スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミンティアの賞味期限切れは腐る?開封後の日持ちやカビの見分け方

ミンティア 賞味期限

【執筆者:編集部 山上由利子】

ミンティアは賞味期限切れでも、未開封で正しく保存していれば腐ることはありません。

しかし開封後は吸湿しやすく、風味・食感が損なわれ美味しくなくなるだけでなく、保存状態が悪いとカビが生える可能性もあるため注意が必要です。

そこでこの記事では、ミンティアを美味しく楽しむために役立つ内容として以下の項目をご紹介します。

この記事を読むとわかる!
ミンティアのこと

 

  • 賞味期限切れ後の食べられる期間の目安
  • 開封後は日持ちしない理由
  • 正しい保存方法
  • リメイクして風味を楽しむ方法

いつのものかわからないミンティアが出てきたけど食べても大丈夫か迷っている人や、カビが生えているようで心配な人にも役立つので、ぜひ参考にしてくださいね ♪

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
麦茶 カビ

麦茶にカビが?白い浮遊物・黒い・濁るとNG?ポットのカビ対策も

ミスタードーナツ 常温保存

ミスドは常温保存で3日はNG?翌日は?日持ち目安と保存の注意点

卵 賞味期限切れ 1日

卵の賞味期限切れ1日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

ナッツ カビ

ナッツのカビを食べたら危ない?アフラトキシンとは?見分け方も

ぬか床 カビ

ぬか床に白カビや黒カビ?ふわふわの正体は?見分け方と対処法

ココナッツオイル カビ

ココナッツオイルのカビの見分け方|白い塊はOK?酸化の対処法も

フランスパン カビ

フランスパンにカビが生えた?白カビ・黒カビ・白い粉の見分け方

冷凍ブルーベリー 体に悪い

冷凍ブルーベリーは体に悪い?毎日食べると危険?適切な摂取量は

鮭フレーク カビ

鮭フレークにカビ?冷蔵庫の入れ忘れで腐る?開封後の保存方法は

ひらたけ カビ

ひらたけにカビ?白いふわふわ・粉は白カビ?見分け方と対処法も

ごぼうにカビ?中身が白い・ピンクに変色やスカスカでも大丈夫?

ぶなしめじ カビ

ぶなしめじにカビが?白いふわふわの正体や危険なカビの見分け方

ミックスチーズ カビ

ミックスチーズにカビ?青カビの見分け方や食べた場合の対処法は

オリーブオイル カビ

オリーブオイルにカビは生えるの?白い沈殿物・塊・濁りの正体は

豆腐 賞味期限切れ

豆腐の賞味期限切れ5日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

赤福 常温

赤福は常温で何日もつ?冷蔵・冷凍保存できる?適切な保存方法は

こんにゃく カビ

こんにゃくにカビ?表面の白い膜や斑点の正体や見分け方を解説

砂糖 カビ

砂糖にカビは生えない?三温糖・黒砂糖・きび砂糖にカビは生えるか

ピクルス 常温

ピクルスは常温で長期保存OK?開封後は?日持ちと保存の注意点!

手作り スイートポテト 日持ち

手作りスイートポテトの日持ち|常温・冷蔵庫・冷凍の保存方法も

フリスク 賞味期限

フリスクの賞味期限切れは腐るの?カビに要注意?日持ちの目安は

コンビニおにぎり 常温

コンビニおにぎりは常温保存で何時間もつ?翌日の昼までは危険?

油揚げ カビ

油揚げにカビ?黒い点や赤い・ピンクの変色は?腐るとどうなるか

青梅 カビ

青梅にカビ?追熟中の白カビ・しわしわ・腐る原因から対処法まで

レモン果汁 カビ

レモン果汁にカビ?白い浮遊物・沈殿物はNG?見分け方と保存方法

あさり 常温

あさりの常温保存は何日?冷蔵庫での日持ちは?砂抜きの注意点も

明太子 常温

明太子は常温で何時間OK?冷蔵庫での日持ちや持ち歩きの注意点も

おはぎ 日持ち

おはぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍でいつまで?手作りの場合は

人参 常温保存

人参は常温保存で何日まで?冷蔵庫の日持ちは?長持ちするコツも

温泉卵 常温

温泉卵は常温保存でOK?冷蔵庫での日持ちは?手作り・市販の違いも


ミンティアは賞味期限切れでも腐ることはない

ミンティア 賞味期限切れ
ミンティアは水分をほとんど含まないため、未開封で正しく保存していれば賞味期限が切れても腐ることはありません。

しかし開封後は吸湿しやすいため早めに食べるよう推奨されています。

ミンティアの賞味期限・日持ち目安
未開封 製造日より1年
開封後 早めに消費

ミンティアには、日持ちする食品に設定される賞味期限が表示されています。

消費期限と賞味期限の違い
  • 消費期限・・・安全に食べられる期限
  • 賞味期限・・・美味しく食べられる期限

正しく保存していれば、賞味期限切れでもすぐに食べられなくなるわけではありません。(※1)

どのくらいまで食べられるかは賞味期限からある程度推測できます。

未開封で食べられる期間はどのくらい?

賞味期限は消費期限と違い、日数にはある程度余裕をもって設定されています。

賞味期限は、保存試験を行い最大日持ち期間を調べ、安全係数(おおむね0.8)を掛けて設定されます。

賞味期限の算出方法(※2)

賞味期限=最大日持ち期間×安全係数(0.8)

最大日持ち期間は逆算(賞味期限÷0.8)して求められます。

ミンティアの賞味期限は1年ですから、逆算して(12ヶ月÷0.8=15ヶ月) 1年3ヶ月は最大日持ちすると考えられますが、これはあくまでも未開封の場合でしかも計算上の話です。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
賞味期限切れに関しては自己責任となりますので、商品の状態をよく確認してから判断しましょうね。

未開封であれば日持ちするミンティアですが、いったん開封して空気に触れると劣化が始ります。

開封後は湿気に注意|カビが生えることも

ミンティアの主成分はソルビトールです。

ソルビトールの特徴
  • 砂糖よりカロリーが低い
  • 虫歯の原因にならない
  • 水に溶けたとき吸熱反応を起こすので口中でひんやり感がある
  • 吸湿しやすい

水分を殆ど含まない食品は吸湿しやすい性質がありますが、ミンティアの場合はソルビトールという成分のために、さらに吸湿しやすいと思われます。

メーカーによると、高温多湿の場所では数日で吸湿してしまうことがあるそうです。

ケースのフタをしっかり閉じれば、空気中の雑菌が混入することはある程度防げるでしょうが、むき出しの状態で長い間高温多湿に放置するとカビが生えることもあるそうです。

ミンティアにのカビに関するツイッターはほかにもあります。

メントール以外にも、果汁パウダー、カプセル、キャンディチップなどが原因で色むらや斑点があり、よくカビと間違われます。

類似品のフリスクでも白い綿状のものや変色がカビによるものかと話題になっています。

カビは湿度70%以上であれば、乾燥した食品にでも生えてきます。(※3)

カビの特徴
見た目
変色
綿状・丘状など盛り上がった場合が多い
黒・灰色・茶色・青緑色・赤色などが多い
におい カビ臭い・シンナー臭
触感 湿気る

極端に保存状態が悪かったり、ケースの中にほこりが混入した場合はカビが生える可能性も考えられます。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部

カビの中にはカビ毒を産生するものもあり、長期に食べることで健康被害に遭うこともあります。

カビかどうか見分けがつかないときは、食べるのはやめましょう。

安全に美味しく食べるためにも、正しい保存方法を確認しましょう。

 
スポンサーリンク
 

ミンティアの正しい保存方法|リメークレシピも

ミンティア 保存期間

ミンティアの保存は湿気対策が重要です。

ミンティアの正しい保存方法
常温 高温多湿を避ける
冷蔵 NG
冷凍

冷蔵・冷凍は出し入れの際、温度差で結露して吸湿するため推奨されていません。

空気に触れるのは仕方ないとして、いかに清潔な状態で高温多湿を避けるかが大事です。

保存のポイントは高温多湿を避け清潔に保つこと

ミンティアは吸湿すると、食感や風味が損なわれ美味しくありません

スナックバッグに乾燥剤も入れて保存すると効果的です。

高温にも注意しましょう。

夏場、バッグの中でベタベタに溶けている状態で見つかることもあるそうです。

保存期間を延ばすには、衛生面でも気を付けたほうがよさそうです。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部

ケースから取り出したタブレットを再び戻すのはやめましょう。

手垢や汗がついたものはカビが生える可能性がありますよ。

ケースのフタはきちんと閉め、ほこりや異物が混入しないよう注意しましょう。

湿気で食感や風味が落ちたものは、リメイクをおすすめします。

リメイクして風味を楽しもう

うっかり高温多湿に置き忘れたり、賞味期限内に食べ切れそうもない場合でも、リメイクすれば最後まで風味が楽しめます。

リメイクレシピ

ミンティア主成分のソルビトールは一度に多量に摂取すると、体調・体質により腹痛やおなかが緩くなることがあるので気をつけましょう。

ソルビトールについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてくださいね ♪

 
スポンサーリンク
 

結論 | ミンティアは賞味期限切れでも腐らないが湿気に注意

ミンティアのまとめ
  • 賞味期限は1年
  • 賞味期限切れでも3ヶ月程度は食べられる可能性あり
  • 開封後は吸湿して風味・食感が落ち日持ちしない
  • 高温で溶けることもある
  • 冷蔵・冷凍は吸湿しやすいので推奨されない

ミンティアは賞味期限切れでも腐ることはありませんが、開封後は吸湿しやすく風味・食感が落ちてしまいます。

最後まで美味しく食べるきるためには、開封したら高温多湿に気を付けて保存し、早めに食べることを心掛けましょう。

この記事を読んで、ミンティアをリフレッシュやエチケットのお供として無駄なく上手に活用していただけたら嬉しいです ♪

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました