スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

銀杏のカビは洗うと食べられるの?殻のカビを防止できる保存法は

銀杏 カビ

【執筆者:編集部 佐々木なるみ】

銀杏の殻に黒いカビが生えていれば、中身もカビに汚染されている可能性が高いです。

「洗うと食べられるのでは?」と思わずに捨てましょう。

元々銀杏は、生と過熱状態で色が変化したり独特の風味があったりします。

この記事では、カビかどうかの見分け方を中心に、銀杏の特徴やカビを防止するための正しい保存方法を紹介します。

この記事を読むとわかる!
銀杏のこと

 

  • 殻に黒いカビが生えていれば食べられないのか
  • 黄色や薄黄緑、翡翠色に変色するのは安全なのか
  • 正しい保存方法
  • 日持ち期間目安

生の銀杏を買って保存するのは難しそうだなと敬遠していた方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
食紅 体に悪い

食紅は体に悪いの?原料は何?体への影響と危険性・安全性を解説

コーンスターチ 体に悪い

コーンスターチは体に悪い?その危険性・安全性について徹底検証

ピーナッツバター 体に悪い

ピーナッツバターは体に悪い?食べ過ぎは太る?1日の適量とは

鶏ガラスープの素 体に悪い

鶏ガラスープの素は体に悪い?添加物は多い?無添加おすすめ品も紹介

きな粉 体に悪い

きな粉は体に悪い?危険性は?食べ過ぎによるデメリットを解説

ミロ 体に悪い

ミロは体に悪いって本当?飲み過ぎは太る?デメリットや注意点

麦茶 体に悪い

麦茶は体に悪い?飲み過ぎによるデメリットは?メリットも解説!

納豆 賞味期限切れ 1ヶ月

納豆の賞味期限切れ1ヶ月後は食べられる?何日過ぎると危ないか

ブラックコーヒー 体に悪い

ブラックコーヒーは体に悪い?飲み過ぎによる健康への影響を解説

ハリボーグミ 体に悪い

ハリボーグミは体に悪い?成分・添加物は危険?食べ過ぎの影響は

ジョア 体に悪い

ジョアは体に悪い?飲み過ぎは太る?栄養成分や効果的な飲み方も

オクラ 体に悪い

オクラは体に悪い?食べ過ぎると下痢・腹痛に?原因と摂取量目安

三温糖 体に悪い

三温糖は体に悪い?危険って本当?他の砂糖との違いやメリットも

納豆 賞味期限切れ 3日

納豆の賞味期限切れ3日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

牛乳 賞味期限切れ 1週間

牛乳の賞味期限切れ1週間後は加熱してもNG?何日過ぎると危険か

カマンベールチーズ 白カビ

カマンベールチーズにカビが生えた?外側の白カビは食べられる?

ネギ カビ

ネギにカビが生えた?白い・黒い・茶色やピンクの正体と見分け方

さつまいも カビ

さつまいもにカビ?黒い・白い・緑などに色が変わると危険なの?

コーヒーフレッシュ 体に悪い

コーヒーフレッシュは体に悪い?トランス脂肪酸が危険?原材料は

タコ 体に悪い

タコは体に悪い?食べ過ぎはプリン体に注意?栄養成分も解説

コンビニおにぎり 体に悪い

コンビニおにぎりは体に悪いの?添加物だらけって本当?危険性は

野菜ジュース 体に悪い

野菜ジュースが体に悪いって嘘?本当?危険性やデメリットを解説

ポテトチップス 体に悪い

ポテトチップスが体に悪いは嘘?脂質・添加物など健康への影響は

甘栗 体に悪い

甘栗は体に悪い?食べ過ぎによる健康への影響は?1日の適量も

ニンニクの芽 体に悪い

ニンニクの芽は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点も

水菜 体に悪い

水菜は体に悪い?食べ過ぎは下痢に?栄養がないのは本当かも検証

調製豆乳 体に悪い

調製豆乳は体に悪い?飲み過ぎは太る?デメリットや摂取量を解説

カシューナッツ カビ

カシューナッツにカビ?ピンク・黒い点はNG?黒カビの見分け方も

大根おろし 体に悪い

大根おろしは体に悪い?食べ過ぎは下痢・腹痛に?体に良い成分も

キッコーマン 豆乳 体に悪い

キッコーマン豆乳は体に悪いの?太ることもある?毎日の適量とは


銀杏のカビは洗うと食べられるの?カビかどうかの見分け方

銀杏 翡翠色

銀杏の殻や中身に黒いカビのようなものが見られたら、カビが生えていると考えて食べずに捨てましょう。

カビが生えたような銀杏の見分け方
状態 原因
食べられる 中身が黄緑色・翡翠色 元々の特徴
加熱すると中身が黄色
食べられない 殻や中身が黒い カビ
明らかな異臭
生の状態で中身が濃い黄色 乾燥や劣化

「中身の変色はカビが原因?」と不安になる方もいると思いますが、生の黄緑色から黄色や翡翠色に変色するのは、カビではないため食べられます。

スポンサーリンク

気になる臭いや変色|食べても大丈夫なのか

生の銀杏は、薄黄緑色をしていますが、加熱すると翡翠色や黄色に変色します。

最も新鮮でベストな色は、翡翠色だといわれており、黄色に変色するのは加熱しすぎと考えられています。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
茶碗蒸しや炊き込みご飯に入っている銀杏が黄色に変色しているのは、火の通り過ぎなんですね。

また、加熱すると少し苦みがあったりねっとりした食感があったりするのは、銀杏の元々の特徴なのでカビが生えて腐っているわけではありません。

殻ムキ銀杏も販売されており、色見もきれいですよ。

ただし、明らかな異臭はカビが生えている可能性が高いです。

スポンサーリンク

殻が黒い場合はカビの可能性が高い!食べられない状態とは

銀杏の中身はもちろん、殻に黒いカビが生えていれば、食べるのは危険です。

カビの取り方といったものはなく、そもそもカビは洗って落ちるものではないため、すぐに破棄しましょう。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
見た目だけでなく明らかな異臭も、食べてはいけない判断基準にできます。

食べてすぐに食中毒のような症状が起きるとは考えにくいですが、カビの産生物であるカビ毒が発生していれば危険です。(※1)

カビ毒とは

目に見えるカビと違って、カビ毒は肉眼で確認できません。また、熱に強い特徴を持ち、加熱しても死滅しません。(※2)

カビ毒を摂取すれば健康被害を引き起こす可能性があるため、少し体調崩すくらいなら大丈夫だと過信せずにカビが生えないように気をつけて保存しましょう。

   
スポンサーリンク
 

殻のカビを防止できる保存方法|殻付きならどれがおすすすすめ?

銀杏 保存

銀杏にカビが生えるのを防ぐためには、高温・乾燥・湿気を避けて保存してください。

銀杏の正しい保存方法
常温 ・通気性の良い場所
・直射日光を避ける
冷蔵 ・新聞紙やペーパーで包んでから
袋に入れて保存
・または容器に銀杏が浸かるくらいの
水を入れて保存
冷凍 殻付き 保存袋に入れる
殻なし ・加熱してから小分けに保存
・ラップで包んで保存袋に入れる

湿気が多いとカビが生える原因になりますし、さらに乾燥しすぎも中身が縮んだり弾力がなくなったりします

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
銀杏は鮮度が命です。

分厚い殻に覆われていても鮮度はどんどん落ちていくため、袋に入れずに放置は厳禁です。

特に常温保存は、部屋の湿度や温度の変動をダイレクトに受けるため、なるべく冷蔵庫または冷凍保存をおすすめします。

スポンサーリンク

正しく保存した場合の日持ち期間|常温・冷蔵庫・冷凍保存

銀杏は鮮度落ちが早いですが、比較的食べられる期間は長く、冷凍保存できるのも利点ですね。

銀杏の保存期間目安
常温 約1ヶ月
冷蔵 1~2ヶ月
冷凍 1~2ヶ月

ただ、殻を割ってみて黄色味を帯びていれば劣化し始めている証拠なので、これ以上の保存はしないほうがいいでしょう。

カビや賞味期限については、こちらの記事でより詳しく紹介しています。

また、殻に付いた水分はカビの原因になるので、冷凍保存した銀杏はなるべくその日のうちに食べ切りましょう。

国産の銀杏も多数販売されています。

はさみで殻を割るのは大変なので、銀杏用の殻割を使うと便利ですよ。

貝印(Kai Corporation)
¥1,336 (2022/10/04 18:28:52時点 Amazon調べ-詳細)

この機会に殻付き銀杏に挑戦された方は、ぜひ正しく保存してなるべく早めに食べ切りましょう。

   
スポンサーリンク
 

結論|銀杏の殻に黒いカビが生えたら中身も危険なので捨てよう

銀杏のまとめ
  • 殻にカビが生えていれば中身も汚染されている可能性が高い
  • 加熱すると変色する
  • 生の状態で濃い黄色に変色しているのは劣化し始めている証拠
  • 常温・冷蔵庫・冷凍保存できる
  • 日持ち期間の目安は冷蔵庫・冷凍保存で1~2ヶ月間

銀杏の殻に黒いカビが生えていれば、中身もカビに汚染されている可能性が高いと考えて食べずに捨ててください。

比較的日持ち期間は長いですが、鮮度落ちは早いため、生の状態で濃い黄色に変色していればすぐに食べ切ったほうがいいでしょう。

湿気・乾燥・高温を避けて正しく保存してくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました