スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

冷凍ブルーベリーは体に悪い?毎日食べると危険?適切な摂取量は

冷凍ブルーベリー 体に悪い

【執筆者:編集部 高田ゆみ】

冷凍ブルーベリーは体に悪い食べ物ではありませんが、食べ方によっては消化不良を引き起こす場合があるので注意しましょう。

冷凍庫から出してそのまま食べることもできますが、食べ過ぎると冷えで体調が悪くなるかもしれないので気をつけなければいけませんね。

この記事では、安心して冷凍ブルーベリーを食べるために知っておきたい以下の項目について紹介します。

この記事を読むとわかる!
冷凍ブルーベリーのこと

 

  • 体に悪いと言われる理由
  • 摂取量の目安
  • 体への影響が少ない商品の選び方
  • 注目したい栄養

栄養価が高いブルーベリーを毎日の食生活に取り入れたいと考えている人に役立つ内容なので、ぜひ参考にしてみてください♪

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
きな粉 体に悪い

きな粉は体に悪い?危険性は?食べ過ぎによるデメリットを解説

ミロ 体に悪い

ミロは体に悪いって本当?飲み過ぎは太る?デメリットや注意点

麦茶 体に悪い

麦茶は体に悪い?飲み過ぎによるデメリットは?メリットも解説!

納豆 賞味期限切れ 1ヶ月

納豆の賞味期限切れ1ヶ月後は食べられる?何日過ぎると危ないか

ブラックコーヒー 体に悪い

ブラックコーヒーは体に悪い?飲み過ぎによる健康への影響を解説

ハリボーグミ 体に悪い

ハリボーグミは体に悪い?成分・添加物は危険?食べ過ぎの影響は

ジョア 体に悪い

ジョアは体に悪い?飲み過ぎは太る?栄養成分や効果的な飲み方も

オクラ 体に悪い

オクラは体に悪い?食べ過ぎると下痢・腹痛に?原因と摂取量目安

三温糖 体に悪い

三温糖は体に悪い?危険って本当?他の砂糖との違いやメリットも

納豆 賞味期限切れ 3日

納豆の賞味期限切れ3日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

牛乳 賞味期限切れ 1週間

牛乳の賞味期限切れ1週間後は加熱してもNG?何日過ぎると危険か

カマンベールチーズ 白カビ

カマンベールチーズにカビが生えた?外側の白カビは食べられる?

ネギ カビ

ネギにカビが生えた?白い・黒い・茶色やピンクの正体と見分け方

さつまいも カビ

さつまいもにカビ?黒い・白い・緑などに色が変わると危険なの?

コーヒーフレッシュ 体に悪い

コーヒーフレッシュは体に悪い?トランス脂肪酸が危険?原材料は

タコ 体に悪い

タコは体に悪い?食べ過ぎはプリン体に注意?栄養成分も解説

コンビニおにぎり 体に悪い

コンビニおにぎりは体に悪いの?添加物だらけって本当?危険性は

野菜ジュース 体に悪い

野菜ジュースが体に悪いって嘘?本当?危険性やデメリットを解説

ポテトチップス 体に悪い

ポテトチップスが体に悪いは嘘?脂質・添加物など健康への影響は

甘栗 体に悪い

甘栗は体に悪い?食べ過ぎによる健康への影響は?1日の適量も

ニンニクの芽 体に悪い

ニンニクの芽は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点も

水菜 体に悪い

水菜は体に悪い?食べ過ぎは下痢に?栄養がないのは本当かも検証

調製豆乳 体に悪い

調製豆乳は体に悪い?飲み過ぎは太る?デメリットや摂取量を解説

カシューナッツ カビ

カシューナッツにカビ?ピンク・黒い点はNG?黒カビの見分け方も

大根おろし 体に悪い

大根おろしは体に悪い?食べ過ぎは下痢・腹痛に?体に良い成分も

キッコーマン 豆乳 体に悪い

キッコーマン豆乳は体に悪いの?太ることもある?毎日の適量とは

ココナッツミルク 体に悪い

ココナッツミルクは体に悪いの?デメリットとメリットを解説

シャインマスカット 体に悪い

シャインマスカットは体に悪い?太る?食べ過ぎのデメリットは

柿の種 賞味期限

柿の種の賞味期限切れは食べられる?日持ち目安と保存のポイント

納豆 賞味期限切れ 5日

納豆の賞味期限切れ5日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説


冷凍ブルーベリーは体に悪いものではない|食べ過ぎには注意

冷凍ブルーベリー そのまま食べる

冷凍ブルーベリーを食べ過ぎると、豊富な食物繊維や冷えが原因で消化不良を引き起こすかもしれません。

ほかにも、アレルギーや微量な残留農薬のリスクなど、体に悪いと言われる原因がいくつかあります。

冷凍ブルーベリーが体に悪いと言われる原因
消化不良 そのままで食べると胃腸が冷える
不溶性食物繊維の摂り過ぎ
アレルギー 体質による
残留農薬 急性中毒の可能性(ほぼ心配なし)

冷凍ブルーベリーを食べると消化不良で腹痛を引き起こす事例が多いのは、食べ方に原因があると考えられます。

スポンサーリンク

凍ったままそのまま食べる・過剰摂取は消化に悪い

冷凍ブルーベリーを凍ったまま食べると、胃腸が冷えて消化不良を引き起こしてお腹を壊すおそれがあるので注意しましょう。

また、ブルーベリーは不溶性食物繊維が豊富に含まれているのが特徴です。

不溶性食物繊維を摂り過ぎると、便の量が増えて便秘が悪化したり、腹痛が生じたりすることもあると言われています。

冷凍ブルーベリーを凍ったまま食べ過ぎると、お腹の調子が悪くなるおそれがあるだけでなく、アレルギー症状を誘発することもあるようです。

スポンサーリンク

アレルギー症状の原因になることも

ブルーベリーを食べると、口や喉がかゆくなると訴える人もいます。

ブルーベリーはアレルギー症状を引き起こすおそれがあるとして、アレルギー検査項目にも含まれている食べ物です。

アレルギー症状は口や喉のかゆみ以外にも、全身の湿疹や息苦しさなどさまざまなので、ブルーベリーを食べた後に体調の異変を感じた経験がある人は十分注意しましょう。

もう一つ懸念されているのが、残留農薬の存在です。

スポンサーリンク

微量な残留農薬が検出される可能性も

冷凍ブルーベリーから検出されることがある微量な残留農薬が、体に悪いといわれる原因の一つです。

冷凍ブルーベリーから検出された残留農薬の例(※1)
  • アゾキシストロビン
  • ピラクロストロビン
  • ピリメタニル
  • ボスカリド
  • マラチオン

残留農薬が検出されるのは主に輸入品の冷凍ブルーベリーですが、国内の検疫所でしっかり検査が行われています。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
急性中毒が指摘されている農薬もあるので心配になりますよね。でも日本では、人が一生かけて毎日食べても健康に影響が出ない「食べても安全な量」を超えないようにしっかり管理されています。(※2)

なお、食品添加物(保存料)や、太るリスクについてもあまり心配しなくても良いでしょう。

食品添加物(保存料)や太る心配はほとんどない

「冷凍ブルーベリーに食品添加物(保存料)が含まれているから体に悪い」、「太るから体に悪い」などの説については、あまり心配しないでください。

冷凍ブルーベリーは日持ちするのは、細菌が活動できないマイナス18℃以下で保たれているからで、あえて保存料を添加する必要がないはずですよね。

また、果糖が含まれるため太るのではないかと考える人もいますが、食事のバランスをしっかり考えていれば心配ないとされています。(※3)

とはいえ、少しでも体に悪い影響が出ないように、冷凍ブルーベリーを食べる際のポイントを確認しておきましょう。

   
スポンサーリンク
 

体に悪い影響が出るのを防ぐ冷凍ブルーベリーの食べ方

ブルーベリー 摂取量

冷凍ブルーベリーを食べて体に悪い影響が出ないようにするためには、適量を守って食べることと、商品の選び方に気をつけましょう。

体に悪い影響が出ないようにするポイント
消化不良 適量を守る
胃腸が弱い人は凍ったまま食べない
アレルギー 医師に相談してみる
疑わしい場合は食べない
残留農薬 洗浄の有無をチェックする

体調を崩さないためにも、冷凍ブルーベリーを食べ過ぎないように注意してください。

毎日の摂取量は100gが目安|糖尿病やアレルギー体質は医師に相談

冷凍ブルーベリーを食べて消化不良を引き起こさないようにするには、適量を守り食べ過ぎないことが大切です。

農林水産省が提唱する「食事バランスガイド」では、1日に摂取する果物の目安量を200gとしていますが、冷たい果物を一気に食べ過ぎるのは避けたほうが良いですよね。

1日に摂取する果物の目安量の半分となる100g程度で考えてみることをおすすめしますが、胃腸の弱い人は最小限に抑えて様子を見ながら調整しましょう。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
糖尿病で糖質の摂取制限がある人や、アレルギーの心配がある人は医師に相談することをおすすめします。

ほかにも体に悪い説の一因として挙げた残留農薬の不安がある人は、商品の選び方にも気をつけてみましょう。

残留農薬のリスクが少ない商品を選ぼう

残留農薬が心配な人は、農薬不使用の冷凍ブルーベリーを選ぶことをおすすめします。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
ブルーベリーの皮が白っぽいのは農薬ではないか?と心配する人もいますが、実に含まれる脂質が鮮度を保つために出てきた「ブルーム」なので、全く問題ありません。

人体に影響がなくても農薬が残っているかもしれないのに、そのまま食べることに抵抗がある人は、加工時に洗浄してある商品を選ぶのも良いですね。

ブルーベリーは栄養価が高いので、食べ方さえ気をつけていれば体にうれしい果物ですよ。

   
スポンサーリンク
 

冷凍ブルーベリーは適量なら栄養価が高い果物

冷凍ブルーベリー 毎日

ブルーベリーには、不要な活性酸素を取り除くはたらきがあるアントシアニンが含まれています。(※4)

ほかにも、豊富な食物繊維やビタミンなどがバランスよく含まれており、果物のなかでも栄養価が高いです。

ブルーベリーに含まれるおもな栄養素
アントシアニン
(ポリフェノール)
活性酸素のはたらきを抑える
食物繊維 腸の調子を整える
ビタミンA・C・E 体の機能を正常に保つ
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
アントシアニン配合の機能性表示食品は、いろんなメーカーから販売されていますよ。
医薬品:疾病に対する効果・効能が認められ、治療や予防のために摂取するもの
機能性表示食品:事業者の責任において科学的根拠を基に機能性を表示したもので、疾病の治療や予防の目的で摂取するものではありません(※5)

冷凍ブルーベリーは急速冷凍されることで、生の状態よりも栄養価が損なわれにくいと考えられますよね。

そのまま食べるのはもちろん、ヨーグルトのトッピングやスムージーなどに使って、適量を守りながら毎日の食生活に活用してみてください。

 
スポンサーリンク
 
 

結論|冷凍ブルーベリーは適量を守れば体に悪いものではない

冷凍ブルーベリーのまとめ
  • 食べ過ぎると冷えや食物繊維の影響で消化不良を起こしやすい
  • アレルギー症状を引き起こす場合もあるので注意
  • 残留農薬・添加物・太るなどのリスクはほぼ大丈夫
  • 100g程度を目安にして調整しよう
  • 果物の中でも栄養価が高い

冷凍ブルーベリーは食べ方に気をつけていれば、体に悪い影響はほとんどないと考えられます。

胃腸が弱い人や、アレルギー体質の人などは、食べ過ぎないように気をつけて様子をみながら食べましょう。

優れた栄養素を含む果物なので、適量を守って上手に毎日の食生活に取り入れてみることをおすすめします♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました