スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アンチョビが臭いのはなぜ?生臭い原因と臭み消しのポイント

【執筆者:編集部 坪田八重】

アンチョビが臭いのは原材料の魚の生臭い匂いが残っているか、発酵が進んだことが原因と考えられます。

臭みが出ても食べられることが多いですが、保存状態が悪いとカビが生えて食べられなくなるので気をつけましょう。

アンチョビ 臭い

保存方法を工夫するとアンチョビの発酵が緩やかになるため新たな臭みが出にくくなったり、生臭さを消したり出来て食べやすくなります。

そこで今回は、なぜかアンチョビが生臭いと悩んでいる方でもアンチョビを消費したり対策したり出来るよう、次の項目を調べてみました。

臭みが気になりやすいシンプルなパスタでも、合わせる具材を選ぶと臭みが目立たず美味しく食べられるようになります。

アンチョビには缶詰やペーストなど様々な商品がありますが、この記事では自家製アンチョビの保存のコツも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください♪

 
スポンサーリンク
 
こんな記事もおすすめ!
食紅 体に悪い

食紅は体に悪いの?原料は何?体への影響と危険性・安全性を解説

コーンスターチ 体に悪い

コーンスターチは体に悪い?その危険性・安全性について徹底検証

ピーナッツバター 体に悪い

ピーナッツバターは体に悪い?食べ過ぎは太る?1日の適量とは

鶏ガラスープの素 体に悪い

鶏ガラスープの素は体に悪い?添加物は多い?無添加おすすめ品も紹介

きな粉 体に悪い

きな粉は体に悪い?危険性は?食べ過ぎによるデメリットを解説

ミロ 体に悪い

ミロは体に悪いって本当?飲み過ぎは太る?デメリットや注意点

麦茶 体に悪い

麦茶は体に悪い?飲み過ぎによるデメリットは?メリットも解説!

納豆 賞味期限切れ 1ヶ月

納豆の賞味期限切れ1ヶ月後は食べられる?何日過ぎると危ないか

ブラックコーヒー 体に悪い

ブラックコーヒーは体に悪い?飲み過ぎによる健康への影響を解説

ハリボーグミ 体に悪い

ハリボーグミは体に悪い?成分・添加物は危険?食べ過ぎの影響は

ジョア 体に悪い

ジョアは体に悪い?飲み過ぎは太る?栄養成分や効果的な飲み方も

オクラ 体に悪い

オクラは体に悪い?食べ過ぎると下痢・腹痛に?原因と摂取量目安

三温糖 体に悪い

三温糖は体に悪い?危険って本当?他の砂糖との違いやメリットも

納豆 賞味期限切れ 3日

納豆の賞味期限切れ3日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

牛乳 賞味期限切れ 1週間

牛乳の賞味期限切れ1週間後は加熱してもNG?何日過ぎると危険か

カマンベールチーズ 白カビ

カマンベールチーズにカビが生えた?外側の白カビは食べられる?

ネギ カビ

ネギにカビが生えた?白い・黒い・茶色やピンクの正体と見分け方

さつまいも カビ

さつまいもにカビ?黒い・白い・緑などに色が変わると危険なの?

コーヒーフレッシュ 体に悪い

コーヒーフレッシュは体に悪い?トランス脂肪酸が危険?原材料は

タコ 体に悪い

タコは体に悪い?食べ過ぎはプリン体に注意?栄養成分も解説

コンビニおにぎり 体に悪い

コンビニおにぎりは体に悪いの?添加物だらけって本当?危険性は

野菜ジュース 体に悪い

野菜ジュースが体に悪いって嘘?本当?危険性やデメリットを解説

ポテトチップス 体に悪い

ポテトチップスが体に悪いは嘘?脂質・添加物など健康への影響は

甘栗 体に悪い

甘栗は体に悪い?食べ過ぎによる健康への影響は?1日の適量も

ニンニクの芽 体に悪い

ニンニクの芽は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点も

水菜 体に悪い

水菜は体に悪い?食べ過ぎは下痢に?栄養がないのは本当かも検証

調製豆乳 体に悪い

調製豆乳は体に悪い?飲み過ぎは太る?デメリットや摂取量を解説

カシューナッツ カビ

カシューナッツにカビ?ピンク・黒い点はNG?黒カビの見分け方も

大根おろし 体に悪い

大根おろしは体に悪い?食べ過ぎは下痢・腹痛に?体に良い成分も

キッコーマン 豆乳 体に悪い

キッコーマン豆乳は体に悪いの?太ることもある?毎日の適量とは


アンチョビが生臭いのはなぜ?いつもより匂いが強い原因とは

アンチョビから感じる生臭い匂いは、原材料のカタクチイワシの匂いが残ったものと考えられます。

匂いの強さは材料の状態作り方によっても変わるため、以前に美味く食べられたアンチョビと同じものでも、臭いと感じる場合がありますよ。

アンチョビ 臭い

アンチョビは生臭いだけでなく異様に臭くなることがあり、食べると人体に有害な場合があるため注意が必要です。

アンチョビの臭いの見分け方
原因 安全性
生臭い匂い 原料の匂いが残った 食べられる事が多い
異様な匂い ・発酵が進んだ
・腐っている
危険な場合がある

生臭いだけなら食べられる事が多いですが、なぜ匂いを強く感じるのか理由を確認してみましょう。

スポンサーリンク

発酵で弱まるはずの魚の生臭さが残ってしまった

アンチョビはカタクチイワシを塩漬けして熟成させ、オイルに漬けて作られる発酵食品です。(※1)

材料が魚のため製造中は生臭いのですが、発酵が進むと旨味成分が増えて臭いは収まる場合が多いです。

ただし素材自体の匂いや発酵の程度が異なるため、生臭さが残ったり魚の風味を強く感じたりすることがあるのです。

アンチョビ 臭い 原因

また、生臭さが気にならない程度のアンチョビでも、魚が苦手な方では生臭いと感じる場合があります。


生臭さや魚の風味はアンチョビを漬けているオイルにも移ります。

そのためアンチョビのオリーブオイルを他の料理に使うと、アンチョビが入っていなくても生臭くなる場合があるため注意しましょう。

またアンチョビから生臭い以外の異様な臭いがする原因には、発酵が進みすぎたことが関係しています。

スポンサーリンク

缶詰の中で発酵が進み臭くなる

缶詰や瓶詰めのアンチョビは、未開封の状態でも少しずつ発酵が進んでいます。

そのため賞味期限を大幅に過ぎるほど保存していたり保存状態が悪かったりすると、発酵が進みすぎて普段とは違う異様な匂いがすることがあるのです。

ヨセミテ 編集部
ヨセミテ
編集部
発酵が進みすぎたアンチョビの臭いは、納豆や足の裏の臭いと表現されるような明らかに臭いものです。

臭いの変化が見られたアンチョビには、同時に缶詰が膨らんだり溶けて原型がなくなったりする変化が見られることもあります。(※2)

発酵が進んでいるだけなら食べても問題ないですが、雑菌が繁殖して腐ると同じように身が溶けることがありますよ。

腐ったアンチョビを食べると下痢や吐き気などの食中毒症状が出る場合があります。(※3)

変化の様子が似ていて見分けがつかない可能性が高いため、アンチョビから異様な匂いがしたりフィレがとろけたりしたときは絶対に食べないようにしましょう。

またカビが生えたり、鼻にしみるような酸っぱい匂いがしたりするときも腐っていると考えられるため、口にせず処分して下さい。

アンチョビ 臭い 腐る

自家製のアンチョビの場合は缶詰や瓶詰めよりも傷む可能性が高いため、異常がないか慎重に確認してから食べてくださいね。

腐った様子がなく臭みだけ気になるアンチョビは、調理法やレシピの工夫で美味しく食べられるようにしましょう。

   
スポンサーリンク
 

生臭いアンチョビでも大丈夫!美味しく食べられるレシピ

アンチョビは加熱してから食べると生臭い匂いが弱まるため、煮込んだり焼いたりする料理に使うのがおすすめです。

バゲットに乗せたりソースに混ぜ込んだりするときもそのまま使わず、缶詰や瓶から取り出して一度加熱すると臭み取りが出来て生臭さが苦手な方も食べやすくなります。

アンチョビ 臭い消し

また風味が強いにんにくと合わせると、香ばしさで臭い消ししながらアンチョビの旨味を引き出せまます。

にんにくは多めに使うほど臭み消し効果が高まりますが、口臭が強くなるため食べるタイミングには注意しましょう。

その他には以下のような食材を一緒に使うと、匂い消しや臭みが気になりにくくなる効果が期待できますよ。

アンチョビの臭み対策におすすめな食材
  • ハーブ
  • トマト
  • マヨネーズ

紹介した食材とアンチョビを組み合わせたレシピには次のようなものがあります。

スポンサーリンク

身近なハーブ「大葉」を使ったパスタのレシピ

アンチョビとハーブを合わせて料理すると、特徴のある風味で生臭さや発酵しすぎたときの臭いを気になりにくく出来ます。

今回は紹介するのは多くのスーパーで購入できる、和風のハーブ大葉を使ったパスタのレシピです。

参考レシピ

Cpicon 簡単♪アンチョビと大葉のおつまみパスタ by ババガレイ

 

アンチョビの塩辛さを考慮して、味付けで加える塩は少なめで調整して下さい。

このレシピはとてもシンプルな味付けなので、大葉以外のハーブでアレンジしても楽しめます。

そしてアンチョビをトマトと合わせても臭みが気になりにくくなり、食べやすくなります。

アンチョビペーストにもおすすめなトマト煮込みのレシピ

次に紹介するレシピはアンチョビとトマトを使った煮込み料理です。

トマトの酸味と風味を加えることで、アンチョビの臭みがさっぱりする効果が期待できますよ。

参考レシピ

Cpicon 濃厚!とり手羽元とアンチョビのトマト煮 by もぐまめ

 

アンチョビを多めに使うレシピなので、賞味期限間近のものを急いで消費したいときにもおすすめです。

そして、家庭に常備してあることが多いマヨネーズもアンチョビの臭み消しに役立ちます。

魚の臭い消しに役立つマヨネーズを使うレシピ

マヨネーズを魚や肉の調理に使うと、臭みを軽減して料理を美味しくする効果が期待できます。(※4)

そのため、生臭さが気になるときは次のようなマヨネーズソテーを作ってみましょう。

参考レシピ

Cpicon ズッキーニ๑あんちょびまよそて by 薄荷パン

 

ポイントはズッキーニの中心までしっかり火を通すことです。爪楊枝や竹串で火の通り具合をチェックすると良いですね。

このようにアンチョビの臭み消しをして食べやすくする料理法が分かったところで、臭みを出さない方法も確認しておきましょう!

   
スポンサーリンク
 

生臭いアンチョビにしないための保存方法

アンチョビを生臭い匂いにしないためには、匂いが移ったオイルを新しいものと入れ替えたり、オイルにハーブを追加したりして保存する方法がおすすめです。

この保存方法を活用すると臭みを消したり、臭い残りを防いだり出来て調理法を工夫しなくても食べやすいアンチョビになりますよ。

アンチョビ オリーブオイル 臭い

ただし缶詰や瓶詰のアンチョビは開封すると日持ちしなくなるため、このような工夫は開封後の残ったアンチョビで行うようにしましょう。(※5)

ヨセミテ 編集部
ヨセミテ
編集部
元々封が空いている自家製のアンチョビなら、オイル漬けにするタイミングでハーブを追加しても大丈夫ですよ。

まずはアンチョビの臭み消しに使いやすいハーブの種類を確認してみましょう。

ハーブの風味で臭み消しして美味しさもアップ

アンチョビの生臭さを消すには魚と相性の良いハーブを使うのがおすすめです。(※6)

アンチョビの臭み消しにおすすめのハーブ
  • タイム
  • ディル
  • ローズマリー
  • イタリアンパセリ
  • オレガノ

これ以外の好みのハーブを使用する事もできますし、次のような乾燥ハーブを使っても大丈夫です。

GABAN(ギャバン)
¥429 (2022/10/04 17:26:46時点 Amazon調べ-詳細)

1種類だけ使うのも良いですが、いくつかのハーブを組合わせる使い方をすると香りに深みが生まれて美味しく仕上がりやすいですよ。

ヨセミテ 編集部
ヨセミテ
編集部
色々な組み合わせを試してみて、好みの風味を見つけてみてください。

また、アンチョビの発酵が進んだときに発生する臭みの対策には、賞味期限と保存環境の管理が大切です。

長期間の保存は涼しい場所での保存がおすすめ

発酵は時間をかけることで進みますが、気温が高い場所に保存している間はスピードが早くなりやすいです。

発酵が進みすぎたアンチョビには臭みが出てしまうため、できるだけ涼しい場所で保存するのがおすすめです。

未開封で賞味期限内のものでも、気温が高くなる夏場は冷蔵庫に保存すると発酵を抑えることが出来ますよ。

アンチョビ 臭い 保存方法

一度に使い切れなかったアンチョビは冷凍保存も可能です。

アンチョビの冷凍保存方法
  • STEP1
    一度に使う容量に取り分け、空気が入らないようにラップで包む
    フィレ(切り身)の場合は重ならないようにすると冷凍や解凍にかかる時間を少なく出来ます
  • STEP2
    ラップで包んだものをまとめて保存袋に入れて冷凍する
    2重にしているため、臭い移りや冷凍焼けからアンチョビを守ることが出来ます

冷凍保存で日持ちしやすくなりますが、長期間保存すると味が劣化するためなるべく早めに食べきることをおすすめします。

 
スポンサーリンク
 
 

結論|生臭いアンチョビにならないように注意しよう

アンチョビが生臭いのは材料のカタクチイワシの匂いと考えられるため、臭いの移ったオイルを新しいものと入れ替えたり、タイムやディルなどのハーブをオイルに入れて臭み消ししましょう。

発酵が進みすぎても納豆のような異様な匂いになる場合があり食べられる場合もありますが、食中毒の原因となる腐った場合と見分けづらいため食べないほうが良いです。

生臭いアンチョビはニンニクやトマト、マヨネーズなどの食材と合わせて加熱調理すると臭みが目立たず食べやすくなりますよ。

 

▲目次へ戻る

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました