け方

醤油に白い塊がついている場合は、ほとんどの場合が無害の産膜酵母なので、取り除けば食べられます。場合によってはカビが生えたり劣化したりする可能性もあるので、安全なものの分け方や保存方法を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました