スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

きくらげ(生・乾燥)にカビ?白い粉の正体と食べられるかの見分け方

きくらげ カビ

【執筆者:管理栄養士 大森まりえ】

きくらげの白い粉が胞子の場合は問題なく食べられますが、臭いや見た目に異変がある場合は注意が必要です。

購入後に時間が経過した場合や保存方法が不適切な場合は、カビが発生して腐る恐れがあります。

この記事では食べられる状態の見分け方や、生・乾燥の種類別の保存方法などをご紹介します。

この記事を読むとわかる!
きくらげのこと

 

  • 食べられる状態の見分け方
  • 種類別(生・乾燥)の日持ち
  • カビと胞子の違い
  • 正しい保存方法

「生きくらげの日持ちが知りたい」という人や、「乾燥きくらげは腐ることはない?」と疑問に思っている人にも参考になる記事なので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
食紅 体に悪い

食紅は体に悪いの?原料は何?体への影響と危険性・安全性を解説

コーンスターチ 体に悪い

コーンスターチは体に悪い?その危険性・安全性について徹底検証

ピーナッツバター 体に悪い

ピーナッツバターは体に悪い?食べ過ぎは太る?1日の適量とは

鶏ガラスープの素 体に悪い

鶏ガラスープの素は体に悪い?添加物は多い?無添加おすすめ品も紹介

きな粉 体に悪い

きな粉は体に悪い?危険性は?食べ過ぎによるデメリットを解説

ミロ 体に悪い

ミロは体に悪いって本当?飲み過ぎは太る?デメリットや注意点

麦茶 体に悪い

麦茶は体に悪い?飲み過ぎによるデメリットは?メリットも解説!

納豆 賞味期限切れ 1ヶ月

納豆の賞味期限切れ1ヶ月後は食べられる?何日過ぎると危ないか

ブラックコーヒー 体に悪い

ブラックコーヒーは体に悪い?飲み過ぎによる健康への影響を解説

ハリボーグミ 体に悪い

ハリボーグミは体に悪い?成分・添加物は危険?食べ過ぎの影響は

ジョア 体に悪い

ジョアは体に悪い?飲み過ぎは太る?栄養成分や効果的な飲み方も

オクラ 体に悪い

オクラは体に悪い?食べ過ぎると下痢・腹痛に?原因と摂取量目安

三温糖 体に悪い

三温糖は体に悪い?危険って本当?他の砂糖との違いやメリットも

納豆 賞味期限切れ 3日

納豆の賞味期限切れ3日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

牛乳 賞味期限切れ 1週間

牛乳の賞味期限切れ1週間後は加熱してもNG?何日過ぎると危険か

カマンベールチーズ 白カビ

カマンベールチーズにカビが生えた?外側の白カビは食べられる?

ネギ カビ

ネギにカビが生えた?白い・黒い・茶色やピンクの正体と見分け方

さつまいも カビ

さつまいもにカビ?黒い・白い・緑などに色が変わると危険なの?

コーヒーフレッシュ 体に悪い

コーヒーフレッシュは体に悪い?トランス脂肪酸が危険?原材料は

タコ 体に悪い

タコは体に悪い?食べ過ぎはプリン体に注意?栄養成分も解説

コンビニおにぎり 体に悪い

コンビニおにぎりは体に悪いの?添加物だらけって本当?危険性は

野菜ジュース 体に悪い

野菜ジュースが体に悪いって嘘?本当?危険性やデメリットを解説

ポテトチップス 体に悪い

ポテトチップスが体に悪いは嘘?脂質・添加物など健康への影響は

甘栗 体に悪い

甘栗は体に悪い?食べ過ぎによる健康への影響は?1日の適量も

ニンニクの芽 体に悪い

ニンニクの芽は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点も

水菜 体に悪い

水菜は体に悪い?食べ過ぎは下痢に?栄養がないのは本当かも検証

調製豆乳 体に悪い

調製豆乳は体に悪い?飲み過ぎは太る?デメリットや摂取量を解説

カシューナッツ カビ

カシューナッツにカビ?ピンク・黒い点はNG?黒カビの見分け方も

大根おろし 体に悪い

大根おろしは体に悪い?食べ過ぎは下痢・腹痛に?体に良い成分も

キッコーマン 豆乳 体に悪い

キッコーマン豆乳は体に悪いの?太ることもある?毎日の適量とは


きくらげの白い粉がカビかどうかの見分け方

きくらげ 白い粉

きくらげにカビのようなものが発生していても、食べられる場合とそうでない場合があります。

カビが生えたようなきくらげの見分け方
状態 原因
食べられる 白い粉状のもの
※指でこするor水で流す
と簡単に取れる
胞子or
きくらげの微毛
ふわふわした
ビロードのような毛
食べられない 明らかな異臭 鮮度の低下や
カビによる腐敗
ドロドロと溶けている
黒っぽく変色している
・白い斑点状のもの
・フワフワの集合体

きくらげを含むキノコはカビと同じ菌類に分類され、似た性質を持っているため見分けることが大切です。

白い粉がついていても、臭いや見た目に異変がない場合は、きくらげ本来の成分である可能性が高いでしょう。

スポンサーリンク

白い粉の正体は胞子│種類別(生・乾燥)の日持ち

きくらげの白い粉は胞子とよばれるキノコの細胞で、カビではないため問題なく食べられます。

日本で流通している生きくらげの多くが、荒毛(あらげ)きくらげという品種で、上記の画像のように白いビロードのような毛が表面にはえているのが特徴です。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
胞子は裏側のツルツルの面につくので、生きくらげは表裏ともに白い毛・粉が付着しています。収穫後、乾燥するとさらに白く見えますよ。

キノコは収穫後も胞子を出し続けるため、食べる前は水で軽く洗い流しましょう。

また生きくらげは生鮮食品のため賞味期限の記載義務がありませんが、購入後は1週間を目安に食べ切りましょう

【 きくらげの日持ちと特徴】
・生きくらげ…冷蔵で1週間程度、肉厚でぷりぷりとした食感
・乾燥きくらげ…常温で1ヶ月間程度、こりこりと歯応えのある食感

栽培キットを使って自分で収穫できれば、より新鮮な状態を楽しめますね。

水分が多いきくらげは傷みやすいため、保存方法を誤ると品質が劣化して食べられなくなります。

スポンサーリンク

腐るとぬめり・異臭も│食中毒に注意

見た目や臭いに異変があらわれた場合は、腐って食べられない恐れがあります。

このように生きくらげを常温で放置したり、購入後に長期間経過したりした場合は注意が必要です。

ぬめりや変色、フワフワした集合体の白カビがあらわれた場合は、腐っている可能性が高いため処分してください。

カビの胞子は通常目には見えませんが、増殖すると集合体(コロニー)となって、綿のようなフワフワした塊になるため肉眼で確認できます。

全ての白カビが有毒なわけではありませんが、中には加熱しても毒性が低減しないカビ毒を発生する種類もあるため、食べないほうが良いでしょう。(※2)

またきくらげはもともと無臭ですが、腐敗臭やカビ臭い場合は注意が必要です。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
黒色のきくらげは、鮮度が低下しても見た目の変化が分かりにくいため、臭いは重要な判断基準になりますよ。

長期間常温保存が可能な乾燥きくらげも、水に戻したあとは、生きくらげと同様に1週間程度で食べ切りましょう

 【乾燥きくらげの戻し方】
1.軽く水で洗い汚れを流す。
2.全体が浸かるように冷水を入れて一晩(6時間程度)浸け置きする。
※風味や弾力が若干損なわれますが、急いでいる場合はぬるま湯を使うと15~30分程度で戻ります。

海外では常温の水で戻した乾燥きくらげを食べて、重篤な食中毒になった事例もあるため、一晩かけて戻す場合は冷蔵庫に入れましょう。(※3)

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
 乾燥きくらげは水に戻すと約7倍に膨らみ、過剰摂取すると下痢や腹痛の原因になるため注意しましょう。1日の摂取量の目安は乾燥の状態で20g以下です。

きくらげの詳しい摂取量と栄養情報については、こちらの記事を参考にしてくださいね。

また生・乾燥にかかわらず、必ず加熱調理してから食べるようにしてください。

カビや異臭が発生して食べられなくなる前に、正しく保存しておいしく食べ切りましょう。

   
スポンサーリンク
 

きくらげ(生・乾燥)のカビを防ぐ保存方法

きくらげ 保存

乾燥きくらげのみ常温保存が可能ですが、水で戻したあとや生きくらげは冷蔵保存してください。

きくらげの正しい保存方法
常温
(乾燥のみ)
・高温多湿を避ける
・1年間程度
冷蔵
(生・水戻し後)
・水気を取り密閉袋に入れる
・1週間程度で食べ切る
冷凍
(生・水戻し後)
・下処理、下茹で後に
水気を取り密閉袋に入れる
・1ヶ月程度で食べ切る

乾燥きくらげを冷蔵庫で保存すると、出し入れの温度変化で水滴が発生しカビの原因となるため、開封後も常温で保存しましょう。

流通している乾燥きくらげのほとんどが輸入品ですが、国産品の大袋タイプもありますよ。

きくらげは生・乾燥ともに加熱調理が必要なため、サラダや和え物に使用する場合は熱湯で30秒ほど湯通ししてください。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
 炒め物やスープに使用する場合は、事前の下茹処理は不要です。

水で戻したきくらげ・生きくらげを冷蔵で保存する場合は、キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取ったあと、ラップや密閉袋に入れて冷蔵室もしくは野菜室へ入れましょう。

また冷凍で保存する場合は、下洗いや石づきを取るなどの下処理後、軽く湯通ししてから水気を拭き取り、密閉袋に入れて冷凍庫で保存してください。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
 冷凍保存の場合は霜の発生を防ぐため、ラップよりも中の空気が抜きやすい密閉袋での保存がおすすめですよ!
水分が抜けた生きくらげは、水を張ったボールに短時間つけることでプリプリとした食感が復活します。

食感が特徴的なきくらげは、さまざまなレシピの良いアクセントになります。

スポンサーリンク

生きくらげ・乾燥きくらげの食感を活かしたレシピ

味にクセがなく食感が楽しいきくらげは、そのまま食べても、また色々な食材・調味料と合わせてもよく馴染みます。

生きくらげのプリプリとした食感を味わうには、刺身で食べるのがおすすめです。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
 刺身といっても生で食べるのではなく、サッと軽く湯通ししてからワサビ醤油で召し上がってくださいね♪

またコリコリとした食感が特徴の乾燥きくらげは、和風調味料とあわせて佃煮風に、きゅうりやもやしと和えると箸休めにピッタリの副菜になります。

きくらげの佃煮風

きくらげの佃煮風

材料

乾燥きくらげ:20~30g
醤油:大2
みりん:大2
砂糖:大1
酒:大1
水:80~100㏄
お好みで鷹の爪、白ごま

作り方
  1. 大きめのボウルにたっぷり水を張り(分量外)、乾燥きくらげを戻す
  2. 鍋に調味料と水を入れ、ひと煮立ちさせる
  3. 戻したきくらげを入れ、中火で汁気が無くなるまで15分程度煮る

密閉容器に入れて冷蔵庫で保存して、1週間程度でに食べ切ってくださいね。

からしとマヨネーズで和えるだけのこちらのレシピは、火を使わなくて良いので暑い夏にも嬉しいですね!

きくらげは中華料理の食材のイメージがありますが、和洋中かかわらず色んな料理に使えるのでお試しください。

   
スポンサーリンク
 

結論|きくらげの白い粉は胞子だが異臭がある場合はカビも疑おう

きくらげのまとめ
  • 表面は微毛、裏側の白い粉は胞子で問題なく食べられる
  • 集合体になったフワフワの白い塊はカビの可能性がある
  • 異臭・ぬめりがあらわれると腐っている場合がある
  • 乾燥は常温で1ヶ月、生・水戻し後は冷蔵で1週間日持ちする
  • 冷凍の場合は下処理・下茹でをしてから保存する

きくらげに付着している白い粉は、胞子であれば問題なく食べられます。

しかし異臭やぬめりなど、ほかに腐っている特徴がみられた場合は、胞子とは別にカビが発生して腐っている可能性があるため、食べずに処分しましょう。

また生や水で戻したきくらげは冷蔵で1週間程度しか日持ちしないため、長期間経過した場合は食べる前に状態をよく確認してくださいね。

食感が良い新鮮なうちに、いろいろな料理に活用しておいしく食べ切りましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました