スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

黒糖には賞味期限がある?腐るの?白くなるのはカビ?見分け方は

黒糖 賞味期限

【執筆者:編集部 対島敬】

黒糖には賞味期限が表示され、期間内は正しく保存された未開封のものなら美味しく食べられます。

しかし保存方法や保存場所をまちがって黒糖が腐ると、見た目や臭いに異変が起こり食べられません。

中でも表面が白くなる場合はカビの可能性もあるので、食べられるかどうかの見分け方を知っておくと役立ちますよ。

この記事では下記の項目にそって、美味しく黒糖を使い切るために役立つ情報を紹介します。

この記事を読むとわかる!
黒糖のこと

 

  • 賞味期限目安の紹介
  • 賞味期限切れでも食べられる場合
  • 腐るときの見分け方
  • 未開封・開封後の正しい保存方法

黒糖が賞味期限切れでも食べられるか知りたい人や、開封後の正しい保存方法がわからない人のお悩みもきっと解決できますよ♪

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
麦茶 カビ

麦茶にカビが?白い浮遊物・黒い・濁るとNG?ポットのカビ対策も

ミスタードーナツ 常温保存

ミスドは常温保存で3日はNG?翌日は?日持ち目安と保存の注意点

卵 賞味期限切れ 1日

卵の賞味期限切れ1日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

ナッツ カビ

ナッツのカビを食べたら危ない?アフラトキシンとは?見分け方も

ぬか床 カビ

ぬか床に白カビや黒カビ?ふわふわの正体は?見分け方と対処法

ココナッツオイル カビ

ココナッツオイルのカビの見分け方|白い塊はOK?酸化の対処法も

フランスパン カビ

フランスパンにカビが生えた?白カビ・黒カビ・白い粉の見分け方

冷凍ブルーベリー 体に悪い

冷凍ブルーベリーは体に悪い?毎日食べると危険?適切な摂取量は

鮭フレーク カビ

鮭フレークにカビ?冷蔵庫の入れ忘れで腐る?開封後の保存方法は

ひらたけ カビ

ひらたけにカビ?白いふわふわ・粉は白カビ?見分け方と対処法も

ごぼうにカビ?中身が白い・ピンクに変色やスカスカでも大丈夫?

ぶなしめじ カビ

ぶなしめじにカビが?白いふわふわの正体や危険なカビの見分け方

ミックスチーズ カビ

ミックスチーズにカビ?青カビの見分け方や食べた場合の対処法は

オリーブオイル カビ

オリーブオイルにカビは生えるの?白い沈殿物・塊・濁りの正体は

豆腐 賞味期限切れ

豆腐の賞味期限切れ5日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

赤福 常温

赤福は常温で何日もつ?冷蔵・冷凍保存できる?適切な保存方法は

こんにゃく カビ

こんにゃくにカビ?表面の白い膜や斑点の正体や見分け方を解説

砂糖 カビ

砂糖にカビは生えない?三温糖・黒砂糖・きび砂糖にカビは生えるか

ピクルス 常温

ピクルスは常温で長期保存OK?開封後は?日持ちと保存の注意点!

手作り スイートポテト 日持ち

手作りスイートポテトの日持ち|常温・冷蔵庫・冷凍の保存方法も

フリスク 賞味期限

フリスクの賞味期限切れは腐るの?カビに要注意?日持ちの目安は

コンビニおにぎり 常温

コンビニおにぎりは常温保存で何時間もつ?翌日の昼までは危険?

油揚げ カビ

油揚げにカビ?黒い点や赤い・ピンクの変色は?腐るとどうなるか

青梅 カビ

青梅にカビ?追熟中の白カビ・しわしわ・腐る原因から対処法まで

レモン果汁 カビ

レモン果汁にカビ?白い浮遊物・沈殿物はNG?見分け方と保存方法

あさり 常温

あさりの常温保存は何日?冷蔵庫での日持ちは?砂抜きの注意点も

明太子 常温

明太子は常温で何時間OK?冷蔵庫での日持ちや持ち歩きの注意点も

おはぎ 日持ち

おはぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍でいつまで?手作りの場合は

人参 常温保存

人参は常温保存で何日まで?冷蔵庫の日持ちは?長持ちするコツも

温泉卵 常温

温泉卵は常温保存でOK?冷蔵庫での日持ちは?手作り・市販の違いも


黒糖に賞味期限はある?食べられる目安期間とは

黒糖 賞味期限 

黒糖の賞味期限はメーカーによって違いがありますが、製造日から4ヶ月〜2年ほどに設定されているものが多いようです。

黒糖の賞味期限目安(市販品の一例)
未開封 開封後
純黒糖 製造日から
4ヶ月~2年ほど
(商品記載の日付までが推奨)
お早めに
加工黒糖 製造日から
1~2年ほど
(商品記載の日付までが推奨)

黒糖の種類には純黒糖加工黒糖があり、それぞれに粉末状と塊(かたまり)の商品があります。

純黒糖:サトウキビの搾汁のみを煮詰めて作られたもの
加工黒糖:サトウキビの搾汁から作られた黒糖と粗糖や糖蜜を混ぜて作られたもの

こちらが、純黒糖として販売されている商品の一例です。

貿易屋珈琲店
¥540 (2022/08/19 13:04:58時点 Amazon調べ-詳細)

加工黒糖には、こちらのような商品があります。

実は砂糖は腐りにくく長期保存しても品質が変わりにくいため、基本的には賞味期限の表示義務はありません。(※1)

黒糖も砂糖の一種に分類されますが上白糖やグラニュー糖に比べ水分量が多く品質が劣化しやすいこともあり、賞味期限が表示されている場合が多いようです。

特に純黒糖の水分量は風味や口どけのよさなど各商品の特徴にも関係するため、メーカーの製法と賞味期限を調べる科学的なテストの結果によって賞味期間に幅が出ると考えられます。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
開封後はすぐには腐りませんが、品質は劣化するので早めに食べ切りましょう。

いつ開封したか不明な黒砂糖が賞味期限切れの場合は、食べずに処分してください。

未開封なら賞味期限切れでも食べられるかもしれないので、状態を確認するのがおすすめです。

賞味期限切れになっても食べられる可能性がある

賞味期限切れの黒糖が正しく保存された未開封であれば、まだ食べられる可能性があります。

賞味期限は、美味しく食べられる品質が保証されている期限を指しているからです。

賞味期限:美味しく食べられる品質が保証されている期限
消費期限:安全に食べられる品質が保証されている期限

消費期限とは違い賞味期限を少し過ぎて食べても、体に悪影響が出る可能性は低いです。

ただし賞味期限を過ぎると開封後と同様に品質は保証されないので、食べられる状態かを自分で判断しなければいけません。

安全に食べるためには、黒糖にあらわれる腐敗のサインを見逃さないようにしましょう。

腐るときの見分け方|白くなるのはカビのせい?

黒糖が腐ると見た目や臭いがいつもと変わって食べられなくなりますが、似たような変化でも食べられる場合もあるので正しく見分けることが大切です。

腐って食べられない黒糖の見分け方
食べられない 食べられる
見た目
変色
白やピンクの
カビが発生
・表面に粉がふく
・色が濃い
・黒い小さな点々
臭い
匂い
におい
・すっぱい臭いがする
・異臭がする
・カビ臭い

食感
触感など

黒砂糖は劣化がすすむとすっぱい臭いに変化するので、食べられないと判断しやすいです。

特に表面が乾燥や摩擦で粉をふいて白くなる場合は食べられますが、カビとの区別がつきにくいので注意しましょう。

カビ菌や腐敗菌などの細菌は、水分・栄養・温度が揃うと爆発的に増殖する性質を持っています。(※3)黒糖にはミネラルや炭水化物などの栄養や水分が含まれるほか吸湿性も高いため、温度管理をおこたるとカビが生えるおそれがあります。

カビの臭いがするときや白っぽい部分がふわふわしていたらカビの可能性が高いです。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部

どちらか判断できない場合は、安全面を考慮し食べない方が賢明です。

また味わいにやや酸味を感じても、原料のサトウキビ由来の風味なので問題なく食べられます。

黒糖の他にも砂糖や黒蜜については、こちらの記事で紹介しています。

表のような変化が起きて黒糖を無駄にしないためには、早めに使い切るだけでなく正しく保存することも大切です。

 
スポンサーリンク
 

黒糖の賞味期限を延ばす保存方法|品質を保つコツ

黒糖 保存方法

前章で紹介した黒糖の種類によって適した保存方法が異なるため、まず手元に純黒糖か加工黒糖のどちらがあるのかを確認するのがポイントです。

黒糖の正しい保存方法
純黒糖 加工黒糖
常温 未開封 推奨しない ・直射日光を避ける
・高温多湿を避ける
・パッケージのまま
で保存
開封後 ・直射日光を避ける
・高温多湿を避ける
・保存容器や保存袋
で密閉保存
冷蔵 未開封 パッケージのままで保存
開封後 保存容器や保存袋で密閉保存
冷凍 未開封
開封後 保存容器や
保存袋で密閉保存

吸湿性があり高温になるとくっついてベトベトする性質がある黒糖は、どちらの種類も高温多湿を避けて保存しなければいけません。

口どけや風味を重視して作られる純黒糖は温度や湿度によって品質が劣化する影響が大きく、冷蔵・冷凍保存がおすすめです。

粗糖や糖蜜を含む加工黒糖はかたい場合が多く、品質を安定させるため純黒糖より水分量が少ないと考えられ、常温保存や冷蔵保存が適しています。

特に加工黒糖を常温保存する場合は保存方法を守るだけでなく、適切な保管場所を選ぶことも品質を保つ大事なポイントです。

未開封・開封後の正しい常温保存方法と注意点

加工黒糖を常温で保存する場合は未開封ならパッケージのまま、開封後はしっかりと保存容器や保存袋に密閉してください。

品質が劣化しやすい以下ような場所は、避けて保存するのがおすすめです。

加工黒糖の常温保存に向かない場所
  • コンロ周りなど高温になりやすい場所
  • シンク下など湿気が溜まりやすい場所
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
特に粉末タイプは料理に使いやすく、つい他の調味料と一緒にコンロの周りに置きがちなので注意しましょう。

加工黒糖を使い切るのに時間がかかる場合や純黒糖を保存する場合は、冷蔵庫保存が適しています。

基本は冷蔵庫保存がおすすめ!純黒糖は冷凍保存も

適度に乾燥していて低温の冷蔵庫内は、黒糖の品質低下を防ぎながら保存するのに適しています。

常温保存と同様に未開封ならパッケージのまま、開封後は保存容器や保存袋に入れ密閉しましょう。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部

こちらのような乾燥剤を入れると、品質低下を防ぐ対策になりますよ♪

冷蔵庫保存では必要な分を取り出したら、すぐに庫内へ戻すことが重要です。

戻さずに常温放置すると温度差で容器や袋の内側に水滴ができ、固まったりカビが発生したりする原因になるので注意してください。

純黒糖を食べ切れなさそうな場合は、冷凍で保存するのもおすすめです。

純黒糖のタイプ別保存方法
  • 塊タイプ:個別にラップで包み冷凍保存袋に入れる
  • 粉末タイプ:1回分に小分けし保存袋に入れ、薄く平らな状態で冷凍
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部

解凍すると温度変化でベトベトになるため、直前に取りだし凍ったままで消費しましょう。

冷蔵保存で6ヶ月、冷凍保存で1年が保存期間の目安なので、お料理やお菓子づくりに活用してぜひ使い切ってくださいね。

 
スポンサーリンク
 

結論|黒糖の賞味期限を延ばすなら種類を確認し正しく保存しよう

黒糖のまとめ
  • 賞味期限は4ヶ月〜2年ほどと商品によって幅がある
  • 乾燥して白くなる時や結晶化した黒い点々は食べられる
  • すっぱい臭い・カビが生えたら食べられない
  • 加工黒糖は常温・冷蔵保存しよう
  • 純黒糖は冷蔵・冷凍保存しよう

黒糖の賞味期限は比較的長いですが、保存する場所や方法が適切でないと劣化しやすい食材です。

すっぱい臭いに変化したりカビが生えたりすると食べられなくなって、もったいないですよね。

今回紹介した純黒糖加工黒糖のそれぞれに合った保存方法で、風味が劣化しにくい可能性があるので、ぜひ最後まで美味しく食べ切ってくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました