スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

牛乳のカビ・腐敗はどうなる?原因と飲んだときの症状

牛乳 カビ

【執筆者:管理栄養士 田口菜月】

牛乳は開封後に正しく保存していないと、空気中に存在する微生物の影響でカビが生えたり、腐ったりします。

ただし、一見するとカビが生えたように見えても問題ないケースがあるので、見分け方を覚えておくといいですね。

そこで本記事では、腐敗した牛乳の見分け方と正しい保存方法を、以下項目に沿って紹介します。

この記事を読むとわかる!
牛乳のこと

 

  • 飲めない場合の特徴
  • 腐敗を確認する方法
  • カビを食べたら起こる症状
  • 正しい保存方法

開封後の牛乳賞味期限や、長期保存できる冷凍方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
食紅 体に悪い

食紅は体に悪いの?原料は何?体への影響と危険性・安全性を解説

コーンスターチ 体に悪い

コーンスターチは体に悪い?その危険性・安全性について徹底検証

ピーナッツバター 体に悪い

ピーナッツバターは体に悪い?食べ過ぎは太る?1日の適量とは

鶏ガラスープの素 体に悪い

鶏ガラスープの素は体に悪い?添加物は多い?無添加おすすめ品も紹介

きな粉 体に悪い

きな粉は体に悪い?危険性は?食べ過ぎによるデメリットを解説

ミロ 体に悪い

ミロは体に悪いって本当?飲み過ぎは太る?デメリットや注意点

麦茶 体に悪い

麦茶は体に悪い?飲み過ぎによるデメリットは?メリットも解説!

納豆 賞味期限切れ 1ヶ月

納豆の賞味期限切れ1ヶ月後は食べられる?何日過ぎると危ないか

ブラックコーヒー 体に悪い

ブラックコーヒーは体に悪い?飲み過ぎによる健康への影響を解説

ハリボーグミ 体に悪い

ハリボーグミは体に悪い?成分・添加物は危険?食べ過ぎの影響は

ジョア 体に悪い

ジョアは体に悪い?飲み過ぎは太る?栄養成分や効果的な飲み方も

オクラ 体に悪い

オクラは体に悪い?食べ過ぎると下痢・腹痛に?原因と摂取量目安

三温糖 体に悪い

三温糖は体に悪い?危険って本当?他の砂糖との違いやメリットも

納豆 賞味期限切れ 3日

納豆の賞味期限切れ3日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

牛乳 賞味期限切れ 1週間

牛乳の賞味期限切れ1週間後は加熱してもNG?何日過ぎると危険か

カマンベールチーズ 白カビ

カマンベールチーズにカビが生えた?外側の白カビは食べられる?

ネギ カビ

ネギにカビが生えた?白い・黒い・茶色やピンクの正体と見分け方

さつまいも カビ

さつまいもにカビ?黒い・白い・緑などに色が変わると危険なの?

コーヒーフレッシュ 体に悪い

コーヒーフレッシュは体に悪い?トランス脂肪酸が危険?原材料は

タコ 体に悪い

タコは体に悪い?食べ過ぎはプリン体に注意?栄養成分も解説

コンビニおにぎり 体に悪い

コンビニおにぎりは体に悪いの?添加物だらけって本当?危険性は

野菜ジュース 体に悪い

野菜ジュースが体に悪いって嘘?本当?危険性やデメリットを解説

ポテトチップス 体に悪い

ポテトチップスが体に悪いは嘘?脂質・添加物など健康への影響は

甘栗 体に悪い

甘栗は体に悪い?食べ過ぎによる健康への影響は?1日の適量も

ニンニクの芽 体に悪い

ニンニクの芽は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点も

水菜 体に悪い

水菜は体に悪い?食べ過ぎは下痢に?栄養がないのは本当かも検証

調製豆乳 体に悪い

調製豆乳は体に悪い?飲み過ぎは太る?デメリットや摂取量を解説

カシューナッツ カビ

カシューナッツにカビ?ピンク・黒い点はNG?黒カビの見分け方も

大根おろし 体に悪い

大根おろしは体に悪い?食べ過ぎは下痢・腹痛に?体に良い成分も

キッコーマン 豆乳 体に悪い

キッコーマン豆乳は体に悪いの?太ることもある?毎日の適量とは


カビ・腐敗した牛乳の見分け方|飲んだらまれに食中毒症状も

牛乳 腐敗

牛乳にカビが生えたように見えても、牛乳の焦げや紙の原料が混入しただけの可能性があります。

飲んでも問題ない場合の特徴とカビが生えた状態や腐るとどうなるかを、一覧で見てみましょう。

カビ・腐敗したように見える牛乳の特徴
状態 原因
食べられる パックに黒い小さな点 紙の原料が
混入した可能性※
黒い異物が混入 焦げの可能性※
加熱後薄い膜ができる 成分が凝固しただけ
食べられない 緑・黒などのフワフワ カビ
・加熱後に分離や固まり
・酸っぱい臭い腐敗臭
・酸味や苦味がある
腐敗

※判断が難しいためメーカーに確認することをおすすめします。

紙パックの黒い点は黒カビに見えますが、紙パックの製造過程で原料中の成分が、混入しただけと考えられます。

また、牛乳に黒い異物が見られるときは、牛乳の焦げが混入しただけの場合もあります。

他に腐敗の状態がなく、開封後2~3日かつ賞味期限内であれば問題ないので、よく見て判断しましょう。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
不安な場合はメーカに問い合わせるのも良いでしょう。

加熱して腐敗の有無を確認できる方法もあるので、そのやり方と大丈夫なときの見分け方をチェックしましょう。

スポンサーリンク

加熱でできる膜は脂肪・たんぱく質が凝固したものだから大丈夫

牛乳を90度くらいまで温めてみて、豆腐のように固まったり、分離したりする時は腐っていると考えられます。

ただし、牛乳を温めたとき、表面に薄い膜ができる場合は問題ないです。

これはラムスデン現象といって、牛乳中の脂肪とたんぱく質が濃縮され、凝固しているだけです。


温めてできたかたまりが腐敗によるものかどうか迷ったときは、以下で判断してください。

加熱によるかたまりが問題ないか判断する方法
  • 賞味期限内かどうか
  • 開封から2~3日以上経っていないか
  • 他に腐敗の状態がないか

カビが生えた場合や腐敗があるときは、廃棄が良いですが、料理に使って食べてしまったり、飲んだりした場合は、どのような症状が起こるのかチェックしましょう。

スポンサーリンク

カビが生えた牛乳を飲んで下痢症状になる場合もある

カビが生えた・腐敗した牛乳を間違って飲んでも、食中毒の症状を引き起こす可能性は少ないと言われています。(※1)

ただし、体調や体質によっては下痢や腹痛などの症状を引き起こす人もいるようなので、注意したいですね。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
 腹痛・下痢・嘔吐などの体調不良が起こったら、様子を見て病院に行くようにしてください。

カビは人体に悪影響を及ぼすカビ毒を産生する場合もあります。

カビ毒は加熱では分解できないので、やはりカビや腐敗を確認したら、処分するのが良いですね。(※2)

カビは有害なものだけじゃない|チーズをつくるためのカビはOK

カビには有害なものだけでなく、チーズ作りに使用されるカビもあります。チーズに使われるカビは、タンパク質や脂肪を分解して独特な風味を作り出す役割があります。牛乳に生えるカビとチーズに使用されるカビはイコールではないため、牛乳に生えたカビは口にしない方がよい、と覚えておきましょう。

牛乳は栄養価が高く、微生物が増殖しやすいです。

そのため、カビや腐敗を防ぐには冷蔵による温度管理の徹底が重要です。

   
スポンサーリンク
 

牛乳にカビが生えるのを防ぐ方法|10℃以下で保存

牛乳 保存方法

牛乳のカビや腐敗を防ぐには、保存時の温度管理が大切です。

牛乳の正しい保存方法と日持ち期間
保存方法 日持ち期間
常温 不可
(ロングライフ牛乳は常温可)
冷蔵 ・10℃以下で保存
・冷蔵庫の開閉は最小限に
・注いだ後はすぐ冷蔵庫に戻す
開封後は賞味期限に
関わらず2~3日以内
冷凍 ・製氷機で冷凍
・凍ったら保存袋にうつす
1~2ヶ月程度

牛乳の保存温度は、10℃以下に定められています。

そのため、購入したら温度上昇に気を付けて持ち運び、帰宅後はすぐに冷蔵庫に入れてください。

一部例外として、常温保存できる製品に、ロングライフ牛乳があります。

ロングライフ牛乳とは

原料は通常の牛乳と同じで、加熱殺菌や無菌充填などをしっかりと管理し、常温で長期保存が可能な牛乳です。(開封後は冷蔵する必要があります)

ロングライフ牛乳を除いて、牛乳は常温放置をしないでください。

ただし、冷蔵庫にいれてもカビが発生する場合もあるので、その理由と対処法を確認しましょう。

スポンサーリンク

冷蔵庫内を清潔にして開封後も美味しく飲もう

冷蔵庫が清潔に保たれていないと、開封後より数日でカビが生えたり、腐ったりします。

冷蔵庫内の汚れがエサとなり、菌の増殖を促すのが原因です。

アルコールスプレーや除菌シートなどを使用して、冷蔵庫内を清潔に保ち、菌が増えにくい環境をつくりましょう。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
 他にも冷蔵庫の開閉が多かったり、詰め込みすぎたりすると、庫内の温度が上昇して菌が繁殖しやすくなります。開閉回数を減らしたり、詰め込みすぎを防ぐとカビ・腐敗予防になりますね。

また、牛乳は臭いを吸着しやすい性質があるので、臭いが強いものの近くを避けて冷蔵庫にいれてくださいね。

開封後は賞味期限に関わらず2~3日が冷蔵保存の日持ち目安なので、飲み切れない場合は冷凍してもOKです。

冷凍保存でカビ・腐敗を防ぐ

牛乳は製氷機を使って小分けにして、冷凍できます。

牛乳を冷凍する方法

製氷機に牛乳をいれて、完全に凍ったら、冷凍用の保存袋に移し替えて冷凍保存しましょう。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
量が多いと分離しやすいので、製氷機をつかって小分けに保存するのがポイントです。

冷凍後は若干風味が落ちるため、凍ったままコーヒーにいれたり、スープやカレーの隠し味など加熱調理に使用したり、アレンジすると良いでしょう。

   
スポンサーリンク
 

結論|開封後の牛乳は傷みやすいのでカビが生える前に使い切ろう

牛乳のまとめ
  • 黒い点は牛乳の焦げや紙パックの原料の可能性がある
  • 加熱による膜は成分が凝固したものだから大丈夫
  • カビを食べたら下痢や腹痛が起こる場合がある
  • 10℃以下での保存が定められてる
  • 冷凍保存も可能で1~2ヶ月もつ

カビが生えた牛乳を飲んだら、体調や体質によっては体調不良を起こす場合もあります。

開封後の日持ちは賞味期限に関わらず2~3日なので、冷蔵庫保存していても腐敗の有無をチェックして、飲むようにしましょう。

温度管理を適切に行い、美味しい牛乳を飲み切ってくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました