スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

手作りこんにゃくの賞味期限と保存|腐るとどうなる?見分け方も

手作りこんにゃく 賞味期限

【監修者:野菜ソムリエプロ みつはしさなこ】
【執筆者:同上】

手作りのこんにゃくは賞味期限が短いため、数日〜1週間以内に使い切りましょう。

保存する場合は、茹で汁に浸けて冷蔵庫に入れるとやや日持ちしますが、長期保存はできないので、型崩れする前に食べるようにしてください。

この記事を読むとわかる!
手作りこんにゃくのこと

 

  • 賞味期限はどのくらい?
  • 賞味期限を過ぎるとどうなる?
  • 食べられるかの見分け方は?
  • 食べ切れないときは冷凍できる?

手作りこんにゃくは、型崩れすると腐るのが早く、食べることができません。

「刺身こんにゃくのように柔らかいと思ったら傷んでいた…」ということがないように、食べられるかの見分け方を知っておいてくださいね。

さらに冷凍する場合のひと工夫も紹介しているので、手作りこんにゃくをたくさんもらったけどどうしよう…という方は、最後まで要チェックです!
 

野菜ソムリエプロ・みつはしさなこ先生記事監修
みつはしさなこ先生
野菜ソムリエプロ
野菜ソムリエプロ冷凍生活アドバイザーつくりおきマイスター離乳食アドバイザー/ 八百屋業や訪問料理で延べ50件以上のキッチンで料理を経験し、野菜の特徴を活かした、手軽に作れる料理を身につける。ワーキングマザー×子育て×食をテーマに、「食卓時間を幸せにするための、料理をラクにするコツ」を発信中。
みつはし先生の公式ブログTwitterInstagram

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
麦茶 カビ

麦茶にカビが?白い浮遊物・黒い・濁るとNG?ポットのカビ対策も

ミスタードーナツ 常温保存

ミスドは常温保存で3日はNG?翌日は?日持ち目安と保存の注意点

卵 賞味期限切れ 1日

卵の賞味期限切れ1日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

ナッツ カビ

ナッツのカビを食べたら危ない?アフラトキシンとは?見分け方も

ぬか床 カビ

ぬか床に白カビや黒カビ?ふわふわの正体は?見分け方と対処法

ココナッツオイル カビ

ココナッツオイルのカビの見分け方|白い塊はOK?酸化の対処法も

フランスパン カビ

フランスパンにカビが生えた?白カビ・黒カビ・白い粉の見分け方

冷凍ブルーベリー 体に悪い

冷凍ブルーベリーは体に悪い?毎日食べると危険?適切な摂取量は

鮭フレーク カビ

鮭フレークにカビ?冷蔵庫の入れ忘れで腐る?開封後の保存方法は

ひらたけ カビ

ひらたけにカビ?白いふわふわ・粉は白カビ?見分け方と対処法も

ごぼうにカビ?中身が白い・ピンクに変色やスカスカでも大丈夫?

ぶなしめじ カビ

ぶなしめじにカビが?白いふわふわの正体や危険なカビの見分け方

ミックスチーズ カビ

ミックスチーズにカビ?青カビの見分け方や食べた場合の対処法は

オリーブオイル カビ

オリーブオイルにカビは生えるの?白い沈殿物・塊・濁りの正体は

豆腐 賞味期限切れ

豆腐の賞味期限切れ5日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

赤福 常温

赤福は常温で何日もつ?冷蔵・冷凍保存できる?適切な保存方法は

こんにゃく カビ

こんにゃくにカビ?表面の白い膜や斑点の正体や見分け方を解説

砂糖 カビ

砂糖にカビは生えない?三温糖・黒砂糖・きび砂糖にカビは生えるか

ピクルス 常温

ピクルスは常温で長期保存OK?開封後は?日持ちと保存の注意点!

手作り スイートポテト 日持ち

手作りスイートポテトの日持ち|常温・冷蔵庫・冷凍の保存方法も

フリスク 賞味期限

フリスクの賞味期限切れは腐るの?カビに要注意?日持ちの目安は

コンビニおにぎり 常温

コンビニおにぎりは常温保存で何時間もつ?翌日の昼までは危険?

油揚げ カビ

油揚げにカビ?黒い点や赤い・ピンクの変色は?腐るとどうなるか

青梅 カビ

青梅にカビ?追熟中の白カビ・しわしわ・腐る原因から対処法まで

レモン果汁 カビ

レモン果汁にカビ?白い浮遊物・沈殿物はNG?見分け方と保存方法

あさり 常温

あさりの常温保存は何日?冷蔵庫での日持ちは?砂抜きの注意点も

明太子 常温

明太子は常温で何時間OK?冷蔵庫での日持ちや持ち歩きの注意点も

おはぎ 日持ち

おはぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍でいつまで?手作りの場合は

人参 常温保存

人参は常温保存で何日まで?冷蔵庫の日持ちは?長持ちするコツも

温泉卵 常温

温泉卵は常温保存でOK?冷蔵庫での日持ちは?手作り・市販の違いも


手作りこんにゃくは賞味期限が短い!目安と見分け

こんにゃく 腐る 見分け

手作りこんにゃくは、作ってから数日〜1週間以内を目安に食べ切るようにしましょう。

殺菌処理や密閉包装されている市販のこんにゃくと違い、手作り品はあまり日持ちがしません。

こんにゃくの賞味期限
手作り 数日〜1週間以内
市販品 未開封 製造日から1~3ヶ月
(パッケージ記載の日付までが推奨)
開封後 お早めに(数日〜1週間以内)

すぐに食べ切れない場合は冷凍保存できますが、いつものおかずとして使うのは難しいので、使うときは何に注意するべきか、記事をチェックしておきましょう!

手作りの保存期間は冷蔵庫で1週間以内

手作りこんにゃくの日持ちは、冷蔵保存で数日〜1週間以内を目安にしましょう。(※1)

こんにゃくは、時間が経つと水分が抜けて型崩れしてしまい、傷みやすいです。

また保存するにはちょっとしたポイントがあるので、こちらの保存方法を参考にしてくださいね。

市販のこんにゃくが賞味期限切れになってしまった場合は、こちらの記事で食べられるかを解説しているので、併せて読んでみてください。

腐るとどうなる?見分けるポイント

保存期間を過ぎたこんにゃくが次に当てはまれば、すでに食べられない可能性が高いです。

腐ったこんにゃくの特徴
  • 表面にぬめりが出ている、溶け始めている
  • 容器や袋内の水が濁っている
  • 袋が膨張し、異臭がする

一般的にこんにゃくは強いアルカリ性食品のため、食中毒菌が繁殖しにくいと言われていますが、このような特徴が現れたら傷んでいるので、食べるのはやめておきましょう。(※2)

こんにゃくは冷凍できる?知っておくべき注意点

こんにゃくは冷凍保存できますが、冷凍前と同じ使い方はおすすめしません

野菜ソムリエプロ みつはしさなこ
野菜ソムリエプロ
みつはし
冷凍したこんにゃくは大量の水分が外に出るため、解凍して絞るとゴムに似た食感になります。

ふだんのこんにゃく料理として使うのには向きませんが、冷凍こんにゃくの特性を活かせばヘルシーなおかずとして活躍するので、次章をチェックしてくださいね!

 
スポンサーリンク
 

手作りこんにゃくの保存方法と冷凍後の食べ方

手作りこんにゃく 保存

手作りこんにゃくは、水に浸けた状態で密閉し、冷蔵庫で保存しましょう。

こんにゃくを茹でたときの茹で水が保存に最も向いているので、捨てずに活用するのがおすすめです。

手作りこんにゃくの正しい保存方法
常温 NG
冷蔵 水に浸けて保存
冷凍 薄切りにして密閉保存

冷凍する場合は、食感が変わっても美味しく食べられるように、あらかじめ切り方を工夫しておくといいですよ。

解凍の注意点美味しい食べ方も一緒に解説しているので、最後まで参考にしてくださいね!

水に浸けて冷蔵保存する

手作りこんにゃくを保存するときは、茹で水に浸けておくと傷みにくくなります。

アルカリ性の茹で水は日持ちしやすくなるので、茹でたら捨てずに残しておきましょう!

茹で水なしの場合は、水道水を代用して早めに使い切るようにしてくださいね。

野菜ソムリエプロ みつはしさなこ
野菜ソムリエプロ
みつはし
水道水は消毒がされているため、微生物の繁殖を抑える効果があります。
体内に影響がないよう水質基準が定められているので、料理や飲料に使っても問題ありません。(※3)

こんにゃくの冷凍方法と解凍方法

こんにゃくを冷凍保存するときは、食べやすい大きさに切って保存しましょう。

こんにゃくの冷凍・解凍方法
  1. 一口サイズの薄切りにし、ジッパー付き袋で薄く平らに密閉する
  2. 使うときは流水か茹でて解凍する
  3. 1枚ずつ絞って水気をよく切る

薄切りになった刺身こんにゃくも、同じように冷凍できますよ。

野菜ソムリエプロ みつはしさなこ
野菜ソムリエプロ
みつはし
しっかり絞ると、「これが同じこんにゃくなの!?」と思うくらいに感触が変化するので、試してみてください!

勢いよく水が出てくることがあるので、シンクで絞ってくださいね。

冷凍こんにゃくを美味しく食べるコツ

解凍して水分が抜けたこんにゃくは、しっかり下味をつけて調理すると肉おかずの代わりになります。

下味用の調味料をストックしておくと、さっと混ぜるだけで簡単に味つけができますよ!

肉以外の食材にも使えるので、おかずのカロリーが気になる方は試してみてくださいね。

 
スポンサーリンク
 

結論|手作りこんにゃくは賞味期限が短いので注意

手作りこんにゃくのまとめ
  • 冷蔵保存で早めに使い切る
  • 時間が経つと型崩れしやすい
  • ぬめりや溶けたものはNG
  • 冷凍は食感が変わるので注意
  • 解凍後は味つけと調理で工夫

手作りこんにゃくは賞味期限1週間以内を目安に、早めに食べ切るようにしましょう。

時間が経つと型崩れがおきて、腐りやすくなってしまいます。

使い切れない場合は冷凍保存できますが、解凍後は水分が抜けて食感が大きく変わるため、調理や味つけを工夫してください。

記事を参考に、手作りこんにゃくを楽しんでくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました