PR

氷砂糖に賞味期限はある?冷蔵庫保存は要注意?正しい保存方法は

スポンサーリンク
スポンサーリンク
料理・食材

氷砂糖 賞味期限

【執筆者:編集部 柴崎マリ】

氷砂糖には賞味期限がなく、正しく保存していれば半永久的に使用できる食品です。

基本的に腐らない食品ですが、保存方法が間違っていると劣化してしまい食べられなくなることもあります。

この記事では、氷砂糖を安全に楽しむため以下の情報をご紹介しています。

この記事を読むとわかる!
氷砂糖のこと

 

  • 賞味期限の有無と劣化した状態
  • 基本的に腐らない理由
  • 正しい保存方法と梅酒作り以外におすすめの使い道
  • ロックとクリスタルの違い

氷砂糖が溶けないように冷蔵庫で保存している方もいるかも知れませんが、冷蔵保存には思わぬ落とし穴もあります。

ぜひこの記事を最後まで読んで、氷砂糖を安全に楽しむために活用してください♪

   

こんな記事もおすすめ!
イタリアンパセリ 代用

【イタリアンパセリの代用品】売ってないときに代わりになる食材

辛ラーメン 食べない方がいい

【辛ラーメンは食べない方がいい?】発がん性物質の危険性

これゆまつゆ 代用

これうまつゆの代用になる商品は何?めんつゆとの違いも徹底解説!

オルトラインを使用した野菜は食べられるのか

オルトランを使用した野菜は食べられるか?危険性や注意点を解説

フィーカ 美味しくない

フィーカは美味しくない?クッキーの口コミや購入者の本音を調査!

白子 恥ずかしい理由

白子が恥ずかしい理由とは?そもそも何の子?分かりやすく解説!

大豆麺 まずい

キッコーマン大豆麺はまずい?臭いの?評判・口コミを徹底調査!

ペンギンベーカリー まずい

ペンギンベーカリーはまずいって本当?口コミから真相を大調査!

納豆 消化時間

納豆の消化時間は早い?遅いの?消化されないから大人も要注意?

腐った牛乳 飲んだ

腐った牛乳を飲んだら何時間後に腹痛が起こる?他の症状・対処法は

カンジャンセウ 食中毒

カンジャンセウは食中毒に要注意?寄生虫がいるって本当なの?

泉屋 クッキー まずい

泉屋のクッキーはまずい・味が変わった?噂の真相を評判から検証

断食後 食事 死亡

断食後の食事で死亡するって本当?普通に食べたら危険?注意点は

ベルン ミルフィーユ まずい

ベルンのミルフィーユはまずい・美味しくない・溶ける?評判を調査

岩泉ヨーグルト まずい

岩泉ヨーグルトはまずい?食べにくい?評判から美味しい食べ方まで

回ジャム まずい

柿ジャムはまずい?ジャムに適さない・失敗するの?原因や対策は

パチパチパニック 死亡

パチパチパニックで死亡事故?パチパチキャンディも危険?真相は

ツマガリ クッキー まずい

ツマガリのクッキーはまずい・美味しくない評判の真偽を検証!

高カカオチョコレート 痩せた

高カカオチョコレートで痩せた?痩せない?ダイエット体験談とやり方

バターナッツかぼちゃ まずい

バターナッツかぼちゃはまずい?生で食べるのはOK?口コミも紹介

山岡家 まずい

山岡家のラーメンがまずい・臭いと言われる原因や人気の理由とは

新高梨 まずい

新高梨はまずい・美味しくない?値段や特徴と本当の評判を調査!

舞茸 食べ続けた結果

舞茸を食べ続けた結果|毎日食べるとどんな変化が?体験談で検証

アーモンドミルク 飲み続けた結果

アーモンドミルクを飲み続けた結果|危険性がある?デメリットは

メントスコーラ 死亡

メントスコーラの死亡事故例は?体内実験はNG!安全なやり方も紹介

ペットボトルの水を飲むのをやめたほうがいい理由|発がん性あり?

クコの実 食べ続けた結果

クコの実を食べ続けた結果|効果は実感なし?メリットと注意点も

セサミン 飲み続けた結果

セサミンを飲み続けた結果|効果は嘘・効果なしって本当?真相は

かきたねキッチン まずい

かきたねキッチンはまずい?美味しい?口コミや評判から徹底検証

マルシンハンバーグ まずい

マルシンハンバーグはまずい・体に悪い?口コミや評判から検証!

スポンサーリンク

氷砂糖に賞味期限はある?開封後はいつまで食べられるか

氷砂糖 期限

氷砂糖には賞味期限が設定されておらず、未開封・開封済みに関わらず正しく保存しておけば半永久的に食べることができます。(※1)

しかし、保存状態が悪いと劣化し食べられなくなることも。

食べられない状態の特徴を把握し、廃棄するかどうかの基準にしましょう。

氷砂糖の食べられない状態・食べられる状態
食べられない 食べられる
見た目 ・部分的な変色
・黄色以外の変色
全体的な
黄色っぽい変色
におい 異臭
触感 ベタつき
(乾燥させれば
食べられる)

全体的な黄色っぽい変色やベタつきは自然現象なので、問題なく食べられます。

一方、黄色以外の変色や部分的な変色、異臭は別の物質に汚染されている可能性があるので、廃棄するのが安全です。

氷砂糖の全体的な黄ばみは、糖分とアミノ酸が反応して起こるメイラード反応と呼ばれる現象で、ベタつきは周囲の湿気を吸ったために起こる反応です。

賞味期限がない氷砂糖がまだ食べられるのかの判断は、日にちではなくどのような状態なのかを参考に見分けましょう。

賞味期限がないのは極めて劣化しにくい食品だから

砂糖に賞味期限がないのは、極めて品質が劣化しにくく基本的に腐らない食品だからです。

賞味期限:おいしく食べられることを保証する期限。賞味期限切れ後も食べられる可能性がある。
消費期限:安全に食べられることを保証する期限。消費期限切れ後は食べられない。
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
食品表示法でも賞味期限の表示義務がないため、多くの氷砂糖には賞味期限の記載がありません。(※3)

賞味期限の記載義務がない食品の中でも、氷砂糖はひときわ傷みにくい食品で、非常食にも含まれるほど。

正しく保存さえしていれば基本的に腐りません。

なぜ氷砂糖が腐らないのか、それは砂糖の性質に理由があります。

なぜ腐らない?ダニや微生物が生息できない性質

氷砂糖は、微生物が増殖するのに必要な水分を奪う性質があるため、基本的には腐敗しません。

食品が腐敗するのは微生物の増殖が原因ですが、微生物が増えるためには栄養素・水分・適温などの条件がそろう必要があります。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
 砂糖は浸透圧により他の物質から水分を奪う性質があり、砂糖の周囲では微生物や虫が生息できないため腐らないのです。

砂糖の性質については、以下の記事でも解説しています。

ただし、ダニや虫は増殖できずとも砂糖に付着する可能性はあります。

体質によってはダニの死骸を取り込むとアレルギー反応が出る場合もあるので、氷砂糖に異物がついているのを見つけたら取り除きましょう。

氷砂糖を保存する際は、容器や保管場所に気を配り虫の侵入や劣化から守ることが大切です。

氷砂糖の正しい保存方法と活用法|冷蔵庫は非推奨

氷砂糖 保存方法

氷砂糖は、高温多湿を避けた常温での保存が最もおすすめです。

氷砂糖の正しい保存方法
常温 ・高温多湿を避けた冷暗所
・開封後は缶やプラスチックボトルで
密封
・洗剤や香料などにおいが強い
もののそばは避ける
冷蔵
冷凍
非推奨
(結露の可能性あり)

一見、冷蔵庫や冷凍庫での保存が適してるように感じられますが、これらの保存方法はあまりふさわしくありません。

ドアの開け締めや氷砂糖の出し入れの際に温度差で保存容器に結露が生じ、湿気を吸いやすい氷砂糖がベタつく可能性があるためです。

缶やプラスチックなどの密封ができる容器で、虫や異物の侵入を効果的に抑えましょう。

氷砂糖は、梅酒作り以外にもさまざまな料理に活用できます。

氷砂糖の特性を理解して、おいしく使い切りましょう。

ロックとクリスタルに違いはある?

氷砂糖の形にはゴツゴツしたロックタイプと、均一な形のクリスタルタイプが存在し、製造方法と特性が異なります。

ロック・クリスタルの製造方法
  • ロック
    2週間程じっくりかけて製造
  • クリスタル
    機械を使用し3日程で結晶化

市場には大量生産しやすいクリスタルタイプが多く流通しています。

ロックとクリスタルで成分的な違いはありませんが、表面積が大きいロックのほうが水に素早く溶けるという特徴が。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
 お酒やシロップ作りには、短期間で溶けるロックタイプが使いやすいです。

もちろん、クリスタルタイプもお酒づくりに活用できるほか、料理にも使用できますよ。

おすすめの使い方!シロップや煮物にも

氷砂糖と言えば自家製梅酒のイメージが強いですが、どんな果物を漬けてもおいしいシロップや果実酒にすることができます。

氷砂糖でシロップ作り

Cpicon 健康!簡単!氷砂糖で手作りレモンシロップ by ゆず☆ななみ
好きな果物でアレンジしても♪

また、氷砂糖は上白糖と比べ、あっさりとしたアクのない甘みが特徴です。

煮物やすき焼きに上白糖代わりに活用することで、上品な甘さに仕上げることができます。

氷砂糖は大きな結晶ですが、加熱すればすぐに溶けるので使用感に問題もありません。

氷砂糖は料理にもおすすめ

Cpicon 入れて煮るだけ♪簡単☆鶏肉のしょうゆ煮♪ by めそ。
程よい甘さがアクセントになります♪

余った氷砂糖は、アレンジを楽しみながら使い切りましょう。

結論|氷砂糖に賞味期限はない!常温で正しく保存しよう

氷砂糖のまとめ
  • 賞味期限はなく正しい方法ならば半永久的に保存可能
  • 水分を含まないため微生物が増殖できず腐らない
  • 保存状態によっては劣化するので気をつけよう
  • 冷蔵庫はNG!高温多湿と直射日光を避けた常温保存
  • シロップや煮物など料理にも幅広く活用できる

賞味期限の設定義務がない氷砂糖は、開封後も正しく保存していれば半永久的に食べられます。

ただし保存状態によっては劣化によって食べられなくなることもあるので、長期保存した氷砂糖は品質に変化がないか確認してから使用しましょう。

上白糖とは違った風味で料理にも活躍するので、ぜひさまざまなレシピで氷砂糖のアレンジを楽しんでください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました