スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

エシレの賞味期限|フィナンシェ・サブレなど焼き菓子の日持ち一覧

エシレ 賞味期限

【執筆者:編集部 松本ゆかり】

エシレの賞味期限は、サブレでバタークリームをサンドしたサブレサンドは2日、フィナンシェやマドレーヌは3日、バターは約4週間と、商品によってさまざまです。

缶入りのガレットやクッキーなどは比較的日持ちが長いものもあるので、自宅用はもちろん、手土産に検討するなら賞味期限に注目して選びましょう。

そこで、この記事ではエシレの焼き菓子やバターの日持ちを調べ、次のようにまとめます!

この記事を読むとわかる!
エシレのこと

 

  • 商品別の賞味期限目安
  • 通販購入時や開封後の日持ちで注意するポイント
  • 正しい保存方法
  • バターは冷凍保存できるかどうか

エシレ商品の賞味期限をわかりやすくまとめたので、ぜひ参考にしてください。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
麦茶 カビ

麦茶にカビが?白い浮遊物・黒い・濁るとNG?ポットのカビ対策も

ミスタードーナツ 常温保存

ミスドは常温保存で3日はNG?翌日は?日持ち目安と保存の注意点

卵 賞味期限切れ 1日

卵の賞味期限切れ1日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

ナッツ カビ

ナッツのカビを食べたら危ない?アフラトキシンとは?見分け方も

ぬか床 カビ

ぬか床に白カビや黒カビ?ふわふわの正体は?見分け方と対処法

ココナッツオイル カビ

ココナッツオイルのカビの見分け方|白い塊はOK?酸化の対処法も

フランスパン カビ

フランスパンにカビが生えた?白カビ・黒カビ・白い粉の見分け方

冷凍ブルーベリー 体に悪い

冷凍ブルーベリーは体に悪い?毎日食べると危険?適切な摂取量は

鮭フレーク カビ

鮭フレークにカビ?冷蔵庫の入れ忘れで腐る?開封後の保存方法は

ひらたけ カビ

ひらたけにカビ?白いふわふわ・粉は白カビ?見分け方と対処法も

ごぼうにカビ?中身が白い・ピンクに変色やスカスカでも大丈夫?

ぶなしめじ カビ

ぶなしめじにカビが?白いふわふわの正体や危険なカビの見分け方

ミックスチーズ カビ

ミックスチーズにカビ?青カビの見分け方や食べた場合の対処法は

オリーブオイル カビ

オリーブオイルにカビは生えるの?白い沈殿物・塊・濁りの正体は

豆腐 賞味期限切れ

豆腐の賞味期限切れ5日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

赤福 常温

赤福は常温で何日もつ?冷蔵・冷凍保存できる?適切な保存方法は

こんにゃく カビ

こんにゃくにカビ?表面の白い膜や斑点の正体や見分け方を解説

砂糖 カビ

砂糖にカビは生えない?三温糖・黒砂糖・きび砂糖にカビは生えるか

ピクルス 常温

ピクルスは常温で長期保存OK?開封後は?日持ちと保存の注意点!

手作り スイートポテト 日持ち

手作りスイートポテトの日持ち|常温・冷蔵庫・冷凍の保存方法も

フリスク 賞味期限

フリスクの賞味期限切れは腐るの?カビに要注意?日持ちの目安は

コンビニおにぎり 常温

コンビニおにぎりは常温保存で何時間もつ?翌日の昼までは危険?

油揚げ カビ

油揚げにカビ?黒い点や赤い・ピンクの変色は?腐るとどうなるか

青梅 カビ

青梅にカビ?追熟中の白カビ・しわしわ・腐る原因から対処法まで

レモン果汁 カビ

レモン果汁にカビ?白い浮遊物・沈殿物はNG?見分け方と保存方法

あさり 常温

あさりの常温保存は何日?冷蔵庫での日持ちは?砂抜きの注意点も

明太子 常温

明太子は常温で何時間OK?冷蔵庫での日持ちや持ち歩きの注意点も

おはぎ 日持ち

おはぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍でいつまで?手作りの場合は

人参 常温保存

人参は常温保存で何日まで?冷蔵庫の日持ちは?長持ちするコツも

温泉卵 常温

温泉卵は常温保存でOK?冷蔵庫での日持ちは?手作り・市販の違いも


エシレの賞味期限|フィナンシェ・サブレなどの日持ち一覧

エシレ カヌレ 賞味期限

エシレの店舗、パティスリー オ ブールや他の店舗で賞味期限を確認し、期限が短いもの順に並べました。

エシレの賞味期限・日持ち目安(未開封)
エシレ クロワッサン 当日
カヌレ・エシレ
ガトー・エシレ ナチュール 翌日
サブレ サンド
フィナンシェ・エシレ 翌々日
マドレーヌ・エシレ
パウンドケーキ 約5日
ギモーヴ・オ・ブール 約10日
エシレ バター 約4週間
プティブール・エシレ(缶) 製造日より31日
ガレット・エシレ(缶)
サブレ グラッセ(缶)
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
バターたっぷりフィナンシェやケーキが大好きです!えっ、カロリー?気にしません!

缶に入った商品は比較的賞味期限が長めですが、クロワッサンやカヌレは当日・フィナンシェは3日と、日持ちしないものもありますね。

次は、エシレを通販で買う場合の期限を確認しましょう!

通販は期限の残り日数が短い場合も|手土産購入の注意点

商品に設定されている賞味期限自体は店舗販売でも通販でも変わりませんが、手元に届く時の残り日数は実際の期限より短い場合があります。

たとえば通販で購入すると、フランスからの空輸に時間がかかることがありますし、店舗で買う場合も在庫品は製造から日数が経っているかもしれません。

店舗はその場で確認できますが、通販で買うときも賞味期限を気にするときは発送日や到着予定日などを問い合わせると安心ですね。

エシレ バター=発酵バターで、少しの酸味と芳醇な香りが特徴です。店舗ではエシレ バターを使った焼き菓子も販売されています。
エシレで手土産としても人気のあるバターケーキ(ガトー エシレ ナチュール)も通販サイトで見かけますが、賞味期限が翌日のため、受取日に気をつけてください。

賞味期限が長い商品でも、開封後は注意が必要です。

バターやサブレ缶も開封後は日持ちしない|賞味期限の定義

賞味期限の目安は、未開封で正しく保存されているのが前提条件です。(※1)

缶が開封されていたり、要冷蔵のものが保冷できていない場合の賞味期限は提示されていません。

たとえ賞味期限内だったとしても、正しく保存しなかった場合は品物が傷む可能性もあるので、気をつけたほうがよさそうですね。

せっかくの商品をダメにしないために、適切な保存方法もお伝えします!

 
スポンサーリンク
 

エシレの焼き菓子やバターの正しい保存方法

エシレ 缶

エシレのお菓子には要冷蔵の商品も多いので、確認できたものを一覧表にまとめます。

保存方法別 エシレ商品例一覧
保存方法 商品例
常温 エシレクロワッサン、ブリオッシュ・エシレ
フィナンシェ・エシレ、パウンドケーキ
ギモーヴ・オ・ブール、カヌレ・エシレ
グランパルミエ・エシレ、フィユタージュ
サブレ・エシレ、ガレット・エシレ など
要冷蔵 ガトー・エシレ ナチュール、サブレ サンド
エシレバター、ガトー・フレ、ボンブエシレ
ショソン・エシレ、オムレット・ブール
シュー・ブール など

焼き菓子系は常温、クリームを使ったものは要冷蔵と分けられているようです。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
さらにバターは「6℃以下」、ガレットやサブレのような缶製品は「直射日光・高温多湿を避けて」という保存方法 が指定されていますよ!

要冷蔵品をは自宅での保存はもちろん、持ち帰りや持ち歩き時にも注意が必要です。

要冷蔵品を手土産に|保冷時の持ち歩き時間目安

エシレで要冷蔵商品を購入したら、保冷剤や保冷バックを活用して安全に持ち歩きましょう。

要冷蔵のバターサンド(サブレ サンド)はもちろん、フィナンシェのような焼き菓子も季節や状況しだいでは保冷剤をつけてもらうのをおすすめします。

保冷剤の保存時間目安
保冷剤あり 約1時間
保冷剤 + エシレ保冷バッグ 約3~4時間
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
店員さんに聞いたところ、エシレ店舗の専用保冷バッグに入れれば、4時間ほど保冷できるそうなので、持ち歩き時間が長い場合も安心ですね。

要冷蔵ものの賞味期限は、適切な温度で保存されている場合に当てはまります。

家に帰った後もすぐ冷蔵庫にしまうなど、適切な保存状態を維持してくださいね。

ただし、エシレ・バターの保存方法にはひとつ注意点があります!

バターを美味しく日持ちさせるポイント

エシレ・バターは風味を守るために冷蔵保存のみで、冷凍保存はおすすめできないそうです。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
エシレ店舗に確認したところ、冷凍はしないほうがいいと言われました。空輸するときも冷蔵で運ぶそうですよ。

エシレのサイトにも、バターは要冷蔵(6℃以下)で保存と書かれているので、冷蔵庫で保存して期限内に食べきるのが望ましいです。

とはいっても、期限が間近でも食べきれず、バターが傷んでしまってはもったいないですよね。

冷凍保存は、どうしても賞味期限内に食べきれない!という場合のみにしましょう。

 
スポンサーリンク
 

結論|エシレの賞味期限は正しい保存状態が前提

エシレのまとめ
  • 商品により賞味期限の差が大きい
  • 通販購入時は期限の残り日数が短い場合がある
  • 開封後は早めに食べる
  • 要冷蔵の商品が多い
  • バターは冷凍しないほうがいい

エシレの賞味期限をまとめた目安表は、未開封・適切な保存状態が守られていることが前提です。

店舗も通販でも賞味期限は基本変わりませんが、在庫の状況によっては異なる事もあるため、気になる場合は確認しましょう。

正しい保存方法を守り、賞味期限内に食べるのが美味しくいただくコツですよ。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました