スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あん肝の日持ちは何日?蒸し・生の賞味期限や冷凍保存期間も解説

あん肝 日持ち

【執筆者:栄養士 佐々木彩

あん肝は魚の内臓なので腐りやすく日持ちしない食品です。

生のままでは傷みやすく保存に向いていないので、蒸してから冷凍保存すると保存期間を延ばせますよ。

この記事ではあん肝を長く楽しむために覚えておきたい、以下の項目をご紹介します。

この記事を読むとわかる!
 あん肝 のこと

 

  • 日持ち目安
  • 食中毒リスクと生臭さの原因
  • 下処理の重要性
  • 正しい冷蔵冷凍のコツと解凍方法

手作りしたあん肝の賞味期限がどれぐらいか知りたい人や、保存方法について悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
スキッピー 体に悪い

スキッピーは体に悪い?甘くないけど太るの?食べ過ぎの注意点は

辛ラーメン 体に悪い

辛ラーメンは体に悪い?発がん性物質の危険性について徹底調査

モンスターエナジー 体に悪い

モンスターエナジーは体に悪いし危険性あり?飲み過ぎはやばいのか

舞茸 水っぽい

舞茸が水っぽいけど食べられる?臭い・酸っぱいときの見分け方も

レモン 体に悪い

レモンは体に悪い説|食べ過ぎると危険?健康への影響を徹底検証

アラザン 体に悪い

アラザンは体に悪い?銀色の成分は?アレルギーの危険性も解説!

サンペレグリノ 注意

サンペレグリノに注意?体に悪い説や発がん性の有無を徹底検証

納豆のタレ 体に悪い

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

スッパイマン 体に悪い

スッパイマンは体に悪い説|太る?痩せるの?食べ過ぎの悪影響は

おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証


あん肝の日持ちは?生と蒸しの賞味期限

あん肝 賞味期限

あん肝は傷みやすく、生の保存には向いていないので、日持ちさせるには蒸してから冷蔵冷凍保存しましょう。

生のまま冷凍すると脂が浮き出て変色するのでおすすめしません。

あん肝の日持ち・賞味期限目安
冷蔵 冷凍
あん肝(生) お早めに 適さない
あん肝(蒸し) 約2日 約1~2週間

蒸してから保存すると、生よりも日持ちを延ばせます。

冷凍では約1~2週間日持ちしますが、下処理の仕方によっては鮮度が落ちて目安よりも日持ちしないこともあります。

冷凍していても鮮度が低下する恐れもあるので、できるだけ早めに消費しましょう。

あん肝があまり日持ちしないのは、鮮度が落ちやすい魚の内臓だからです。

スポンサーリンク

内臓は鮮度が落ちやすい!寄生虫のリスクも

あん肝には鮮度が低下する酵素が含まれているため、とても傷みやすいです。

酵素の働きが進むと鮮度が落ち、最終的には腐敗してしまいます。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
周りの温度が高いとさらに鮮度が落ちるスピードが速くなります。腐る原因にもなるので常温保存は避けましょう!

また、あん肝には食中毒の原因となる寄生虫が付着している可能性があります。

あんこうに多くみられるのはアニサキスと呼ばれる寄生虫です。(※1)

長さが2~3cmほどで、白い太めの糸のような体をしています。サバやサンマなどのほか、あん肝など魚介類の内臓周辺や腹腔、筋肉に寄生しています。(※2)

糸ミミズのような見た目をしているので、目視でも確認できますね。

アニサキスを間違って生きたまま食べると、食後数時間で腹痛をはじめ吐き気嘔吐などの症状が現れます。(※3)

もしも症状が現れた場合は、速やかに医療機関への受診をおすすめします。

寄生虫が心配な人は、調理済みのあん肝を使うと安心です。

市販品は商品によって期限がまちまちですが、開封後は賞味期限や消費期限に関わらず早めに食べてくださいね。

手作りや市販品でも時間経過で生臭さが出てきますが、においの原因はあん肝に含まれる成分が関係しています。

スポンサーリンク

生臭い原因は?腐敗との違い

生臭くなる原因は、魚の内臓などに含まれているジメチルアミントリメチルアミが関係しています。

魚に付着した微生物がジメチルアミンを分解するとトリメチルアミンに変化します。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
魚の鮮度が落ち、トリメチルアミンが多くなると魚特有の生臭いにおいを発生させますよ。

生臭いにおいを軽減させるためには、下処理をきちんと行うことが大切です。

ただし、丁寧に下処理をしたのに異臭がある場合は、腐敗している可能性があるので食べないでくださいね。

傷みやすいあん肝を美味しく食べるためにも、正しい保存方法を押さえておきましょう。

   
スポンサーリンク
 

あん肝の正しい保存方法|長持ちする冷凍方法も解説

あん肝 保存

あん肝は食中毒を予防するためにも中心部までしっかり蒸してから、冷蔵や冷凍保存がおすすめです。

あん肝の正しい保存方法
冷蔵・冷凍 1.下処理をしたあん肝を
適当な大きさに切る
2.切り分けたあん肝をラップで巻く
(200gほど)
3.ラップの上からアルミホイルで巻き
40分ほど蒸す
4.粗熱を取り、保存する

蒸しあがったあとは、あん肝が縮んでアルミホイルが緩むため、もう一度巻き直すとしっかり固まります。

保存の際は、アルミホイルのまま冷蔵庫や冷凍庫に入れてください。

ちょっとしたコツでさらに長持ちするので、ポイントを押さえておきましょう。

スポンサーリンク

 下処理は丁寧に!アニサキスも予防

あん肝の下処理を丁寧に行うことで、生臭さを軽減できます。

あん肝の下処理方法
  • あん肝についている血管や薄皮を除去する
    (太めの血管や血の塊のみでOK!)
  • お酒に浸す

血管や薄皮をきれいに取り除くことで、仕上がりが滑らかになります。

また、このように酒と塩水を合わせて浸しておくと、ほどよい下味がつきますよ。


また、食中毒の原因となるアニサキスは目視で確認できるため、下処理中に取り除いてくださいね。

以下の方法でもアニサキスによる食中毒を予防できます。

アニサキスの予防方法
  • 加熱する(60℃1分、70℃以上あると◎)
  • 冷凍する(−20℃で24時間以上)

ちなみに、あん肝によく使われるポン酢やしょうゆなどの調味料ではアニサキスは死滅しません。

必ず上記の方法を行い、予防してくださいね。

下処理の重要性を理解した上で、冷凍保存や解凍のコツも見ていきましょう。

保存期間を延ばす冷凍保存と解凍方法

冷凍保存するときは、急速冷凍すると食品の傷みを最小限に抑え、味しい状態のまま保存できます。

そのまま冷凍庫に入れるだけでは素早く凍結できないため、以下の方法を試してみてくださいね。

急速冷凍する方法
  • 冷蔵庫の急速凍結機能を使う
  • 金属製のバットなどに載せてから冷凍する

熱伝導率の良い金属製のものを使うことによって、素早く冷凍できますよ。

また、冷凍したあん肝は、冷蔵庫解凍流水解凍がおすすめです。

冷蔵庫解凍は時間がかかりますが、ゆっくり解凍するので品質も落ちにくく衛生的です。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
傷みやすいあん肝にはベストな解凍方法ですね。

ゆっくり解凍する時間がない人は、流水解凍しましょう。

隙間から水が入らないように、ポリ袋などに入れて解凍してください。

   
スポンサーリンク
 

結論 | あん肝は蒸してから冷凍保存しよう

 あん肝 のまとめ
  • 日持ちさせるには蒸してから保存
  • 下処理で生臭さと寄生虫を除去
  • 加熱冷凍でアニサキスは死滅する
  • 急速冷凍で品質低下を防ぐ
  • 冷蔵庫解凍か流水解凍がベスト

あん肝は生の状態や冷蔵ではあまり日持ちしないので、蒸してから保存しましょう。

保存の際は丁寧に下処理することで、生臭さと食中毒を予防できます。

冷凍保存は急速冷凍することで、品質を落とさず冷凍できるので試してみてください。

解凍方法も参考にして、あん肝を美味しく楽しんでくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました