スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベーグルの賞味期限は?常温や冷凍保存の日持ちや解凍方法も解説

ベーグル 賞味期限 日持ち

【執筆者:管理栄養士 栗本ひろみ】

ベーグルの賞味期限は常温で焼き上がりの翌日まで、冷凍で1ヶ月程度が目安です。

直ぐに食べない場合は、美味しさが保てるように冷凍保存しましょう。

冷蔵保存はおすすめしない理由や上手な解凍方法など、以下の項目についてご紹介します。

この記事を読むとわかる!
ベーグルのこと

 

  • 賞味期限目安|ベーグル&ベーグル・コストコ・パン屋
  • 冷凍保存がおすすめな理由
  • 常温保存でカビが生えることも!
  • 冷凍ベーグルの上手な解凍方法

ベーグルをまとめ買いして保存に困っている方、ヘルシーなベーグルに興味がある方も参考にしてください。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証

三ツ矢サイダー 体に悪い

三ツ矢サイダーは体に悪い?良い?飲み過ぎによる体への影響は

杏仁豆腐 体に悪い

杏仁豆腐は体に悪い?なぜ危険?食べ過ぎによる健康への悪影響は

かぼちゃ 体に悪い

かぼちゃは体に悪い説|毎日食べるとデメリットがあるって本当?

高野豆腐 体に悪い

高野豆腐は体に悪いの?食べ過ぎると危険って本当?注意点を解説

マンゴー 体に悪い

マンゴーは体に悪い説|食べ過ぎは消化不良になる?1日の適量は

油揚げ 体に悪い

油揚げは体に悪い?太るし添加物が危険?食べ過ぎのデメリットは

マックアップルパイ 体に悪い

マックアップルパイは体に悪い?添加物は大丈夫?人体への安全性

ネオバターロール 体に悪い

ネオバターロールは体に悪い?太るの?食べ過ぎの注意点を解説!

ごぼう 体に悪い

ごぼうは体に悪い?栄養がないって本当?注意点とメリットも解説


ベーグルの賞味期限|常温や冷凍保存の日持ちは?

ベーグル 常温 冷凍

生野菜やハム、チーズを使用していないベーグルの保存期間目安です。

プレーンベーグルの賞味期限目安
ベーグル&ベーグル コストコ
常温 製造日の翌日まで 製造日より3日
冷蔵 推奨しない
冷凍 1ヶ月程度

一般的なパン屋さんのベーグルはベーグル&ベーグルと同じで、常温で焼き上がりの翌日までの商品が多いようです。

たくさん購入したときや、翌日までに食べない場合は冷凍しましょう。

スポンサーリンク

冷蔵NG・冷凍保存OK!その理由は小麦粉の性質

ベーグルは冷めるとが硬くなるので、冷蔵保存には向きません。

なぜなら、小麦粉に含まれるでんぷんが0~4℃、つまり冷蔵庫内の温度で最も老化が進むからです。

でんぷんの糊化と老化

・糊化(アルファー化):生でんぷんに水と熱を加え柔らかくなること
【例】お米を炊く・焼き立てのパン・パスタを茹でるなど

 

・老化(ベーター化):糊化したでんぷんを放置して固くなること
水分30~60%の食品が起こりやすい
【例】冷めたご飯・冷めたパン・もちなど

一方、0℃以下である冷凍庫ならその老化現象が緩やかにしか進まないので、食べきれないときは冷凍保存しましょう。

冷めてもやわらかいカステラは、たくさんの砂糖を使うことで水分を保っています。

スポンサーリンク

ベーグルに生えるカビの種類と危険性

ベーグルは他のパンにと比べると水分が少ないパンですが、高温多湿な梅雨時期や夏場などはカビが発生しやすい条件(温度・湿度・酸素など)が揃うため、カビの発生が多く見られます。

ベーグルには青カビ(ペニシリウム属)、クロコウジカビ(アスペルギウス属)、黒カビ(クラスドポリウム属)がよく発生するようです。

こちらは全体が緑色になっていますね、ペニシリウム属の青カビが発生したと思われます。

こちらはカビが点々と見られますね。

少しだから取り除けば食べられるかな…と思いそうですが、見えているカビを取り除いただけでは安心とは言えません

内部や表面にカビ胞子が残っている場合や、カビの中には人の健康に悪影響を及ぼすカビ毒を作りだすものもあるからです。(※1)

ベーグルに発生しやすいカビとカビ毒
カビの種類 カビ毒の種類
(※2)
症状など(※3)
青カビ パツリン 消化管の出血
潰瘍
クロコウジカビ アフトラキシン 肝臓障害
発がん性
オクラトキシンA 腎臓障害
発がん性
黒カビ 産生しない

カビ毒は熱に強いものが多いので、焼く、茹でるなどの通常の加熱調理では分解しません。(※4)

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
ベーグルに生えたカビにもカビ毒のリスクがあるのですね!少しでもカビが生えたら、迷わず処分してください。

カビを生やさないためにも常温で放置せず、正しい冷凍方法を知っておきましょう。

   
スポンサーリンク
 

ベーグルの正しい保存方法|冷凍方法と解凍方法も

ベーグル 冷凍保存 解凍方法

ベーグルを美味しく保存するためには乾燥させないことが一番大切です。

ベーグルの正しい保存方法
常温 1.個別にラップで包む
2.密閉袋に入れ冷暗所で保存する
冷蔵 推奨しない
冷凍 1.半分に切って個別にラップで包む
2.密閉袋に入れ冷凍する
※ベーグルサンドは推奨しない

ただし、ベーグルサンドで具材が挟まれているものや、生地にクリームチーズが練りこまれているものは、当日中に食べるとしても冷蔵庫へ入れ早めに食べてください。

スポンサーリンク

フライパン・電子レンジなどを使った温め方

自然解凍でも食べられますが、上手に解凍すれば焼き立ての風味としっとり、モチモチ食感を再現することができます。

解凍後は当日中に食べ切りましょう。

冷凍ベーグルの上手な解凍・温め方法
使用機器 解凍方法 温め方
トースター 【常温】
ラップをして
30分置く
【レンジ★時短】
1.霧吹きで
水分をかける
2.ラップをして
500Wで40秒
温める
・1000W:約90秒
・500W:約2分
※焦げそうな場合は
アルミホイルを
被せるといい
フライパン 凍ったまま 【焼く】
1.蓋をして弱火で
両面を約5分ずつ焼く
2.火を止めて蒸らす
【蒸す】
1.少し水を入れる
2.オーブンシートを
敷きベーグルを載せる
ベーグルを載せる
3.蓋をして約5分蒸す
オーブン 1.200℃で予熱
2.5分焼く

霧吹きの代わりに水にくぐらせても良いですが、半分に切って冷凍している場合は切り口に水をつけないようにしてください。

冷蔵庫で自然解凍すると水分が抜けてしまうので、ラップに包んだまま常温での解凍がおすすめです。霧吹きで水を吹きかけてから焼くと、より外側がパリッと仕上がります。

冷凍で販売している商品はこの解凍方法を参考にして、美味しく食べてください。

プレーンベーグルのカロリー・脂質は?

ベーグルはヘルシーで腹持ちがよく、ダイエットにおすすめなパンだと言われています。

100gあたりのカロリー・脂質比較
カロリー 脂質
プレーンベーグル 270kcal 2.0g
食パン 248kcal 4.1g
ロールパン 309kcal 9.0g
※日本食品標準成分表2020年版(八訂)より
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部

ベーグルは基本的に小麦粉、水、砂糖、塩、イーストだけで作られます。他のパンと違って卵やバター、牛乳を使用せずに作るので脂肪分が少なくヘルシーです。

モチモチとした食感は成型発酵した後にお湯で茹でてから、焼くことでうまれます。

食感を試してみたい方は、朝ごはんやおやつに取り入れてみてはいかがでしょう。

   
スポンサーリンク
 

結論|常温の日持ちは1日・冷凍保存を活用しよう

ベーグルのまとめ
  • 直ぐに食べない場合は冷凍保存
  • 冷蔵庫内で最も劣化がすすむ
  • カビが生えたら全て処分
  • 上手に解凍して焼きたてを再現
  • 低カロリー・低脂質でヘルシー

ベーグルは乾燥しないように密閉して冷凍保存することで、1ヶ月程度の長期保存が可能です。

小麦粉に含まれるでんぷんは冷蔵庫の温度で最も劣化し、硬く美味しくなくなってしまうので冷蔵保存は避けましょう。

冷凍しても上手に解凍すれば焼きたての風味や食感が再現できるので、活用して美味しく食べきってくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました