スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

餃子の皮にカビが生えた?黒い点々の正体と食べられるかの見分け方

餃子の皮にカビが生えたように見える黒い点々は、小麦の表皮「ふすま」が原因なら食べても問題ありません。

ただし、本当にカビが生える場合もあるので見た目の違いを知っておくと安心です。

餃子の皮 カビ

開封後や賞味期限切れの餃子の皮は、カビが生えるだけでなく腐ることもあります。

食べられるか判断するには、ぬめりや異臭など見分け方を知っておくことが大切です。

そこで、今回は餃子の皮について次のことを調べてみました。

数枚だけ余ってしまうことも多い餃子の皮ですが、実は冷凍保存も可能です。

見分け方と保存方法のポイントを確認して、毎日のお料理に活かしてみてください♪

 
スポンサーリンク
 
こんな記事もおすすめ!
スキッピー 体に悪い

スキッピーは体に悪い?甘くないけど太るの?食べ過ぎの注意点は

辛ラーメン 体に悪い

辛ラーメンは体に悪い?発がん性物質の危険性について徹底調査

モンスターエナジー 体に悪い

モンスターエナジーは体に悪いし危険性あり?飲み過ぎはやばいのか

舞茸 水っぽい

舞茸が水っぽいけど食べられる?臭い・酸っぱいときの見分け方も

レモン 体に悪い

レモンは体に悪い説|食べ過ぎると危険?健康への影響を徹底検証

アラザン 体に悪い

アラザンは体に悪い?銀色の成分は?アレルギーの危険性も解説!

サンペレグリノ 注意

サンペレグリノに注意?体に悪い説や発がん性の有無を徹底検証

納豆のタレ 体に悪い

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

スッパイマン 体に悪い

スッパイマンは体に悪い説|太る?痩せるの?食べ過ぎの悪影響は

おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証


餃子の皮にカビが生えた?食べられるか見分け方のポイント

餃子の皮が古くなるとたくさんの黒い点々が現れて、カビが生えたように見えることがあります。

その多くはふすまの色素が変色して現れたもので、ほかに傷んだ様子がなければ食べても大丈夫です。

ただし保存状態が悪いままにしていると、本当に黒カビが生えて食べられなくなるかもしれません。

餃子の皮 黒い 点々 カビ

また、ふすまの変色とカビは同時に現れることもあります。

間違えて食べたら危険なので、それぞれの見分け方をしっかりと確認しておきましょう。

スポンサーリンク

見分けるために覚えておきたいふすまとカビの違い

ふすまの黒い点々とカビの大きな違いは見た目にあります。

ふすまとカビの特徴
ふすま ・黒い点が全体的に広がる
・こすってもとれない
カビ ・さまざまな色がある
・ふわふわしている
・粉っぽい

ふすまは原材料として餃子の皮の全体に混ざっているため、黒い点々がまんべんなく見られます。

生地の中に埋まっているため、こすっても取れません。

一方でカビが生えたら部分的に繁殖が進むため、限られた範囲で黒・白・青などに変色することが多いです。

見分け方が分かったところで、なぜふすまが黒くなって現れるのか原因を確認してみましょう。

スポンサーリンク

黒い点々はふすまの変色が原因

餃子の皮に含まれるふすまは、賞味期限が近づくにつれて黒い斑点が目立ってきます。

これは時間の経過でふすまの色素が化学変化を起こして変色するからです。(※1)

時間が経ってから目立ち始めるため、カビが生えていると勘違いしやすいのです。

餃子の皮 カビ ふすま

ちなみにふすまは小麦の表皮の一部で、材料自体に混ざっていて簡単に取り除けません。

時間の経過で変色するため、いちばんの防止法は早く食べきることと覚えておきましょう。

ではカビが生えた場合はどうなるのか、画像と一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

保存状態が悪いとカビが生える

餃子の皮にはふすまにそっくりな黒カビだけでなく、白い綿のような白カビや青カビなどさまざまなカビが生えることがあります。

カビの胞子は空気中にも存在しているため、開封して残ったものや手作りの皮に生えてくることが多いです。

カビが生えた餃子の皮を食べると、まれに下痢や腹痛などの症状が出る可能性があります。(※2)

そのため、黒い点々が現れたときは見分け方を参考にしっかりと確認してから食べましょう。

下痢や吐き気の症状が軽い場合の対処法は、水分を補給しながら安静に過ごすことです。

症状の悪化が見られたら、すぐに医師の診断を受けましょう。

カビ臭いと感じたときもカビが生えていると考えられるので、食べずに処分したほうが安全です。

また餃子の皮はカビが生えていなくても腐っている場合があります。

そのため、明らかに状態がおかしい場合も注意が必要です。

   
スポンサーリンク
 

餃子の皮が腐るとどうなる?カビ以外に食べたら危険な状態の見分け方

餃子の皮が腐ると通常とは違うにおいや質感に変わります。

特に注意したいのがぬめりや、嗅いでいられないほど臭いと感じるときです。餃子の皮 カビ

このような異変は細菌やウイルスなどの微生物が増殖し、食べ物を分解したときに起こります。(※3)

ぬめりやにおい以外では、変色が見られる場合も腐っている可能性が高いです。

変色は微生物による着色が原因

餃子の皮の腐敗が進むと部分的に茶色やピンク色に変色することがあります。

このような変色は色素を持った微生物が増殖し、着色したことが原因です。(※4)

微生物の仲間のカビが繁殖した場合にも、同じように着色することがあります。

食べ物を着色させる微生物のすべてが有害ではありませんが、同時にさまざまな微生物の繁殖が進んでいる可能性が高いです。

その中に人体に有害な微生物がいるかもしれないため、変色が見られた場合も食べないようにしましょう。

餃子の皮 カビ 食べた

このような腐った餃子の皮を食べると、下痢や腹痛、吐き気などの症状が出ることがあります。

火を通せば安心と思うかもしれませんが、微生物の種類によっては加熱後も毒素が残ります。(※5)

調理して食べるのも危険なので、様子がおかしいときは決して食べないようにしましょう。

気付かずに食べた場合や食べた後に腐っていると気付いたときは、ひとまず水分を取りながら様子を見ましょう。(※6)
ヨセミテ 編集部
ヨセミテ
編集部
激しい嘔吐や下痢が続く場合は、必ず医療機関で診察を受けるようにしてくださいね。

また、餃子の皮は袋の中で結露が発生し、水分がつくことがあります。

ぬめりやカビが生えているなど異常がなければ食べられますが、濡れたまま長く保存すると痛みやすくなります。

そのため水分がついている様子が見られたら、なるべく早く食べるようにしましょう。

カビが生えるなど腐る寸前まで鮮度が落ちないように、餃子の皮の正しい保存方法を確認しておきましょう。

   
スポンサーリンク
 

餃子の皮をカビさせない対策とは?劣化を防ぐ保存方法

餃子の皮を賞味期限切れのまま放置していたり保管場所が悪かったりすると、カビや乾燥による劣化で食べられなくなります。

市販のものはパッケージに記載がある通りに保存して、手作りした皮も要冷蔵と覚えておきましょう。

餃子の皮は1袋単位でも薄くて小さいため、冷蔵庫への入れ忘れには特に気をつけてくださいね。

餃子の皮 要冷蔵

餃子の皮のパッケージには賞味期限が書いてありますが、賞味期限とは「おいしく食べられる期限」のことです。(※7)

そのため未開封で正しく保存されていた場合に限り、1週間程度であれば期限を過ぎても食べられる場合がありますよ。

ただし市販品の賞味期限はメーカーによってバラバラで、製造日から2週間~1ヶ月で設定されています。メーカーでは賞味期限内に食べきることを推奨しているため、傷んだ様子がないか個人で判断しなければいけません。(※8)

開封後の余った皮をビニールに入れたまま冷蔵庫へ戻すと乾燥しやすく、カビも生えやすくなります。

余った皮の保存性を高めるには、小分けにして冷蔵保存しましょう。(※9)

餃子の皮の冷蔵保存の手順
  • STEP1
    餃子の皮を使いやすい枚数で分け、重ねてラップで包む
    ラップでしっかり包むことで乾燥を防ぎます
  • STEP2
    冷蔵用保存袋にまとめて入れ、空気を抜いて冷蔵庫に保存する
    開封済みのため賞味期限まで日にちがあっても早めに食べきりましょう

手作りの餃子の皮も同じように保存しておくと劣化を防ぎながら、使いやすくなりますよ。

ラップだけだと隙間ができて乾燥やニオイ移りしやすくなるため、必ずこちらのような保存用袋に入れて2重で保存しましょう。

餃子の皮を賞味期限内に消費できないときは冷凍保存がおすすめです。(※10)

餃子の皮の冷凍保存の手順
  • STEP1
    餃子の皮を数枚ずつに分け、重ねてラップで包む
    枚数が少ないほど剥がしやすくなります
  • STEP2
    冷凍用保存袋にまとめて入れ、空気を抜いて冷凍庫で保存する
    保存期間は1ヶ月ほどです

冷凍した餃子の皮は常温ではなく冷蔵庫内で10~15分解凍して使います。

ヨセミテ 編集部
ヨセミテ
編集部
剥がしにくいときは、手のひらで挟んで体温で温めると剥がしやすくなりますよ。

出しっぱなしにすると乾燥がどんどん進むので、解凍後の餃子の皮はなるべく早く使い切りましょう。

冷凍保存すれば半年以上持つという人もいますが、におい移りや冷凍焼けにより味の劣化が進みます。

冷凍保存した餃子の皮でも、保存期間の目安を守るようにしてくださいね。

   
 

結論|餃子の皮はカビに注意して正しく保存しよう

餃子の皮に現れる黒い点々は小麦の表皮であるふすまが原因の場合が多く、ぬめりやにおいがおかしいなどの傷んでいる様子がなければ食べても大丈夫です。

ただし賞味期限切れや開封済みの餃子の皮にはふすまにそっくりな黒カビや、青カビなどが生えることもあるため、安全をしっかりと確認してから食べるように気をつけましょう。

餃子の皮の保存方法の基本は冷蔵保存ですが、冷凍保存も可能です。

数枚だけ余ったとときや手作りの皮を作りすぎたときには数枚ずつに分けて冷凍しておき、冷蔵庫で解凍して使いましょう。

 

▲目次へ戻る

 

 

タイトルとURLをコピーしました