スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オリーブオイルにカビは生えるの?白い沈殿物・塊・濁りの正体は

オリーブオイル カビ

【執筆者:管理栄養士 大森まりえ】

オリーブオイルは低温で保存した場合、成分の一部が固まり白い沈殿物・塊・濁りとなってあらわれますが、カビではないので問題なく食べられます。

しかし唐辛子やにんにくなどを漬けた場合や、保存方法が不適切な場合はカビが発生しやすくなるため注意が必要です。

またカビ以外にも、酸化により品質が劣化するため、食べられる状態の見分け方を知っておきましょう。

この記事を読むとわかる!
オリーブオイルのこと

 

  • 食べられる状態の見分け方
  • 品質が劣化したときの特徴
  • 正しい保存方法
  • 余った場合の調理例

オリーブオイルの見た目がいつもと違って食べられるか不安という人や、鮮度を保つ最適な保存場所を知りたいという人は、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね♪

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
きな粉 体に悪い

きな粉は体に悪い?危険性は?食べ過ぎによるデメリットを解説

ミロ 体に悪い

ミロは体に悪いって本当?飲み過ぎは太る?デメリットや注意点

麦茶 体に悪い

麦茶は体に悪い?飲み過ぎによるデメリットは?メリットも解説!

納豆 賞味期限切れ 1ヶ月

納豆の賞味期限切れ1ヶ月後は食べられる?何日過ぎると危ないか

ブラックコーヒー 体に悪い

ブラックコーヒーは体に悪い?飲み過ぎによる健康への影響を解説

ハリボーグミ 体に悪い

ハリボーグミは体に悪い?成分・添加物は危険?食べ過ぎの影響は

ジョア 体に悪い

ジョアは体に悪い?飲み過ぎは太る?栄養成分や効果的な飲み方も

オクラ 体に悪い

オクラは体に悪い?食べ過ぎると下痢・腹痛に?原因と摂取量目安

三温糖 体に悪い

三温糖は体に悪い?危険って本当?他の砂糖との違いやメリットも

納豆 賞味期限切れ 3日

納豆の賞味期限切れ3日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

牛乳 賞味期限切れ 1週間

牛乳の賞味期限切れ1週間後は加熱してもNG?何日過ぎると危険か

カマンベールチーズ 白カビ

カマンベールチーズにカビが生えた?外側の白カビは食べられる?

ネギ カビ

ネギにカビが生えた?白い・黒い・茶色やピンクの正体と見分け方

さつまいも カビ

さつまいもにカビ?黒い・白い・緑などに色が変わると危険なの?

コーヒーフレッシュ 体に悪い

コーヒーフレッシュは体に悪い?トランス脂肪酸が危険?原材料は

タコ 体に悪い

タコは体に悪い?食べ過ぎはプリン体に注意?栄養成分も解説

コンビニおにぎり 体に悪い

コンビニおにぎりは体に悪いの?添加物だらけって本当?危険性は

野菜ジュース 体に悪い

野菜ジュースが体に悪いって嘘?本当?危険性やデメリットを解説

ポテトチップス 体に悪い

ポテトチップスが体に悪いは嘘?脂質・添加物など健康への影響は

甘栗 体に悪い

甘栗は体に悪い?食べ過ぎによる健康への影響は?1日の適量も

ニンニクの芽 体に悪い

ニンニクの芽は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点も

水菜 体に悪い

水菜は体に悪い?食べ過ぎは下痢に?栄養がないのは本当かも検証

調製豆乳 体に悪い

調製豆乳は体に悪い?飲み過ぎは太る?デメリットや摂取量を解説

カシューナッツ カビ

カシューナッツにカビ?ピンク・黒い点はNG?黒カビの見分け方も

大根おろし 体に悪い

大根おろしは体に悪い?食べ過ぎは下痢・腹痛に?体に良い成分も

キッコーマン 豆乳 体に悪い

キッコーマン豆乳は体に悪いの?太ることもある?毎日の適量とは

ココナッツミルク 体に悪い

ココナッツミルクは体に悪いの?デメリットとメリットを解説

シャインマスカット 体に悪い

シャインマスカットは体に悪い?太る?食べ過ぎのデメリットは

柿の種 賞味期限

柿の種の賞味期限切れは食べられる?日持ち目安と保存のポイント

納豆 賞味期限切れ 5日

納豆の賞味期限切れ5日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説


オリーブオイルの沈殿物・塊はカビではなく成分が固まったもの

オリーブオイル 沈殿物

オリーブオイルにカビのようなものが発生したとき、食べられる場合とそうでない場合があります。

カビが生えたような状態の見分け方
状態 原因
食べられる 白い沈殿物、
塊、濁り
10℃以下の
低温保存による
成分由来のもの
黒い沈殿物、
塊、濁り
ノンフィルター製法に
よる成分由来のもの
食べられない 白・黒・緑の
フワフワ
カビ
オイル漬けの具材が
ドロドロに溶ける
明らかな異臭がする

オイル漬けしたにんにくや唐辛子に白・黒・緑のフワフワしたカビが付着していたり、ドロドロと溶けていたりする場合は腐っている恐れがあります。

 オイル漬けする具材が傷んでいたり、水分が付着したりしているとカビが生える原因になります。また具材がオイルから出ていると傷みやすいため、完全に浸かるまでオリーブオイルを充填してください。

容器を入れ替える場合は、このように煮沸消毒してから保存してくださいね。

カビが発生したオリーブオイルを食べてしまった場合、その量がわずかであれば、腹痛や嘔吐などの食中毒症状が出る可能性は低いでしょう。

しかし中にはカビ毒のような毒性が強い物質を生成する種類があり、多量に摂取すると健康被害がでる恐れがあるため、カビを見つけた場合は食べずに処分してください。(※1)

カビが生えたように見えても問題なく食べられる場合があるので、見分けられるようにしましょう。

スポンサーリンク

食べてもOKな黒・白い浮遊物の例│温度や製法由来

オリーブオイルに白い沈殿物・塊・濁りがあらわれても、10℃以下で保存していた場合は成分が固まっただけでカビではないため、食べても問題ありません。

このように冬場や冷蔵庫など保存環境が低温だと、主成分のオレイン酸とパルチミン酸が固まるため、白い沈殿物があらわれたり全体的に白濁した状態になったりします。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
 40℃程度のお湯に2~3分浸けるか暖かい部屋に置いておくと、元の透明な状態に戻ります。しかし温度変化を何度か繰り返すと、風味が劣化するので注意しましょう。

またノンフィルター製法で作られたオリーブオイルは、黒っぽい沈殿物や濁りがあらわれることがありますが、この場合もカビではなく、オリーブオイル由来の成分のため食べられますよ。

オリーブオイルの濁りを取るときに、フィルターを使って「ろ過」せず、静置した状態で不純物を沈殿させ上澄みだけを取り出す製法。フレッシュな香りや雑味があり、オリーブ本来の風味が楽しめるといわれています。

ただしノンフィルター製法の商品は、一般的に賞味期限が1年程度と短めなため、開封後はなるべく早めに使い切りましょう。

このように一見カビに見える場合でも、保存条件や商品の特性によって問題なく食べられることも多いので、見た目だけで処分しないようにしてくださいね。

オリーブオイルは比較的腐りにくい食品といわれていますが、光や温度変化により品質が劣化することがあります。

スポンサーリンク

光による酸化に注意│品質が劣化したときの特徴

オリーブオイルを含む油は、水分をほとんど含まないため腐りにくいですが、光の影響を受けやすく未開封の状態でも酸化する場合があります。(※2)

緑や黒の容器に入っている商品が多いのは、光を遮断して風味を維持するためといわれています。

腐りにくい理由については、こちらの記事を参考にしてくださいね。

通常のオリーブオイルは黄緑色で爽やかな香りがしますが、酸化が進むと見た目や臭いに変化があらわれます。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
食べたときに苦味や辛味を感じるときがありますが、オリーブに含まれるポリフェノールによるもので、鮮度が良い証拠なので品質には問題ありません。

透明になるほど変色していたり、ツンとした臭いがしたりする状態の油を食べると、胸やけや、腹痛・下痢などの食中毒に似た症状があらわれる危険性があります。

その場合は賞味期限内であっても、残念ですが食べずに処分しましょう。

また油は高温に強いイメージがありますが、オリーブオイルは温度が高くなると酸化が進みやすいため、保存場所に注意する必要があります。

   
スポンサーリンク
 

オリーブオイルの品質を維持する正しい保存方法

オリーブオイル カビ 保存

未開封・開封後にかかわらず、温度や光に注意して常温で保存してください。

オリーブオイルの正しい保存方法と日持ち
常温 ・高温、直射日光を避け冷暗所で保存
・開封後は1~2ヶ月を目安に使い切る
冷蔵 推奨されていない
冷凍

暗所で温度変化が少ないキッチン下の戸棚、床下などで保存するのがおすすめです。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
コンロやレンジ周りは高温になりやすい場所なので避けましょう。また直射日光が当たる窓辺以外にも、蛍光灯の下も光の影響を受けやすいため、保存場所には適していません。

冷蔵庫や冷凍庫での保存は固まって使いにくくなるだけではなく、出し入れの温度変化で水滴が発生し、カビが生える原因になるのでやめましょう。

好みの容器を移し替える場合は煮沸消毒をし、水滴を完全に拭き取って雑菌やカビの繁殖を防ぎましょう。容器が透明の場合は遮光できないので、1~2日で使い切れる量にしてください。

オリーブオイルは抗酸化物質を多く含むため油の中でも比較的酸化しにくいですが、長期間空気に触れると酸化が進むので、開封後は賞味期限にかかわらず早めに使い切ってくださいね。

大容量タイプを購入したけど余っているという場合は、普段の料理に使ってどんどん消費していきましょう。

スポンサーリンク

種類別の調理例│生食・加熱調理用

オリーブオイルは生食・加熱調理など幅広い料理に活用できます。

特有の香りがあるエキストラバージンオイルは、そのまま食べる生食やダイレクトに油を楽しむ料理に適しています。

エキストラバージンオイルの調理例
  • サラダや温野菜にかけて
  • パンにつけて
  • カルパッチョにかけて
  • 卵かけご飯やしらす丼にかけて
  • スープやパスタの仕上げに
  • アヒージョやオイル漬けに
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
洋食のイメージが強いですが、納豆や味噌汁などの和食とも相性が良く、ひとかけするとコクと風味が増しますよ。

精製されたオリーブオイルとエキストラバージンオイルをブレンドしたピュアオリーブオイルは、マイルドでクセが少ないので、オリーブオイルが苦手な人にもおすすめです。

バージンオイルに比べて低コストなので、油をたっぷり使用する揚げ物に適していますよ。

ピュアオリーブオイルの調理例
  • 天ぷらやフライの揚げ油に
  • 炒め物や焼き物に
  • ペペロンチーノなどのパスタに

一度使用すると風味は劣化するため、再利用する場合はなるべく早めに使い切りましょう。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
紹介した2種類のオイルは、生食用・加熱用と分かれているわけではないので、好みによって用途を使い分けてくださいね♪

さまざまな料理になじみやすく、少し加えるだけで奥深い味わいになるので、毎日の食事に積極的に取り入れてみてください。

   
スポンサーリンク
 

結論|オリーブオイルはカビは発生しにくいが酸化に注意が必要

オリーブオイルのまとめ
  • 沈殿物・濁りは温度や製法由来で食べられる場合が多い
  • オイル漬けした具材が傷んでカビが発生することがある
  • 色や臭いが変化した場合は酸化が進んで食べられない恐れも
  • 直射日光・高温を避けた冷暗所で常温保存する
  • 生食・加熱調理と幅広く使用して日々の料理に取り入れよう

オリーブオイルは低温状態で沈殿物・濁りがあらわれますが、カビではなく成分が固まったものなので食べても問題ありません。

ただし水分が残っているとカビが発生する原因になるため、容器を移し替える場合やオイル漬けする場合は注意が必要です。

また空気よりも、光の影響で酸化が進み風味が劣化しやすいため、未開封・開封後にかかわらず保存するときは冷暗所に置いてください。

幅広い料理に取り入れて、風味が損なわれる前に使い切りましょう♪

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました