オリーブオイルが腐るとどうなる?変色や臭いの特徴と保存方法

オリーブオイル 腐る

【執筆者:編集部 高田ゆみ】

オリーブオイルが腐ることはほとんどありませんが、酸化して食べられなくなる場合はあります。

でも、酸化したオリーブオイルの臭いや味、色がどうなるのかわからないと、食べられる状態を見分けられないですよね。

オリーブオイルは酸化に強い油といわれていますが、保存方法によっては劣化しやすいので注意が必要です。

そこでこの記事では、オリーブオイルの品質を守るために知っておきたい以下の項目を紹介します。

この記事を読むとわかる!
オリーブオイルのこと

 

  • 腐ることがほとんどない理由
  • 酸化した状態の見分け方
  • 酸化を防ぐ保存方法
  • 古いオリーブオイルの使い道

腐っているようで食べようか迷っている人、期限切れになりそうなオリーブオイルを使い切れずに困っている人に役立つ内容なので、ぜひ参考にしてください♪

 
スポンサーリンク
 
こんな記事もおすすめ!
明太子 常温

明太子は常温で何時間OK?冷蔵庫での日持ちや持ち歩きの注意点も

おはぎ 日持ち

おはぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍でいつまで?手作りの場合は

人参 常温保存

人参は常温保存で何日まで?冷蔵庫の日持ちは?長持ちするコツも

温泉卵 常温

温泉卵は常温保存でOK?冷蔵庫での日持ちは?手作り・市販の違いも

牛乳寒天 賞味期限

牛乳寒天の賞味期限|手作り・市販品の日持ちは?冷凍保存方法も

プレスバターサンド 常温

プレスバターサンドの常温での日持ち|賞味期限は短い?冷凍では

卵 賞味期限切れ 2週間

卵の賞味期限切れ2週間後は食べられる?何日過ぎると危険なのか

パウンドケーキ 常温

パウンドケーキの常温保存の日持ちは?冷蔵庫での保存期間も解説

酢飯 日持ち

酢飯の日持ち|残りは翌日までOK?常温・冷蔵庫・冷凍保存期間も

しめじ 常温

しめじは常温保存でOK?冷蔵庫では何日?日持ちと保存の注意点は

うなぎ 日持ち

うなぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍で何日?正しい保存方法も!

あんこ 常温

あんこの常温保存は腐る?冷蔵庫・冷凍の日持ちとカビを防ぐ裏技

卵焼き 常温

卵焼きの常温放置は腐るの?冷蔵庫では何日?作り置きの日持ちは

マウントレーニア 常温

マウントレーニアの常温保存はNG?カフェオレの賞味期限と保存方法

わさび 常温

わさびの常温放置は腐る?チューブ・小袋などの日持ちと保存方法

ジャム 常温

ジャムの常温保存は腐るの?糖度に注目?手作りジャムの注意点は

ミニトマト カビ

ミニトマトにカビ?ヘタや実が白・黒・緑に変色したときの見分け方

ちくわの常温保存は何時間まで大丈夫?開封後の常温放置は危険?

おでん 常温保存

おでんの常温保存は何時間まで?夏に次の日まで常温放置は危険?

煮物 常温

煮物の常温放置は何時間まで?一晩は危険?日持ちと火入れのコツ

ポテトサラダ 常温

ポテトサラダの常温放置はOK?腐るとどうなる?保存期間の目安

オイスターソース 常温

オイスターソースは常温保存でOK?開封後は腐る?カビの対処法も

チーズケーキ 常温

チーズケーキは常温保存で何時間まで大丈夫?半日放置は腐るの?

飲むヨーグルト 常温

飲むヨーグルトの常温放置は数時間なら大丈夫?保存期間を解説

肉じゃが 常温

肉じゃがの常温放置は腐るの?翌日まではOK?冷蔵庫での日持ちも

こんにゃく 常温

こんにゃくは常温保存でOK?開封後は?日持ち目安と保存のコツ!

ハヤシライス 常温

ハヤシライスの常温放置は腐る?常温・冷蔵庫・冷凍で何日もつ?

トマトソース

トマトソースの日持ちは?作り置きの冷蔵・冷凍保存期間を解説!

ソース 常温

ソースは常温保存が可能?開封後は冷蔵庫?保存方法を徹底解説!

羊羹 常温

羊羹は常温OK?冷やす?冷蔵庫・冷凍での日持ちと正しい保存方法


オリーブオイルは腐るとどうなるの?酸化との違いと見分け方

オリーブオイル 腐るとどうなる

オリーブオイルは腐ることはほとんどありませんが、酸化により食べられなくなることはあります。

酸化の原因は間違った保存方法により酸素に触れることと、光の影響を受けることです。

酸化したオリーブオイルの特徴と見分け方
NG・注意が必要 OK
見た目
変色
色が薄い 黄色~緑色っぽい
茶色・黒の沈殿物
白く固まっている
臭い 鼻につく油臭さ 爽やかな香り
かすかに苦い・辛い

酸化したオリーブオイルを食べると体調を崩すおそれがあるので、どんな状態が食べられないのか見分け方を知っておくことが大切ですね。

オリーブオイルはほぼ腐ることがない理由

オリーブオイルが腐らないのは、食品を腐敗させる微生物が繁殖しにくいためです。

微生物が繁殖するためには栄養や温度、水分などの条件が整わなければいけませんが、オリーブオイルは水分がほとんど含まれていません。

まれに茶色や黒の沈殿物(果肉や繊維)に水分が残っていると微生物が繁殖する可能性はあるので早めに食べきりましょう。

ピュアオリーブオイル:精製オリーブオイルにバージンオリーブオイルをブレンドしたもので味や香りが控えめなのが特徴で加熱料理におすすめ
エキストラバージンオイル:オリーブ特有の爽やかな香りや味を楽しめるのが特徴で生食におすすめ (※1)

どちらかといえば、オリーブオイルは腐るよりも酸化により食べられなくなることが多いです。

酸化したオリーブオイルを食べるとどうなる?

空気中の酸素と油が反応して品質が劣化することを酸化といいます。

オリーブオイルは抗酸化物質(オレイン酸・ポリフェノール・ビタミンE)を含むため、油の中でも酸化には比較的強いのが特徴です。

ただし、光の影響で酸化する可能性もあるので注意してください。(※2)

酸化したオリーブオイルを食べると胸やけで気分が悪くなる人もいますし、動脈硬化を引き起こす可能性も指摘されているので、食べないほうが良いでしょう。

変色や臭いに注目!劣化して古い状態の見分け方

劣化して酸化した古いオリーブオイルの見分け方は、変色や臭いに注目しましょう。

黄色~緑色は色素(クロロフィル)の色で、爽やかな香り、わずかな苦さ・辛さは果実本来の風味なので鮮度が良い証拠です。

逆に酸化により鮮度が落ちると、色が薄くなり鼻につく油臭さが目立ってきます。

また、白濁したのは低温で固まっただけなので食べても問題ありませんが、何度も繰り返すと風味が劣化する場合があるので正しい保存方法を守りましょう。

 
スポンサーリンク
 

オリーブオイルは常温保存でも腐ることはない?賞味期限は?

オリーブオイル 常温 腐る

オリーブオイルは常温保存が基本で、冷蔵や冷凍保存は推奨されていません。

オリーブオイルの保存方法と賞味期限の目安
常温 未開封:製造日から1.5年程度
開封後:1~2ヶ月
冷蔵 非推奨
冷凍

保存温度に注意するだけでなく、開封後・未開封に関わらず暗所で保存することが大切です。

冷蔵庫・冷凍はNG!常温保存で良い理由

オリーブオイルは常温保存が基本で、直射日光があたらない暗所に保存しましょう。

キッチン下や、床下、戸棚の中など使いやすい場所に保存すると便利ですね。

高温や蛍光灯の光にも弱いので、コンロの横に置きっぱなしは避けてください。

また、低温下で白濁した場合はぬるま湯に浸けておけば元通りになりますが、何度も繰り返すと品質が劣化し、水滴がついて微生物が繁殖する原因にもなります。

開封後もあえて冷蔵保存や冷凍保存する必要もないので、基本は常温・暗所で保存と覚えておきましょう。

未開封・開封後の賞味期限

オリーブオイルの賞味期限はメーカーによって異なる場合もありますが、製造日から1.5年(18ヶ月)で設定されている商品が多いです。

未開封で正しく保存していたなら賞味期限切れ後すぐに食べられなくなるものではありませんが、できるだけ期限内に食べきりましょう。

開封後は1~2ヶ月以内に食べきることが推奨されていますが、食べ切れそうもない場合は大量消費できる料理に使うことをおすすめします。

 
スポンサーリンク
 

賞味期限切れになりそうなオリーブオイルの食べ方・使い道

オリーブオイル 期限切れ

オリーブオイルが賞味期限切れになりそうだけど食べ切れそうもない場合は、大量消費できる料理に活用しましょう。

オリーブオイルの大量消費におすすめ料理
  • アヒージョ
  • ガーリックオイル

また、すでに酸化したようで臭いがおかしい場合は、食用以外の使い道もあるので捨てずに有効活用しましょう!

大量消費におすすめレシピ

大量にオリーブオイルを有効活用できる料理といえば、アヒージョがおすすめです。

ヨセミテ 編集部
ヨセミテ
編集部
私はアヒージョや炒め物などの加熱用にピュアオリーブオイル、独特の爽やかな香りが特徴のエキストラバージンオイルはサラダ用にストックしています♪

また、日持ちするだけでなく、万能調味料としても使えるガーリックオイルにするのもいいですね。

ガーリックオイルのおすすめレシピ

Cpicon にんにくのオリーブオイル漬け by kayozou

鷹の爪を入れるとピリッとアクセントにもなりますね!

残念ながらすでに酸化してしまった場合は、すぐに捨てずに有効活用できる方法を試してみましょう。

食用以外の使い道

オリーブオイルの劣化により食べられなくなった場合は、手作りキャンドルにしてはいかがでしょうか。材料は家にあるものでOKです。

  • 容器(耐熱ガラス、アルミ缶など)
  • こより(ティッシュ、タコ糸など)
  • 台座(アルミホイル、針金など)
ヨセミテ 編集部
ヨセミテ
編集部
オイルは液体のままでも良いですし、天ぷら油凝固剤で固めてもいいですね!私が停電時に試したときは、炎のゆらぎに癒やされてホッとしたのを覚えています。

お好みでエッセンシャルオイルを混ぜて香りを楽しむのもおすすめです。

なお、酸化して食べられなくなったオリーブオイルを、ヘアオイルやクレンジングオイル、マッサージオイルなどに使うのはおすすめできません。

同じオリーブオイルでも食用と化粧品用は製造方法が異なる場合があり、食用を体に直接塗布すると肌荒れを引き起こすおそれがあるので注意しましょう。

 
スポンサーリンク
 

結論 | オリーブオイルは腐りにくいが酸化に注意!

オリーブオイルのまとめ
  • 微生物が繁殖しにくいので腐ることはほぼない
  • 酸化で臭いや色がおかしくなる
  • 酸化したオリーブオイルは食べないほうが良い
  • 常温・暗所保存で期限内に食べる
  • 期限切れ前に大量消費がおすすめ

オリーブオイルは微生物が繁殖しにくいため腐りにくい食品ですが、保存の仕方によっては酸化して食べられなくなることはあります。

酸化の原因は空気に触れることよりも、光の影響を受けやすいので常温・暗所保存を守りましょう。

風味を楽しむためにも、原則的には未開封でも賞味期限内に食べきるのがおすすめです。

食べ切れそうもない場合は大量消費できる料理や、間に合わなかった場合はキャンドルに活用して無駄なく使いきりましょう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました