スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハヤシライスの常温放置は腐る?常温・冷蔵庫・冷凍で何日もつ?

ハヤシライス 常温

【執筆者:管理栄養士 宍戸恵】

ハヤシライスの常温放置は腐る原因となるだけでなく、食中毒を引き起こす危険性も潜んでいます。

2時間までを目安とし、作り置きする場合は速やかに冷蔵庫へ移すか、冷凍保存しましょう。

常温保存のリスクや、低温の保存で何日もつのか、保存時の注意点等を以下の項目に沿って紹介していきます。

この記事を読むとわかる!
ハヤシライス のこと

 

  • 常温・冷蔵・冷凍で何日間もつか
  • 常温放置のリスク
  • 保存期間を延ばす為の工夫
  • 冷凍保存の注意点やアレンジ方法

「ついうっかり…」と一晩コンロの上で放置してしまった人、余ったハヤシライスの保存方法に悩んでいる人、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
麦茶 カビ

麦茶にカビが?白い浮遊物・黒い・濁るとNG?ポットのカビ対策も

ミスタードーナツ 常温保存

ミスドは常温保存で3日はNG?翌日は?日持ち目安と保存の注意点

卵 賞味期限切れ 1日

卵の賞味期限切れ1日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

ナッツ カビ

ナッツのカビを食べたら危ない?アフラトキシンとは?見分け方も

ぬか床 カビ

ぬか床に白カビや黒カビ?ふわふわの正体は?見分け方と対処法

ココナッツオイル カビ

ココナッツオイルのカビの見分け方|白い塊はOK?酸化の対処法も

フランスパン カビ

フランスパンにカビが生えた?白カビ・黒カビ・白い粉の見分け方

冷凍ブルーベリー 体に悪い

冷凍ブルーベリーは体に悪い?毎日食べると危険?適切な摂取量は

鮭フレーク カビ

鮭フレークにカビ?冷蔵庫の入れ忘れで腐る?開封後の保存方法は

ひらたけ カビ

ひらたけにカビ?白いふわふわ・粉は白カビ?見分け方と対処法も

ごぼうにカビ?中身が白い・ピンクに変色やスカスカでも大丈夫?

ぶなしめじ カビ

ぶなしめじにカビが?白いふわふわの正体や危険なカビの見分け方

ミックスチーズ カビ

ミックスチーズにカビ?青カビの見分け方や食べた場合の対処法は

オリーブオイル カビ

オリーブオイルにカビは生えるの?白い沈殿物・塊・濁りの正体は

豆腐 賞味期限切れ

豆腐の賞味期限切れ5日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

赤福 常温

赤福は常温で何日もつ?冷蔵・冷凍保存できる?適切な保存方法は

こんにゃく カビ

こんにゃくにカビ?表面の白い膜や斑点の正体や見分け方を解説

砂糖 カビ

砂糖にカビは生えない?三温糖・黒砂糖・きび砂糖にカビは生えるか

ピクルス 常温

ピクルスは常温で長期保存OK?開封後は?日持ちと保存の注意点!

手作り スイートポテト 日持ち

手作りスイートポテトの日持ち|常温・冷蔵庫・冷凍の保存方法も

フリスク 賞味期限

フリスクの賞味期限切れは腐るの?カビに要注意?日持ちの目安は

コンビニおにぎり 常温

コンビニおにぎりは常温保存で何時間もつ?翌日の昼までは危険?

油揚げ カビ

油揚げにカビ?黒い点や赤い・ピンクの変色は?腐るとどうなるか

青梅 カビ

青梅にカビ?追熟中の白カビ・しわしわ・腐る原因から対処法まで

レモン果汁 カビ

レモン果汁にカビ?白い浮遊物・沈殿物はNG?見分け方と保存方法

あさり 常温

あさりの常温保存は何日?冷蔵庫での日持ちは?砂抜きの注意点も

明太子 常温

明太子は常温で何時間OK?冷蔵庫での日持ちや持ち歩きの注意点も

おはぎ 日持ち

おはぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍でいつまで?手作りの場合は

人参 常温保存

人参は常温保存で何日まで?冷蔵庫の日持ちは?長持ちするコツも

温泉卵 常温

温泉卵は常温保存でOK?冷蔵庫での日持ちは?手作り・市販の違いも


ハヤシライスは何日もつか|冬場でも翌日までの常温放置は避けて

ハヤシライス 常温

常温放置は傷みやすく、冷蔵庫でも1週間以上置くのは避けた方が良いでしょう。

ハヤシライスの日持ち目安
常温 2時間以内
冷蔵 2~3日程度
冷凍 1ヶ月程度

冷蔵・冷凍の保存方法については後半で詳しく紹介しています。

常温保存では出来上がった後、鍋の温度が徐々に冷めていく過程で傷んでいきます、

常温保存が向かない理由

常温保存で2時間を超えると、腐敗や食中毒の原因となる微生物(細菌やカビ等)の増殖が活発になります。(※1)

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
耐熱性はさまざまですが、多くの細菌類にとって20~40℃の温度帯が最も増殖しやすい環境です。

とろみがある料理は中の温度が下がりにくいので、冬場でも常温放置は避けた方が良いでしょう。

何時間も放置すると腐敗により見た目や臭いに変化が現れます。

腐るとどうなる?冷蔵庫でも長期保存は注意

常温放置だけでなく冷蔵保存でも少しずつ微生物は増え、長期保存は傷む原因となります。

五感で「怪しいな」と感じたら腐っている可能性が高いので、処分を検討してください。

腐ったハヤシライス
見た目
変色
カビが生えている
臭い
匂い
におい
・カビ臭い
・酸っぱい臭い

食感
触感など
・粘り気
・酸味や苦味

カビが生え腐敗したものを食べると健康を害する危険性がありますよ。

また常温放置して見た目に異変がない場合でも、ハヤシライスやカレーライスのような鍋料理ではウェルシュ菌による食中毒のリスクが潜んでいます。

異変はなくとも危険!ウェルシュ菌の脅威

食べて違和感がない場合でも、常温放置したハヤシライスには食中毒症状を引き起こすウエルシュ菌が増殖している可能性があります。(※2)

ウエルシュ菌は増えても腐敗した特徴とは異なり見た目や臭いが変化しません。

また熱に強い芽胞を作り出し、一度増えたウェルシュ菌は十分な加熱でも完全に除去するのは困難です。

ウェルシュ菌について
特徴 ・自然界に広く分布する菌
・空気が無い場所を好み
煮込み料理で発生するケースが多い
(嫌気性菌)
・12~50℃の温度帯で増殖
(43~45℃が最も活発になる)
症状 ・口にしてから症状が出るまでの時間は
6~18時間
・主な症状は下痢や腹痛、まれに発熱(37~38℃)

ウェルシュ菌による食中毒は特に鍋料理で発生することが多く、過去にも集団給食施設で食中毒が起きています。(※3)

無味無臭で自然界に広く分布し、かつ12℃のような低温でも増殖する菌です。この点を踏まえても冬場の常温放置は避けた方が安心ですね。

カレーライスやほかの煮込み料理でも注意してください。

腐敗菌や食中毒菌の増殖を予防するには短い時間帯で早めに冷やすのがベストです。

工夫して最後まで安全に食べ切りましょう。

 
スポンサーリンク
 

ハヤシライスを日持ちさせるなら冷蔵・冷凍保存を

ハヤシライス 常温放置

作った次の日~3日目を目安に食べ切る予定がある場合は、冷蔵保存でも良いでしょう。

それ以上日持ちさせる場合は冷凍保存が有効です。

冷蔵・冷凍保存の方法
冷蔵 ・速やかに冷やす
・タッパーや鍋ごと冷蔵庫へ
冷凍 ・速やかに冷やす
・1回ずつ小分けにする
(ジップロックやタッパーへ入れる)
・1ヶ月を目安に消費する

タッパーはラップを敷くと色や臭い移りの予防になりますよ。

食材によっては不向きなものもあり、解凍時にもちょっとしたコツがあります。

保存・解凍時の注意点|アレンジも

庫内の温度上昇は他の食品にダメージを与える為、粗熱が取れてから冷凍しましょう。

氷水を張ったボウルに入れて鍋ごと冷やす手もあります。

解凍と冷凍を繰り返すと品質が変わりやすいだけでなく食中毒の危険もあるので、使い切りサイズで冷凍してくださいね。(※4)

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
 たまねぎ・牛肉・マッシュルームは冷凍しても食感が大きく変わることはありません。じゃがいもはボソボソとした食感になるので、取り除くか細かくして入れましょう。

冷凍しても菌は死滅しているわけではない為、しっかり加熱します。

食べる前日に冷蔵庫へ移したり電子レンジで少し温めたりして、半解凍の状態にしておきましょう。

鍋に移し替え、全体を混ぜながら加熱するとムラもなく温まります。

 牛肉や生クリームを多く使用した場合等、油脂が多く含まれていると解凍時に分離することがあります。
半解凍の段階でしっかりかき混ぜると予防できますよ。

油分は温度が上がりやすく、タッパーやジップロックに入れたまま電子レンジでアツアツに解凍すると溶けることがあるので、注意してくださいね。

冷凍の手間を省きたい人や、頻繁に食べる人は常温のストックも便利です♪

▼賞味期限:約2年

おいしいカレー
¥927 (2022/08/19 13:47:49時点 Amazon調べ-詳細)

また余ったハヤシライスはチーズをのせてドリアやトーストにしたり、オムライスのソースとしてそのまま使ったりしても美味しく楽しめます。

パスタと合わせると、ボロネーゼ風に変身しますよ♪

ご飯以外の組み合わせも相性抜群なので、ぜひ試してみてください。

 
スポンサーリンク
 

結論 | ハヤシライスの常温放置は避けて早めに冷凍か冷蔵を

ハヤシライス のまとめ
  • 常温保存は2時間までを目安に
  • 五感で怪しいと感じたら処分
  • 異変がなくともウェルシュ菌による食中毒のリスクが
  • 冷凍保存で約1ヶ月日持ちする
  • 解凍時は鍋でしっかり加熱する

「翌日まで常温に置いてしまったけど、味はおかしくないから」と油断しているとウェルシュ菌による食中毒を引き起こすかもしれません。

夏場はもちろん、冬場の常温保存も安全とは言えません。

冷凍できるので大量に作っても焦らず、工夫して食べ切ってくださいね♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました