スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

生ハムの常温放置は何時間まで大丈夫?日持ち目安と保存方法も!

生ハム 常温

【執筆者:編集部 芦川真理】

冷蔵・冷凍品の生ハムを常温放置したら、短時間で見た目や臭いに異変がなければ加熱して食べられる可能性があります。

しかし、生ハムを加熱すると水分が抜けて塩辛さが増してかたくなるため、本来の風味を損なってもいい場合に限ります。

また、常温の中に何時間置いたかわからない場合は、傷みが進み危険な状態になっている可能性があるため食べないようにしましょう。

常温保存ができる生ハムの原木なら、基本的に賞味期限まで食べられます。

生ハムは製造方法によって保存方法が異なるため、取り扱い方法を間違えると食べられなくなるため注意が必要です。

この記事では、生ハムを美味しく食べてもらうための以下の項目について紹介します。

この記事を読むとわかる!
生ハムのこと

 

  • 保存方法別の日持ち目安
  • 常温保存できる・できない商品のちがいについて
  • 腐ったときの変化と常温放置したときの注意点
  • 正しい保存方法と原木のケア方法

生ハムの原木を日持ちさせる保存方法が知りたい人や、原木って何?という初心者にも役立つような内容なのでぜひ参考にしてみてください。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
麦茶 カビ

麦茶にカビが?白い浮遊物・黒い・濁るとNG?ポットのカビ対策も

ミスタードーナツ 常温保存

ミスドは常温保存で3日はNG?翌日は?日持ち目安と保存の注意点

卵 賞味期限切れ 1日

卵の賞味期限切れ1日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

ナッツ カビ

ナッツのカビを食べたら危ない?アフラトキシンとは?見分け方も

ぬか床 カビ

ぬか床に白カビや黒カビ?ふわふわの正体は?見分け方と対処法

ココナッツオイル カビ

ココナッツオイルのカビの見分け方|白い塊はOK?酸化の対処法も

フランスパン カビ

フランスパンにカビが生えた?白カビ・黒カビ・白い粉の見分け方

冷凍ブルーベリー 体に悪い

冷凍ブルーベリーは体に悪い?毎日食べると危険?適切な摂取量は

鮭フレーク カビ

鮭フレークにカビ?冷蔵庫の入れ忘れで腐る?開封後の保存方法は

ひらたけ カビ

ひらたけにカビ?白いふわふわ・粉は白カビ?見分け方と対処法も

ごぼうにカビ?中身が白い・ピンクに変色やスカスカでも大丈夫?

ぶなしめじ カビ

ぶなしめじにカビが?白いふわふわの正体や危険なカビの見分け方

ミックスチーズ カビ

ミックスチーズにカビ?青カビの見分け方や食べた場合の対処法は

オリーブオイル カビ

オリーブオイルにカビは生えるの?白い沈殿物・塊・濁りの正体は

豆腐 賞味期限切れ

豆腐の賞味期限切れ5日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

赤福 常温

赤福は常温で何日もつ?冷蔵・冷凍保存できる?適切な保存方法は

こんにゃく カビ

こんにゃくにカビ?表面の白い膜や斑点の正体や見分け方を解説

砂糖 カビ

砂糖にカビは生えない?三温糖・黒砂糖・きび砂糖にカビは生えるか

ピクルス 常温

ピクルスは常温で長期保存OK?開封後は?日持ちと保存の注意点!

手作り スイートポテト 日持ち

手作りスイートポテトの日持ち|常温・冷蔵庫・冷凍の保存方法も

フリスク 賞味期限

フリスクの賞味期限切れは腐るの?カビに要注意?日持ちの目安は

コンビニおにぎり 常温

コンビニおにぎりは常温保存で何時間もつ?翌日の昼までは危険?

油揚げ カビ

油揚げにカビ?黒い点や赤い・ピンクの変色は?腐るとどうなるか

青梅 カビ

青梅にカビ?追熟中の白カビ・しわしわ・腐る原因から対処法まで

レモン果汁 カビ

レモン果汁にカビ?白い浮遊物・沈殿物はNG?見分け方と保存方法

あさり 常温

あさりの常温保存は何日?冷蔵庫での日持ちは?砂抜きの注意点も

明太子 常温

明太子は常温で何時間OK?冷蔵庫での日持ちや持ち歩きの注意点も

おはぎ 日持ち

おはぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍でいつまで?手作りの場合は

人参 常温保存

人参は常温保存で何日まで?冷蔵庫の日持ちは?長持ちするコツも

温泉卵 常温

温泉卵は常温保存でOK?冷蔵庫での日持ちは?手作り・市販の違いも


生ハムの常温放置は何時間まで大丈夫?賞味期限目安について

生ハム 日持ち

冷蔵・冷凍の生ハムを常温放置したら、短時間なら食べられる場合がありますが、長時間経っていたら傷んで食べられない可能性が高いです。

生ハムの原木であれば常温保存できるので、問題なく食べられます。

市販の生ハムは、商品によって日持ち期間が異なるため、パッケージに記載された賞味期限を確認しましょう。

生ハムの日持ち期間目安
未開封 開封後
冷蔵品 10~30日程度 期限にかかわらず
早めに食べ切る
冷凍品 半年~1年程度
常温品(原木) 半年~2年程度

常温品の生ハムの原木は、かたまりの状態から少しずつカットして食べる商品で、食べ終わるまで常温保存できます。

同じ生ハムでも、冷蔵・冷凍が必要なものと、常温保存ができる商品があるのは、製造方法にちがいがあるためです。

常温保存で日持ちする生ハムと出来ない商品がある理由

生ハムに常温保存できる・できない商品があるのは、製造方法が異なるためです。

冷蔵・冷凍が必要な、日本のスーパーやコンビニでよく見かける薄いピンク色をしたスライス済みの生ハムは、ドイツの製法をもとに作られたラックスハム(ラックスシンケン)という種類です。

骨のない豚のロース肉を使って、塩漬けをしてから低温でじっくり燻製をおこない、およそ2日程度で出来あがります。

一方、常温保存が可能なのは、おもにスペインやイタリア製の生ハムです。

骨付きの豚の前足や後ろ足をまるごと使って塩漬けをしたあと、乾燥や熟成に数年もの長い時間をかけるのが特徴です。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
 スぺインの寒冷な気候や、イタリアの川沿いを吹く乾燥した風など、それぞれの土地の特徴を上手に活用して、常温で熟成をおこなっています。

食品が腐敗する原因となる微生物が増殖するには、栄養・水分・温度などの条件が必要です。(※1)

スペインやイタリア製の生ハムは、製造過程に長時間かけて乾燥させる工程があるため、微生物の増殖に必要な水分がほとんどなく、常温保存が可能な状態に仕上がります。

冷蔵・冷凍の生ハムは、未開封・開封後にかかわらず、常温放置すると傷みが進むため、食べられない状態の見分け方を知っておきましょう。

3時間常温放置なら変色や臭いを確認|半日以上は腐る可能性大

冷蔵・冷凍の生ハムを常温放置してしまった場合、2時間以内なら見た目や臭いに異変がなければ加熱して食べられる可能性があります。

生ハムは加熱をしないで食べる商品なので、火を通すと本来のみずみずしさが失われて塩辛さが増し、美味しく食べられなくなります。

また、半日や1日常温放置すれば、腐敗が進んで臭いや見た目に異変が出て食べられないとわかりますが、3時間程度だと、食べられる状態なのか判断が難しいため注意が必要です。

冷蔵・冷凍の生ハムが食べられるかどうかの見分け方
食べられない 食べられる
見た目
変色
・茶色
・乾燥している
・カビが発生
・ピンク色
・みずみずしい
匂い
臭い
におい
・発酵臭
・カビくさい
燻製の香り

食感
触感など
・表面がヌメヌメ
・ドロドロ
・糸を引く
柔らかい
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
 生ハムとは、豚肉を塩漬けしてから長時間熟成した、一切加熱がされない非加熱食肉製品です。見た目で少しでもおかしいなと感じたら口にしないで処分するのをおすすめします。

しかし食中毒菌が付着していた場合、腐ったときのように見た目や臭いに変化を出さずに、食品中に増殖したり毒素を排出したりします。(※2)

食べられる状態か見た目で判断できず大変危険なので、冷蔵・冷凍品を短時間でも常温放置してしまった場合は、安全のため食べるのを避けたほうがいいでしょう。

一方、同じ生ハムでも常温保存可能な原木は、カビが発生しても食べられる場合があり、冷蔵・冷凍品と見分けるポイントが異なります。

常温保存できる原木にカビが生えても食べられる可能性あり

生ハムの原木に白カビが生えた場合は、基本的には問題なく食べられます。

生ハムの原木に発生した白カビについては熟成を促す役割があるため、オリーブオイルを含ませたキッチンペーパーでふき取ったり、発生した付近を切り取ったりしてから食べましょう。

 生ハムの熟成や品質の維持に大切な酵母菌が死んでしまうため、アルコールでふき取るのは避けてください。

しかし、あまりにも広範囲に広がった状態や、黒や青緑色などほかの色のカビが発生した場合、アレルギーを引き起こす原因や、発がん性や強い毒性を持つカビの可能性もあるため食べないほうがいいでしょう。(※3)

カビが発生すると見た目ですぐ判断できますが、カビが発生した付近を取りのぞけば安全とは言い切れません。カビ毒がどの範囲まで食品を汚染しているのか、目では確認できないためカビが発生した食品は安全のため食べないよう推奨されています。

素人判断では怖いと感じるくらいにカビが発生してしまった人の口コミもありました。

捨てるのはもったいないと感じても、明らかに危険な状態にまでカビが見られるなら安全のために処分してくださいね。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
原木をカットした表面に白いつぶつぶが出てきたら、チシロンという旨味成分の結晶です。噛んだときガリっとした食感はありますが、問題なく食べられます♪

生ハムを最後まで美味しく食べるためにも、それぞれの正しい保存方法を覚えておきましょう。

 
スポンサーリンク
 

生ハムの冷蔵・冷凍保存方法|原木を常温で保存する方法も

生ハム 原木 常温

冷蔵・冷凍の生ハムは、未開封であれば賞味期限まで保存可能ですが、開封後は早めに食べるようにしてください。

常温保存可能な、生ハムの原木は基本的には常温で賞味期限まで食べられます。

しかし、日々のお手入れをおこなわないとカビが生えて食べられなくなる可能性が高いです。

生ハムの保存方法
常温品
(原木)
冷蔵品 冷凍品
未開封 開封後 未開封 開封後
常温 賞味期限
まで
NG
冷蔵 お早めに 賞味期限
まで
お早めに NG
冷凍 1種間程度 賞味期限
まで
お早めに

冷蔵品は、未開封であれば真空パックの状態のまま冷凍できますが、解凍したら丸ごと使い切る必要があるため、使いやすくするためにも小分けにして冷凍するのがおすすめです。

生ハムを小分けにして冷凍する方法
  • ラップの上に重ならないように広げるてぴったり包む
  • さらにアルミホイルで包む(急速冷凍のため)
  • 保存用の袋に入れてから冷凍庫へ
  • 食べるときは冷蔵庫で30分ほどかけて解凍がおすすめ
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
 生ハムの原木を冷凍するときは、食べやすいサイズにカットしてから保存してくださいね。

冷蔵庫に入れる場合も、カットしたもの清潔な密閉容器か空気がないらないようにラップで包むのがおすすめですが、なるべく早めに食べ切ってください。

生ハムの原木は常温保存可能ですが、お手入れをしないで放置してしまうと食べられなくなってしまうため、上手に保存するコツを覚えておきましょう。

生ハムの原木を常温で上手に保存するコツ

生ハムの原木を上手に保存するには、温度・湿度・保管場所に気を配る必要があります。

生ハムの原木を生産するヨーロッパとはちがい、日本は高温・多湿の国なので保管場所を間違えるとカビが生えやすい環境になってしまいます。

常温保存するときのポイント
  • 直射日光があたらない暗い場所
  • 温度・湿度変化の少ないところ(理想20度前後)
  • 風通しのいい場所(クーラー・暖房の風は×)
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
梅雨の時期や、夏場40℃近くになる場合は、カットをして冷蔵・冷凍を活用したほうが日持ちできるので状況によって活用してください。

大きな生ハムの原木の場合、食べる分をスライスして何日もかけて食べすすめるのが醍醐味です。

そのため、長持ちさせるには切り口部分のケアをおこなうのも大切です。

 ・オリーブオイルを切り口に塗ってキッチンペーパーでおおう
(カットの際に出た余分な脂の塊があればキッチンペーパー代わりに利用する)
・ホコリよけで清潔なフキンを上からかける
(ラップで密閉するとカビが発生しやすくなるためNG)

白カビが発生した場合の注意点は、上記で解説したとおりなので再度確認してみてくださいね。

 
スポンサーリンク
 

結論|生ハムは冷蔵・冷凍以外にも常温保存できる商品がある

生ハムのまとめ
  • 冷蔵・冷凍品を常温放置したら傷んでいる可能性大
  • 製造方法が異なるため常温保存できる商品もある
  • 腐ると見た目や臭いに異変が出る
  • 原木を常温保存するには環境を整える必要あり
  • 日持ちさせるには冷蔵冷凍を活用

常温保存できる生ハムの原木もありますが、冷蔵・冷凍品は常温保存できません

常温で3時間放置してしまった場合、見た目や臭いに異変がなくても安全とは言い切れないため、食べないようにしましょう。

カビが発生しやすい生ハムの原木を日持ちさせるには、保管場所や日々のお手入れが大切です。

冷蔵品ですぐに食べきれない場合や、生ハムの原木をうまくケアできないときは、冷凍で1週間ほど保存できるので活用してみてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました