スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

おでんの常温保存は何時間まで?夏に次の日まで常温放置は危険?

おでん 常温保存

【執筆者:編集部 松洋子】

おでんの常温保存は、たとえ冬であってもおすすめしません

うっかり何時間も鍋に入れたまま、常温放置してしまうと食中毒の危険が高まります。

この記事では、おでんを美味しく安全に食べるために押さえておきたい以下の項目を解説いたします。

この記事を読むとわかる!
おでん のこと

 

  • 常温保存は何時間できるのか
  • 夏・冬問わず潜む食中毒リスク
  • レトルトパック品の賞味期限
  • 次の日も美味しく食べる保存方法

冬はもちろん夏もヘルシーで美味しいおでんは、大鍋でたくさん作り置きしておきたいですよね。

おでんの正しい保存方法を理解して、安全に食べましょう。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
麦茶 カビ

麦茶にカビが?白い浮遊物・黒い・濁るとNG?ポットのカビ対策も

ミスタードーナツ 常温保存

ミスドは常温保存で3日はNG?翌日は?日持ち目安と保存の注意点

卵 賞味期限切れ 1日

卵の賞味期限切れ1日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

ナッツ カビ

ナッツのカビを食べたら危ない?アフラトキシンとは?見分け方も

ぬか床 カビ

ぬか床に白カビや黒カビ?ふわふわの正体は?見分け方と対処法

ココナッツオイル カビ

ココナッツオイルのカビの見分け方|白い塊はOK?酸化の対処法も

フランスパン カビ

フランスパンにカビが生えた?白カビ・黒カビ・白い粉の見分け方

冷凍ブルーベリー 体に悪い

冷凍ブルーベリーは体に悪い?毎日食べると危険?適切な摂取量は

鮭フレーク カビ

鮭フレークにカビ?冷蔵庫の入れ忘れで腐る?開封後の保存方法は

ひらたけ カビ

ひらたけにカビ?白いふわふわ・粉は白カビ?見分け方と対処法も

ごぼうにカビ?中身が白い・ピンクに変色やスカスカでも大丈夫?

ぶなしめじ カビ

ぶなしめじにカビが?白いふわふわの正体や危険なカビの見分け方

ミックスチーズ カビ

ミックスチーズにカビ?青カビの見分け方や食べた場合の対処法は

オリーブオイル カビ

オリーブオイルにカビは生えるの?白い沈殿物・塊・濁りの正体は

豆腐 賞味期限切れ

豆腐の賞味期限切れ5日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

赤福 常温

赤福は常温で何日もつ?冷蔵・冷凍保存できる?適切な保存方法は

こんにゃく カビ

こんにゃくにカビ?表面の白い膜や斑点の正体や見分け方を解説

砂糖 カビ

砂糖にカビは生えない?三温糖・黒砂糖・きび砂糖にカビは生えるか

ピクルス 常温

ピクルスは常温で長期保存OK?開封後は?日持ちと保存の注意点!

手作り スイートポテト 日持ち

手作りスイートポテトの日持ち|常温・冷蔵庫・冷凍の保存方法も

フリスク 賞味期限

フリスクの賞味期限切れは腐るの?カビに要注意?日持ちの目安は

コンビニおにぎり 常温

コンビニおにぎりは常温保存で何時間もつ?翌日の昼までは危険?

油揚げ カビ

油揚げにカビ?黒い点や赤い・ピンクの変色は?腐るとどうなるか

青梅 カビ

青梅にカビ?追熟中の白カビ・しわしわ・腐る原因から対処法まで

レモン果汁 カビ

レモン果汁にカビ?白い浮遊物・沈殿物はNG?見分け方と保存方法

あさり 常温

あさりの常温保存は何日?冷蔵庫での日持ちは?砂抜きの注意点も

明太子 常温

明太子は常温で何時間OK?冷蔵庫での日持ちや持ち歩きの注意点も

おはぎ 日持ち

おはぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍でいつまで?手作りの場合は

人参 常温保存

人参は常温保存で何日まで?冷蔵庫の日持ちは?長持ちするコツも

温泉卵 常温

温泉卵は常温保存でOK?冷蔵庫での日持ちは?手作り・市販の違いも


おでんは常温保存できるか|何時間も放置は危険

おでん 保存

手作りのおでんは、傷みやすいので常温保存できません

調理後に放置すれば味が染みると期待しますが、何時間も置くと食中毒の危険が高まり大変危険です。

おでんの常温保存
手作り NG(季節問わず)
レトルトパック 製造日より6ヶ月程度
(商品による)
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
気軽に少量食べたいときは、レトルトパックを利用するのも手です。賞味期限が製造日より6ヶ月と長いものもあり、常温保存ができて保存食としても便利ですね♪

▼紀文 だし自慢おでん
(製造から180日)

コンビニのおでんといえばレジ横にある保温鍋ですが、最近は冷蔵コーナーにあるレトルトパックが人気です。各コンビニで1人分200円前後で販売されています。

続いて、手作りおでんを作る際に気をつけたい食中毒について解説します。

常温放置すると次の日どうなる?冬も食中毒に注意

おでんを作って鍋のまま放置すると、何時間もしないうちに腐敗が始まる恐れがあります。

まずは、臭いや見た目の変化に注目しましょう。

こんなおでんはNG!
  • 灰汁のような泡が浮く
  • 粘りがあり糸を引く
  • 大根がドロドロになる
  • 異臭がして食べると酸っぱい

少しでも異変を感じたら、食べるのはやめてすぐに破棄してください。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
このように、常温のまま一晩置くと菌の温床になります。朝作って夜に食べようと放置した場合も同様、注意が必要ですね!
数ある香辛料のうち、辛子の殺菌力は最も強いとされています。傷みやすいおでんに辛子をつけて食べると食中毒防止になり、理にかなっている食べ方と言えるでしょう。

おでんを作る際に発生しやすいのは、ウエルシュ菌の食中毒です。

ウエルシュ菌の特徴と増殖させない方法

おでんを作って何時間も放置するとウエルシュ菌が増殖する恐れがあるので、なるべく早く食べきるのが重要です。

ウエルシュ菌の症状や特徴(※1)
症状 主に腹痛と下痢
増殖しやすい温度 43~47℃
特徴 ・熱に強い殻を作る
・酸素がない環境で増える
・低温(10℃以下)では増えにくい
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
おでんを大鍋のまま常温放置すると、あたたかく酸素が少ない、ウエルシュ菌にとって最高の環境を整えてしまうことになりますね。

加熱してもウエルシュ菌が死滅するわけではないので、よくかき混ぜながら空気を送り増殖を防ぐのが大事です。

調理後はすぐに食べるのが一番安全ですが、おでんを次の日まで保存したい場合は、手早く粗熱をとって早めに冷蔵庫に入れましょう。

ウエルシュ菌の増殖は10℃以下で遅くなり、マイナス15℃以下で停止します。冷蔵庫に入れても菌はゆっくり増殖するので、保存後も早めに食べましょう。

おでんの粗熱を素早くとり、正しく冷蔵や冷凍する方法を次の章で解説いたします。

 
スポンサーリンク
 

おでんの正しい保存方法|作り置きの日持ち目安

おでん 次の日

おでんの保存方法は常温不可、冷蔵が適していますが具材によっては冷凍も可能です。

手作りおでんの保存方法・日持ちの目安
保存方法 保存期間
常温 NG
冷蔵 できるだけ翌日に食べきる
冷凍 2週間程度
(不向きな具材はこちら

おでんが出来上がったら、まずは素早く粗熱をとりましょう

粗熱の取り方
  • ザルで具材と出汁を分ける
  • 厚みのない保存容器に広げる
  • 小分けにして空気に触れさせる
  • 冷水に浸けるか氷や保冷剤で冷やす

しっかり粗熱がとれたら、冷蔵庫に入れて保存します。

粗熱とれたら冷蔵庫へ|夏に美味しい冷製レシピも

おでんは冷蔵保存が適していますが、なるべく翌日に食べるのがおすすめです。

2〜3日もしくは煮直して7日も食べられたという人もいますが、環境に左右されるので一概に言えません。

衛生面から基本的に何日ももつことはないと考え、少しでも異変を感じたら破棄するなど自己責任で判断してください。

夏の食欲のない日には、冷製おでんも人気です。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
朝作ってすぐに冷やし、その日の夜のうちに食べきってくださいね♪

もし前日のおでんに飽きてしまった場合は、リメイクレシピがおすすめです。

おでんの炊き込みご飯

Cpicon おでんをリメイク⇒炊き込みご飯♡ by 苺♡ストロベリー

おでん出汁の美味しさがしみ込んだご飯で、おにぎりにしても最高♪

翌日におでんを食べる際は、75℃以上が1分以上続くように再加熱します。

正しく冷蔵保存した場合でも、日持ちは短いので早めに食べるのが無難です。

 冷凍したら保存期間はいつまで?具材別の注意点

冷凍した手作りおでんは2週間程度保存できますが、保存期間が長くなると風味が落ちるのでなるべく早く食べましょう。

ただし冷凍保存に向かない具材もあるので注意してください。

具材の冷凍しやすさ
  • 冷凍しやすい(変化が小さい):練り物、牛すじ、はんぺん など
  • 冷凍向きではない(変化が大きい):大根、じゃがいも、厚揚げ、ゆで卵 など

冷凍すると食材中の水分が氷になって体積が大きくなるので、周りの細胞を壊します。

水分が多い野菜は柔らかくなりすぎ、卵や厚揚げ・こんにゃくも食感が悪くなり美味しさが損なわれるので冷凍はおすすめできません。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
「グニャグニャの大根が好き!」「プリプリ感がない不思議な食感のこんにゃくが好き!」という人もいるかもしれませんね。あくまで好み次第なので気になる人は試してみてください♪
下ごしらえのいらない冷凍食品を、前日のおでんの具材に加えてみるのも楽しいです。冷凍里芋やシューマイ、ロールキャベツも美味しいですよ♪

正しいおでんの保存方法を理解して、安全に美味しく食べきりましょう。

 
スポンサーリンク
 

結論|おでんは常温放置せずに正しく保存しよう

おでん のまとめ
  • 手作りは常温保存できない
  • 常温放置は食中毒の危険が高まる
  • 市販品には常温保存可・賞味期限6ヶ月の商品もある
  • 作り置きしたら粗熱をとり早めに冷蔵庫へ入れる
  • 正しく保存できれば翌日も美味しく食べられる

おでんは季節問わず傷みやすく、常温で放置してはいけません

大鍋調理で発生しやすいウエルシュ菌による食中毒に注意が必要です。

調理後すぐに食べない場合は、鍋のまま放置せず正しい方法で冷却し、なるべく早く冷蔵庫に入れてくださいね。

正しい保存方法を実践して、美味しいおでんを残さず食べましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました