スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラードの賞味期限と保存方法|常温・冷蔵庫・冷凍での保存期間も

ラード 賞味期限

【執筆者:管理栄養士 鳥越菜生】

市販ラードの賞味期限は製造日から半年程度の場合が多いですが、開封後は日持ち期間が短くなり、早めに使いきる必要があります。

手作りしたラードは傷みやすいので生鮮食品と同じように冷蔵庫で保存し、早めの消費がおすすめです。

料理の風味付けに便利なラードをいつでも安心して使えるように、次の項目についてご紹介します。

この記事を読むとわかる!
ラードのこと

 

  • 賞味期限と保存期間の目安
  • 開封後も常温保存が推奨な理由
  • 劣化を防げる保存方法と美味しく使いきるコツ
  • 冷凍保存の可能性や注意点

使いかけのラードを取り出したら賞味期限が気になり食べて良いか不安な人や、使いきれる自信がなく購入を迷っている人もぜひ参考にしてください。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
麦茶 カビ

麦茶にカビが?白い浮遊物・黒い・濁るとNG?ポットのカビ対策も

ミスタードーナツ 常温保存

ミスドは常温保存で3日はNG?翌日は?日持ち目安と保存の注意点

卵 賞味期限切れ 1日

卵の賞味期限切れ1日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

ナッツ カビ

ナッツのカビを食べたら危ない?アフラトキシンとは?見分け方も

ぬか床 カビ

ぬか床に白カビや黒カビ?ふわふわの正体は?見分け方と対処法

ココナッツオイル カビ

ココナッツオイルのカビの見分け方|白い塊はOK?酸化の対処法も

フランスパン カビ

フランスパンにカビが生えた?白カビ・黒カビ・白い粉の見分け方

冷凍ブルーベリー 体に悪い

冷凍ブルーベリーは体に悪い?毎日食べると危険?適切な摂取量は

鮭フレーク カビ

鮭フレークにカビ?冷蔵庫の入れ忘れで腐る?開封後の保存方法は

ひらたけ カビ

ひらたけにカビ?白いふわふわ・粉は白カビ?見分け方と対処法も

ごぼうにカビ?中身が白い・ピンクに変色やスカスカでも大丈夫?

ぶなしめじ カビ

ぶなしめじにカビが?白いふわふわの正体や危険なカビの見分け方

ミックスチーズ カビ

ミックスチーズにカビ?青カビの見分け方や食べた場合の対処法は

オリーブオイル カビ

オリーブオイルにカビは生えるの?白い沈殿物・塊・濁りの正体は

豆腐 賞味期限切れ

豆腐の賞味期限切れ5日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

赤福 常温

赤福は常温で何日もつ?冷蔵・冷凍保存できる?適切な保存方法は

こんにゃく カビ

こんにゃくにカビ?表面の白い膜や斑点の正体や見分け方を解説

砂糖 カビ

砂糖にカビは生えない?三温糖・黒砂糖・きび砂糖にカビは生えるか

ピクルス 常温

ピクルスは常温で長期保存OK?開封後は?日持ちと保存の注意点!

手作り スイートポテト 日持ち

手作りスイートポテトの日持ち|常温・冷蔵庫・冷凍の保存方法も

フリスク 賞味期限

フリスクの賞味期限切れは腐るの?カビに要注意?日持ちの目安は

コンビニおにぎり 常温

コンビニおにぎりは常温保存で何時間もつ?翌日の昼までは危険?

油揚げ カビ

油揚げにカビ?黒い点や赤い・ピンクの変色は?腐るとどうなるか

青梅 カビ

青梅にカビ?追熟中の白カビ・しわしわ・腐る原因から対処法まで

レモン果汁 カビ

レモン果汁にカビ?白い浮遊物・沈殿物はNG?見分け方と保存方法

あさり 常温

あさりの常温保存は何日?冷蔵庫での日持ちは?砂抜きの注意点も

明太子 常温

明太子は常温で何時間OK?冷蔵庫での日持ちや持ち歩きの注意点も

おはぎ 日持ち

おはぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍でいつまで?手作りの場合は

人参 常温保存

人参は常温保存で何日まで?冷蔵庫の日持ちは?長持ちするコツも

温泉卵 常温

温泉卵は常温保存でOK?冷蔵庫での日持ちは?手作り・市販の違いも


ラードの賞味期限と常温・冷蔵庫での保存期間の目安

ラード 賞味期限 チューブ

ラードの賞味期限は、スーパーでも買えるチューブタイプの場合で、製造日から6ヶ月くらいの商品が多いです。

ラードの賞味期限・日持ち期間の目安
市販品 手作り
未開封 開封後
常温 6ヶ月程度
(表示の
賞味期限まで)
1~2ヶ月程度 不可
冷蔵 2~3日程度
冷凍 可能 1ヶ月程度

賞味期限は商品ごとに異なるため、記載の期日と保存方法をチェックしてください。

家庭用市販ラードの定番・雪印の「純正ラード」も賞味期限は製造日から180日(約6ヶ月)で、絞り出して使うチューブタイプです。

雪印
¥880 (2022/08/19 11:45:54時点 Amazon調べ-詳細)

ラードは通販でも購入でき、冷凍品で保存方法を守れば約1年日持ちする商品もありますが、冷蔵品は賞味期限が1ヶ月未満の場合もあります。

市販のラードは未開封なら賞味期限まで保存できますが、開封後は記載の期限に関係なく1~2ヶ月が消費期限の目安になるので注意しましょう。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
いつ開けたかわからなくなることが多いので、容器に開封日をメモしておくと良いですね。

家庭で豚のブロック肉や脂身を煮て手作りしたラードは、市販品と違って傷みやすいので注意が必要です。

手作りラードは傷みやすく日持ちしにくい

市販ラードは精製により脂質以外の不純物を除去されていますが、自家製ラードはタンパク質や水分なども含むため傷みやすく日持ちしにくいです。

ラードの種類と原材料・成分
種類 原材料 成分
純正ラード 豚脂のみ 脂質のみ
調整ラード 豚脂
+
パーム油・牛脂など
自家製ラード 豚肉の脂身部分 脂質
タンパク質
水分など

市販ラードは豚脂100%の純正ラードと、ほかの食用油を混ぜた調整ラードの2種類に分類されますが、どちらも脂質のみでできています。

カビや細菌などの微生物が増殖するには水分・栄養・温度が必要なので、水分が含まれない市販ラードは通常腐る心配がありません。(※1)

腐敗とは、食品中のタンパク質や糖質などの成分を微生物が栄養にして分解し、劣化させたり有害な物質を作り出したりすることです。

自家製ラードには油分以外に水分や微生物の栄養になるタンパク質などの不純物が残るため、こちらのようにカビや雑菌が繁殖することがあります。

カビが生えた食品はカビの種類によっては有害なカビ毒が作り出され中毒の原因になる場合があるため、なるべく食べない方が良いです。一部でもカビが生えたら、残念ですが廃棄しましょう。

スーパーの精肉コーナーでもらえることがある「牛脂」も、精製されていないものが多く腐りやすいので、要冷蔵のうえ扱い方にご注意ください。

腐りにくい市販ラードも、未開封でも酸化により劣化が進むことがあり、開封後は特に空気に触れるため要注意です。

市販品は腐るよりも酸化による劣化に注意

ラードは空気に触れて光・高温の影響を受けると酸化し、色が黒ずんだり臭い匂いがしたりなど、食べない方が良い状態になる場合があります。

劣化したラードの特徴
見た目
変色
・黒ずんだ色に変色する
・(手作りの場合に)カビが生えている
臭い
匂い
におい
・不快臭がする
・カビ臭い匂いがする

食感
触感など
・ベトベトした感じになる
・(作った料理が)変な味がして
美味しくない
加熱時の
異変
・泡立って消えない
・鼻につくような臭い匂いがする

ラードは飽和脂肪酸という成分の割合が多いため、空気に触れるだけでは酸化しにくい油脂です。(※3)

酸化とは食品中の脂質・たんぱく質などの成分が酸素と結びつく反応で、熱や光により促進され、食品の風味・品質劣化の原因になります。
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
夏季の常温保存中は、溶けて透明な液体になったり固体に戻って白い粒々が現れたりする場合がありますが、問題なく食べられます。

しかし調理台の近くや窓辺など、日光が当たったり高温になったりする場所に置いていると、酸化して品質が劣化する場合があるため要注意です。

酸化した油脂は風味が悪いだけでなく、悪心や嘔吐・下痢などの体に悪い影響を引き起こす危険性があるため、食べるのはおすすめできません。

開封後は一気に空気に触れるためより酸化しやすい状況になるので、早めに消費することが大切です。

未開封で賞味期限切れになったら?(※4)

賞味期限が記載された食品は、未開封で正しく保存されていれば期限切れ後もすぐに安全性に問題が生じるわけではなく、まだ食べられる場合もあります。ただし自己責任での判断が必要なので、見た目や臭いから劣化がないかよく観察しましょう。

ラードを酸化や腐敗から守って日持ちさせ、賞味期限切れを早めないための保存のコツをご紹介します。

 
スポンサーリンク
 

ラードの賞味期限を縮めない正しい保存方法とおすすめの使い方

ラード 使い方

市販のラードは直射日光・高温多湿を避ければ常温保存できますが、酸化による劣化を防ぐためには、密封して冷蔵庫での保管がおすすめです。

手作りラードは生の肉類と同じように冷蔵保存が基本ですが、長期間日持ちさせたい場合は冷凍もできます。

ラードを日持ちさせる保存方法
常温 ・手作りしたものは不可
・直射日光・高温多湿を避けて
冷暗所に置く
・開封後はフタをしっかり閉め
開口部を覆うなどして密封する
(虫の侵入も防止できるよう注意)
・遮光できるよう容器や
保管場所を工夫する
冷蔵 開封後はフタや開け口を
しっかり閉めて密封する
冷凍 ・未開封なら容器ごとも可
・一度に使う分量に小分けして
密封する
・清潔な保存容器・袋に入れ
空気を抜いて密閉

ラードの使い方に合わせ、劣化を防いで使いやすくする、おすすめの保存方法をご紹介します。

市販品も劣化予防には冷蔵庫保存がおすすめ

ラードをよく使う場合、市販品なら涼しい場所で常温保存が便利ですが、しばらく使わないときや夏季は劣化予防のため冷蔵庫に入れるのがおすすめです。

常温保存できる市販ラードは酸化防止剤が加えられている場合も多く、冷蔵庫に入れると固くなるので、開封後も常温での保管が推奨されます。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
低温で固まったら、使用前に室温に出しておくかぬるま湯に容器ごと漬けて温めれば、使いやすい状態に戻せますよ。

賞味期限までに使いきれそうにない場合は、期限切れや劣化で食べられなくなる前に冷凍しておく方法があります。

小分けして冷凍すると使いやすい!腐敗も防げる

ラードは小分けして密封した状態で冷凍すると酸化を防いで保存でき、炒め物のような料理にはそのまま使えて便利です。

-15℃以下を保って冷凍すると微生物が生育できず腐敗が抑えられるので、手作りラードは冷蔵するより日持ちが長くなります。(※5)

おすすめの小分け冷凍法

チューブタイプはラップに1回分ずつ絞り出して包み、ジップ付き保存袋に入れて密封しましょう。一度に使う量が多い場合は、保存容器に入れて表面をラップで覆っておく方法もあります。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
必要な分だけ取り出せるので、固まったものを柔らかく戻したり絞り出したりする手間もかかりません。

しかし冷凍保存した場合はラードの旨味やコクが落ちやすく、家庭の冷蔵庫は低温が保ちにくいので、手作り品は特に早めの消費がおすすめです。

ラードには炒飯や炒め物のほかに意外な使い道もあるので、消費量を増やしたい場合はぜひ次の活用例も参考にしてください♪

ラードの活用法
  • ラーメンにトッピング
  • 炒飯や炒め物を作る際の調理油に使う
  • 餃子のネタの材料として練り込む
    (ジューシー感をプラス)
  • マーガリン替わりにパンに塗る
  • クッキーやパンケーキなどの
    スイーツ作りに使う(中華風味になる)
  • 揚げ油に使う
 
スポンサーリンク
 

結論|賞味期限までに使いきれないラードは冷凍保存がおすすめ

ラードのまとめ
  • 市販品は賞味期限が製造から6ヶ月の場合が多い
  • 開封後も常温保存できるが1~2ヶ月程度が日持ちの目安
  • 手作りは要冷蔵で早めに使う
  • 酸化や腐敗を防ぐには密封して冷蔵庫で保存する
  • 小分けして密封・冷凍すると使いやすく保存できる

市販ラードの賞味期限は製造から半年程度に設定されている商品が多く、開封後も常温保存できる場合が多いです。

しかし保存状況によっては酸化して、体への悪影響が危惧される場合もあるので、劣化を防ぐ保存のコツを覚えましょう。

手作り品は腐る可能性もあるため日持ち期間が短いですが、冷凍すれば長期間の保存も可能です。

ラードの風味を損なわず安心して食べられるように、使いやすく正しく保存し、美味しく活用して早めに消費しましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました