スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベビーチーズは体に悪い?毎日食べるとNG?ダイエット中の適量は

ベビーチーズ 体に悪い

【執筆者:栄養士 今冨るみ子】

ベビーチーズは体に悪いイメージを持たれることもありますが、タンパク質やカルシウムなどの栄養素が豊富で、適量を守ればダイエット中でも毎日のおやつにぴったりです。

しかし、食べ過ぎるとカロリーや塩分の摂りすぎになり、肥満や生活習慣病の原因になりかねないので、適量を知っておかないといけません。

そこでこの記事は、ベビーチーズを1日何個まで食べていいのか、上手な食べ方について紹介します。

この記事を読むとわかる!
ベビーチーズのこと

 

  • 体に悪いと言われる理由
  • 1日何個まで食べていいか
  • ダイエットにおすすめな理由
  • 一緒にとりたい食品

カロリーや塩分が気になって食べるのをためらっている人にも参考になるはずです。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
セサミン 飲み続けた結果

セサミンを飲み続けた結果|効果は嘘・効果なしって本当?真相は

かきたねキッチン まずい

かきたねキッチンはまずい?美味しい?口コミや評判から徹底検証

マルシンハンバーグ まずい

マルシンハンバーグはまずい・体に悪い?口コミや評判から検証!

ルタオ ナイアガラ まずい

ルタオのナイアガラはまずい?美味しい?口コミや評判を徹底検証

毎日サバ缶を食べ続けた結果

毎日サバ缶を食べ続けた結果|肌・髪・血糖値は変わる?体に影響は

どくだみ茶 飲み続けた結果

どくだみ茶を飲み続けた結果|痩せた人はいる?癌や身体への影響

モンロワール まずい

モンロワールはまずい?チョコ・リーフメモリーの口コミ・評判は

デーツ 食べ続けた結果

デーツを毎日食べ続けた結果|副作用はある?糖尿病の人もOK?

高麗人参 飲んではいけない人

高麗人参を飲んではいけない人は|副作用で肝臓・高血圧に影響する?

マヌカハニー 食べ続けた結果

マヌカハニーを食べ続けた結果|毎日は良くない?健康への影響は

プロテインバー 食べ続けた結果

プロテインバーを食べ続けた結果|痩せた人はいる?体験談で検証

フラクトオリゴ糖 危険

フラクトオリゴ糖は危険でデメリットあり?良い点や選び方も解説

ごぼう茶を飲み続けると

ごぼう茶を飲み続けるとどうなる?効果はいつから?注意点も解説

ステビア アメリカ 禁止

ステビアはアメリカで禁止なの?血糖値が上がる?真相と危険性

200ルーメン 明るさ 目安

200ルーメンの明るさの目安は?500ルーメン・600ルーメンとも比較

アーモンド効果 飲み続けた結果

アーモンド効果を飲み続けた結果|効果なしの噂も?真相を検証

伊勢うどん まずい

伊勢うどんがまずいと言われる理由|トッピングや美味しい食べ方も

太白ごま油 危険

太白ごま油は危険?サラダ油との違いや注意点は?NGな使い方も!

チョコレート効果 食べ続けた結果

チョコレート効果を毎日食べ続けた結果|高カカオチョコの注意点は?

発芽玄米を食べ続けると

発芽玄米を食べ続けると痩せすぎる?食べ続けた結果を徹底検証!

キャベツスープ まずい

キャベツスープがまずい!味が薄い・物足りない理由は?解決策も

ごぼう茶 飲んではいけない人

ごぼう茶を飲んではいけない人とは?副作用や肝臓・腎臓への影響も

カスピ海ヨーグルト 危険性

カスピ海ヨーグルトの危険性|自家製は食中毒に注意?賞味期限は

ロウカット玄米 危険

ロウカット玄米は危険?毒性のヒ素を含むって本当?真相を解説!

マテ茶 飲み続けた結果

マテ茶を飲み続けた結果|便秘に効果的?痩せる?体験談も紹介

地球グミは体に悪い・気持ち悪い?着色料・添加物の安全性も検証

豆乳を3年半飲み続けた結果

豆乳を3年半飲み続けた結果は?毎日飲むのはNG?体験談や適量も

ブロッコリースプラウト 食べ続けた結果

ブロッコリースプラウトを食べ続けた結果|効果なしの口コミもある?

酒粕 食べ続けた結果

酒粕を毎日食べ続けた結果!デメリットは?食べ過ぎない摂取量も

消化にいい食べ物 うどん以外

消化にいい食べ物!うどん以外のおすすめ20選|外食・コンビニでは


ベビーチーズは体に悪いわけではない|毎日のおやつにする適量

ベビーチーズ 毎日 食べる

ベビーチーズが体に悪いと言われるのは、添加物を含んでいることや、高カロリー・高塩分が原因で肥満や高血圧になるのではないかという心配からだと考えられます。

ベビーチーズが体に悪いと言われる原因
添加物 リン酸塩の過剰摂取が
カルシウムの吸収を阻害する
太る
生活習慣病
・高カロリー
・脂質の摂りすぎ
(短鎖・中鎖脂肪酸なので大丈夫)
高血圧
胃がん・食道がん
塩分の摂りすぎ

ベビーチーズはプロセスチーズの一種で、添加物のリン酸塩を含んでいます。

ウィンナーなどの加工肉やカップラーメンにも含まれ摂りすぎると良くないと言われますが、大量に食べなければ体に影響するほどにはなりません。

スポンサーリンク

 添加物が体に悪いのは大量に食べたとき

リン酸塩はベビーチーズ数個程度では最大耐容一日摂取量を超えることはありません。

耐容一日摂取量とは(※1)

ある物質を一生涯毎日摂取しても健康への悪い影響がないとされる1日あたりの摂取量のことです。

1日に何個食べると摂取量オーバーになるのか計算してみます。

リン酸の量から考えるベビーチーズの適量
リン酸塩の
最大耐容一日摂取量
(体重1kgあたり70mg)
(体重50kgの人の場合)
70mg × 50 = 3500mg
プロセスチーズ100g
あたりのリン酸の量
730mg
1日に食べられる
プロセスチーズの量
3500 ÷ 730 = 約4.8
⇒ 480mg
1日に食べられる
ベビーチーズの数
480mg ÷ 15 = 32個
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
「ベビーチーズの重さって何グラム?」と思う人もいますよね。商品により差はありますが、13g前後のものが多いので、今回は1個15gで計算しています。

毎日32個食べ続けるのはかなり難しそうですね。

添加物の量よりもカロリーや塩分の方が、身体に悪影響を与える可能性が高いです。

スポンサーリンク

太るのが嫌なら1日何個までか|カロリーから適量を試算

おやつの適量は1日に200kcal程度なので、それから計算するとベビーチーズは1日4個までと言えます。

ベビーチーズ1個あたりのカロリーと脂肪分
カロリー 脂肪分
QBBベビーチーズ
(プレーン)
1個13.5g
45kcal 3.7g
雪印メグミルク
ベビーチーズ
1個11.5g
37kcal 3.0g

メーカーによってカロリーは若干違いますが、4個までならおやつの適量をオーバーせず食べられるでしょう。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
ベビーチーズ4個でごはん茶碗1杯分と同じくらいのカロリーなので、食べ過ぎると太りやすいのがわかりますね。

ベビーチーズは脂質分が高いのですが、体の中で燃焼されやすい短鎖・中鎖脂肪酸を豊富に含むので、体に脂肪がつきにくいと言われています。

また低GI値の食品で、血糖値の上昇をゆるやかにし肥満を予防につながると考えられているのも嬉しいポイントです。

GI値とは

・高GI値食品…炭水化物を多く含む食品
・低GI値食品…炭水化物が少ない食品
高GI値食品を食べて急激に血糖値が上がると、インスリンの「脂肪を作る」「脂肪の分解を抑制する」という働きによって肥満の原因になります。

カロリーから試算すると1日4個までは食べてもよさそうでしたが、塩分を気にする人にとっては4個では多いかもしれません。

スポンサーリンク

たくさん食べると塩分過多になりやすいので注意

塩分量に注目すると、ベビーチーズをおやつに食べるなら2個程度がおすすめです。

1人1日当たりの塩分摂取目標量は、男性7.5g未満、女性6.5g未満と設定されていますが、食事の分を除いておやつだけなら1g以内には抑える方がいいでしょう。

ベビーチーズ1個あたりの食塩相当量
  • QBBベビーチーズ(プレーン)…0.35g
  • 雪印メグミルクベビーチーズ…0.35g

塩分から考えると3個では食べ過ぎかもしれません。

特に日本人は塩分摂取目標量をオーバーしていますので、おやつで塩分を摂りすぎるのは控えたいですね。

雪印メグミルクの毎日骨太ベビーチーズは、1個あたりの塩分相当量が0.29gと低めです。

食べすぎるとカロリーや塩分で体に悪そうですが、適量ならメリットが期待できますよ。

   
スポンサーリンク
 

ベビーチーズはダイエット中のおやつにもおすすめ

ベビーチーズ ダイエット

ベビーチーズは適量ならダイエット中の食品としても優秀と言えます。

QBBベビーチーズ(プレーン)に含まれる栄養素
タンパク質 2.7g
カルシウム 76mg
脂質 3.7g
炭水化物 0.2g
ビタミンA・B2・E 含まれるが表示なし

タンパク質やカルシウムが豊富なことに加え、ダイエットに嬉しい効果の栄養素があります。

筋肉を作り代謝を上げるタンパク質が豊富

ベビーチーズはタンパク質を多く含み低糖質なので、ダイエット中のおやつにぴったりです。

タンパク質は筋肉や細胞、血液などを作る重要な栄養素です。(※2)

筋肉が作られると代謝が上がるので太りにくい体になると言われています。

1日のタンパク質摂取量例
  • 1日に必要なタンパク質は0.65 g/kg 体重/日(※3)
  • 体重50kgの人なら0.65g×50kg=32.5g

ベビーチーズ2個でおおよそ5.4gのタンパク質(1日の摂取量の約16%)が摂れるので、ダイエットに向いていると言えます。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
腹もちもいいので、炭水化物をたくさん摂らなくても満足感があるのも嬉しいですね!

単品で食べてもいいいですが、ベビーチーズに含まれない栄養素と組み合わせるとさらにいいですね。

ベビーチーズと一緒に摂りたい栄養成分と食品

ベビーチーズに含まれない栄養素は、食物繊維、ビタミンCなどで、これらを多く含む食品と一緒に食べるとよりバランスの取れた食事になります。

チーズと一緒に摂るといい食品
食物繊維 ・こんにゃく、いも類
・きくらげ
・ひじき、わかめ
・おから、煮豆
・きのこ
・野菜、果物
ビタミンC 野菜、果物
ビタミンD ・鮭、しらす干し
・干しシイタケ
・卵

例えば、ベビーチーズを野菜や果物と一緒に摂ると、食物繊維とビタミンCが補えます。

サラダに入れるとコクも出ておいしそうですね。

また、ビタミンDと一緒に摂るとカルシウムの吸収率がよくなります。

ビタミンD補充レシピ

Cpicon 青菜としらすチーズのおにぎり by おいしいコープ
鉄分も同時に摂れて一石二鳥です。

こちらは食物繊維と鉄分が補えるレシピです。

ベビーチーズを使ったレシピ

Cpicon もちもち♪チーズを包んだひじきおから餅  by tearstar
おやつにもぴったりですね♪

相性のいい食品を数種類組み合わせて、食事やおやつにどんどん活用しましょう。

ベビーチーズの保存についてはこちらに詳しく書いてあります。

   
スポンサーリンク
 

結論 | ベビーチーズは適量なら毎日食べても体に悪いわけではない

ベビーチーズのまとめ
  • 適量なら体に悪いわけではない
  • 塩分が気になる場合は2個まで
  • 豊富に含まれるタンパク質はダイエットの味方
  • 燃焼系の脂肪と低GI値の食品
  • 相性のいい食品と組み合わせておやつや食事に

ベビーチーズは食べ過ぎるとカロリーや塩分の摂りすぎになりますが、適量ならダイエットや体づくりにおすすめの食材です。

タンパク質やカルシウムなどを豊富に含むので、おやつとして取り入れるといいですね。

ベビーチーズを補う食品と組み合わせると、バランスのいい献立の一品になります。

ぜひ適量を毎日の食事に取り入れてみてくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました