スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

おからパウダーの賞味期限切れは腐る?開封後の日持ちと保存方法

おからパウダー 賞味期限切れ

【執筆者:管理栄養士 宍戸恵】

おからパウダーは賞味期限切れでも、未開封で正しく保存をしていた場合、まだ食べられる可能性があります。

しかし開封後や、未開封でも誤った保存方法では腐ることもあり要注意です。

食べられないときの状態や、日持ちさせる為の保存方法等を以下の項目に沿って紹介しています。

この記事を読むとわかる!
おからパウダー のこと

 

  • 賞味期限の目安
  • 期限切れでも食べられる可能性がある理由
  • 腐るとどうなる?
  • 正しい保存方法・活用レシピ

期限切れが手元にあり悩んでいる人や、期限が迫って大量に消費したい人にも役に立つ情報をまとめていますよ♪

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
かきたねキッチン まずい

かきたねキッチンはまずい?美味しい?口コミや評判から徹底検証

マルシンハンバーグ まずい

マルシンハンバーグはまずい・体に悪い?口コミや評判から検証!

ルタオ ナイアガラ まずい

ルタオのナイアガラはまずい?美味しい?口コミや評判を徹底検証

毎日サバ缶を食べ続けた結果

毎日サバ缶を食べ続けた結果|肌・髪・血糖値は変わる?体に影響は

どくだみ茶 飲み続けた結果

どくだみ茶を飲み続けた結果|痩せた人はいる?癌や身体への影響

モンロワール まずい

モンロワールはまずい?チョコ・リーフメモリーの口コミ・評判は

デーツ 食べ続けた結果

デーツを毎日食べ続けた結果|副作用はある?糖尿病の人もOK?

高麗人参 飲んではいけない人

高麗人参を飲んではいけない人は|副作用で肝臓・高血圧に影響する?

マヌカハニー 食べ続けた結果

マヌカハニーを食べ続けた結果|毎日は良くない?健康への影響は

プロテインバー 食べ続けた結果

プロテインバーを食べ続けた結果|痩せた人はいる?体験談で検証

フラクトオリゴ糖 危険

フラクトオリゴ糖は危険でデメリットあり?良い点や選び方も解説

ごぼう茶を飲み続けると

ごぼう茶を飲み続けるとどうなる?効果はいつから?注意点も解説

ステビア アメリカ 禁止

ステビアはアメリカで禁止なの?血糖値が上がる?真相と危険性

200ルーメン 明るさ 目安

200ルーメンの明るさの目安は?500ルーメン・600ルーメンとも比較

アーモンド効果 飲み続けた結果

アーモンド効果を飲み続けた結果|効果なしの噂も?真相を検証

伊勢うどん まずい

伊勢うどんがまずいと言われる理由|トッピングや美味しい食べ方も

太白ごま油 危険

太白ごま油は危険?サラダ油との違いや注意点は?NGな使い方も!

チョコレート効果 食べ続けた結果

チョコレート効果を毎日食べ続けた結果|高カカオチョコの注意点は?

発芽玄米を食べ続けると

発芽玄米を食べ続けると痩せすぎる?食べ続けた結果を徹底検証!

キャベツスープ まずい

キャベツスープがまずい!味が薄い・物足りない理由は?解決策も

ごぼう茶 飲んではいけない人

ごぼう茶を飲んではいけない人とは?副作用や肝臓・腎臓への影響も

カスピ海ヨーグルト 危険性

カスピ海ヨーグルトの危険性|自家製は食中毒に注意?賞味期限は

ロウカット玄米 危険

ロウカット玄米は危険?毒性のヒ素を含むって本当?真相を解説!

マテ茶 飲み続けた結果

マテ茶を飲み続けた結果|便秘に効果的?痩せる?体験談も紹介

地球グミは体に悪い・気持ち悪い?着色料・添加物の安全性も検証

豆乳を3年半飲み続けた結果

豆乳を3年半飲み続けた結果は?毎日飲むのはNG?体験談や適量も

ブロッコリースプラウト 食べ続けた結果

ブロッコリースプラウトを食べ続けた結果|効果なしの口コミもある?

酒粕 食べ続けた結果

酒粕を毎日食べ続けた結果!デメリットは?食べ過ぎない摂取量も

消化にいい食べ物 うどん以外

消化にいい食べ物!うどん以外のおすすめ20選|外食・コンビニでは

麦ごはん 体に悪い

麦ご飯は体に悪い?太るの?デメリットとメリットを徹底検証!


おからパウダーの賞味期限切れは腐る?|日持ちの目安

おからパウダー 賞味期限切れ

おからパウダーは、比較的傷みにくく日持ちする食品です。

生のおからとは異なり、食品を腐敗させる微生物やカビが増殖する為に必要な水分が少なく、保存性が高いからです。

おからパウダー(市販品)の賞味期限
開封前 常温保存
半年~1年程度
開封後 賞味期限に関わらず早めに消費する

開封後の日持ちや保存方法についてはこちらを参考にしてください。

おからパウダーのような加工品や品質が変わりにくい食品には、一般的に賞味期限が記載されています。

消費期限との違いも合わせて正しく理解しておきましょう。

スポンサーリンク

期限切れでもすぐ腐るわけではない|消費期限との違い

賞味期限は正しく保存した上で、品質が変わらず美味しく食べられる期限を指し、切れても見た目・臭い・味をしっかり確認して問題がなければ食べられる可能性があります。

また多少の余裕をもって設定されていることが多いです。

消費期限は短い期間で品質が変わりやすい食品に設定されていて、安全に食べられる期限を指します。安全面を考慮して、消費期限切れは食べない方が良いでしょう。

しかし、あくまでも期限切れを食べる際は自己判断となるので十分に注意してください。

未開封でも保存状態が悪いと品質が変わりやすく、直射日光が当たるような場所やジメジメとした場所は要注意です。

スポンサーリンク

 腐るとどうなる?虫の混入やカビが生えることも

未開封・開封後どちらも夏場や梅雨時は特に注意してください。

腐ったおからパウダーの特徴
見た目
変色
・カビが生えている
臭い
匂い
におい
・カビ臭い
・酸っぱい臭い

食感
触感など
酸味や苦味

特に開封後は空気中の微生物やカビが入り込んで、劣化のスピードも速まります。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
こちらの方がどのように保管していたか定かではありませんが、微生物やカビは、水分・栄養分・温度の3つの条件が発育に適した環境になると増殖します。

カビの中には、身体に害を及ぼすカビ毒を生成する種類もあるので「多少くらいなら…。」と考えるのは危険です。(※2)

またジメジメとした季節はダニ害虫の被害に遭うことがあります。

未開封でも袋を破って侵入する虫がいます。侮れないというわけですね…。

ダニも小さな隙間があれば入ってきてしまいます。

 ダニはアレルギーを引き起こす原因にもなり、加熱してもアレルギーの予防策にはなりません。(※3)

ダニや害虫は特に小麦粉やお好み焼き粉のような粉類で繁殖しやすいのですが、たんぱく質が豊富なおからパウダーも例外ではありません。

未開封であってもシンク下のような保管はリスクが大きいので、避けた方が良いでしょう。

開封後は品質が変わりやすいので、正しい保存方法や注意点を押さえて安全に食べ切りましょう。

   
スポンサーリンク
 

おからパウダーの正しい保存方法(開封後)|冷凍保存のコツ

おからパウダー 賞味期限

開封後は空気に触れることで、吸湿や酸化による影響を受けやすくなります。

開封後のおからパウダー
常温 密封して二重包装する
冷蔵 チャックをしっかり閉じる
冷凍 ・チャック付き保存袋で保存
・2~3週間を目安に消費する

常温での保存も可能ですが、安全性を考慮して冷蔵保存をおすすめします。

商品によっては冷蔵保存を推奨と記載されているものもあるので、確認してください。

低温で微生物やカビの増殖を抑えやすい上に、冷蔵庫内は害虫やダニの侵入も予防できますよ。

スポンサーリンク

常温・冷凍時の注意点|保存容器は?

常温での保存は湿気や害虫・ダニの被害を抑える為にも、隙間ができないよう保存します。

チャック付きの保存袋や密封性の高い蓋つき容器で二重包装するのが品質保持のコツです。

日持ちさせたいときは冷凍保存も可能ですが、長期の保存や開け閉めで温度差が生じると霜がついて品質が変わってしまうので注意してください。

凍ったままでも調理に活用できますよ。

また早めに消費したいときは、大量消費できるレシピを知っておくと便利です♪

消費ペースを上げるには

大量消費するなら、おからがメインとなる卯の花がおすすめです。

冷凍保存も可能なので、作り置きおかずとしても重宝します。

おからパウダーを使った人気レシピ

Cpicon おからパウダーで簡単卯の花煮 by micco214

冷蔵庫の余ったお野菜の消費にも♪
Cpicon ■糖質制限■チーズおからクッキー簡単減量 by あお3150
ダイエット中のお菓子にも良いですね!

卯の花の冷凍保存については、こちらの記事が役に立ちますよ。

粒子が細かいタイプのおからパウダーはドリンクや汁物に混ざりやすく、いつもとは違う楽しみ方で消費するのも飽きない工夫の1つです。

粒子が細かいもの・粗いものがあります。細かいものは「超微粉」とも呼ばれ、溶けやすく口当たりも気になりにくいのが特徴です。

▼:超微粉タイプ

混ぜるなら…
  • ヨーグルト
  • 味噌汁やスープ
  • プロテインやスムージー
  • お好み焼き粉や小麦粉の代用に

お使いのものに合わせて消費してみてください。

   
スポンサーリンク
 

結論|おからパウダーの賞味期限は長いが、正しく保存して

おからパウダー のまとめ
  • 賞味期限切れでもまだ食べられる可能性がある
  • 未開封でも虫やダニが入ることも
  • シンク下は要注意
  • 日持ちさせたいときは冷凍保存
  • 料理・飲み物と幅広く活用できる

大豆製品の中でもお豆腐や生おからと比べて、日持ちする食品です。

しかし未開封でも品質は変わる可能性がある為、1年・2年のようにあまりにも長く保存したものは処分することをおすすめします。

おからパウダーを住処として虫の卵が産み付けられていたケースもあるようですよ…。

活用方法はさまざまなので、ご自身にあった取り入れ方で悪くならない内に楽しんでください♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました