スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

塩は腐るのか?変色や賞味期限切れでも腐らない?日持ち期間は

塩 腐る

【監修者:野菜ソムリエプロ みつはしさなこ】
【執筆者:同上】

塩が腐ることはほぼないので、比較的長く日持ちします。

塩はその特性によって腐りにくいため、賞味期限が書かれていない塩も少なくありません。

しかし、腐らなくても保存環境が良くないと、固まったり変色したりして非常に使いづらくなってしまうので、保存には気をつけましょう!

この記事を読むとわかる!
のこと

 

  • 本当に塩は腐るのか?
  • 古いのや賞味期限切れは大丈夫?
  • 保存方法は?
  • 変色したけど使える?

この記事では、塩が腐らないと言われる理由や、使いやすい保存方法をまとめています。

「もしかして、この塩10年近く経ってる…?」という古い塩でも、基本的に考え方は同じですので、参考にしてくださいね!
 

野菜ソムリエプロ・みつはしさなこ先生記事監修
みつはしさなこ先生
野菜ソムリエプロ
野菜ソムリエプロ冷凍生活アドバイザーつくりおきマイスター離乳食アドバイザー/ 八百屋業や訪問料理で延べ50件以上のキッチンで料理を経験し、野菜の特徴を活かした、手軽に作れる料理を身につける。ワーキングマザー×子育て×食をテーマに、「食卓時間を幸せにするための、料理をラクにするコツ」を発信中。
みつはし先生の公式ブログTwitterInstagram

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
スキッピー 体に悪い

スキッピーは体に悪い?甘くないけど太るの?食べ過ぎの注意点は

辛ラーメン 体に悪い

辛ラーメンは体に悪い?発がん性物質の危険性について徹底調査

モンスターエナジー 体に悪い

モンスターエナジーは体に悪いし危険性あり?飲み過ぎはやばいのか

舞茸 水っぽい

舞茸が水っぽいけど食べられる?臭い・酸っぱいときの見分け方も

レモン 体に悪い

レモンは体に悪い説|食べ過ぎると危険?健康への影響を徹底検証

アラザン 体に悪い

アラザンは体に悪い?銀色の成分は?アレルギーの危険性も解説!

サンペレグリノ 注意

サンペレグリノに注意?体に悪い説や発がん性の有無を徹底検証

納豆のタレ 体に悪い

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

スッパイマン 体に悪い

スッパイマンは体に悪い説|太る?痩せるの?食べ過ぎの悪影響は

おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証


本当に塩は腐るのか?塩が持つある特性とは

塩 腐らない

塩は一般的な食品と違って、基本的に腐ることはありません。

中には賞味期限が明記されていない塩もありますが、それは「塩は長期間でもほとんど品質が変わらないため、賞味期限切れを心配する必要がない」のが理由です。
塩が腐らないことや賞味期限が明記されていないのには、塩のある特性が関わっています。

スポンサーリンク

塩はなぜ腐らない?

塩が腐らないのは、次の働きによって腐敗の原因となる微生物が生育・繁殖しにくいからです。

塩の持つ働き(※1)
  • 浸透圧によって食品や微生物の水分を抜く(脱水)
  • 酸素を減少させ細菌の生育を抑える
  • 塩の持つイオン内に防腐作用がある

塩が脱水や酸素減少に作用すると、微生物は生育できない状態になるのです。

こうした働きで未開封・開封後に関わらず品質がほとんど変化しないことから、食塩は賞味期限の表示を省略できます。(※2)

野菜ソムリエプロ みつはしさなこ
野菜ソムリエプロ
みつはし
豆知識ですが、アイスクリームや砂糖に賞味期限表示がないのも同じ理由からなんです。砂糖が主原料の飴も、腐ることは基本的にありません。

よかったら飴についての記事ものぞいてみてくださいね。

雪塩や岩塩などの天然塩にはミネラルも含まれますが、成分の大半が食塩なので、こちらも賞味期限を心配する必要はほぼないでしょう。

ただし、腐らなくても固まってしまうと使いづらいので、保存方法はこちらで確認してくださいね。

スポンサーリンク

フレーバー塩は賞味期限切れに注意

一方、フレーバーがついた塩は塩以外の食品が含まれているため、賞味期限が定められているものが多いです。

ハーブ塩やトリュフ塩などを常備している方は、パッケージに書いてある賞味期限や保存場所を必ず確認するようにしてくださいね。

   
スポンサーリンク
 

塩の保存方法と変色の理由

塩の保存容器

塩は保存容器などに入れて、常温で保存します。

冷蔵保存も可能ですが、出し入れによる温度変化で結露が発生しないよう、使い終わったらすぐに冷蔵庫に戻すようにしましょう。

塩の保存場所
常温
冷蔵
※ただし結露に注意

塩は腐るとどうなるかと心配する必要はありませんが、固まって使いづらくなる変色するなどを避けるために保存のコツを知っておいてくださいね。

スポンサーリンク

塩の保存方法と注意点

塩は保存容器や、開封後の使いかけはクリップやジップロックで密閉しましょう。

密閉するのはダニなどの虫を防ぐだけでなく、湿気に触れるのを減らすためでもあります。

というのは、塩は湿度変化の影響を受けやすく、空気中の水分が塩に触れると固まりやすいという特徴があるからです。

もし塩が固まってしまったら、次のいずれかでサラサラの塩に戻りますよ。

塩が固まったときの対処法
  • フライパンで乾煎りする
  • 電子レンジで加熱する(量に応じて1分〜3分)

また、塩が固まらない方法として、塩の保存容器に珪藻土スティックを入れておくと、日頃からサラサラした状態をキープできるので、試してみるのもいいですね!

金属スプーンは変色の原因に!

塩の保存容器に金属スプーンを入れると変色の原因となるので、プラスチック製や木製のスプーンを選びましょう。


これはスプーンのステンレス(鉄)が、塩や空気中の水分に反応して錆びたものと考えられます。

なお、一般的な腐っている状態ではないので、変色部分を取り除けば問題ありません。

   
スポンサーリンク
 

結論 | 塩は腐ることはないが適切な保存は大事

のまとめ
  • 基本的に腐らない
  • 長持ちするので賞味期限はなし
  • フレーバー塩は賞味期限あり
  • 容器で密閉し常温保存する
  • 金属スプーンは変色の原因に

塩は微生物が生育できる環境にないため、腐ることはほとんどなく、常温でも比較的日持ちします。

そのため、賞味期限がないものでも心配いりませんが、湿気がつかないよう保存容器に入れたり、金属が触れっぱなしにならないようにしましょう。

記事を参考に、塩を長く楽しんでくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました