さつまいもが緑色に変色したけど食べられる?原因や変色防止の方法は

スポンサーリンク
スポンサーリンク

さつまいもを調理すると緑に変色することがありますが、これはクロロゲン酸という成分が原因のため食べても大丈夫です。

クロロゲン酸はポリフェノールの一種なので、人体に影響はありません。

さつまいも 緑

そのほか、カットすると表面や中身が黒く変色することもありますが、酸化による変色や低温障害によるものがほとんどで、食べられることが多いです。

しかしカビなどが生えて腐っていることもあるので、見分け方を確認するためにも、以下の項目について詳しくご紹介していきます。

身体に悪影響がないと言っても、緑色になるのはできるだけ避けたいですよね。

水にさらすだけで変色防止できるので、詳しい方法や鮮度を保つ保存方法などもお伝えしていきますよ。

ぜひ参考にしてみてください!

 
スポンサーリンク
こんな記事もおすすめ!
えのき カビ

えのきにカビが生えた?白い・黒っぽい・緑など見分け方のポイント

チョコ 腐る

チョコレートが腐るとどうなる?味や色などの見分け方と賞味期限の目安

舞茸 カビ

舞茸の白いカビは食べられる?表面・根元など見分け方のポイント

キムチ カビ

キムチにカビが生えた?白い粒・黒カビなど見分け方のポイント

ブロッコリー 茶色

ブロッコリーが茶色く変色した!原因は?黄色っぽいのは大丈夫か

ごぼう 腐る

ごぼうが腐るとどうなる?色・臭い・味など見分け方のポイント

パン粉 カビ

パン粉にカビが生えたら危険?食べられるかの見分け方と保存方法

鶏ハム ピンク

ピンクの鶏ハムは大丈夫?汁や中心がピンク色になる理由や判断基準

マッシュルーム カビ

マッシュルームのカビが生えた?白い綿や黒い部分の見分け方とは

カルピス 飲み過ぎ

カルピスを飲み過ぎると体に悪い?下痢・腹痛などのデメリットに注意

ピーマン カビ

ピーマンのカビは大丈夫?ヘタの白いもの・黒い斑点などの見分け方

れんこん 腐る

れんこんが腐るとどうなる?色・見た目・臭いなど見分け方のポイント

バター 腐る

バターが腐るとどうなる?色・味・臭いなどの見分け方と日持ち期間

白菜 腐る

白菜が腐るとどうなる?芯・根元などの見分け方や傷みやすい原因

さつまいもの中身から白い汁が出ても食べられる?見分け方のポイント

長芋 カビ

長芋・山芋にカビが生えた?切り口・外側など見分け方のポイント

きのこ 腐る

きのこは腐るとどうなる?味・水分・臭いなどの見分け方と日持ち期間

スイカ 腐る

スイカが腐るとどうなる?酸っぱい臭いなど腐敗の見分け方や原因

里芋 食べ過ぎ

里芋の栄養価と食べ過ぎの注意点|妊婦や赤ちゃんには大丈夫?適量と効果的な食べ方は

カリフラワーの栄養と食べ過ぎ

カリフラワーの栄養と食べ過ぎの注意点|適量と効果的な食べ方

水菜 食べ過ぎ

水菜の栄養と食べ過ぎの注意点|下痢・腹痛の原因や1日の適量は

サーモン 糖質

サーモンの糖質とカロリー一覧|脂質は高い?ダイエット向きの食べ方とは

海苔 食べ過ぎ

海苔の栄養と食べ過ぎによる症状|腹痛などの原因や1日の適量は何枚?

おかひじき 食べ過ぎ

おかひじきの栄養素と食べ過ぎによる注意点|人気の食べ方も紹介!

豚肉 消費期限

豚肉の消費期限切れは危険?1日2日以上過ぎたときの見分け方!

レーズン 食べ過ぎ

レーズンの栄養|食べ過ぎると体に悪い?1日の適量や効果的な食べ方は

ドラゴンフルーツ 食べ過ぎ

ドラゴンフルーツの栄養と食べ過ぎの注意点|適量や効果的な食べ方

もやし 腐る

もやしが腐るとどうなる?臭いや特徴の見分け方と食べる基準

デーツ 食べ過ぎ

デーツの栄養と食べ過ぎによる注意点|適量とダイエット向きの食べ方は

いちご大福 カロリー

いちご大福のカロリーと糖質の一覧【市販品を比較】太りにくい食べ方も紹介


緑色のさつまいもは食べられる?調理すると変色する理由は

さつまいもが緑や黒に変色するのは、クロロゲン酸やポリフェノールオキシダーゼなどの成分が原因ですが、体に悪い影響はないため食べられます。

さつまいも 緑 変色

しかしカビなどの場合もあるため、食べられる変色かどうかを詳しくご紹介していきますね。

さつまいもが緑色に変色する原因はクロロゲン酸

さつまいもに含まれているクロロゲン酸はポリフェノールの一種であり、アルカリ性の物質と反応すると緑色に変色する特徴がありますが、人体に悪影響はないので食べても大丈夫です。(※1)

クロロゲン酸はコーヒーなどにも多く含まれており、抗酸化作用をはじめ肥満や糖尿病を防ぐ効果も期待されている成分です。(※2)

天ぷら粉やホットケーキミックスなどに使われている重曹や、こんにゃく、塩などはアルカリ性のため、これらを使ったさつまいも料理は緑色に変色することがあります。

見事に緑色に変色していますが、腐っているわけではないので食べられます。

ヨセミテ 編集部
ヨセミテ
編集部
そのほか、蒸しパンやさつまいもの天ぷらなども緑色に変色することがあるようです。

ただし、焼く・蒸す・茹でる・レンジでチンなどのオーソドックスな加熱でも緑色になることがあります。

これは調理後に冷蔵庫で保存したときに、庫内に何らかの理由で発生したアルカリ性を持つアンモニアと反応したためだと考えられます。(※3)

このように内側が黄緑や緑色に変色していても、 カビなどが生えていないなら食べられるので安心してくださいね。

そのほか、黒く変色していても問題ないことが多いです。

黒くなる場合は酸化や低温障害の可能性が

さつまいもが黒く変色するのは、以下の3つが原因であることがほとんどです。

さつまいもが黒くなる原因
  • ポリフェノールオキシダーゼによる酸化
  • ヤラピンの酸化
  • 低温障害

ポリフェノールオキシダーゼとはさつまいもに含まれている酸化酵素で、酸化すると褐色に変化します。

リンゴを切ると断面が茶色くなるのもこのポリフェノールオキシダーゼが原因ですが、体に悪い影響はないので安心してくださいね。

そのほか、さつまいもをカットした表面に出る白い汁のようなものは「ヤラピン」という成分で、酸化すると黒くなる性質があります。(※4)

よく見るとさつまいもの断面に黒い斑点がありますね。

ヤラピンはさつまいも特有の成分で、胃の粘膜を保護したり便秘を改善したりする効果が期待できるので、食べても大丈夫ですよ。(※5)

ヨセミテ 編集部
ヨセミテ
編集部
ただしヤラピンで黒く変色している端の部分は「苦い」と感じることもあるのようなので、カットしても良いでしょう。

また、さつまいもは低温障害により黒くなることもあるので、鮮度を保つためにも正しい方法で保存しましょう。

このように、さつまいもが緑や黒に変色しても問題ないことが多いですが、カビが生えて変色している場合は要注意です。

 
スポンサーリンク
こんな記事もよく読まれています
えのき カビ

えのきにカビが生えた?白い・黒っぽい・緑など見分け方のポイント

チョコ 腐る

チョコレートが腐るとどうなる?味や色などの見分け方と賞味期限の目安

舞茸 カビ

舞茸の白いカビは食べられる?表面・根元など見分け方のポイント

キムチ カビ

キムチにカビが生えた?白い粒・黒カビなど見分け方のポイント

ブロッコリー 茶色

ブロッコリーが茶色く変色した!原因は?黄色っぽいのは大丈夫か

さつまいも 緑

さつまいもが緑色に変色したけど食べられる?原因や変色防止の方法は

ごぼう 腐る

ごぼうが腐るとどうなる?色・臭い・味など見分け方のポイント

パン粉 カビ

パン粉にカビが生えたら危険?食べられるかの見分け方と保存方法

鶏ハム ピンク

ピンクの鶏ハムは大丈夫?汁や中心がピンク色になる理由や判断基準

マッシュルーム カビ

マッシュルームのカビが生えた?白い綿や黒い部分の見分け方とは

カルピス 飲み過ぎ

カルピスを飲み過ぎると体に悪い?下痢・腹痛などのデメリットに注意

ピーマン カビ

ピーマンのカビは大丈夫?ヘタの白いもの・黒い斑点などの見分け方

れんこん 腐る

れんこんが腐るとどうなる?色・見た目・臭いなど見分け方のポイント

バター 腐る

バターが腐るとどうなる?色・味・臭いなどの見分け方と日持ち期間

白菜 腐る

白菜が腐るとどうなる?芯・根元などの見分け方や傷みやすい原因

さつまいもの中身から白い汁が出ても食べられる?見分け方のポイント

長芋 カビ

長芋・山芋にカビが生えた?切り口・外側など見分け方のポイント

きのこ 腐る

きのこは腐るとどうなる?味・水分・臭いなどの見分け方と日持ち期間

スイカ 腐る

スイカが腐るとどうなる?酸っぱい臭いなど腐敗の見分け方や原因

里芋 食べ過ぎ

里芋の栄養価と食べ過ぎの注意点|妊婦や赤ちゃんには大丈夫?適量と効果的な食べ方は

カリフラワーの栄養と食べ過ぎ

カリフラワーの栄養と食べ過ぎの注意点|適量と効果的な食べ方

水菜 食べ過ぎ

水菜の栄養と食べ過ぎの注意点|下痢・腹痛の原因や1日の適量は

サーモン 糖質

サーモンの糖質とカロリー一覧|脂質は高い?ダイエット向きの食べ方とは

海苔 食べ過ぎ

海苔の栄養と食べ過ぎによる症状|腹痛などの原因や1日の適量は何枚?

おかひじき 食べ過ぎ

おかひじきの栄養素と食べ過ぎによる注意点|人気の食べ方も紹介!

豚肉 消費期限

豚肉の消費期限切れは危険?1日2日以上過ぎたときの見分け方!

レーズン 食べ過ぎ

レーズンの栄養|食べ過ぎると体に悪い?1日の適量や効果的な食べ方は

ドラゴンフルーツ 食べ過ぎ

ドラゴンフルーツの栄養と食べ過ぎの注意点|適量や効果的な食べ方

もやし 腐る

もやしが腐るとどうなる?臭いや特徴の見分け方と食べる基準

デーツ 食べ過ぎ

デーツの栄養と食べ過ぎによる注意点|適量とダイエット向きの食べ方は

カビによる変色は食べられない!見分け方を確認

クロロゲン酸やヤラピンなどさつまいもに含まれている成分で変色している場合は大丈夫ですが、カビによる変色は食べられないので注意が必要です。

このようにふわふわした白い綿毛のようなものが付いていたり、カビ臭い場合は食べないようにしましょう。

カビている部分だけを除けば食べられるという意見もありますが、カビの胞子は目には見えないところにまで及んでいることがあるので、あまりおすすめできません。

誤って多少のカビを食べても、すぐに影響が出ることはほとんどありませんが、長期間継続的に摂取すると体に悪影響を及ぼすことがあるので、注意しましょう。(※6)

白カビだけでなく青カビや赤カビが生えることもあるようですが、断面全体や真ん中がキレイなピンクやオレンジ色の場合は、さつまいもの品種による色の違いなので、安心して食べてくださいね。

品種によって中の色にこれだけの違いがあるようですね!

通販を利用すると安納芋をはじめ、さまざまな種類のさつまいもが手に入りますよ。

またカビ以外にもさつまいもが腐敗していないか迷う場合は、こちらの記事も参考にして食べられるか判断してみてください。

このように、さつまいもに緑や黒の変色が起こっても食べられることがほとんどですが、あまり気持ちの良いものでもないですよね。

そこで、さつまいもの変色を防ぐ方法をお伝えしていきます。

さつまいもの緑色への変色を防ごう!おすすめの対処法

さつまいもが変色する一番の原因はあく成分でもあるクロロゲン酸なので、水によるあく抜きがおすすめです。

そのほか皮を厚く剥くのも効果がありますよ。

水にさらしてあくを抜くと緑の変色を防げる

さつまいもをカットして水にさらすと、クロロゲン酸が流れ出るため変色を抑えられます。

またヤラピンなどの成分は酸化すると変色するため、同じく水につけることで酸化も防いで変色防止になります。

さつまいも 水に さらす 緑

参考レシピ

 

ひと手間加えると、ビタミンCも摂取できますよ!

ヤラピンはまな板などを黒く変色させることもあり、一度変色すると元に戻すことはできないため、切ったそばからすぐあく抜きするのがおすすめです。

そのほか、皮を厚く剥いたりレシピを工夫したりするのも良いでしょう。

皮を厚く剥く・レシピを工夫するという方法も

変色の元になるクロロゲン酸やヤラピンは皮の近くに多く含まれているため、皮を厚く剥くのも変色防止の効果が期待できます。

さつまいも 緑 調理

またクロロゲン酸はアルカリ性の物質と反応することから、なるべくアルカリ性の食材を避けたレシピにするのもおすすめです。

アルカリ性の食品例(※7)
海藻類:わかめ、昆布など
野菜類:トマト、にんじん、きゅうり(こんにゃく芋)など
果物類:レモン、柿、パイナップルなど
調味料:お酢、塩、オリーブオイルなど

重曹やベーキングパウダーを使用する場合は、加熱したさつまいもに小麦粉を薄くコーティングしておくと、多少変色を抑えられるという口コミもあるので、試してみてはいかがでしょうか。

ヨセミテ 編集部
ヨセミテ
編集部
てんぷら粉の代わりに小麦粉を使うのも効果がありそうですね!

またさつまいもが黒く変色するのは低温障害が原因のこともあるので、正しい保存方法も確認しておきましょう。

 
スポンサーリンク
こんな記事もよく読まれています
えのき カビ

えのきにカビが生えた?白い・黒っぽい・緑など見分け方のポイント

チョコ 腐る

チョコレートが腐るとどうなる?味や色などの見分け方と賞味期限の目安

舞茸 カビ

舞茸の白いカビは食べられる?表面・根元など見分け方のポイント

キムチ カビ

キムチにカビが生えた?白い粒・黒カビなど見分け方のポイント

ブロッコリー 茶色

ブロッコリーが茶色く変色した!原因は?黄色っぽいのは大丈夫か

さつまいも 緑

さつまいもが緑色に変色したけど食べられる?原因や変色防止の方法は

ごぼう 腐る

ごぼうが腐るとどうなる?色・臭い・味など見分け方のポイント

パン粉 カビ

パン粉にカビが生えたら危険?食べられるかの見分け方と保存方法

鶏ハム ピンク

ピンクの鶏ハムは大丈夫?汁や中心がピンク色になる理由や判断基準

マッシュルーム カビ

マッシュルームのカビが生えた?白い綿や黒い部分の見分け方とは

カルピス 飲み過ぎ

カルピスを飲み過ぎると体に悪い?下痢・腹痛などのデメリットに注意

ピーマン カビ

ピーマンのカビは大丈夫?ヘタの白いもの・黒い斑点などの見分け方

れんこん 腐る

れんこんが腐るとどうなる?色・見た目・臭いなど見分け方のポイント

バター 腐る

バターが腐るとどうなる?色・味・臭いなどの見分け方と日持ち期間

白菜 腐る

白菜が腐るとどうなる?芯・根元などの見分け方や傷みやすい原因

さつまいもの中身から白い汁が出ても食べられる?見分け方のポイント

長芋 カビ

長芋・山芋にカビが生えた?切り口・外側など見分け方のポイント

きのこ 腐る

きのこは腐るとどうなる?味・水分・臭いなどの見分け方と日持ち期間

スイカ 腐る

スイカが腐るとどうなる?酸っぱい臭いなど腐敗の見分け方や原因

里芋 食べ過ぎ

里芋の栄養価と食べ過ぎの注意点|妊婦や赤ちゃんには大丈夫?適量と効果的な食べ方は

カリフラワーの栄養と食べ過ぎ

カリフラワーの栄養と食べ過ぎの注意点|適量と効果的な食べ方

水菜 食べ過ぎ

水菜の栄養と食べ過ぎの注意点|下痢・腹痛の原因や1日の適量は

サーモン 糖質

サーモンの糖質とカロリー一覧|脂質は高い?ダイエット向きの食べ方とは

海苔 食べ過ぎ

海苔の栄養と食べ過ぎによる症状|腹痛などの原因や1日の適量は何枚?

おかひじき 食べ過ぎ

おかひじきの栄養素と食べ過ぎによる注意点|人気の食べ方も紹介!

豚肉 消費期限

豚肉の消費期限切れは危険?1日2日以上過ぎたときの見分け方!

レーズン 食べ過ぎ

レーズンの栄養|食べ過ぎると体に悪い?1日の適量や効果的な食べ方は

ドラゴンフルーツ 食べ過ぎ

ドラゴンフルーツの栄養と食べ過ぎの注意点|適量や効果的な食べ方

もやし 腐る

もやしが腐るとどうなる?臭いや特徴の見分け方と食べる基準

デーツ 食べ過ぎ

デーツの栄養と食べ過ぎによる注意点|適量とダイエット向きの食べ方は

さつまいもの変色を防いで美味しさを保つ保存方法

さつまいもを保存するのに適している温度は13~15℃、湿度は80~90%程度です。

10℃以下だと低温障害で黒く変色する可能性がありますが、水分にも弱いため洗ってあるさつまいもは冷蔵庫の野菜室でなるべく冷気を避けて保存するのが良いでしょう。

さつまいも 変色防止

さつまいもは土付きか洗ってあるか、または丸ごとかカットしているかで適した保存方法や日持ち期間が異なります。

さつまいもの保存方法と日持ち期間(※8)
さつまいもの状態保存方法日持ち期間
土付き常温3ヶ月
水洗い済み丸ごと冷蔵庫2ヶ月
カット冷蔵庫1週間
冷凍庫1ヶ月

まずは、さつまいもを丸ごと保存する方法をご説明します。

土付きは常温保存|洗ってある場合は冷蔵庫で保存

収穫したままの土が付いているさつまいもは常温保存ができますが、スーパーなどで購入してすでに水洗いしている場合は、冷蔵庫で保存するようにしましょう。

さつまいも 緑 防止

常温保存の方法は以下の通りです。

常温保存の方法(土付きのさつまいも)
  1. 収穫したての場合、2~3日日陰干しする
  2. 土を軽く払い、1本ずつ新聞紙で包む
  3. 段ボールは発砲スチロールなどの冷暗所で保存

土付きのさつまいもは秋から冬にかけて収穫されていることが多いため、常温保存で3ヶ月程度の保存が可能です。

しかし水で洗ってあるさつまいもや夏の暑い時期、冷暗所で保存が難しい場合は、常温保存だと芽が出てくる可能性があるため、冷蔵庫の野菜室で保存するのが良いでしょう。

冷蔵庫保存の方法
  1. 1本ずつ新聞紙で包む
  2. ジップロックなどの保存袋に入れる
  3. 冷蔵庫の野菜室で保存

新聞紙で包んでからジップロックやポリ袋に入れると、冷蔵庫の冷気を防ぐことができます。

しかしカットしたさつまいもはあまり日持ちしないため、注意してください。

カットしたさつまいもは冷蔵庫か冷凍庫で保存

さつまいもをカットした場合は、切り口の乾燥や酸化を防ぐためにラップで包んで冷蔵庫で保存しましょう。

さつまいも 切り口 緑

あまり日持ちしないので、なるべく早めに食べるようにしてくださいね。

長持ちさせたい場合は冷凍保存するのがおすすめです。

冷凍保存の方法(※9)
  1. さつまいもを洗う
  2. 輪切り、いちょう切り、スティック状など用途に合わせてカットする
  3. 輪切りはそのまま、いちょう切り・スティック状は少量ずつラップに包み、冷凍用保存袋にいれる
  4. 平たく置いて空気を抜き、冷凍庫で保存する

生のままで冷凍できて、凍ったままでも煮物や天ぷらなどの調理ができるので便利です。

丸ごと冷凍したい場合は、電子レンジで焼き芋にしてから冷凍すると簡単ですよ。

さつまいも 緑 レシピ

参考レシピ

粗熱が取れてからラップで包んで冷凍庫で保存すると、1ヶ月程度日持ちします。

冷凍した焼き芋は自然解凍か電子レンジで加熱するほか、冷凍のまま食べてもシャーベッドみたいで美味しいですよ。

 
スポンサーリンク
こんな記事もよく読まれています
えのき カビ

えのきにカビが生えた?白い・黒っぽい・緑など見分け方のポイント

チョコ 腐る

チョコレートが腐るとどうなる?味や色などの見分け方と賞味期限の目安

舞茸 カビ

舞茸の白いカビは食べられる?表面・根元など見分け方のポイント

キムチ カビ

キムチにカビが生えた?白い粒・黒カビなど見分け方のポイント

ブロッコリー 茶色

ブロッコリーが茶色く変色した!原因は?黄色っぽいのは大丈夫か

さつまいも 緑

さつまいもが緑色に変色したけど食べられる?原因や変色防止の方法は

ごぼう 腐る

ごぼうが腐るとどうなる?色・臭い・味など見分け方のポイント

パン粉 カビ

パン粉にカビが生えたら危険?食べられるかの見分け方と保存方法

鶏ハム ピンク

ピンクの鶏ハムは大丈夫?汁や中心がピンク色になる理由や判断基準

マッシュルーム カビ

マッシュルームのカビが生えた?白い綿や黒い部分の見分け方とは

カルピス 飲み過ぎ

カルピスを飲み過ぎると体に悪い?下痢・腹痛などのデメリットに注意

ピーマン カビ

ピーマンのカビは大丈夫?ヘタの白いもの・黒い斑点などの見分け方

れんこん 腐る

れんこんが腐るとどうなる?色・見た目・臭いなど見分け方のポイント

バター 腐る

バターが腐るとどうなる?色・味・臭いなどの見分け方と日持ち期間

白菜 腐る

白菜が腐るとどうなる?芯・根元などの見分け方や傷みやすい原因

さつまいもの中身から白い汁が出ても食べられる?見分け方のポイント

長芋 カビ

長芋・山芋にカビが生えた?切り口・外側など見分け方のポイント

きのこ 腐る

きのこは腐るとどうなる?味・水分・臭いなどの見分け方と日持ち期間

スイカ 腐る

スイカが腐るとどうなる?酸っぱい臭いなど腐敗の見分け方や原因

里芋 食べ過ぎ

里芋の栄養価と食べ過ぎの注意点|妊婦や赤ちゃんには大丈夫?適量と効果的な食べ方は

カリフラワーの栄養と食べ過ぎ

カリフラワーの栄養と食べ過ぎの注意点|適量と効果的な食べ方

水菜 食べ過ぎ

水菜の栄養と食べ過ぎの注意点|下痢・腹痛の原因や1日の適量は

サーモン 糖質

サーモンの糖質とカロリー一覧|脂質は高い?ダイエット向きの食べ方とは

海苔 食べ過ぎ

海苔の栄養と食べ過ぎによる症状|腹痛などの原因や1日の適量は何枚?

おかひじき 食べ過ぎ

おかひじきの栄養素と食べ過ぎによる注意点|人気の食べ方も紹介!

豚肉 消費期限

豚肉の消費期限切れは危険?1日2日以上過ぎたときの見分け方!

レーズン 食べ過ぎ

レーズンの栄養|食べ過ぎると体に悪い?1日の適量や効果的な食べ方は

ドラゴンフルーツ 食べ過ぎ

ドラゴンフルーツの栄養と食べ過ぎの注意点|適量や効果的な食べ方

もやし 腐る

もやしが腐るとどうなる?臭いや特徴の見分け方と食べる基準

デーツ 食べ過ぎ

デーツの栄養と食べ過ぎによる注意点|適量とダイエット向きの食べ方は

結論|さつまいもの緑色の変色は状況を見極めて判断しよう

さつまいもが緑や黒に変色するのは、クロロゲン酸やヤラピンなどの成分が原因であることが多く、体に害はないので食べても大丈夫です。

ただし白い綿毛のようなものがあればカビの可能性が高く、食べられないので注意してください。

さつまいもの変色を防ぐには水にさらしたり、皮を厚く剥いたりするほか、アルカリ性の食品と一緒に調理しないことも有効です。

また低温障害による変色を起こさないためにも、さつまいもの状態に合わせた保存方法もぜひ参考にしてみてくださいね。

 

▲目次へ戻る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あなたにオススメ

スポンサーリンク

あなたにオススメ

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク (C)
料理・食材
ヨセミテは『食を明るく、美味しく、暮らし良く』をコンセプトに、信頼できる文献・資料に基づいたオリジナルコンテンツの制作を行い、生活を豊かにする情報をお届けいたします。
生活の知恵袋 ヨセミテ

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク (R)

 

 

こんな記事もよく読まれています
えのき カビ

えのきにカビが生えた?白い・黒っぽい・緑など見分け方のポイント

チョコ 腐る

チョコレートが腐るとどうなる?味や色などの見分け方と賞味期限の目安

舞茸 カビ

舞茸の白いカビは食べられる?表面・根元など見分け方のポイント

キムチ カビ

キムチにカビが生えた?白い粒・黒カビなど見分け方のポイント

ブロッコリー 茶色

ブロッコリーが茶色く変色した!原因は?黄色っぽいのは大丈夫か

さつまいも 緑

さつまいもが緑色に変色したけど食べられる?原因や変色防止の方法は

ごぼう 腐る

ごぼうが腐るとどうなる?色・臭い・味など見分け方のポイント

パン粉 カビ

パン粉にカビが生えたら危険?食べられるかの見分け方と保存方法

鶏ハム ピンク

ピンクの鶏ハムは大丈夫?汁や中心がピンク色になる理由や判断基準

マッシュルーム カビ

マッシュルームのカビが生えた?白い綿や黒い部分の見分け方とは

カルピス 飲み過ぎ

カルピスを飲み過ぎると体に悪い?下痢・腹痛などのデメリットに注意

ピーマン カビ

ピーマンのカビは大丈夫?ヘタの白いもの・黒い斑点などの見分け方

れんこん 腐る

れんこんが腐るとどうなる?色・見た目・臭いなど見分け方のポイント

バター 腐る

バターが腐るとどうなる?色・味・臭いなどの見分け方と日持ち期間

白菜 腐る

白菜が腐るとどうなる?芯・根元などの見分け方や傷みやすい原因

さつまいもの中身から白い汁が出ても食べられる?見分け方のポイント

長芋 カビ

長芋・山芋にカビが生えた?切り口・外側など見分け方のポイント

きのこ 腐る

きのこは腐るとどうなる?味・水分・臭いなどの見分け方と日持ち期間

スイカ 腐る

スイカが腐るとどうなる?酸っぱい臭いなど腐敗の見分け方や原因

里芋 食べ過ぎ

里芋の栄養価と食べ過ぎの注意点|妊婦や赤ちゃんには大丈夫?適量と効果的な食べ方は

カリフラワーの栄養と食べ過ぎ

カリフラワーの栄養と食べ過ぎの注意点|適量と効果的な食べ方

水菜 食べ過ぎ

水菜の栄養と食べ過ぎの注意点|下痢・腹痛の原因や1日の適量は

サーモン 糖質

サーモンの糖質とカロリー一覧|脂質は高い?ダイエット向きの食べ方とは

海苔 食べ過ぎ

海苔の栄養と食べ過ぎによる症状|腹痛などの原因や1日の適量は何枚?

おかひじき 食べ過ぎ

おかひじきの栄養素と食べ過ぎによる注意点|人気の食べ方も紹介!

豚肉 消費期限

豚肉の消費期限切れは危険?1日2日以上過ぎたときの見分け方!

レーズン 食べ過ぎ

レーズンの栄養|食べ過ぎると体に悪い?1日の適量や効果的な食べ方は

ドラゴンフルーツ 食べ過ぎ

ドラゴンフルーツの栄養と食べ過ぎの注意点|適量や効果的な食べ方

もやし 腐る

もやしが腐るとどうなる?臭いや特徴の見分け方と食べる基準

デーツ 食べ過ぎ

デーツの栄養と食べ過ぎによる注意点|適量とダイエット向きの食べ方は

 

    タイトルとURLをコピーしました