スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロテインにカビ・ダニ発生?見分け方や対策と開封後の保存方法

プロテイン カビ

【執筆者:編集部 柴崎マリ】

プロテインはカビが生えたように見えても、実際は食品の成分で問題なく食べられる場合があります。

しかし、開封後の保存方法によってはカビが生えて変色や異臭などの異変を起こすことも。

カビが生えた状態と食べられる状態の見分け方を知っておくと便利です。

そこでこの記事では、プロテインについて以下の内容を解説しています。

この記事を読むとわかる!
プロテインのこと

 

  • 食べられない状態の見分け方
  • カビやダニの危険性
  • カビ・ダニを防ぐ正しい保存方法
  • 劣化を防ぐ保存のコツ

誤ったプロテインの保存は、カビだけでなく虫が湧く原因にもなります。

ぜひこの記事を最後まで読んで、カビ・ダニ対策になる保管方法を実践してください♪

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
食紅 体に悪い

食紅は体に悪いの?原料は何?体への影響と危険性・安全性を解説

コーンスターチ 体に悪い

コーンスターチは体に悪い?その危険性・安全性について徹底検証

ピーナッツバター 体に悪い

ピーナッツバターは体に悪い?食べ過ぎは太る?1日の適量とは

鶏ガラスープの素 体に悪い

鶏ガラスープの素は体に悪い?添加物は多い?無添加おすすめ品も紹介

きな粉 体に悪い

きな粉は体に悪い?危険性は?食べ過ぎによるデメリットを解説

ミロ 体に悪い

ミロは体に悪いって本当?飲み過ぎは太る?デメリットや注意点

麦茶 体に悪い

麦茶は体に悪い?飲み過ぎによるデメリットは?メリットも解説!

納豆 賞味期限切れ 1ヶ月

納豆の賞味期限切れ1ヶ月後は食べられる?何日過ぎると危ないか

ブラックコーヒー 体に悪い

ブラックコーヒーは体に悪い?飲み過ぎによる健康への影響を解説

ハリボーグミ 体に悪い

ハリボーグミは体に悪い?成分・添加物は危険?食べ過ぎの影響は

ジョア 体に悪い

ジョアは体に悪い?飲み過ぎは太る?栄養成分や効果的な飲み方も

オクラ 体に悪い

オクラは体に悪い?食べ過ぎると下痢・腹痛に?原因と摂取量目安

三温糖 体に悪い

三温糖は体に悪い?危険って本当?他の砂糖との違いやメリットも

納豆 賞味期限切れ 3日

納豆の賞味期限切れ3日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

牛乳 賞味期限切れ 1週間

牛乳の賞味期限切れ1週間後は加熱してもNG?何日過ぎると危険か

カマンベールチーズ 白カビ

カマンベールチーズにカビが生えた?外側の白カビは食べられる?

ネギ カビ

ネギにカビが生えた?白い・黒い・茶色やピンクの正体と見分け方

さつまいも カビ

さつまいもにカビ?黒い・白い・緑などに色が変わると危険なの?

コーヒーフレッシュ 体に悪い

コーヒーフレッシュは体に悪い?トランス脂肪酸が危険?原材料は

タコ 体に悪い

タコは体に悪い?食べ過ぎはプリン体に注意?栄養成分も解説

コンビニおにぎり 体に悪い

コンビニおにぎりは体に悪いの?添加物だらけって本当?危険性は

野菜ジュース 体に悪い

野菜ジュースが体に悪いって嘘?本当?危険性やデメリットを解説

ポテトチップス 体に悪い

ポテトチップスが体に悪いは嘘?脂質・添加物など健康への影響は

甘栗 体に悪い

甘栗は体に悪い?食べ過ぎによる健康への影響は?1日の適量も

ニンニクの芽 体に悪い

ニンニクの芽は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点も

水菜 体に悪い

水菜は体に悪い?食べ過ぎは下痢に?栄養がないのは本当かも検証

調製豆乳 体に悪い

調製豆乳は体に悪い?飲み過ぎは太る?デメリットや摂取量を解説

カシューナッツ カビ

カシューナッツにカビ?ピンク・黒い点はNG?黒カビの見分け方も

大根おろし 体に悪い

大根おろしは体に悪い?食べ過ぎは下痢・腹痛に?体に良い成分も

キッコーマン 豆乳 体に悪い

キッコーマン豆乳は体に悪いの?太ることもある?毎日の適量とは


プロテインのカビ|食べられるかの見分け方

プロテイン ダニ

プロテインには、カビが生えたように見えるものの無害な場合と、食べないほうが良い場合があります。

カビが生えたようなプロテインの見分け方
状態 原因
食べられる 開封直後の黒い点 食品の成分
食べられない ・変色
・異臭
・固まっている
・カサカサと音がする
・カビ
・ダニ
・腐敗

カビが生えた食品を少し食べても、下痢や腹痛などの食中毒症状が出ないことも多いです。(※1)

しかし、カビを長期間摂取するとガンやアレルギーの原因になることもあります。

また、プロテインに発生しやすいダニも食べるとアナフィラキシーショックを起こす危険があるので、異変があるプロテインは廃棄しましょう。(※2)

一方、一見するとカビに見える黒い点も、実際には無害な食材の成分である場合が多いです。

スポンサーリンク

黒い点は成分の可能性|食べられる状態

開封したばかりのプロテインに黒い点が混ざっている場合、食材の成分であり無害な可能性が高いです。

プロテインが果物のパウダーやシナモンなどで風味付けされている場合、それらの成分が黒い点となって現れることがあります。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
 開封直後の製品に黒い点が見られたときは、まず成分表を確認しましょう。

ただし、開封直後にはなかった黒い点や変色が、開封後しばらくして気になるようになった場合は、プロテインが劣化していることも考えられます。

スポンサーリンク

変色や固まりは要注意|食べられない状態

カビは湿った場所でよく増殖するため、カビが生えたプロテインは湿気により以下のような異変が見られます。

食べられないプロテインの特徴一例
見た目 ・変色
・開封直後にはなかった異物
におい ・異臭
・カビ臭い

触感など
・まずい
・固まっている
・カサカサ音がする

ダニも湿気を好むため、カビと共に発生することも考えられます。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
動かしていないプロテインからカサカサと音がする場合は、プロテインの中に生きたダニがいる可能性も。

カビは種類によって、黒や白、ピンクや黄色など色もさまざまで、フレーバーによって着色されることも多いプロテインは、一見しただけではカビかどうかの判断も難しいです。

そこで、開封直後にはなかった凝固や異臭、変色などの違和感があるかどうかでカビ発生の可能性を考えると良いでしょう。

一度に多く消費する食品ではないので長期保存しがちなプロテインですが、正しく保存することでダニやカビの発生を抑制できますよ。

   
スポンサーリンク
 

プロテインのカビ・ダニを防ぐ保存方法|開封後は要密封

プロテイン 保存方法

開封済みのプロテインは、常温で保存しても問題ありません。

ただ、冷蔵・冷凍保存には常温保存にないメリットもあるので、状況に合わせて使い分けましょう。

開封済みプロテインの正しい保存方法
常温 ・必ず密封容器で保存
・高温多湿と直射日光を避ける
・保存期間は開封後3か月
・結露を防げる
冷蔵
冷凍
・密封容器で保存
・小分けでの保存がベスト
・常温に長時間置かない
・保存期間は開封後3か月以内
・カビとダニの増殖を抑えられる

粉製品であり湿気が苦手なプロテインは、温度変化による結露が発生しない常温保存が向いています。

ただし常温保存は、一度カビ・ダニが発生すると冷蔵保存以上に増殖が早いので、カビとダニの侵入を防ぐことが重要です。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
ジップロックといった保存用袋でも密封はできますが、ダニは袋を食い破れるため、以下のような保存容器のほうが安全ですよ。

開封済みのプロテインは、賞味期限にかかわらず3ヶ月以内を目安に、早めの消費を心がけてください。

開封から時間が経つほどカビやダニの発生リスクも高まるので、半年など長期間保存したものは廃棄が無難です。

プロテインは賞味期限切れでも飲める?

未開封の場合のみ、賞味期限切れ後もしばらくは飲める可能性があります。しかし、劣化が進みカビやダニが発生する可能性が高まるので早めの消費をおすすめします。

冷蔵・冷凍保存の際は、結露を防ぐのが最大のポイントです。

スポンサーリンク

冷蔵庫・冷凍庫での保存は湿気対策を意識

カビとダニは低温だと増殖が遅くなるため、冷蔵・冷凍保存はカビ・ダニの抑止に有効です。

ただし、低温保存したプロテインを使用する際、温度差で結露が発生しやすくなるので注意しましょう。

そのため、冷蔵・冷凍する際は乾燥剤を使ったり、小分けにして出し入れ回数を減らすのがおすすめです。

常温と冷蔵・冷凍保存は以下のように使い分けましょう。

保存方法の使い分け
  • 常温保存
    冷蔵庫、冷凍庫にスペースがない場合。秋・冬。
  • 冷蔵・冷凍保存
    梅雨、夏など高温多湿を避けるのが難しい場合。
プロテインの作り置きはカビや腐敗の危険も

カビや細菌は、粉の状態よりも水分に溶かしたプロテインで増殖しやすいです。作り置きの放置は腐る危険もあるので、プロテインは粉の状態で持ち運び、飲む直前に水に溶かしましょう。

   
スポンサーリンク
 

結論|プロテインはカビ・ダニを防ぐために密封保存しよう

プロテインのまとめ
  • 変色・固まりや異臭などはカビ発生のおそれあり
  • 開封直後からある黒い点は食品成分の可能性大
  • 開封後の保存は常温も可能だが密封を心がけて
  • 冷蔵・冷凍保存は結露と湿気にも気をつけよう
  • 開封後はカビ・ダニを防ぐため3カ月を目安に早めの消費

プロテインが変色したり固まってたりしている場合、カビが発生している可能性があるため廃棄がおすすめです。

保存は常温でも冷蔵・冷凍でも可能ですが、それぞれにメリットとデメリットがあるため、対策を行いながら保存しましょう。

密封容器を使えば開封後も3ヶ月ほど保存できるので、正しい保存方法を実践して、カビやダニを発生させずに保管してください♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました